【ジュニア】野球トレーニングシューズおすすめ人気ランキング25選!幅広・選び方のコツも解説!

『キッズ・ジュニア向けのおすすめ野球トレーニングシューズは?』
『子どもの足が痛くならない幅広野球トレーニングシューズは?』
『小学生、中学生初心者におすすめの野球シューズは?』
『リーズナブルな安い野球トレーニングシューズは?』
と気になることもありますよね。

今回は、キッズ、ジュニア向けの野球トレーニングシューズを解説していきます。

西川遥輝選手や山本由伸選手、坂本勇人選手など、世界や日本で活躍する野球選手を見て、習い事や部活で野球を始める方も多いのではないでしょか?

バッドやグローブのような野球用品に比べると地味に感じる野球トレーニングシューズですが、どんなポジションでも野球トレーニングシューズは必要です。
そして快適にプレーをするためには、自分に合った野球トレーニングシューズが欠かせません。

野球トレーニングシューズは、アウトソール、留め具、サイズ・幅、メーカーなどに違いがあり、様々なメーカーから発売されています。

今回は、少年野球教室コーチ歴10年の筆者が、小学生、中学生、高校生、初心者の子どもにおすすめの野球トレーニングシューズを解説します!

幅広シューズや選び方のコツも解説するので参考にしてみてください!

少年野球コーチ歴10年の筆者が教える「少年野球バットおすすめ25選」「少年野球グローブおすすめ20選」「少年野球スパイクおすすめ25選」「野球アンダーシャツ」「野球バッティンググローブ15選」はこちら

この記事の目次

キッズ・ジュニア向け!野球トレーニングシューズの選び方のコツ!

子供向け野球トレーニングシューズの選び方
まずは子どもの野球トレーニングシューズの選び方のコツを解説していきます。

アウトソールで選ぶ

まず、野球のトレーニングシューズを選ぶ際は、アウトソール(靴底)の形状をチェックするようにしましょう。

トレーニングシューズには、大きく分けて、ラバーソールとマルチソールの2つのタイプがあります。

ラバーソールボツボツとした凸凹があるタイプのシューズで、グリップ力の高さが特徴。地面をしっかり掴むことができ、スパイクの使用感に近いので、素振りやキャッチボールなど、野球ならではのプレーに適している。
マルチソール凹凸がなく、平らな形状をしており、スパイクより、スニーカーやランニングシューズに近い。凹凸があることで感じる、地面からの突き上げが苦手な方や、ジョギングやランニングをする際におすすめのタイプ。

選び方のコツとしては、
・野球専用のシューズとして使いたいならグリップ力の強い「ラバーソール」
・野球以外のジョギングなどにも使いたいなら「マルチソール」
というように選ぶのがお勧めです。

小中学生の初心者のジュニア選手には、ラバーソールから始めてみるのがおすすめです。

留め具で選ぶ

「留め具」も考慮に入れておくことをおすすめしたいポイントです。

留め具には、靴紐タイプとベルクロタイプの2種類があります。

靴紐タイプフィット感に優れているメリットが、脱ぎ履きに手間がかかる
ベルクロタイプ片手でも着脱できるが、靴紐タイプほどのフィット感はない

野球トレーニングシューズは、試合や練習前のウォーミングアップの時に使うことが多く、キャッチボールやシートノックの際には、スパイクに履き替えることが多くなります。

留め具の種類はあくまで好みによりますが、多くの選手は、スパイクに関しては靴紐タイプを使い、トレーニングシューズは脱ぎ履きが簡単なベルクロタイプを使っています。

また、ベルクロタイプは、一人ではまだ靴紐が結べない年代のお子さんにもおすすめです。

サイズ・靴幅(幅広)で選ぶ

シューズを選ぶ際は、サイズも重要なポイントになります。
サイズに関しては足の「長さ」だけではなく、「靴幅」も確認するようにしましょう。

一般的に日本人の足型は、海外の人に比べ、幅広甲高と言われています。
野球トレーニングシューズは足幅・甲の高さにも注意して選ぶ
そのため、日本メーカーのシューズは、幅広に作られていますが、海外メーカーのシューズは幅が狭く、少し窮屈に感じる恐れがあります。

