コロナ禍でも子どもとおうち時間を楽しむ過ごし方!お金をかけずに出来るストレスフリーな方法を保育士が解説!

まだまだコロナウィルス感染防止には気が抜けません。
以前のように気軽に外出出来なかったり、保育所や幼稚園などに安心して預けられなかったり、、
コロナウィルスがもたらした影響は、子育て世代の生活スタイルを大きく変えているのではないでしょうか?

コロナ禍での育児にストレスや疲れを感じているご家庭は少なくありません。

  • おうちで過ごす時間が増えた分、新たに玩具など用意するのはお金がかかる…
  • あそびにマンネリ化している、新しい機会を作ってあげたい

そういった問題に頭を抱えている親御さん多いと思います

実は、子どもが夢中になれるあそびは
お金をかけずにいくらでも用意出来ちゃうんです!!!

今回の記事では、お子さんとおうちで過ごす時間が増えた
子育て世代の方に向けて

  • お金をかけずに子どもと楽しむおうちあそび
  • 親子でたのしい体験あそび
  • ストレスを溜めない子どもとの向き合い方

について紹介していきたいと思います!

この記事の筆者は、保育所と幼保連携型認定子ども園にて勤務経験のあるyunaです。現場では担任業務の他に、リトミックやモンテッソーリ教育にも携わってきました。現在も現役で保育教諭を務めながら、子育てや子どもの発達に関する記事を執筆しています。

【年代別】子どものお外遊びおすすめ人気12選!種類や効果・注意点も解説!

お金をかけずに楽しむおうちあそび

家で子どもを集中して遊ばせようと思うと、ついついテレビやYouTubeに頼ってしまったり、市販のおもちゃを用意したりしてしまいがちですよね。

しかし、家にあるものを工夫するだけで、既製品の玩具よりも何倍も楽しめる方法があるのです!

小麦粉粘土

粘土といえば、紙粘土など100円ショップでも簡単に手に入れることが出来ます。

しかし、せっかくのおうち時間であれば是非、お子さんと一緒に粘土作りを楽しんでみてはいかがでしょうか?

粉に材料を入れたり、手で捏ねて固まっていく様子を体感したりと、まるで実験気分!
小麦粉粘土はご家庭にある材料で簡単に作ることが出来ます。
さらに、食紅で自由に色をつけたり型抜きしてトースターで焼いてみたり、あそびのアレンジも無限大です。年齢に合わせて色んな遊び方を提案すれば、30分ほど集中して遊べます。

※小麦アレルギーをもつお子さんの場合、触れただけでアレルギー症状を起こしてまう可能があり危険です。片栗粉でも代用可能ですので試してみてください!

色水あそび

色水あそびは保育園などで経験したことのあるお子さんも多いかもしれません。夏場はプールあそびと一緒によく行われるあそびのひとつです。
ご家庭であれば、庭・駐車場などの戸外やお風呂場で行うのがオススメです。
<色水あそび>
ペットボトルの蓋に絵具を塗っておき、水を入れて振ると色水ジュースが完成します。
いくつか色を用意して、プラスチックコップでジュース屋さんを開くのも楽しいでしょう。

<色泡あそび>
タライやバケツの中に少量の水をはり、その上で固形石鹸をおろし金で削ります。
手や泡立て器で混ぜるにつれて泡になっていくのですが、その様子に子どもは大興奮!

スポンジの上に乗せてケーキ屋さんをしたり、絵具で色を出せばカラフルなソフトクリームが出来たりと、子どもの想像力に任せて色んなあそびへ広げることが出来ます。

 

寒天あそび

寒天は実際に食用で作ったことのある方もいらっしゃるかもしれませんが、お子さんの感触あそびにも最適なんです!
食紅で色付けした寒天を握り潰してみたり、色同士を混ぜてみたり、カップに移し替えてみたりと様々な遊び方が出来ます。
食材なので、口の中に入れてしまっても安全です。
その為、0、1歳児から楽しめる感触あそびとなっています!

 

マスキングテープあそび

マスキングテープをどうやって遊ばせるの?と疑問に思われるかも知れませんが実は、手先のあそびにもアスレチックにもなるんです。
部屋中にマスキングテープテープを壁から壁へと張り巡らせることで、あそび空間に様変わりします!

こどもは隙間をくぐってみたり、ちぎった紙を貼りつけてみたり発想を巡らせて遊びます。
床に貼って線路にしてみたり、トンネルを作ってみたり、洋服に貼ってオシャレしてみても楽しいでしょう。

 

風船チャンバラ

風船あそびはお子さんは大好きですよね。
あそび方のひとつとして「風船チャンバラ」をオススメします。
風船をいくつか用意し、それぞれの先をビニール紐に括り付け天井から垂らします。

30cmほどの長さで作った新聞紙の剣で叩いてあそびます。

風船に顔など描くと面白いかもしれません。
届くか届かないかの高さで調節すると、全身運動に繋がるのでお子さんの様子を見て調節してあげてください!

 

コロナ禍の子供の習い事はどうする?辞める・続ける体験談も解説!

親子で楽しい体験あそび

コロナ禍で家族一緒に過ごす時間が増えたからこそ、これまでしてこなかったような新しい体験が出来たら嬉しいですよね。

いつものあそびにマンネリを感じ始めていたら是非、試して頂きたい取り組みをいくつか紹介します。

 

ベランダで家庭菜園

家庭菜園は難しい、手間がかかるといったイメージを持たれてる方もいるかもしれません。

しかし実際にはベランダなどの少しのスペースで、ほとんど手間なく簡単に野菜を育てることが出来るんです!

