【少年野球】グローブおすすめランキング20選!選び方のコツも解説!

『少年野球におすすめのグローブは?』
『初めてのグローブは何を選べばいい?』
『グローブの選び方のコツを教えて?』
と悩むこともありますよね。

子どもが習い事で野球をしたいと言った時や親子でキャッチボールをするときに必要なのがグローブ。
子どもにおすすめの野球グローブ
せっかく野球を始めるなら上達して欲しいと願います。

そこで重要なのがグローブ選びです。
子どもにも少しでも気に入ったグローブを使っていきたいですよね。

そこで今回は少年野球から部活まで子供向けにオススメのグローブを紹介します。
またグローブの選び方のコツも解説するので参考にしてみてください。

今回は少年野球コーチを10年務める筆者が解説します。

少年野球向け「野球バット」おすすめ25選はこちら

子供向け野球グローブの選び方のコツは?

では、今から選び方のコツを教えていきます!

グローブの選び方のコツは、
・経験歴で選ぶ
・硬式球か軟式球かで選ぶ
・ポジションはどこかで選ぶ
・手で選ぶ
・サイズで選ぶ
・色で選ぶ

というものです。

この6つによって大いにグローブの選び方が変わっていきます。
まずは『経験歴』についてですね

経験歴から選ぶ

野球経験歴が1年未満の初心者の場合「オールラウンド」グローブを選ぶのがおすすめです。

「オールラウンド」とは何か?

オールラウンドとは、ほぼ全てのポジションで使うことができる万能グローブです。
※キャッチャー以外

少年野球初心者の場合、特にポジションも決まっていません。
そのため、いきなり、ファーストミット、キャッチャーミットなど専門性のあるものを選ぶと可能性を狭めてしまうこともあります。

まずはオールラウンドグローブで様々なポジションを経験することがおすすめです。

もし、歴が長く「クラブチーム(少年野球)」入ったら下記を重要視してみてください。
それは「ポジション・球の種類・手・色」この4つです。

では、具体的に解説してきます。

球は軟式か硬式か?

少年野球には軟式球を使う場合と、硬式球を使う場合があります。
一般的には小学生の場合、軟式野球から始める子が多いです。

諸説ありますが、硬式野球は肩を壊したり、怪我のリスクもあるからです。
ただ、一方で、将来を考えると、早い段階から硬式野球をやらせた方が上達するという考え方もあります。

この辺りは、家庭の方針やコーチ、監督に相談して決めていくのがおすすめです。

グローブも硬式向け、軟式向けがあるのでチェックしてみてください。

ポジションでグローブを選ぶ

次にポジション別のグローブの選び方を解説します。
先程、初心者の方はオールラウンドグローブがおすすめと解説しましたが、歴が長くなるとポジションが決まってくるので、そこに合わせたグローブを選んでみてください。

グローブの種類は
『ピッチャー用』
『キャッチャーミット』
『ファーストミット』
『内野用グローブ』
『外野用グローブ』
『オールラウンド』

の合計6つあります。

では1つずつポジションごとのグローブの特徴とその役割を解説します!

グローブの種類特徴役割
ピッチャー用グローブ網の隙間が全く見えないボールを握っているときに球種が見えない
キャッチャーミットどのグローブよりも分厚いピッチャーの投球の衝撃を抑える
タッチプレーの時にボールがこぼれにくい
ファーストミットグローブの面積が一番広い
キャッチャーの次に送球されやすい
内野でのゴロを処理するときに
必ず一塁に送球されるため取りやすくできている。
ショートバンド(中途半端な送球で、地面につく距離が前足付近のこと)を
処理しやすいように作られている。
内野用グローブ手軽である、コンパクトサイズ、軽い細かな動作をするため一番コンパクトで軽い
外野用グローブ長いグローブフライを捕りやすい
ゴロを処理するときあまりしゃがまず取れる
オールランド内野グラブと同じに見えるが少し大きい万能グラブ
ポジションが決まっていない時おすすめ

このようにグローブの『種類』『特徴』と『役割』について解説いたしました。

このようにクラブチームかつ野球経験歴が長くなっていくと少しは意識していかないといけません。

手を意識して選ぶ

では『手』についてですけれども至って単純です。
好みはありますが『ちょうど良い』『ちょっと小さい』がおすすめです。
『ちょうど良い』に関しては言うことはないでしょう。

では『ちょっと小さい』がなぜ良いのか?