サイズというと、長さばかりに目がいきがちですが、幅が合っていないと足を痛めたり、歩き方にまで悪影響が及ぶ可能性もあります。

ですので、長さと幅の両方を、購入前に必ず確認するようにしましょう。

\靴幅基準一覧/
野球トレーニングシューズの足幅規格

2Eが標準的な足幅です。
足幅が広い方は3Eなどの幅広シューズを選ぶのがおすすめです。

人気メーカーで選ぶ

野球のトレーニングシューズは、さまざまな種類が売られています。
中には、価格は低いものの、品質に劣るシューズも紛れています。

ですので、失敗を避けたい方は、人気の「メーカー」で選ぶというのも一つの方法です!

ミズノやゼット、アディダスなど、大手のメーカーは、驚くほどの低価格商品はないものの、購入して後悔するほどの劣悪な製品もありません。

また、ミズノやアシックス、ゼットなどの国内の人気メーカーは幅広設計で、アンダーアーマーやアディダスなどの海外メーカーは、幅が狭い設計という、サイズ判断の目安にもなります。

安いものを買って失敗しないためにも、メーカーの名前で判断することもおすすめの選び方の一つです。

野球の教え方のコツは?親が子どもに教えるときの注意点・練習法も解説!

【ジュニア向け】野球トレーニングシューズおすすめ人気25選!

野球トレーニングシューズおすすめ人気25選

では、ここから小学生、中学生、高校生のジュニア選手におすすめの野球トレーニングシューズ(アップシューズ)を解説していきます。
野球をする方は、スパイクと一緒にトレーニングシューズも選んでおくことがお勧めです。

1.【ミズノ】セレクトナイントレーナー


ミズノ「セレクトナイントレーナー」は、安定感と動きやすさを両立させたアップトレーニングシューズです。

体重移動の際の横ブレを徹底的に抑え込むことで、安定感を向上させ、プレー中のパワーロスを軽減してくれます。
そして、さまざまなシーンにおいて、パワーの源を作り出す拇指球部分のグリップ力を高めることで、蹴り出しの力をスムーズに力へと変換してくれます。

また、2本ベルクロタイプで、脱ぎ履きが簡単な点もおすすめのポイントです!

2.【ミズノ】セレクトナイントレーナーCR


ミズノ「セレクトナイントレーナーCR」は、素材にこだわり、軽量感を向上させたトレーニングシューズです!

より軽い合成皮革を用いることで、約175gという軽さを実現しています。
グリップ力や安定感を維持しながら、軽量感がプラスされているので、動きやすさがさらにパワーアップしています。

サイズが18cmから用意されていることも魅力で、幼児(キッズ)や小学校低学年でもぴったりのサイズが見つけられます。

3.【ミズノ】セレクトナイントレーナー2


ミズノ「セレクトナイントレーナー2」は、野球の動きを徹底的に解析し、野球の動きに特化した設計になっているトレーニングシューズです!

拇指球部分とかかとの内側は、スイングや送球・投球時に力を発揮しやすいように、グリップ力が高められています。
さらに、外側は踏ん張りが効くように、つま先部分も蹴り出しがスムーズになるように、地面をしっかりと掴まえてくれます。

マルチソールでありながら、高いグリップ力を持っており、3本ベルクロでフィット感にも優れています。

4.【ミズノ】セレクトナイントレーナー2 CR


ミズノ「セレクトナイントレーナー2 CR」はベルクロと靴紐混合タイプで、フィット感と着脱のしやすさを両立させたトレーニングシューズです!

靴紐は結んだままでも、ベルクロを外すことで、簡単に脱ぎ履きできます。
そのため、自分一人ではまだ靴紐を結べないものの、靴紐タイプに匹敵するフィット感が欲しいというお子さんに、非常におすすめのシューズです!

