【ジュニア】卓球シューズおすすめ人気ランキング20選!幅広・小中学生・初心者・選び方も解説!

『ジュニア向け卓球シューズでおすすめはなに?』
『小中学生でも履きやすい幅広の卓球シューズは?』
『初心者に人気の卓球シューズはどれ?』
と気になる事もありますよね。

今回は、キッズ・ジュニアにおすすめの卓球シューズ20選を解説します!
キッズ・ジュニア・中学生におすすめの卓球シューズ

福原愛さんをはじめ、水谷隼選手、石川佳純選手、伊藤美誠選手、張本智和選手など日本の卓球界では、若い頃から世界で活躍するが多いです。
世界選手権はもちろんですが、オリンピックでメダル獲得も期待されています。
また最近は、国内プロリーグ「Tリーグ」も人気が上昇中です!

\卓球映像「石川佳純選手VS伊藤美誠選手」/

そんなカッコイイ卓球選手に憧れて始める方も多いでしょう。
ただ、いざ卓球を始めようとしたときに、シューズは何を選べばいいか悩みます。

これから卓球を習い始める幼児、小学生や、卓球部に入るという中学生は卓球ラケットウェア選びに気を取られてしまいますが、卓球用具で重要なのはラケットだけではありません。

見落とされがちですが、卓球シューズも重要になってきます。
特に成長期の子どもに達にとって、卓球の上達のみならず、怪我防止の観点からも適切なシューズ選びが重要です。

そこで今回は、幼児から小学生、中学生、高校生や初心者にも分かりやすく、卓球シューズの選び方とおすすめの卓球シューズ20選を紹介します!
幅広やかっこいいメンズ向け、かわいいレディース向けも幅広く解説します!

卓球教室コーチ歴10年の筆者が解説する「卓球ラケットおすすめ20選」と「卓球ウェアおすすめ20選」はこちら

ジュニア向け卓球シューズの選び方のコツ

ジュニア向け卓球シューズの選び方のコツ
近年卓球はプロ選手の活躍もあり、注目されるスポーツとなっていますが、卓球用のシューズがあることを知っている方は少ないのではないでしょうか?

筆者もかつて、卓球習い始めの頃は、体育館シューズのようなものを使っていると思っていました。

では実際、卓球シューズと体育館シューズの違いは何でしょうか。
それは、軽さとグリップ力です。

体育館シューズは様々な室内競技に対応できるように、靴底が厚く作られています。
一方卓球シューズは、より素早く動けるように軽く作られていて、卓球特有のボールを追う動きに対応できるような、グリップ力が特徴のシューズになります。

 

サイズで選ぶ

卓球シューズを選ぶときには、つま先に0.5cm~1cm弱の余裕ができるサイズを選びましょう。
激しく動くなら、ピッタリな方がいいのではないかと思うかもしれませんが、卓球の場合少し違います。
卓球シューズは少し大きめのサイズで選ぶ
卓球は激しく動くスポーツと言ってもその動きは独特で、瞬発的に動き、一気に止まるということを繰り返します。

そうすると、キュッと止まるときに足に体重が集中し、足先が靴の中で潰れてしまうことがあります。
ちなみに私はこのことを知らなくて、初めの頃はよく親指を痛めていました。
そんなことにならないように、ピッタリではなく1㎝弱つま先に余裕をもって選びましょう!

 

グリップ力で選ぶ

先程も説明した通り、卓球の動きは独特で、急に動いて急に止まる動きになります。
そこで重要なのは、グリップ力のある卓球シューズを選ぶ事です!
卓球シューズはグリップ力で選ぶ

グリップ力があるとプレーの向上にもつながりますが、あまりグリップが効かないシューズを選んでしまうと、頻繁にスリップするようになり、足首などのけがに繋がります。

買うときにグリップ力があるシューズを選ぶのはもちろんですが、靴底を拭いてもプレー中にスリップするようになったら、シューズを買い替える時期だと考えた方がいいでしょう。

 

クッション性・ホールド性で選ぶ

卓球シューズは軽さが特徴だと言いましたが、卓球シューズはもともと軽めに作られているため、初心者のうちは軽さをそこまで気にしなくても大丈夫です。

上級者ほど激しく動くことのない初心者には、軽さよりもクッション性が必要です。
ジュニア向け卓球シューズはクッション性で選ぶ
卓球初心者はとにかく怪我をしないことが大事なので、多少軽さを捨ててでもクッション性を重視するべきです。
クッション性があると足への当たりが柔らかくなるため、疲れにくくもなりますよ!

