【子供の習い事】バレーボールのメリットは?いつからできる?親が知っておきたいことは?

"no-img2″
スタートゥー

子供が習い事で「バレーボールを始めたくなったら」何を知っておけばいいんだろう?

"no-img2″
ライオン先生

今回は子供の習い事で「バレーボール」について紹介するぞ!
「バレーボールのメリットは?いつからできる?始めたらやっておきたいことは?」を説明していく!

バレーボールは「チームワークの大切さを学べ、瞬発力、判断力が養われる」スポーツです。
2020年東京オリンピックでは、バレーボール日本代表チームの活躍が期待されています。

地域ごとにも子供向けのバレーボールチームがあり男女ともに人気のスポーツ系の習い事です。
また大人になってからも「ママさんバレー」で続ける方は多く、生涯スポーツともいわれています。

今回は、そんな幅広い年代に人気の「バレーボール」を子供が習い事にする「メリット」「何歳から習うことができるのか?」「親が知っておきたいこと」を紹介していきます。

今回は、バレーボールに詳しい先生に解説していただきます。

この記事がおすすめの方

子供の習い事でバレーボールを考えている
子供のバレーボールの「メリットやいつからできるのか?」を確認しておきたい。
親ができることは?

子どもの習い事でスポーツ系は下の記事もおすすめです。
【人気記事】運動の得意な子どもになって欲しい!おすすめのスポーツ系習い事とは?

子供の習い事でバレーボールを始めるメリット

子供の習い事でバレーボールをするメリット

"no-img2″
編集長

子供の習い事でバレーボールのメリットはどのようなものがあるのでしょうか?

子供の習い事バレーボール
子どもの習い事でバレーボールのメリットは下記のような内容です。
・チームワークが学べる
・瞬発力・判断力が身につく
・長く続けられるスポーツになる
・対戦相手との接触(怪我)が少ない
勿論参加するチームにもよりますがこのようなメリットがあります。

一つ一つ詳しく見ていきましょう。

バレーボールのメリット1.【チームワークが学べる】

子供の習い事バレーボールのメリット
バレーボールはチームスポーツです。
自陣内で3回以内でレシーブ、トスで仲間に繋いで、最後は相手陣地にボールをアタックする(返す)というものです。
このようにボールを「自陣に落さない、かつ相手陣内に落とす」ということは非常にチームワークを必要とします。
息の合った連携トス、フェイント、タイミングを合わせたアタックなどは、お互いに声を掛け合い連携していくことで生まれるのです。

個人競技の習い事がいい場合には「陸上教室」などがおすすめです。
子供の習い事で陸上競技はどんなものがある?

バレーボールのメリット2.【瞬発力・判断力が身につく】

バレーボールでは「瞬発力や判断力」を身につけることが期待できます。
相手陣地からくるアタックやサーブを受ける為には、高度な瞬発力やボールのくる場所をを予測する判断力を必要とします。

バレーボールのメリット3.【長く続けられるスポーツになる】

バレーボールは小中学生からスタートし、大人になっても続けている方が多いスポーツです。
皆さんの地域にも「ママさんバレー」があるのではないでしょうか?

このように一度覚えると、楽しく長く続けられるスポーツになります。
理由としては、基本的には対戦相手とはネット越しになっているため衝突やけがの少ないスポーツと言われていることもあります。

バレーボールのメリット4.【対戦相手との接触(怪我)が少ない】

バレーボールは「ネット越し」に対戦相手がいます。

同じ球技でも「サッカーバスケットボール」などと違い同じ陣地に対戦相手がいることがなく「接触が少ない」ことも特長です。
その接触が少ない分、怪我のリスクが減ることも確かです。

ただ、バレーボールでは「ジャンプ」する回数が非常に多い為、着地の際の怪我のリスクはあります。
足首や膝の怪我には注意してプレーをしていきましょう。

"no-img2″
ライオン先生

子供の習い事で「チームワーク」が学べることは重要じゃぞ!

"no-img2″
スタートゥー

長く続けられるのもいいよね!