そして、アウトソールは、ラバーソールを採用しており、地面をしっかりグリップしてくれるので、動きのサポートも行ってくれる、高機能な一足です。

5.【ミズノ】セレクトナインジュニア(幅広)


ミズノ「セレクトナインジュニア」は、2本ベルクロで脱ぎ履き簡単な、ラバーソールトレーニングシューズです。

国内メーカーであるミズノは、日本人の足型にマッチした設計のシューズ作りに定評があります。
このシューズの幅は3E相当なので、日本人に多い幅広甲高の方でも窮屈さを感じることなく着用できます。

また、価格は3,000円前後と非常にお求めやすいので、初心者の方の初めての一足にもおすすめです!

6.【ミズノ】ウエーブセレクトナイン


ミズノ「ウエーブセレクトナイン」は、高いクッション性を兼ね備えたトレーニングシューズです。

アウトソールとインソールの間のミッドソールに、「ウエーブクッション」という独自開発の弾力性に優れた素材を使っています。
かかと部分に波型のクッションを配置することで、クッション性と安定性を両立させ、子どもの足の負担に配慮した設計となっています。

また、カラーバリエーションが豊富なことも特徴です。
ブラックやブラック×ホワイトという一般的なカラーだけでなく、レッドという珍しいカラーも用意されているので、デザインで友達と差をつけたいお子さんにもおすすめです!

7.【アディダス】ジャパントレーナーAC50


アディダス「ジャパントレーナーAC50」は、3本ベルクロでフィット感に優れたラバーソール採用のトレーニングシューズです。

このシューズの最大の特徴は、アウトソールの形状にあります。
前足部とかかとの両サイドに配置された突起が、スイング時に地面を強力に掴み、強大なパワーを生み出してくれる設計になっています。

そのため、素振りやトス・ティーバッティングなどのバッティング練習時に、大きな力を発揮します。

バッティング練習に力を入れていきたい小学生、中学生に自信を持っておすすめしたい、フィット感とグリップ力に優れたシューズ>です!

8.【アディダス】アディピュアTRKAC


アディダス「アディピュアTRKAC」は、50年以上にわたってトップアスリートのシューズ製作に携わってきた大森敏明氏開発のラスト(靴型)を採用したトレーニングシューズです。

日本人の足型に合うように、そして野球の動きに合うように設計されたラストを採用し、動きのサポートだけでなく、足への負担も軽減してくれます。

かかとはタイトな設計でホールド感を増しながら、前足部はゆとりのある設計で、快適な履き心地を実現しています。
さらに、3本ベルクロでフィット感に優れながら、軽量感も感じられます。

とにかく高機能なので、機能性重視の方におすすめしたい一足です!

9.【アディダス】アディピュア ジャパントレーナー


アディダス「アディピュア ジャパントレーナー」は、育ち盛りの子どもの足にぴったりと合うフィット感とデザイン性に優れたトレーニングシューズです。

かかとのホールド感を高め、中足部と前足部を少しゆとりある設計にしています。
そうすることで、つま先に余裕が生まれ、指を自由に動かして、しっかりと地面を掴む歩き方ができるシューズとなっています。

他にない珍しいデザインなので、周りの友達と被らないシューズをお探しの方におすすめです!

10.【アディダス】アディピュアTR K


アディダス「アディピュアTR K」は、キッズ専用ラストを採用し、履き心地に優れ、カラーバリエーションの豊富さも際立つ野球トレーニングシューズです。

かかとのホールド感を大事にしながら、つま先を少し反り上がらせることで、蹴り出しをスムーズにしています。
ベタ足で歩きがちな子どもの歩き方に配慮した設計で、正しい足の使い方ができるようになる優れもののシューズです。

また、カラーバリエーションも豊富で、ブラックやホワイトの他に、レッドやブルー、ゴールドなど、全部で8種類も用意されています。
お気に入りのカラーが見つかること間違いなしの、機能性にもデザイン性にも優れた一足です!