また、足をしっかりこていしてくれるホールド感も重要です。
ホールド感のある卓球シューズでは、マジックテープ型もおすすめできます。

 

幅広で選ぶ

キッズ・ジュニア選手で卓球シューズを選ぶときは、幅広卓球シューズをおすすめします。
卓球シューズは足幅・甲の高さにも注意して選ぶ
元々日本人の足は幅広・甲高の方が多いです。
しかし、シューズメーカーによっては、幅が狭く作られています。

成長した大人であれば、狭くても履きなれる場合もありますが、成長期の子どもにとっては、成長の阻害になる事も。

そのため、長さのサイズだけでなく、幅のサイズにも注意して選びましょう。

幅広・サイズが合っているかの見極め方は、
・反復横跳びをしてキュッと止まるか
・足の裏が地面に吸い付く様に安定するか
・痛いところはないか
などといった項目に気を付けて自分に合った卓球シューズが選べます!

 

メーカーで選ぶ

卓球シューズはブランドメーカーで選ぶこともおすすめです。
人気のメーカーは品質も高く、サイズや幅広などの種類も豊富にあります。
また中学生の部活で卓球を始めた初心者の方や女子向け、男子向けもしっかり揃っています。

卓球シューズでおすすめのメーカーは
・バタフライ
・ニッタク
・ミズノ
・アシックス
・ヤサカ
・ヴィクタス
・アンドロ
などがあります。

今回は、これらの人気メーカーを中心に、キッズ・ジュニアにおすすめの卓球シューズを解説していきます!

【子供の習い事】卓球の「メリットと知っておきたい注意点」とは?費用は?いつからできる?

 

ジュニア向け卓球シューズおすすめ人気20選!

ジュニア向け卓球シューズおすすめ人気20選!
ここからは、卓球コーチ歴10年の筆者が本当におすすめしたいジュニア向け卓球シューズを20選を解説していきます!
メンズ・レディースは勿論ですが、幅広シューズも紹介していきます!

※ソール素材とは靴底の部分で、アッパー素材とは靴底を除いた甲を覆う部分のことです。
※本稿では、全て公式サイトの値段を表示しています。

 

1.【バタフライ】レゾライン トライネック


価格:6,050円(税込)
サイズ:22.5~28.0㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:ゴム、EVA カラー:ブルー、レッド
幅広:〇

卓球シューズに必要なグリップ力、クッション性、ホールド性、耐久性をバランスよく備えているシューズです。
バタフライ製品の中ではリーズナブルな価格で、幅広い選手におすすめのモデルです。
バタフライのシューズはすべて幅広タイプになっているため、他のシューズだと足幅が合わなかった方は是非一度試してみてください。

 

2.【バタフライ】レゾライン サル


価格:7,150円(税込み)
サイズ:19.0~30.0㎝
(ピンク19.0~26.0㎝、グレー22.5~30.0㎝)
アッパー:合成繊維、人工皮革 ソール:ゴム、EVA カラー:ピンク、グレー、ブルー、イエロー、ホワイト
幅広:〇

ファッション性と機能性の両立をコンセプトとして、大胆なカラーリングや遊び心を持ち合わせた細部のデザインだけでなく、卓球特有の激しい動きに対応する機能を重視して開発された競技用シューズです。

ホワイト以外はほぼ全面に色が入っていいて、遠目に見ても色が映えるシューズになっています。

 

3.【ミズノ】カバンビスターZ


価格:7,150円(税込)
サイズ:18.0~22.0㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:ゴム
カラー:レッド、ホワイト、ブラック
マジックテープ型:〇

小さいサイズに対応していて、靴紐ではなくマジックテープの珍しいタイプなので、靴紐がうまく結べない小さなお子さんにおすすめです。

デザインもカッコよく、モチベージョンアップにも繋がるかもしれません。

また、片足約170gと軽く作られているため、靴の重さで動きにくそうにしている小さなお子さんにもおすすめです。
口コミでは足幅が少しきつかったという声が寄せられていますが、ネットで購入して合わなければ無料で返品できるので、安心して購入できます。

初心者の小中学生におすすめの卓球シューズです!

