【2020年版】子供の習い事人気ランキング!TOP20を一挙公開!

子供の習い事人気ランキングを1位から20位まで解説します。
こんにちは「子供の習い事図鑑」(@startoo_)です。

子供の習い事を考える時に「ランキング」は参考にしたいところですよね。
他の家庭では「どんな習い事をどれくらいしてるのだろう?」と気になります。

今回は子供の習い事図鑑で「1250人」を対象にアンケート調査を行い
・人気の子供の習い事ランキング
・習い事にかけるお金は?
・いつから?いくつ?
・習い事で期待する事は?
・子供の習い事のでの悩みは?

など多くのデータを元に子供の習い事の最新情報を解説していきます。

最新調査を元に2020年に人気の習い事を解説していきます!

2020年は小学校での「英語」「プログラミング学習」の必修化、新学習指導要領など多くの変化がある年です。
このような部分も影響があるのか?確認していきましょう!

アンケート調査対象
対象:0歳~12歳の子供の習い事をしている家庭
対象人数:1250名の親
調査期間:2020年1月15日~2月末
調査方法:インターネット回答

また今回の調査結果は、2020年9月30日の夕刊読売新聞様にも取り上げて頂きました!
読売新聞に取り上げられた子供の習い事図鑑の調査結果
新聞内では今回の子どもの習い事図鑑が調査した「子どもの習い事人気ランキング」とともに、最近は、英会話教室がプログラミングを教えたり、スイミングスクールが英語を教えたりと多様化している面をピックアップしています。

では、早速その子どもの習い事人気ランキングを見ていきましょう!

子供の習い事人気ランキング!【データ付き】

子供の習い事人気ランキング
子供の習い事で人気なものはどのようなものがランクインしているのでしょうか?
定番なものから最近人気の習い事まで入っているのか確認していきましょう。
子供の習い事選びで悩む時に参考にしてみてください!

子供の習い事人気ランキングベスト20は?

2020年の子供の習い事人気ランキングを1位から20位まで解説します。
今回は実際に1250名の子供の習い事をしている家庭にとったアンケートを参考にするものです。
▼質問内容
現在、子供の習い事は何をしていますか?
▼回答結果
子供の習い事人気ランキング

2020年人気の子供の習い事ランキング、1位は「スイミング」です!
スイミングは毎年1位を取るほど人気の習い事。
全身運動ができることもあって幼児期から通わせる家庭も増えています。
特に「ゴールデンエイジ期」を意識して水の負荷を受けながら全身運動をさせるメリットは大きいでしょう。
2位は「学習塾・くもん」です。
学習塾やくもんも手軽に始められる子供の習い事ではないでしょうか?
また効果が直接学校の成績に反映されやすいということもあって親御さんが通わせたいという意思があります。
3位は「英会話・英語教室」です。
2020年から小学校で英語必修化が始まることもあって通わせたい家庭はさらに増えています。
また、今後の国際化を考えていくと英語は学習させたいという考えがあるのでしょう。

1位から20位までの人気の習い事ランキングはこちらです。

順位今やっている習い事は?人数割合
1位スイミング26421.1%
2位学習塾・くもん23418.7%
3位英会話・英語17213.8%
4位ピアノ(その他楽器)14511.6%
5位体操教室524.2%
6位サッカー教室473.8%
7位書道教室423.4%
8位野球393.1%
9位そろばん322.6%
10位武道272.2%
11位ダンス・バレエ252.0%
12位ミニバス231.8%
13位テニス211.7%
14位プログラミング教室191.5%
15位バレーボール171.4%
16位陸上教室141.1%
17位絵画造形教室110.9%
18位サイエンス教室90.7%
19位卓球教室80.6%
20位ラグビー教室20.2%
その他473.8%
合計1250100.0%

その他にも脳にもいい影響を与える「ピアノや楽器」も上位にランクイン。
スポーツ系では「体操教室」が上位です。
球技は突出している物がなく、まんべんな分散されています。
そして、2019年のワールドカップで盛り上がった影響か「ラグビー」も20位にランクインし人気が上昇しています!
その他にも「プログラミング教室」も2020年からの必修化に備えて通いだす家庭は増えている状態です。

気になる習い事はリンクから詳細も確認してみてください!

これから親が通わせたい習い事ランキングは?