11.【ティゴラ】野球トレーニングシューズ


ティゴラ「野球トレーニングシューズ」は、幅広甲高でも履きやすいワイド設計と、コスパの良さが際立つ一足です!

靴幅は3E設計となっているので、広めのシューズをお探しのお子さんにおすすめです。
そして、幅広の設計ながらも、アッパー部分のホールド感を重視しているので、フィット感にも優れています。

アウトソールは、地面をしっかり掴めるように、六角形のポイントが配されています。
フィット感とグリップ力に長けていながら、3,000円台という価格の低さも嬉しい、コスパ良好トレーニングシューズです!

12.【ゼット】ランゲットDX2


ゼット「ランゲットDX2」は、ワイドな設計とアウトソールが特徴的なトレーニングシューズです!

甲は高めでつま先は太め、幅も>広めの3Eワイド設計で、ゆったりとした履き心地を実現しています。
そして、屈曲性を重視し、2本ベルクロを採用している点も特徴的です。

アウトソールは、アスファルト上でも、土のグラウンドでも滑りにくいマルチスタッドタイプを採用しています。
マルチソールとラバーソールのいいとこ取りのようなアウトソールで、どんなシーンでも使いやすい汎用性の高さも兼ね備えています!

13.【ゼット】ラフィエットHMJ


ゼット「ラフィエットHMJ」は、スタンダードな設計のラバーソールシューズです。

最大の特徴は、ベルクロが4本配置されていることです。
4本のベルトがしっかり足を包み込んでくれるので、機動力とフィット感が向上し、脱ぎ履きのしやすさも一段上のレベルに引き上げてくれています。

そして、3,000円台という低価格も大きな魅力です。
フィット感も脱ぎ履きのしやすさも、両方を重視したい方におすすめの、コスパにも優れるトレーニングシューズです!

14.【ゼット】ラフィエット


ゼット「ラフィエット」は、ハイカットで足首を保護してくれる、安全性に優れたトレーニングシューズです。

くるぶしより上の、足首の高い位置までカバーしてくれるので、捻挫を始めとする足首の怪我の予防に高い効果を発揮します。
ハイカットは脱ぎ履きのしにくさがデメリットになりますが、ベルクロタイプなので、脱着への手間は軽減されています。

また、国内メーカーであるゼット社の製品なので、幅広甲高のゆとりある設計になっていることも、おすすめポイントの一つです。
お子さんの怪我予防や、安全性を重視する方におすすめの一足です!

15.【アシックス】スターシャインTR2


アシックス「スターシャインTR2」は、サイズレンジが広く、カラーバリエーションも豊富で、フィット感にも優れた一足です。

ベルクロと靴紐の混合タイプなので、脱着の手軽さとサイズの微調整ができる優れたフィット感を両立しています。
アウトソールは、多くの突起が配置されたラバーソールで、グリップ力に長けていることも特徴です。

さらに、カラーも豊富に用意されており、ホワイト×レッドやネイビー×クラシックレッドといった、周りの目を引くような明るいカラーも取り揃えられています。

機能性とデザイン性が高いレベルで両立された、おすすめのトレーニングシューズです!

16.【アシックス】スターシャインS2


アシックス「スターシャインS2」は、ジュニアのために考え抜かれた設計のアウトソールと、屈曲性に優れたアッパーに特徴を持ったシューズです。

まず、かかと部のホールド性を高めることで、足が靴の中で動かないように設計されています。
そして、適度な弾力性を持たせることで、地面からの衝撃を和らげてくれます。

また、靴底が厚すぎると、子どもの足の発達を妨げてしまう恐れがあるので、厚過ぎないソールにすることで、足の発達を妨げないよう配慮がされています。

さらに、アッパー(足の甲)部分には、「ダブル屈曲ライン」という2本のラインを入れることで柔軟性を高め、歩きやすさと動きやすさを実現しています。

このように、さまざまな箇所において、子どもの足に徹底的に配慮された高性能なトレーニングシューズです!