 

4.【ミズノ】 カバンビスターZ2


価格:7,150円(税込)
サイズ:18.0~22.0㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:ゴム
カラー:ブルー、ホワイト、レッド

こちらは、先程紹介したカバンビスターZにデザインは少し似ていますが、片足約190gと少しだけ重量が重くなっており、その分クッション性が高まり、足への衝撃が緩和されています。

先程同様、靴紐ではなくマジックテープになっているので、付け外しが簡単になっています。

 

5.【アシックス】HYPERBEAT SP 3


価格:8,250円(税込)
サイズ:19.0~28.0㎝
アッパー:合成繊維、合成皮革
ソール:ゴム
カラー:レッド、ブルー、オレンジ×ブラック、イエロー×ブルー

薄型ソールのため、素足のような感覚で使えます。
さらに、高い緩衝性を発揮する軽量素材、ソライトを使用しているので、薄くてもクッション性が十分あります。

レディース専用とユニセックスがあるのでそれぞれ選んでみてください!

口コミを見ても評価が高く、迷ったらこれを試してみるのもいいと思います。

 

6.【ヤサカ】ジェット・インパクト


価格:4,800円(+税)
サイズ:22.0~28.0㎝
アッパー:PU、マイクロファイバー
ソール:ゴム
カラー:ブルー

耐久性、安全性に優れ、抜群のグリップ力でフットワークをフルサポートしてくれるシューズです。

インソールは防臭性、通気性、耐ショック性に優れた特殊素材で、アウトソールはグリップ力抜群のセパレートタイプのRUBBERと、弾力があり衝撃に強いPHYLONで構成されています。

そこまで値段が高くないにもかかわらず、しっかりとしたグリップ力があるので、靴の消耗が速い中学生におすすめです。

 

7.【ヤサカ】ジェット・インパクトNEO


価格:4,800円(+税)
サイズ:22.0~28.0㎝
アッパー:PU、マイクロファイバー
ソール:ゴム
カラー:ブルー×ブラック

ジェット・インパクトの高いコストパフォーマンスはそのままに、ブラックベースの新デザインとなっています。
綺麗な見た目と耐久性に優れたハイピーリングポリウレタンで、しっかりとコスパがいい商品になっています。

 

8.【ニッタク】ホープアクト


価格:5,800円(+税)
サイズ:18.0~28.0㎝
アッパー:PU、ダブルメッシュ
ソール:ゴム、樹脂
カラー:ライム、ホワイト
タイプ:ユニセックス

ゆったりとした形状のエントリーモデルで、アッパーには耐摩耗性に優れた合成皮革と、通気性に優れたメッシュを使用しています。

ソールには、足のねじれを防止する樹脂製シャンクパーツが使われていて、スリットも深めに入っており、サポート力が高いシューズになっています。

また、結ばない靴紐「キャタポン」が付属しているので、ほどける心配がなく、踏んで転倒する危険を回避することができるのも魅力です。

サイズも幅広くあるので、中学生におすすめの卓球シューズです。

 

 

9.【ニッタク】ホープアクトⅡ レディース


価格:5,800円(+税)
サイズ:18.0~28.0
アッパー:PU
ソール:ゴム、樹脂
カラー:ネイビー、ブルー、ピンク

先程のゆったりしたモデルに対し、こちらはフィット感のあるシューズになっています。

また、紐を通す部分が外側に寄って作られているため、プレー中のシューズタンのズレを防止し、しっかりとしたフットワークを身に付けるために最適なシューズとなっています。

中学生の女の子におすすめの卓球シューズです!

 

10.【ヴィクタス】ネオファイト ライトシューズ/幅広


価格:6,160円(税込)
サイズ:22.5~28.0㎝
アッパー:PU、Wメッシュ
ソール:ゴム
カラー:ブルー、ブラック、ピンク
幅広:〇

こちらは、競技レベルを問わない軽量シューズで、Wメッシュの部分を多くすることで通気性を良くし、軽量化を実現しています。

また、ソールが薄めに設計されているため屈曲性に優れていて、足に吸いつく感覚を生み、次のステップを素早く繰り出すような激しい動きにも対応したシューズとなっています。

幅広が良い中学生におすすめの卓球シューズです!