子供がバレーボールを習える場所と費用は?

子供バレーボール習い事はどこで習える?
子供が習い事でバレーボールを始めるには、いくつかの方法があります。

子供の「バレーボール」が習える場所

地元のバーレーボールチーム
バレーボール専用の「クラブチーム」
プロ傘下のバレーボールチーム

子供の習い事バレーボールが習える場所
最も一般的なのが、地域や学校のチームに入会することです。
どの地域でもたいていは「バレーボール」の地元チームがあります。
主に地域の小学校や中学校などで活動していることが多いです。
地域によっては、小学校ごとにチームが存在する場所もあります。
地元のチームの中でも、強いチームに入りたい場合には、HPなどで「優勝経験」や「大会成績」を見てみるといいでしょう。
ただ、強いチームは上手なことも多いです。
レギュラーになるのも大変だったりするので事前に確認しておけるといいですね。

次に「クラブチーム」などで行われているバレーボール教室や体験会に参加する方法があります。
クラブチームの場合、民間の企業が運営している教室もあり、専用のコーチが細かく指導をしてくれます。
月謝は高くなりますが、地元のチームと合わせてクラブチームにも所属する子供もいます。

そして最後に「プロ傘下のバレーボールチーム」です。
プロ傘下のバレーボールチームが子ども向けに「体験教室」や「バレーボール教室」を開催していることがあります。
うまくいけばスカウトされることもあるので一度行ってみるのもいいですね。

"no-img2″
編集長

バレーボール教室の月謝はどのくらいの料金人になりますか?

子供の習い事バレーボール月謝
子供の習い事で「バレーボール教室に通う場合」
・地元のバレーボールチームの場合:1,000円~4,000円/月
・民間のクラブチームの場合:3,000円~8,000円/月
・プロ傘下のバレーボールチーム:5,000円~10,000円(スカウトの場合無料になることも)
となります。

バレーボール教室に通う場合、この月謝の他に
・子どものバレーボール用具(ボールやシューズ)
・遠征などの交通費
などがかかってきます。

遠征費やバレーボール用具はその都度かかってくるので、事前に確認しておきましょう!
子供のスポーツ用品は「ゼビオ」が種類豊富なのでおすすめです。

\ゼビオで子どものスポーツ用品を探す/
スポーツ用品【スーパースポーツゼビオ】



子供の習い事【バレーボールは何歳から始められる?】

子供の習い事バレーボールいつから

"no-img2″
編集長

子供の習い事でバレーボールは「いつから」始められるのでしょか?

子供の習い事バレーボールはいつから
バレーボールは「何歳からでも」始められますが、未就学児対象のバレーボールチームというのはほとんどないので、
おすすめは「小学校に入学してから」です。
小学生になるまではバレーボールに触ったりと自主練習をしたりという程度になるでしょう。
本格的なバレーボール活動ができるのは「小学生中学年」以上が目安です。
地域や学校のバレーボールチームでは「小学校3年生以上から入会できるところが多い」です。

技術や戦術を学べる民間の子供バレーボール教室やスクールは、小学生であれば入会できるところが主流です。

なぜ地域のバレーボールチームと教室で入会できる年齢が異なるかというと、指導者の質やチームの活動体制による差があるからです。
民間のバレーボール教室の場合は、個人技を磨くことがメインなので対外試合がない場合も珍しくありません。
プロの指導者による指導が受けられ、バレーボール初心者も経験者もレベルに応じた練習ができます。

地域や学校のチームでは、交流戦や地域リーグ戦など試合が多くなります。試合に向けて実践的な練習がメインとなるため、チーム内のレベルをある程度揃える必要があります。

小学校1年生と6年生では発育度合いにかなりの差が生じるため、一度に練習することが難しいのです。
このため、3年生以上または高学年のみという形で、入会年齢を定めているところもあります。

子供の習い事バレーボールはいつから
「小学生からやっていないと遅いか?」というとそんなことはありません。
多くは中学生の「部活動」でバレーボールを始めるケースが多いです。
中学生から始めてプロのバレーボーラーになった方も多いので焦らず子供の意思を尊重して選択していきましょう。

【人気記事】子供の習い事はいつから?いくつまで?かかるお金はいくら?