次にこれらか親が通わせたい習い事ランキングです。
▼質問内容
これから子供に通わせたいと思う習い事は?
これから通わせたい習い事ランキング

順位これから通わせたい習い事は?人数割合
1位スイミング39631.7%
2位英会話・英語27822.2%
3位プログラミング教室16313.0%
4位ピアノ教室1219.7%
5位体操教室735.8%
その他21917.5%
合計1250100.0%

親がこれから通わせたい習い事ランキングでも1位は「スイミング」となりました。
今通っていない方もスイミングに通わせたいと考えている事が分かります。
次に2位は「英語・英会話」です。
やはり親が苦労した分子供には何とか英語を得意になって欲しいと考える家庭は多くいます。
そして3位には「プログラミング教室」がランクインしています!
2020年のプログラミング学習必修化の影響でしょう。
また今後のIT社会を考えるとプログラミングで「自ら考える力」を身につけるメリットは大きいです。
プログラミング教室では無料体験も行っているので是非行ってみてください!
\無料体験ができるプログラミング教室一覧/
【2020年版】小学生の「プログラミング教室」を人気順に厳選5社、比較してみた!

子供の習い事で期待することは?

次に子供の習い事に期待することです。
▼質問内容
子供の習い事に期待することは?
子供の習い事で期待すること

習い事で期待することは?人数割合
努力や継続を学ぶこと26221.0%
熱中できることを見つけて欲しい24319.4%
体力・知識の習得、向上21517.2%
友人とのコミュニケーション18715.0%
礼儀礼節を身につけて欲しい1118.9%
社会性を身につけて欲しい544.3%
その他17814.2%
1250100.0%

親が子どもに「習い事で身につけて欲しい事ランキング」の1位は「努力や継続を学ぶこと」です。
体力・知識を身につけることよりも、このように精神面の成長を期待する家庭が多くいます。
その他にも「礼儀礼節」を身につけてほしい、友達とのコミュニケーション、協調性を身につけてほしいという声も多いです。

\子供の習い事はこちらも/
子供が習い事を辞めるときに気を付ける5つのポイントとは?いつまでに?メールでもいい?体験談も解説!
次に現在の子供の習い事事情を確認していきましょう。

データからみる子供の習い事事情は?

1250名に調査した「子どもの習い事事情」を解説していきます。
他の家庭がいくつ習い事をしているのか?かける費用(月謝)はどれくらいなのか?いつから習い事をしているのか?気になるところですよね。

子供の習い事はいくつ(何個)?

まずは子供の習い事をいくつやっているか確認していきましょう。
▼質問内容
子供の習い事はいくつ(何個)してますか?
子供の習い事はいくつ

子供の習い事の数は?人数割合
1個36729.4%
2個42734.2%
3個23118.5%
4個1149.1%
5個594.7%
6個332.6%
7個以上191.5%
合計1250100.0%
平均2.3968

子供の習い事の数は平均で「2.39個」となりました。
最も多いのは2つで1250名中「427名」の34.2%でした。
3つ前後に習い事の数を落ち着かせる家庭が多いようです。

子供の習い事にかける費用は?

次に子供の習い事にかける費用(月謝)を確認していきましょう。
▼質問内容
子供の習い事にかける費用(月謝)はどれくらい?
子供の習い事にかける費用は
子供の習い事にかける費用(月謝)の平均は「12,767円」となりました。
最も多いのは12,000円台です。

スポーツ系の習い事は比較的安価ですが、音楽プログラミング教室は比較的高額になります。
習い事の組み合わせによって月謝は変動していきそうですが、いくらかけるか迷う方は参考にしてみてください!

子供の習い事はいつから?

子供の習い事はいつから始める事が多いのでしょうか?
▼質問内容
子供の習い事はいつから(何歳から)通っていますか?
子供の習い事いつから
子供の習い事を始めるのは「小学1年生」前後(6歳~7歳)が最も多いです。
また0歳~6歳までの幼児期に習い事をしている家庭は「45.04%」になります。
ここから小学校に入学するまでに「半数近く」の家庭が既に何かしら習い事をしている事が分かります。

次に子供の習い事で多い悩みもランキングで確認してきます。

子供の習い事で多い悩みベスト5は?

子供の習い事で多い悩みはどのようなものがあるのでしょうか?
▼質問内容
子供の習い事での悩みはどんなものがありますか?