 

11.【ヴィクタス】TSPリードシューズ


価格:7,150円(税込)
サイズ:22.0~28.5㎝ ア
ッパー:合成繊維、合成皮革
ソール:ゴム
カラー:ブルー、ブラック、レッド、マリンブルー

卓球特有の横の動きと耐久性にこだわった、シンプルで飽きのこないデザインが特徴のシューズです。

特に靴底の作りにこだわっていて、ハニカムグリップ、ピボットポイント、ブロックパターンエリア、トーションバーなど、様々な機能が搭載されているので、スリップを徹底的に減らすことができるシューズとなっています。

 

12.【アンドロ】SHUFFLE STEP


価格:7,590(税込)
サイズ:22.5~28.5㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:合成底
カラー:ブルー、レッド

ドイツの卓球用品総合ブランド「アンドロ」が出しているシューズで、これより少し高いクロスステップという商品と同一の高性能ソールを採用しています。また、柔軟性の高いアッパー素材により、履き心地もアップしています。

「高性能&リーズナブル」を併せ持つハイパフォーマンスシューズで、初心者から上級者まで履くことができるのも魅力です。

さて、ここからは少しランクアップしたシューズを紹介していきます。

 

13.【バタフライ】レゾライン ギグ


価格:9,900円(税込)
サイズ:22.5~30.0㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:EVA、ゴム
カラー:ブラック×レッド、ホワイト×シルバー

衝撃吸収性に優れたモデルで、レゾラインシリーズにおいて最も厚いソールを搭載し、優れた衝撃吸収性を発揮します。

また、ホールド性の高いフルカバードタイプのアッパーや、フィット感を高める靴型を採用していて、動きの激しい選手を支える設計となっています。

 

14.【アシックス】HYPERSURV


価格:9,900円(税込)
サイズ:22.5~30.0㎝
アッパー:合成繊維、合成皮革
ソール:ゴム
カラー:ショッキングオレンジ×ピーコート、ホワイト×ストーングレー、セーフティーイエロー×ストーングレー

スタイリッシュなデザインをまとった、素足感覚モデルのシューズです。
通気性と高いグリップ力が特徴で、全体的にソールが平たく、床をしっかりとキャッチするシューズとなっています。

 

15.【ミズノ】ウエーブカイザーブルクRL4


価格:9,460円(税込)
サイズ:22.5~25.0㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:合成底
カラー:ピンク×コーラル、ピンク×ネイビー、パープル×コーラル
幅広:3E

軽量ワイドのレディースモデルで、片足約225gと軽く作られています。
足裏のフィット感と、ワイド感がアップしているため、足が幅広の方にもおすすめのシューズです。

 

16.【ミズノ】ウエーブドライブNEO


価格:14,300円(税込) サイズ:23.0~28.5㎝ アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:合成底
カラー:ネイビー×ブルー、ネイビー×ピンク、ブラック×グリーン、レッド×イエロー、グリーン×イエロー×シルバー

「素足感覚」が進化した、新生・軽量柔軟コンパクトモデルです。
アッパー部分と靴紐部を一体化させることで、履いた時の装着感が増し、まるで素足のような感覚が人気のシューズです。

 

17.【ニッタク】ビートアクト


価格:12,000円(+税)
サイズ:22.5~28.0㎝
アッパー:PU、Wメッシュ
ソール:ゴム
カラー:ネイビー×ピンク、シルバー×ブラック

サポート力に優れたシューズで、安定性を重視する方や女性(レディース)におすすめの卓球シューズです。

 

18.【アンドロ】CROSS STEP


価格:9,350円(税込)
サイズ:22.5~28.5㎝
アッパー:― ソール:―
カラー:ブラック×ネオンイエロー

日本のトップ選手の意見を取り入れ、研究を重ねて完成したシューズで、高いフィット感や衝撃吸収に優れたクッション性能を兼ね備えた逸品です。

 