理由はちょっと小さいですとグローブの大きさによると重さも変わっていくためであり、ゴロを処理するときにグローブが落ちることを防ぐことができます。

なので『手』というのはかなり重要視していかないといけません。

手よりグローブが大きすぎると重く、すぐに抜けやすいです。
むしろ手よりグローブが小さすぎるとグローブを入れることすら窮屈に感じます。

そのため、「ちょっと手がキツい」か「ちょうどいい」という手の感触を頼ってグローブを選んでいきましょう。

使い込むうちにグローブが手にもしっかり馴染んでいきます。

あとは、左利き右利きかでも左用、右用があるのでチェックしましょう。

サイズで選ぶ

小学生、中学生での野球グローブのサイズの目安はこちらです。

学年おすすめサイズ
小学1~2年生SS(100~120cm)
小学1~3年生S(110~135cm)
小学2~5年生M(120~145cm)
小学3~6年生L(135~150cm)
小学5~中学生LL(150cm以上)

上記の目安をもとにお子さんの体格に合ったグローブを選んでみてください。

気を付けておきたいのは、子供の成長は早いからと言って、大きすぎるグローブを買わない事です。
そこは、上達の為にその時のお子さんの体格にあったサイズを選んであげてください。

色に気をつけて選ぶ

最後に『色』についてですけれどもこのような声があります。
『グローブの色は何色でも良いでしょ?』という意見がありますがクラブチームに入っていないのであれば大丈夫ですが、クラブチームに入っていますと『規制』があります。

ではその色の規制は何がダメなのか?

『派手な色』『白色』この2つがダメです。
中学、高校になると『2色のグローブも禁止』になっていきますね。
なので、もし、クラブチームに入るのでしたら「色」を少し気にしないといけませんね。

ここまでのグローブの選び方のコツに注注意して、実際におすすめのグローブを見ていきます。

少年野球コーチ歴10年の筆者が選ぶ「野球バットおすすめ25選と選び方のコツ」はこちら

ジュニア向けおすすめ野球グローブ20選とは?

子どもにおすすめの野球グローブ
では子供(少年野球)向けのグローブおすすめの20選を紹介いたします。
グローブのメーカー紹介と特徴をお伝えしていきます。

初心者向け、女の子にもおすすめなもの、上級者むけなど様々あります。

1.ミズノのオールラウンドグラブ


ミズノのオールラウンドグローブです。

先程も解説した通り、オールラウンドグローブは初心者の方におすすめできます。
特にミズノはしっかり手になじむので使いやすいでしょう。

横は狭いが少し縦に長いのが特徴的であり、自由自在な型にできるためかなり便利ですね。

初めての野球グローブで迷っている方はこのグローブから使うのがおすすめです。

 

2.ローリングス/オールラウンドグラブ/軟式


このグラブはミズノと同じく縦に長いのが特徴的です。

手が小さい子でも調整しやすい仕様になっています。
オールラウンドですが、基本的に『サード』と『外野』で使うことが一番適しているグラブでしょう。
女の子にもおすすめのグローブです。

 

3.ハイゴールド/オールラウンドグラブ

今までのグラブと違い、横にも広く、縦も少し長いのが『ハイゴールド』のグラブであります。

最初には『外野用』の型にしていても急遽『内野用』の型に変えることもできます。

つまり、『真』のオールラウンドグラブです。
あまり見かけないメーカーですが、野球専門店にあれば必ずあります。

 

4.ミズノ/投手用/松井裕樹モデル/軟式

東北楽天ゴールデンイーグルス、松井裕樹選手モデル。
2020年もっとも人気の野球グローブでしょう。
型を自分で決めることができるためであり、使っているヒトは多いくいます。

サイズMは(小学2~4年生、身長130-145cm向け)です。
裏側に刺繍もはいっておりかっこよくデザインされています。
投手用としては少しコンパクトなサイズで投球時の握り込みがしやすいモデルです。

 

5.アンダーアーマー/ピッチャー用グラブ

天然皮革で型が崩れにくく、デザインがシンプルであり、素材が良いということで人気です。
ただ、硬式用でどちら方というと大人が使っていることが多くあります。
初心者向けではありません。

 

6.ミズノのキャッチャーミット/軟式

ミズノの少年野球向けキャッチャーミットです。
かなり、素材は良く扱いやすく、すぐに自分の理想の型ができるところが特徴です。

少年野球でキャッチャーのポジションに指名された際には選択したいグローブでしょう。

 

7.ハタケヤマ/キャッチャーミット

ハタケヤマのキャッチャーミットはとても、衝撃を抑えてくれます。
また、一番キャッチャーミットの中で一番型が決まりやすく、音も響きやすいためオススメかつ、一番人気です。

 

8.ナイキ/グラブ

少年用のキャッチャーミットと言えば『ナイキ』のグラブですね。

なぜなら、一番しっくりする絶妙な大きさ(手に入る大きさ)であり、少年用のなかでは一番扱いやすいからです!
なので、もし、キャッチャーをしてみるのであれば1度使ってみてはいかがでしょうか?

