子供の習い事球技一覧

子供の習い事で球技をまとめて一覧で解説していきます。
こんにちは「子供の習い事図鑑」(@startoo_)です。

子供にスポーツ系の習い事をさせたいなと考えることもありますよね。
小学生頃になると、スポーツの中でも「球技」が人気です。
子供の習い事人気ランキングでも上位20位に多くの球技がランクインしています。

球技を習い事にするメリットは、
・基礎体力、基礎筋力が身につく
・チームワークを学べる
・友達が沢山できる
など多くのメリットがあります。

今回は子供の習い事で球技を10選にまとめて一覧で解説します。
同時に球技を習い事にするメリットも合わせて紹介していくので参考にしてみてください!

球技を習い事にするメリットは?

球技を習い事にするメリット
はじめに球技を子供の習い事にするメリットを確認しておきましょう。

1.基礎体力、筋力が身につく

球技を習い事にするメリット一つ目は「基礎体力・筋力」が身につく事です。
多くの球技では子供に必要な体力や筋力を身につける事ができます。
例えば、サッカーやバスケットであればボールを追いかけながらコート上を何回度も往復するでしょう。
小学生の試合時間でも数kmを走っていることになる場合もあるのです。

また、野球やテニスのようにバットやラケットを使う場合には握力や腕の筋力も鍛えられます。
小学生に必要な基礎筋力、体力を身につけられるメリットは大きいです。

2.ゴールデンエイジ期に有効な習い事

球技を子供の習い事にするメリット二つ目は「ゴールデンエイジ期に有効な習い事になる」ことです。
ゴールデンエイジ期とは3歳から12歳ごろまでの子供が最も神経系の成長が著しい時期を言います。
この期間に体の使い方を学ぶことでその後の運動神経に大きく関わるのです。
その体の使い方を学ぶ上で球技は有効的な習い事になるでしょう。
球技を習い事にするメリット
球技ではボールを使い
・掴む
・投げる
・受け取る
という動作が必要になります。
そして正確にパスをするためにどのくらいの力加減で投げるかと考えながら体の使い方を学ぶことができるのです。
単に体力がつくだけではなく脳に良い刺激になります。

3.チームワークが学べる

三つ目は「チームワークが学べること」です。
球技の多くはチームスポーツであります。
チームワーク
例えばサッカーバスケでは、一つのボールをパスし連携して得点を取ってきます。
このように普段から仲間との連携を意識することでチームワークや協調性が身につくのです。
協調性が身につくことによって学校生活でも大いに役に立つでしょう。

4.友人ができやすい

四つ目のメリットは 「友達ができやすいこと」です。
球技は子供の習い事人気ランキングでも上位で通っている家庭が多くいます。
そのため同年代で友人も出来やすいでしょう。

サッカー野球など多くの人数を必要とするスポーツでは50人以上通っていることもあります。
その分、必然的に友人もできやすく社会性も学べるはずです。

5.礼儀礼節が身につく

5つ目のメリットは「礼儀礼節が身につく事」です。
球技は礼儀礼節を大切にしている習い事が多くあります。

始まる前の挨拶や指導者や保護者への感謝の気持ち、一緒に通っている仲間へのリスペクトを教えている教室は多いでしょう。
また上下関係なども自然と身に付くこともあります。
礼儀礼節を見つけておくことで今後生きていく上で必要なコミュニケーションを学ぶことができるはずです。

ではここから子供の習い事で球技の一覧を確認していきましょう。全部10種類の球技があります。

子供の習い事「球技」一覧

子供の習い事球技一覧
子供の習い事で10種類の球技を一覧で解説していきます。
球技が苦手な子でも、好きな子も楽しめるものがあるはずです!
子供の習い事探しの参考にしてみてください!
写真をタップすると更に詳しい評判や体験談も確認することができます。

サッカー

子供の習い事サッカー
月謝相場:3,000円~
対象年齢:小学生頃~
サッカーは球技の中でも人気の習い事です。各地域にスポーツ少年団として存在しています。最近は久保建英選手など若く海外で活躍している方も多く憧れで始める方も多いのではないでしょうか。サッカーを習うことにすることでチームワークはもちろん広いコートを走りきる持久力身につきます。また通っている子供も多く友達ができやすいメリットもあるでしょう。一つ気になる点は外でのスポーツになるので洗濯物が大変ということです。この記事ではサッカーを習い事にするメリット・デメリット、体験談を解説していきます。【サッカーの詳細記事

バスケット(ミニバス)

子供の習い事バスケット
月謝相場:3,000円~
いつから通える?:小学生頃~
球技の中ではバスケットも人気が急上昇しています。国内でのBリーグの開設や日本人初の NBAドラフト入りを果たした八村塁選手の影響もあるのでしょう。バスケットは全員で攻め全員で守ります。そのため相当なチームワークと体力が身につきます。また戦略も多いため考える力も学ぶことができるはずです。この記事ではバスケットを習い事にするメリット・デメリット、体験談を解説していきます。【バスケ(ミニバス)の詳細記事