19.【バタフライ】レゾライン グルーヴィー


価格:9,350円(税込)
サイズ:22.5~28.5㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:ゴム、EVA
カラー:ブルー、ピンク、ブラック×ゴールド、ネイビー×ピンク

グリップ性に優れたアウトソールが横ブレを防止し、薄型のソールが素足感覚を実現させたシューズです。
激しいフットワークに耐えるしっかりとした作りで、特に男性におすすめです。

 

20.【ミズノ】ウエーブメダル5


価格:10,780円(税込)
サイズ:22.5~28.5㎝
アッパー:合成繊維、人工皮革
ソール:合成底
カラー:ネイビー×ホワイト×ライトグリーン、ホワイト×ブラック×ブルー、他4種類

ミズノの卓球シューズの中で、最も評価が高いモデルです。

卓球の動きをアシストしてくれるこのシューズは、人気のためいつも売り切れ続出ですが、入荷を待ってでも買う価値があると思うほど、このシューズは値段に対しての性能が素晴らしく、おすすめのシューズとなっています。

 

初心者におすすめの卓球シューズは?

初心者におすすめの卓球シューズ
次に卓球初心者の小中学生の子どもにおすすめのシューズを解説します。

はじめて卓球を始める初心者のかたには「ミズノ(mizuno) ウエーブ ドライブ NEO」か「バタフライのレゾライン サル」がおすすめです。

ミズノ(mizuno) ウエーブ ドライブ NEOは幅広シューズなので、初心者でも足が痛くなる事はなく、自由度も高いので安心して履けます。
日本人の足になじみやすいミズノは卓球教室コーチの筆者としても心からおすすめできます。

また、バタフライも卓球では人気メーカーです。
デザイン性も高いので、おしゃれなシューズが良い初心者にもおすすめできるシューズとなっています。

\ミズノ(mizuno) ウエーブ ドライブ NEO/

\バタフライのレゾライン サル/

 

まとめ:お気に入りの卓球シューズを選ぼう!

お気に入りの卓球シューズを選ぶ!
キッズ・ジュニアの卓球シューズは種類も多く、選ぶのもわくわくしてきますよね!

卓球シューズの選び方は
・サイズは0.5cm大き目
・幅広にも注意して選ぶ
・クッション性を重視する
・メーカーで選ぶ
ことを意識してみてください!

筆者が子ども達に卓球を教えていて上達しやすい子の特徴は、お気に入りの卓球シューズを持っていることがあります。
お気に入りの卓球シューズを持っていて、道具を大切にしている子は成長も早いです。

それだけ、卓球の練習にも熱が入っているのでしょう!
ぜひ、お気に入りの卓球シューズを選んでみてください!

最後におすすめの卓球シューズのTOP3を解説します。

 

\卓球シューズ人気おすすめランキング/

1位の卓球シューズ2位の卓球シューズ3位の卓球シューズ
商品
メーカー
商品名
【バタフライ】レゾライン サル【ミズノ】 カバンビスターZ2【ニッタク】ホープアクトⅡ
楽天で確認するバタフライ レゾライン サルミズノ カバンビスターZニッタク 卓球シューズ ホープアクト2
Amazonで確認する[バタフライ] 卓球シューズ レゾライン ソル[ミズノ] 卓球シューズ CUBAMBI STAR Zニッタク 卓球 シューズ ホープアクト

 

1位は卓球教室コーチの筆者が心からおすすめできるシューズです!
特にバタフライ、アシックス、ニッタクはキッズやジュニア・初心者にもおすすめのブランドです。

子供の卓球シューズ選びは、ゼヒオも品揃え豊富でおすすめです!
\ゼビオを確認する/
【公式】スポーツ用品総合通販ならスーパースポーツゼビオ



子どものスポーツ道具は
レッスンバッグおすすめ20選!
バッシュおすすめランキング15選!
少年野球おすすめのグローブ20選
バレーボールシューズおすすめ20選!
ゴルフクラブおすすめ20選!
野球バットおすすめランキング25選!
ダンスシューズおすすめランキング20選!
サッカーシューズおすすめ15選
サッカーウェアおすすめ25選
も参考にしてみてください!

卓球教室コーチ歴10年の筆者が解説する「卓球ラケットおすすめ20選」「卓球ウェアおすすめ20選」はこちら

 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。