次に子供の習い事でバレーボール教室に通っている家庭の体験談や口コミを確認していきましょう。

子供の習い事【バレーボールに通っている家庭の体験談・口コミ】

口コミ・評判

子供の習い事バレーボールの体験談
協調性が身についた
習い事でバレーボールを始めてから協調性が身についたなと感じています。小学3年生から通って今は一年ほど経ちます。
今までは、一人でいる時間が多く、学校から帰ってからも「宿題をやっているかゲームをやっているか..」という感じで少し心配もしていましたが、
最近は学校から帰ってきてすぐに誘ってもらった友達とボールを持って出かけていきます。(小学4年生 保護者)

子供の習い事バレーボールの体験談
体力測定の数字が伸びた
我が家で通っている「バレーボール教室」では、地元で強豪チーム(知らずに入りました..笑)で、バレーボールの技術だけでなく、
体力向上も重視しています。その為、走り込みや基礎も反復で行っています。その影響もあり学校のの体力想定では大幅に成長が見られました。
レギュラーになれるかは分かりませんが、運動神経が伸びたのは良かったかなと!(小学5年生 保護者)

子供の習い事バレーボール教室口コミ
遠征や年間の大会予定は事前に確認を!
子供の習い事でバレーボール教室に行っています。基本は「土曜日の夕方」と「日曜日のお昼」に練習をしています。
「事前に確認しておけば良かったなー」と思ったことは、意外と練習試合や遠征が多い事です。
地元のチームなので、順番で引率もしなくてはならず、少し親の大変さもあります。
チームにもよると思うので事前に確認しておくことをおすすめします。

\小学生高学年におすすめの習い事ランキングはこちらです/
【人気記事】【2019年】小学生の高学年に人気の習い事ランキング!ベスト5とは?

【親としてできること】バレーボールの体験教室に行ってみる

子供の習い事バレーボール親ができること
良い時期がきたら、子供に合いそうなチームを探して体験教室に行ってみましょう。
子供の習い事で体験教室に行くことは重要です。もし子供が楽しそうであればそのまま通わせてあげたいですね。

そして、通いだした場合には子供の熱意が続くようサポートしてあげましょう。

バレーボールは中高生でも盛んに行われるスポーツです。
小学生では難しいと思ったら、中学校でバレーボールクラブに入ることもできます。
一度始めると長く続けることのできるスポーツ
でもあるので、始めどきは焦らないことをおすすめします。

長い目で見て、子供に合ったバレーボールの始め方を選んでみてください。

【親ができること】プロのバレーボール試合を一緒に見てみる

子供の習い事バレーボール

子供の習い事バレーボールで親ができること
子供がバレーボール教室に通うときには、一緒に動画サービスなどで「バレーボール」の日本のプロリーグ(Vリーグ)の試合を一緒に見ることをお勧めします。
せっかくバレーボールを習いに行くならうまくなって欲しいと思うもの。
そんな時にプロの試合を見ることで、憧れの選手を見つけてプレーを真似したり「あの選手みたいなサーブを打ってみたい!」となることが期待できます。

これにより教室にいったときに試合でみた選手のマネをして練習することで成長につなげることができるでしょう。

おすすめは最初の一か月が無料で試せる「DAZN」です
他のスポーツも沢山見れるので子供にスポーツを積極的に学んでほしい家庭には合っています。

【DAZN】初月1ヶ月無料お試し



同じ球技であれば、「バスケットボール」もおすすめです。八村選手など日本のバスケットボールも盛り上がっていますもんね!
\子供の習い事バスケットボールの記事はこちら/
【関連記事】バスケットを子供が練習する時のポイントとは?
【関連記事】【子供の習い事バスケットボール(ミニバス)】メリット・デメリット、体験談、月謝は?いつからできる?

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。