17.【アシックス】ネオリバイブTR2


アシックス「ネオリバイブTR2」は、動きやすさとフィット感にこだわって作られた、3本ベルクロタイプのトレーニングシューズです。

このシューズ最大の特徴は、独自開発したラストを採用している点にあります。
数多くの野球選手の動きを解析して生まれた「BBスタンダードラスト」を採用し、より多くの野球選手にフィットする設計になっています。

そして、ベルクロの巻き方にも特徴的なポイントがあります。
3本の内、つま先部に位置する1本を逆巻きにすることで、横方向への動きに強く、倒れ込みを抑制してくれる造りになっています。

強いこだわりを持って作られたラストとベルクロで、抜群の安定性と機動力を実現した一足です!

18.【アシックス】ブライトラインRT


アシックス「ブライトラインRT」は、グリップ性・フィット感・耐久性の3拍子揃った高機能トレーニングシューズです!

まず、アウトソールの内側と外側で異なる意匠を採用することにより、あらゆる動きに対応できるグリップ力を実現しています。
そして、3本ベルトを交互に配置することで、足をしっかりホールドし、フィット感を高めています。

さらに、つま先部を巻き上げて、歩きやすい設計となっているだけでなく、縫い付け加工を施すことで、つま先部の耐久性を向上させています。

19.【エスエスケイ】スターランナーV


エスエスケイ「スターランナーV」は、アウトソールが非常に特徴的な形状をしています。

ラバーソールですが、一般的なボツボツした突起ではなく、V字型の突起が配置されています。
この突起が、高いグリップ力を発揮し、地面をしっかり掴んでくれます。

また、アウトソールは、厚めの設計になっており、クッション性を高めることで、足への衝撃や負担を軽減してくれます。

つま先部分は余裕を持たせたゆったり設計で、履きやすさも兼ね備えた機能性の高いシューズです!

20.【エスエスケイ】スタルキー


エスエスケイ「スタルキー」は、2本ベルクロと幅広いサイズレンジで、幼児や小学校低学年のお子さんにもおすすめの一足です!

2本ベルクロで脱ぎ履きが手軽に行え、サイズが18cmから用意されているので、まだ靴紐が結べない年齢のお子さんでも履きやすい作りになっています。
そして、キッズやジュニアのために開発したソールとラストを使用しており、足の発達を妨げない優しい設計になっていることも特徴の一つです。

また、ローカットなので、足首の自由度が高く、動きやすさも兼ね備えています。

21.【ザナックス】ザナパワー


ザナックス「ザナパワー」は、ベルクロの巻き方が特徴的な、マルチソールタイプのトレーニングシューズです!

通常、ベルクロは、すべて同じ方向で巻かれていますが、このシューズでは、向きが交互になるように真ん中のベルトのみ巻き方が異なっています。
交互に巻くことで、左右両方向からの締め付けが可能になるので、フィット感が高まり、横ブレがしにくくなるというメリットがあります。

また、価格は3,000円台とコスパにも優れていることも嬉しいポイントです。
フィット感に優れたマルチソールのシューズをお探しの方におすすめの一足です。

22.【ニューバランス】JT4040


ニューバランス「JT4040」は、軽量感や安定性、グリップ力や通気性、さらにデザイン性にも優れており、非常に総合力が高いトレーニングシューズです。

まず、アッパー部分に、軽くて通気性に長けたメッシュ素材を使っています。
そして、アウトソールは、無数に配された突起が、地面をしっかり掴み、安定感をもたらしてくれます。

また、色遣いも珍しく、周りの目を引く存在感を持ち合わせています。

友達と被ることのないデザイン性を重視する方にも、しっかりと機能性を重視する方にもおすすめできる、高性能シューズです!

23.【ニューバランス】TJ80


ニューバランス「TJ80」は、ニューバランスの2021年最新モデルトレーニングシューズです!