 

9.ミズノ/ファーストミット

型が自分で決めやすく+素材が柔らかいため初心者にうってつけなミットです。

写真は限定モデルですが、青い刺繍がお洒落でカッコイイですよね。
男の子におすすめです。

 

10.ハタケヤマ/ファーストミット

硬式グローブで高校野球で使っている方が多いです。
主に『デザイン』『素材』がメインであり、『ハタケヤマ』といえば『デザイン』と『素材』という印象が強くあります。
プロが愛用するほどのグローブです。

 

11.ミズノ/内野用グラブ

内野手に定番のグローブでしょう。
ミズノはどのメーカーのグラブよりも柔らかく、どのような型でも当てはまりやすいのです。

初めて内野に選抜されたときに使いたいグローブと言えます。

 

9.ゼットのグラブ(プロステイタス)の内野用

内野用に関しては「堅い感じ」であります。
その訳とは「型」がすでに決まっているからであり、
初心者のヒトは型作りに一番苦労するためなので、
購入した時にはほぼ型ができていますので後は柔らかくするだけですね。

 

12.アディダス/内野グローブ

とても軽いグラブもあれば横に広いグラブもある、多種多様なグラブであり、アディダス好きなヒトもいるためかなり人気ですね。

 

13.エスエスケー(SSK)/内野用グラブ

内野用のグラブで一番長いです。
グラブが長いことによって間の打球に対応しやすいでしょう。

SSKも野球をする子には人気のブランドです。

 

14.クボタスラッガー/内野用のグラブ

内野用グラブの中で一番横に広く、『当て取り』(ボールをグラブにあててそのままボールに持ち変える動作のことである)に対応したグラブであります。

また、デザインも素晴らしいので愛用しているヒトも多いのです。

 

15.アシックス/内野用グラブ

一番どのメーカーよりも軽く、コンパクトであり、長持ちしやすく、値段もかなりの低単価なため購入するヒトが多いですね。
マー君こと田中将大選手モデルです。

 

16.ミズノ/外野用グラブ

型が決まりやすく、手にフィットしやすいのが一番の強みです。
写真はイチローモデルになります。
またデザインもシンプルなため購入するヒトも多いのです。

 

17.ゼット/外野用グラブ

外野用だと、どのメーカーよりもゼットが『一番縦に長い』ため、腰が悪い人、腰を下げるのが苦手な人でもお手軽に使えますし、後ろに抜けそうな球も捕ることができます。

 

19.アシックス/グラブ(ゴールドステージ)/外野用

小さいですが、とても型が決まりやすく、すぐに馴染みやすく、柔らかいグラブです。

また、外野グラブのなかでも1,2を争うぐらい人気であり、使っているヒトは多くいます。
そして、長持ちしやすいグラブとしても有名ですね。

 

20.GP/マジックキャッチ(おもちゃグローブ)

まずは親子でおもちゃのグローブを使ってみるのもおすすめです。
マジックテープでキャッチしやすいグローブ。

まずは野球というスポーツを知っていくには誰しもが通った道ですね。
そこから「野球」というスポーツを楽しむのも良いですね。

また、だれでも扱いやすいため初心者や小さいお子さんに対してはかなりオススメです!

 

まとめ:20選のなかでの特にオススメのグローブは?

子供の野球

今回紹介した少年野球におすすめのグローブの中でも特におすすめは、
・ピッチャー用グラブ【ミズノ】
・キャッチャーミット【ナイキ】
・ファーストミット【ミズノ】
・内野用グラブ【アシックス】
・外野用グラブ【ゼット】
・オールラウンドグラブ【ハイゴールド】

です。

各ポジションに合わせて選んでみてください。

この中でも『ミズノ』が多いということは『扱いやすい』ということであり、初心者でも扱いやすいようにできているためまた、小学性低学年でも上手く扱えるようにできています。

最後にすこしでも気に入ったグローブがあればまずは1度はめてみて、使ってみてください。
もし、それでも合わないのであればまた別のグローブを使えば良いのです。

すこしでも良いグローブと巡りあい、野球の楽しさを味わっていきましょう!

ただ、お子さんが気に入ったグローブがあればそのグローブを選びましょう。
なぜなら、初めてのうちは未知なことがいっぱいなため「グローブ」から野球のルールを知っていけば野球の面白さがわかっていきます。

そのため、気に入ったグローブがあればそのグローブを使っていき、野球の面白さをまずは体感していくことが大切です。

子供の習い事で「野球」を始めるメリット・デメリットはこちら

野球グローブで迷った方はオールラウンドグローブのこちらから

少年野球コーチ歴10年の筆者が選ぶ「野球バットおすすめ25選と選び方のコツ」はこちら

子どものスポーツ道具では
卓球ウェアおすすめランキング20選!選び方のコツも解説!
サッカートレーニングシューズおすすめ15選とは?
テニスラケットおすすめランキング15選とは?
バッシュおすすめランキング15選!
バレーボールシューズおすすめランキング20選!選び方のコツも解説!
ゴルフクラブおすすめ20選!
も参考にしてみてください!

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。