子供の習い事の悩み

子供の習い事での悩みは?人数割合
費用が高い29823.8%
送り迎えが大変25320.2%
先生との相性・親同士の付き合い23418.7%
子供が習い事を嫌がる1209.6%
向き不向きの見極め?635.0%
その他28222.6%
合計1250100.0%

子供の習い事で多い悩みの1位は「費用が高い」ということです。
習い事の数が増えると費用も高くなっていきますが、プログラミングや音楽系の習い事はもともと高額になることもあります。
2番目に多かった悩みは「送り迎えが大変」ということです。
特に共働きの家庭においては習い事の送り迎えは非常に大変な作業でしょう。
3番目は「先生との相性・ママ友同士の交流」です。
子供の習い事の先生との相性やママ友同士のコミュニケーションが大変という声も多くあります。
すでに親同士の交流がある習い事で途中で入った場合、なかなか輪に入り込みづらいというこも。

子供の習い事の悩みはこちらの記事も参考にしてみてください。
\子供の習い事はこちらの記事も/
子供の習い事は必要?必要ない?習い事を始める前に知っておきたい5つの事とは!
次に子供の習い事での体験談も確認しておきましょう。

子供の習い事の体験談は?

子供の習い事の体験談
実際に子供の習い事をしてみて良かったエピソードや失敗談も紹介していきます。

感動・やらせて良かったエピソード!

子供の習い事の体験談
何事にも挑戦する気持ちが身についた!
去年から子供の習い事ランキング一1位のスイミングを始めています。
スイミングを始めてから体力や運動能力が高まったことはもちろんなのですが、
一番嬉しいのは「何事にも挑戦する気持ち」が身についたことです。
毎回泳げるタイムが速くなると喜んで報告してくるようになりました。
スイミングを通して他の事にも挑戦する気持ちを持って欲しいなと考えています。
(小学4年生保護者)

子供の習い事の体験談
礼儀礼節が身についた
子供の習い事で身につけてほしかったのは「礼儀礼節などの社会性」です。
そのため我が家では空手を習い事にしました。
空手だけではなく人との接し方や社会性も教えてくれる方で信頼できる講師の方でした。
子供の習い事を通して社会性が学べたのは非常に良かったです。
(小学5年生保護者)

空手歴20年の筆者が選ぶおすすめの空手衣ランキングはこちら

子供の習い事の体験談
集中力が身についた
子供の習い事でピアノ教室に通ってから集中力が身につきました。
元々はすぐにふざけだす子であったのですが、習い事を始めてからは集中して何事にも取り組むようになりました。
「メリハリ」がしっかりしてきたといえます。
その影響もあって自宅学習でも1時間近くは勉強できるようになってきています。
ピアノは脳にも良い影響を与えると言われているので継続していきたいです。
(小学3年生保護者)

\スポーツ系の習い事はこちらの記事も/
【子供の習い事】スポーツ系は何がある?人気12選はこれ!

子供の習い事の失敗談

次に失敗談も確認しておきましょう。

子供の習い事の失敗談
「ママ友同士の交流が大変..」
子供の習い事で大変なことが親同士の付き合いです。
特にママ友同士はグループや派閥ができて、その関係性がめんどくさいのが正直なところ。
大変そうな方々とはあまり関わらないようにしています。
(小学4年生保護者)

子供の習い事の失敗談
「無理に習い事を増やしすぎた..」
習い事での失敗談は増やしすぎてしまったことです。
あれもこれもやらせないとと親のエゴで子供の習い事を決めてしまいパンクしてしまいました。
最終的には習い事に行きたくないと言い出すように..。
今は数を減らして週に一度ミニバスに通っています。
ミニバスは子ども本人がやりたいと言い出したことなので熱中して取り組めているようです。
やはり子供がやりたいことを応援してあげるスタンスがベストかと感じています。
(小学4年生保護者)

\子供の学習はこちらの記事も/
成績が伸びる子、伸びない子の14の特徴とは?自宅学習で親ができることは何!

まとめ:子供の習い事を選ぶ時大切なことは?

子供の習い事ランキング
子供の習い事を選ぶ際にランキングや周りの家庭の状況を参考にするののも一つの手です。
ただ、あくまで「参考」にしましょう。

「みんなが○○をやってるからうちもやらせないと!」
「近所の子が○○をやっているからうちも!」
と他と比較過ぎると失敗の元になります。

子供の習い事選びで大切なことは子供自身が「熱中できるものを選ぶ事」です。
そのためには多くの習い事を「体験」していきましょう。
体験していく中で合うものがあれば是非継続してみてください!

それでは、いい習い事が見つかりますよね!
「子供の習い事図鑑」

\子供の習い事はこちらの記事も/


【子供の習い事一覧】

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。