【体験談】スポーツ少年団は子供の習い事としてアリ?ナシ?

学校などを中心に活動する「スポーツ少年団」
いわゆる「スポ少」に入っている子供は日本全国で約80万人いるといわれています。
子供の通う小学校で入団のお誘いを受けたことのある親御さんも多いのではないでしょうか。

今回は、スポーツ少年団は習い事として「アリなのかナシなのか?」解説していきます。
実際に子供の入団経験のある筆者(スタートゥーライターの一人)が実体験を元にご紹介していきます。

この記事がおすすめの方

スポーツ少年団が気になっている
スポ少は習い事として有り無し??
サッカー少年団とは何が違うの?

\「親子でスポーツ観戦する効果は?」の記事はこちら/
【体験談】親子で「DAZN」のスポーツ観戦してみた!効果や口コミは?

そもそもスポーツ少年団って何?

子どもの習い事スポーツ少年団
「スポーツ少年団」とは、地域社会において組織的に活動しているスポーツ活動団体です。
スポーツを通じた青少年の健全な育成を目的としています。

一般的にスポーツ少年団と呼ばれるのは「単位団」で、
その上位には市町村スポーツ少年団、都道府県スポーツ少年団があります。
最上位には全国組織の日本スポーツ少年団というものもあります。

スポーツ少年団が民間の習い事教室と異なる点は、
子供たちに地域を基盤としたスポーツの場を提供するための団体であるということです。

活動拠点は学校内ではなく地域社会であること、
競技スポーツだけでなくレクリエーションや学習活動といった多様な活動を行うことなども、
民間の習い事と異なります。

スポーツ少年団と民間サッカー教室の違い

子供の習い事スポーツ少年団
筆者の子供は、サッカーのスポーツ少年団に入っています。
筆者自身、入団するまではスポーツ少年団というものがよくわかっておらず、
学校のサッカークラブだと思って入団したというのが実情です。

しかし、いざ内側の人間になってみると、民間のサッカー教室とは違う独特な実態が少しずつわかってきました。

例えば、民間のサッカー教室は、決められた時間内に決められた練習プログラムが実施されます。
指導者は有資格者であることが多いですが、アルバイトの学生さんなどもいます。

練習内容はボールタッチやシュートといった個人技を磨く練習がメインで、少人数制でのミニゲームなども行います。
サッカー教室の中には海外プロチームの練習メソッドを取り入れた教室などもあり、月謝やかかる費用は教室ごとにばらつきがあります。

一方、スポーツ少年団は、近隣小学校の校庭や地域の貸しグラウンドなどで練習が行われます。
練習時間は基本的に決まってはいますが、天候や学校行事などによって流動的な面もあります。
指導者は学校の卒業生や保護者、地域の有志がほとんどです。

コーチとしての資格を持っている人が教えるというより、子供たちにサッカーを教えながら資格を取る人が多いように思います。
団員の子供たちの保護者にはお当番やお手伝い、試合への引率が求められます。
また、地域リーグにスタッフとして参加する場合もあります。

\子供のサッカーの習い事の記事はこちらも/
【子供の習い事】サッカーの7つのメリット・デメリットは?いつから?費用は?体験談も解説!

スポーツ少年団は子どもの習い事としてアリ?

子どもサッカーの習い事
筆者の結論としては、スポーツ少年団は「純粋な習い事」としては「ナシ」に近い気がします。
なぜなら、予想以上に保護者の負担があり続けていくのが大変だからです。
民間のサッカー教室では、必要な費用さえ払えば大体のことは運営側でやってくれます。

保護者の負担は送迎くらいです。もちろん、親の負担の大きい習い事というのもあります。
が、スポーツに関しては、プロを目指すのでなければ民間教室に通わせる方がはるかに楽です。
資格や指導経験の豊富な指導者に教えてもらうことで、技術も向上しやすいと思います。

では、スポーツ少年団に入るメリットは全くないかといえば、そうでもありません
地域の人たちや卒業生、上級生との交流により、子供は地域社会の一員として育っていきます。

同じチームの仲間として、他の保護者の方に親切にしてもらえることも良い点です。

もちろん、逆に他の子供の面倒を見る必要もあります。
総じて、地域活動に積極的に参加する覚悟がないと、スポーツ少年団での活動は親が大変です。

もし子供の習い事としてスポーツ少年団への入会を考えているのであれば、
親や家庭にかかる負担を覚悟した上で入会することをおすすめします。

反対に民間の「サッカー教室」に興味のある方は全国にある「リベルタサッカー教室」もおすすめです。
サッカーのプロが子供の成長を考え指導してくれ、且つ親の手伝いも不要というメリットがあります。
全国で開催しているので無料体験もあるのでぜひ行ってみてはいかがでしょうか?

\リベルタサッカー教室/
リベルタサッカースクール



この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。