【幼児】英語を楽しく学べるおもちゃ5選とは?2020年版

幼児が英語を学べるおもちゃはどのようなものがあるのでしょうか?
こんにちは「子供の習い事図鑑」(@startoo_)です。

幼児のうちから英語学習をさせる家庭は増えています。
今後の国際化の社会を考えると英語を自由に使えるようにしておきたいところです。

ただ、無視やり教えても嫌がることもあるので「自然な形」で英語学習させたいなとも考えます。
そこで最近人気なものが「英語学習ができる玩具」です。

遊びの中で、楽しく自然と英語学習をしていくことができます。
今回は「幼児におすすめな英語を学べるおもちゃ」を解説していきます。

この記事がおすすめの方は?

幼児の英語学習で悩んでいる
英語学習できるおもちゃを知りたい
おもちゃで英語を学ぶメリットは?

\幼児の学習にはこちらの記事たちも/
幼児向け通信教育の料金比較:早見表

幼児が英語をおもちゃで学ぶメリットは?

幼児英語おもちゃで勉強

最初に幼児が英語をおもちゃで学ぶメリットについて確認しておきましょう。

幼児が英語をおもちゃで学ぶメリット

楽しみながら学習できる
英語の「発音」「ヒアリング」能力向上
小学校英語必修化の準備になる

1.楽しみながら英語学習できる

一つ目のメリットは「楽しみながら」英語学習できることです。
幼児のうちは英語に「苦手意識」を持たせないように「楽しみながら学習」することが大切。
文法や単語を覚えることも勿論重要ではあるのですが、おもちゃを使いながら英語を聴くようにしましょう。

2.英語の「発音」「ヒアリング」能力向上

二つ目の幼児メリットは英語の「発音・ヒアリング」能力が向上することです。
例えば日本人が苦手な「RとL」の違いがあります。
これらの発音や聞き分けは、幼児期からネイティブの発音を聞いていた方が身につきやすいです。

3.小学校英語必修化の準備になる

3つ目のメリットは「小学校での英語必修化」の準備になる事です。
2020年から小学校では英語が必修化となりますます子供のうちから英語を学ぶ機会は増えます。
その為、早めのうちから英語に触れさせて「自信」を持って取り組ませるメリットはあるでしょう。

それでは、実施におすすめの幼児におすすめの英語学習のもちゃを紹介していきます。

\幼児の運動には親子ヨガがおすすめ/
「親子ヨガ」ってどんな内容?メリットは?おうちでもできる?

幼児におすすめの英語おもちゃ5選は?

幼児におすすめの英語玩具
幼児にとって親しみやすいガチャガチャは楽しみながら英語が学べるおもちゃの代表と言えるでしょう。
いくつか紹介していきます!

1.ディズニーはじめて英語ディズニーおしゃべりいっぱい!ガチャ

(1歳~3歳向け)

1歳から使えるので、初めての英語に触れるにはぴったり!

子どもたちが大好きなガチャガチャをしながら、英語に触れることができる画期的なアイテム。
キャラクターボール10個、英語の曲3曲+メロディ2種、全部で120種以上のおしゃべりが収録されています。

英語学習を「3つのモード」で遊ぶことができます。

①数を数えよう

レバーを引くとボールが出てくるので、音声と一緒に数えて遊べます。

②歌を一緒に歌おう

ボールを出すたびに音楽が流れます。

③いくつ出してね

問題通りにボールを出すことができたら、ミッキーが褒めてくれます。

※カップの上にボールを置くと「プーさん」「Yellow!」などとおしゃべりするので、自然に色や物の名前を覚えることができます。

※日本語モードと英語モードに切り替えられるので、日本語も英語も両方学ぶことができます。

2.ペンがおしゃべり!ベビー&キッズ えいご絵じてん500

(0歳~7歳)

こちらはなんと0歳から使えるおもちゃ。
絵をタッチすると「タッチペン」が喋ってくれるので絵と言葉が連動して、赤ちゃんが覚えるのに最適なおもちゃです。

小学校英語の準備に役立つ「500語」「100フレーズ」が収録されています。
0歳~、3歳~、5歳~に分けられており、小学校に入学するまでの間、長く英語学習として使うことができます。

3.マジカルずかんプレミアムDX

(3歳~)

絵本をタッチペンでタッチすると、単語の音声が流れます。

小学校に入学する前に覚えておきたい英単語が満載です。
本は、ディズニーキャラクターの楽しいイラストで、子どもたちも楽しく英語が学べます。

「全39ページ」ミッキーマウスマーチやABCソング、ボレロなどの楽曲も収録されています。

4.アンパンマンにほんごえいごNEWことばずかんDX

(3歳~)

こちらはアンパンマンの英語学習おもちゃです。
単語だけでなく、文章も学べます。
「全53ページ」で、季節や行事、世界の挨拶などのページも盛り込まれ幅広く学習可能。
クイズや料理などの楽しい遊びも12種類入っています。

5.おしゃべりタッチペンつき!はじめてのずかん900

幼児向け写真図鑑シリーズの累計出荷数ナンバーワンの人気を誇る「はじめてのずかん」の音声タッチペン版です。

実際の写真を見ながら、単語の音声が流れるので、実物と名前が一致しやすいと人気です。
動物(昆虫・恐竜)や食べ物(野菜・果物)、乗り物、色、数、形など、900語を学習できる便利な図鑑です。

ひらがなやアルファベットまで網羅しています。

»おしゃべりタッチペンつき! にほんご えいご はじめてのずかん900 

まとめ:幼児の英語学習は親子で楽しく学ぼう

幼児の英語はおもちゃで楽しく学ぼう
幼児期の英語学習は何よりも「楽しく学ぶこと」が重要です。
この時期に英語に対する苦手意識をもってしまうと、小学生に上がったときにも「英語って苦手だな..」と思ってしまうこともあります。
まずは、キャラクターや絵本、音ができるものを上手く使い、親子で楽しみながら英語を学べるといいですね!
子どもが上手く発音できた際には、褒めて英語を声に出すことが楽しいと思わせることも大切です。

"no-img2″
編集部ママ

日常的に使えるように、目に入りやすい場所に置いておくこともポイントです!

合わせて読みたい幼児向け記事



この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。