子供の習い事個人競技一覧

子供の習い事で個人競技の一覧を解説します。
こんにちは「子供の習い事図鑑」(@startoo_)です。

子供の習い事選びで一つの基準になるのが
・個人競技の習い事か
・チーム競技か
というものがあります。

チーム競技の習い事では、チームワーク、協調性、友達ができやすいなどメリットがあるでしょう。

一方、個人競技の子供の習い事は
・達成感が高まる
・自己肯定感を感じられる
・チャレンジ精神が身につく
・自信が持てるようになる

という多くのメリットがあります。。
子供の性格タイプによっては個人競技の方が活躍できるという子が多いのも事実です。

そこで今回は個人競技の子供の習い事を一覧にまとめて紹介していきます。
他の種類も気になる方は「子供の習い事一覧」もご確認ください!

体操教室

子供の習い事体操教室
月謝相場:5,000円~
対象年齢:4歳頃~
体操教室は幼児の頃から通えて全身運動ができます。そのためゴールデンエイジ期にも人気の習い事です。跳び箱、マット運動、平均台、鉄棒などで体の使い方を学ぶことができます。より高度になるとバク転や空中逆上がりなども行い自信を身につける事も可能です。この記事では体操教室を習い事にするメリット・デメリット、評判や体験談を解説していきます。【体操教室の詳細記事

陸上競技

子供の習い事陸上教室
月謝:5,000円~
いつから通える?:5歳頃~
陸上教室も個人競技の子供の習い事です。幼児向けにはかけっこ教室があります。陸上競技と言うと走るだけというイメージを持っている方も多いですが実際には、走り幅跳び、高飛び、棒投げ、ハンマー投げ、ハードル走など多くの種類があるのです。飽きやすい子供にとっては多くの種目にチャレンジできる陸上競技はお勧めできます。また練習がダイレクトに結果に現れるため日々の成長を感じられるでしょう。体力的にも子供に必要な全身運動ができます。足腰を鍛えるためにも有効です。この記事では陸上競技のメリット・デメリット、評判、体験談を解説してきます。【陸上競技の詳細記事

将棋・囲碁教室

子供の習い事将棋
月謝相場:4,000円~
いつから通える?:4歳頃~
囲碁将棋も基本的には個人競技です。実際の大会では3対3で主将・副将・三将と闘うこともありますが、其々の対局は1対1での対戦となります。将棋や囲碁では対戦相手の戦略を読みあい勝敗を決めるボードゲームです。洞察力や集中力も身につくでしょう。また頭が良くなる子供の習い事にも選ばれています。この記事では将棋・囲碁のメリットデメリットを解説していきます。【将棋囲碁の詳細記事はこちら】

ゴルフ教室

子供の習い事ゴルフ
月謝相場:10,000円~
対象年齢:小学生頃~
ゴルフの個人競技のスポーツです。石川遼選手や渋野日向子選手の影響で若いころから始める方は増えています。ゴルフは紳士のスポーツです。そのため、礼儀礼節やマナーが身につくメリットもあります。また、大人にも人気なスポーツなので家族全員で楽しめる競技にもなるでしょう。用具に関しては最初のうちはレンタルでも問題ありません。ゴルフクラブを全て最初から用意すると高いので必要なものから順次揃えていくことをおすすめします。この記事ではゴルフを習い事にするメリット・デメリットや体験談を解説していきます。【ゴルフの詳細記事はこちら

武道・格闘技

子供の習い事空手
月謝相場:3,000円~
いつから?:小学生頃~
武道・格闘技も個人競技のものが多いです。空手柔道合気道ボクシング剣道と種類も多くあり其々の良さがあるでしょう。全体的に言えることは①基礎体力が身につく②礼儀礼節が身につく③人との痛みを知れるという多くのメリットがあります。また教室によって流派や育成方針が異なるので体験にいき子供のタイプにあうかの確認はしておいた方がいいでしょう。この記事では武道・格闘技のメリット・デメリット、評判・口コミを解説していきます。【武道・格闘技の一覧記事

ピアノ・楽器

子供の習い事でピアノ
月謝:10,000円~
いつから通える?:3歳頃~
ピアノ・楽器も個人での練習が必要になります。もちろんバンドを組んだ時にはチームになるでしょう。ピアノや楽器は音感が身につくのは勿論ですが、子供の脳にもいい影響があります。その理由は、左右の指先を多く使ったり、耳、口、記憶など多くの同時作業を必要とする為です。ワーキングメモリーを鍛えることができるでしょう。また親子で楽しみながら練習することでストレス解消になることもあります。この記事ではピアノを習い事にするメリット・デメリット、体験談や評判を解説していきます。【ピアノの詳細記事はこちら

スイミング

子供の習い事スイミング
月謝:6,000円~
いつから?:1歳頃~
スイミングも個人競技のスポーツです。スイミングは子供の習い事人気ランキングでもTOP層に入ります。その理由は水の負荷を受けながら泳ぐことで全身運動、全身の筋力効果に繋がるからです。ゴールデンエイジ期の子供にとっては非常に有効なスポーツになります。また、スイミングではタイムや距離、様々な泳法にチャレンジします。挑戦していく中で自信を身につけたり、根性も身につけるような精神的な成長にもなるでしょう。この記事ではスイミングを習い事にするメリット・デメリットや評判・体験談を解説していきます。【スイミングの詳細記事はこちら

テニス・卓球・バドミントン

子供の習い事テニス
月謝相場:5,000円~
通える年齢:年長さん頃~
卓球やテニス・バドミントンも一部個人競技です(ダブルスを除く)。どの競技もラケットで球を打ち返す集中力が必要になります。また、これらはネットを挟んで行う競技です。そのためバスケやサッカーのように対戦相手との接触はすくなく怪我のリスクも減ります。女の子でも安心して楽しめるでしょう。対戦相手を欺くフェイントを訓練する事で瞬発力や反射神経を鍛えられるメリットもあります。この記事ではラケット競技のメリットデメリット・体験談や評判を解説していきます。【テニス卓球バドミントンの詳細記事】
この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。