最大の特徴は、ソールに新開発素材の「フレッシュフォーム」を使用していることです。
フレッシュフォームは、抜群のクッション性を誇る軽量素材で、ミッドソールに配置された凸凹のハニカム構造と合わせることで、卓越した衝撃吸収性と安定性を実現します。

また、エナメル製のアッパーは耐久性に優れ、ラバーソール採用でグリップ力も兼ね備えています。

高いグリップ力で、ラバーソールながらアスファルト上でも着用できるので、ウォームアップから移動まで、幅広く使える汎用性の高さも嬉しい一足です!

24.【アンダーアーマー】UAアルティメイト トレーナー ワイド ジュニア JP


アンダーアーマー「アルティメイトトレーナーワイド」は、抜群の機能性に定評のあるアンダーアーマーらしく、高機能なトレーニングシューズとなっています。

まず、つま先部分に、耐摩耗性を高めた樹脂素材をプラスすることで、日々の激しい練習にも耐え得る耐久性を実現しています。

そして、トレーニングにおけるグリップ力と安定性を考慮して設計されたアウトソールを採用していることも、特徴の一つです。
野球の動きをサポートするために設計された特殊形状の突起が、あらゆるプレーの手助けをしてくれます。

ジュニア向けの足型設計で、耐久性に優れた長く履き続けられる一足です!

中学生の野球部にもおすすめのシューズと言えます!

25.【ハイゴールド】PU-100RAB


ハイゴールドの「PU-100RAB」は、珍しい楽しみ方ができるトレーニングシューズです。

4色のカラーシートが付属されていて、サイドにあるポケットにシートを挿入するだけで、5色のカラーを楽しむことができます。
カラーバリエーションが豊富な靴は多くありますが、一足で複数の色を楽しめる靴は非常に珍しく、その日の気分によって、さまざまなカラーを楽しめることは、大きな魅力です。

脱着が手軽な3本ベルクロ、つま先補強で耐久性に優れたアッパー、履き心地を追求したインソールで、デザインだけでなく機能性も高いおすすめのシューズです!

【子供の習い事】少年野球はどんなもの?いつからできる?費用は?習うメリット・デメリットも解説!

まとめ:野球トレシューはお気に入りを選ぶ!


今回はキッズ・ジュニア向けの野球トレーニングシューズの選び方のコツとおすすめを紹介しました。
選び方のコツは4つあります。

  • アウトソールで選ぶ
  • 留め具で選ぶ
  • サイズ・靴幅で選ぶ
  • 人気メーカーで選ぶ

キッズ・ジュニア向けの野球トレーニングシューズは、さまざまなタイプのシューズが売られており、それぞれが違った魅力を持っています。

子どもの足は柔らかいため、合っていない靴を選んでしまうと、足を痛めるだけでなく、足が変形してしまう恐れさえあります。

しっかりと子どもの足と好みに合ったトレーニングシューズを選び、プレーに集中できる最高の環境を作ってあげましょう!

最後に野球トレシューおすすめ人気ランキングTOP3を紹介します!
初心者のかたはこちらから選んでみてください!

\野球トレシュー人気おすすめランキング/

1位の野球トレシュー2位の野球トレシュー3位の野球トレシュー
商品
メーカー
商品名
【ミズノ】
セレクトナイントレーナー
(幅広3E相当)
【アディダス】
ジャパントレーナーAC50
【エスエスケイ】
スターランナーV
楽天で確認するミズノ アップシューズ セレクトナイントレーナーアディダス アディピュア ジャパントレーナーSSK スターランナーV
Amazonで確認する[ミズノ] ジュニア セレクトナイントレーナー2 Jr.[アディダス] 野 アディピュア TR K[エスエスケイ] 野球シューズ スターランナーV

 

1位から3位は筆者が心からおすすめできる野球トレシューです!

少年野球コーチ歴10年の筆者が教える「少年野球バットおすすめ25選」「少年野球グローブおすすめ20選」「少年野球スパイクおすすめ25選」「野球アンダーシャツ」はこちら

 

無料学習プリント

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。