野球

子供の野球
月謝相場:3,000円~
対象年齢:小学生頃~
野球も代表的な球技でしょう。おじいちゃん、お父さんがやっていたから始めた家庭もおおいのではないでしょうか。野球教室は各街にあり、多い地域では小学校毎にチームが存在します。球技の中でも礼儀礼節に厳しいです。コーチや監督への挨拶や保護者や仲間を大切にすることを学べるでしょう。この記事では野球を習い事にするメリット・デメリットや体験談を解説していきます。【野球の詳細記事

ソフトボール

子供の習い事ソフトボール
月謝相場:3,000円~
対象年齢:小学生頃~
ソフトボールは女の子に人気の習い事の1つでもあります。オリンピックでもメダルを取るほど日本の女子ソフトボールは強いです。野球とは違いダブルベース制などがあり怪我にも配慮したルールがあります。球も大きく体感速度は野球を越えるとも言われるほど。集中力や瞬発力が身につくでしょう。この記事ではソフトボールを習い事にするメリット・デメリットや評判・体験談を解説していきます。【ソフトボールの詳細記事

バレーボール

子供バレーボール習い事はどこで習える?
月謝相場:3,000円~
対象年齢:小学生頃~
バレーボールは非常にチームワークを必要とするスポーツの1つです。人気度も高く男女ともに代表選はテレビでも放映されていますよね。レシーブ、トス、アタックと自陣で3回までのボールタッチが可能で相手の陣地内にボールを落す事で得点が入る競技です。相手の動きを身ながらフェイントをかけながら動いていきます。これによって洞察力や考える力も身につくでしょう。この記事ではバレーボールを習い事にするメリット・デメリットや体験談を解説していきます。【バレーボールの詳細記事

ラグビー

子供のラグビー
月謝相場:3,000円~
対象年齢:小学生頃~
ラグビーは2019年に日本開催されたワールドアップが盛り上がった影響で人気が急上昇しています。ただ、親からすると危なくないかなという心配もあるでしょう。実際には非常にヘッドギアの装着義務など安全に配慮した競技が行われています。またラグビーでは「ノーサイドの精神」として笛が鳴って試合が終了したら相手をリスペクトし称えあうという習慣があります。このように精神的にも成長するきっかけになるでしょう。この記事ではラグビーを習い事にするメリット・デメリット、体験談を解説していきます。【ラグビーの詳細記事

テニス

子供の習い事でテニス
月謝相場:5,000円~
対象年齢:小学生頃~
テニスは長年できるスポーツとして昔から人気です。最近では錦織圭選手や大坂なおみ選手の活躍の影響で始める方も多いのではないでしょうか。テニスは早い球を追いかけて打ち返していく競技です。集中力や反射神経、諦めない精神力が身につくでしょう。親子でも楽しめる競技なので一度テニスコートをレンタルして遊んでみることもおすすめです。この記事ではテニスを習い事にするメリット・デメリットや体験談を解説していきます。【テニスの詳細記事

卓球

子供の卓球
月謝相場:5,000円~
対象年齢:小学生頃~
卓球の人気も上昇しています。国内ではプロの卓球リーグである「Tリーグ」が設立され盛り上がりをみせています。オリンピックでも日本の卓球はメダルの常連です。小さいコートに卓球のピンポン玉を打ち返す技術は体の使い方や反射神経を身につけることができるでしょう。プロの試合になると球速も相当なスピードになっています。ネット越しに対戦相手がいるためサッカーやバスケのように接触は少なく怪我の心配も軽減できるでしょう。この記事では卓球のメリット・デメリット・体験談を解説していきます。【卓球の詳細記事はこちら

バドミントン

子供の習い事バドミントン
月謝相場:3,000円~
対象年齢:小学生頃~
バドミントンの小学生に人気な習い事です。手に持っても軽い羽ですがプロの選手のスマッシュになると150kmから200kmくらい初速が出ます。相手が打ってくる場所を予測しながら打ち返していきます。反射神経や集中力が鍛えられるでしょう。またラケットと羽があれば手軽に始められるスポーツです。親子で体験してみるのもオススメできます。この記事ではバドミントンを習い事にするメリット・デメリット・体験談を解説していきます。【バドミントンの詳細記事

ゴルフ

子供の習い事ゴルフ
月謝相場:10,000円~
対象年齢:小学生頃~
ゴルフも球技の中で人気が上昇している習い事です。あの石川遼選手も6歳頃からゴルフを始めています。紳士のスポーツということもあって礼儀礼節やマナーがしっかり身につくでしょう。また幅広い年齢層のプレイヤーがいるためコミュニケーション能力も身につくとされています。そして体力的にも足腰がしっかり鍛えられる競技です。この記事ではゴルフを習い事にするメリット・デメリット・評判を解説していきます。【ゴルフの詳細記事
この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。