毎日の水やりをお子さんに任せてあげることで、子どもは俄然張り切ってくれます。

一緒に野菜の成長を観察するのはとっても楽しいですよ♩

 

◆おすすめの野菜
・ピーマン、ラディッシュ
→小さなプランターで育てられる、
ほとんど手を掛けなくてもしっかり育つ
・ミニトマト
→ほとんど手を掛けなくても沢山の実がなる
・さつまいも
→腐葉土の袋の土に苗を植えるだけで畑などなくても簡単に育てることが出来る

クッキング

コロナ禍になり、外食の機会が減ったご家庭も多いのではないでしょうか?

「食事の支度中、子どもから目を離せなくて大変」といった声も聞こえてきそうですが、料理はこどもにとって最高の体験!

一緒に楽しめたら一石二鳥です。皮を剥く、混ぜるなど子どもに任せられることは、積極的に経験させてあげましょう。
普段見ることのない野菜の種や断面、生の食材に触れることでこどもの食への関心が高まります。
☆おにぎりを自分で握ってみるだけでも子どもにとっては十分に楽しいクッキングですよ。

料理を子供に教えるコツとは?【おすすめレシピ本4選】

子ども用お手伝いグッズおすすめ人気ランキング15選!料理・掃除・踏み台・選び方のコツも解説!

ボディペインティング

子どもにとっての絵の具あそびは、綺麗な絵を完成させることが重要ではありません!

指で触れて感触を楽しんだり、色が混ざり合う様子を観察したりと、感性を刺激する造形あそびなのです。

ボディペインティングは全身を自由に使い、大きな紙いっぱいに絵の具を塗っていきます。

その為、床にビニールシートを敷くなど、ある程度汚れることを想定した準備が必要です。

本来保育所などで行われる際は、ボディペイント専用の絵の具が使われていることが多いです。
ご家庭で行う際におすすめなのは、小麦粉を水でとかし、食紅で色付けしたものです。汚れも落ちやすく安全なので試してみてください。

子どものお絵描きグッズおすすめ人気ランキング15選!選び方のコツも解説!

ストレスを溜めない子どもとの向き合い方

おうちで一緒に過ごす時間が増えると、大人も子どもも段々とストレスが溜まっていってしまいますね。

気軽に出掛けられなかったり、育児の悩みを話せる機会が無かったりと、コロナ禍での育児疲れは深刻化しやすい傾向があります。
この機会にいま一度子どもの心理について理解し、お互いにストレスの無い関わり方をみつけていきましょう。

子どもが何を伝えたいか理解する

子どもがいうことを聞いてくれない・すぐに癇癪を起こすなどで「なんで親の気持ちを分かってくれないの」と困り果てている親御さんの姿よく目にします。

しかし、困っているのは大人だけではありません。実は大人以上に、子どもの心からは分かって欲しいSOSサインを出しているのです。

言葉を使ってうまく感情を伝えられない子どもには、こちらから引き出してあげる必要があります。
まず、泣いたり、怒ったりして一生懸命子どもなりに思いを伝えようとしていることを念頭に置いてください。

そして、子どもの目線に合わせて「嫌だったの?」「悲しかったね」と気持ちを代弁してあげましょう。

受け止めてもらえるんだという安心感が、子どもの情緒の安定に繋がります。

それから「なにがしたかったのか教えて?」「じゃあお風呂入ったら一緒にあそぶお約束する?」と子どもの思いを汲んで、納得できる形を探してあげる姿勢が大切です。

大人の思い通りにさせるという考え方は子どもには伝わります。

子どもに分かりやすく大人の要求を伝える

「〜はしちゃだめでしょ!」「やめなさい!」と余裕がない時ほど強い言葉で叱ったりしてしまいがちです。

それでは大人も子どももストレスを感じてしまいます。
実は強い口調よりもはるかに子どもに響く、伝え方があるのです。

それは「〜してくれると嬉しいな」「〜するとお母さん悲しいな」と気持ちとセットで伝えることです!

子どもはお母さんが大好き。なのでお母さんに喜んで欲しい・悲しませたくないという気持ちで動いてくれるようになるでしょう。

前向きなことばで伝える
(✖︎散らかさないで○綺麗にしよう)
気持ちをセットで伝える
(嬉しい気持ちをオーバーに表現)
出来た姿を認める
(些細なことも褒めてあげてやる気UP)

上記のことを実践するだけで、驚くほど素直にいうことを聞いてくれるようになります!

「すべきという考え方を変える」

子育ての中で正解を作ってしまうと上手くいかないときにイライラしたり、苦しんでしまったりしてしまいます。
言うことを聞かない・ご飯を食べない・トイレにいかないなど子どもの行動にイライラしてしまうのは、「こうすべき」という考えがあるからかも知れません。

そのときの気分や体調、直前の行動でも子どもの情緒は変わります。

なので、時間に余裕を持って誘ってみたりスムーズに出来たときに頑張った姿を褒めてあげたり、考え方ひとつで子育てのマインドを楽にすることが出来るでしょう。
 
キッズテントおすすめ人気ランキング30選!折りたたみ・おしゃれ・男の子・女の子・選び方も解説!


 

まとめ

今回は、楽しく子どもとおうち時間を過ごす方法について紹介致しました。

子どもにとって魅力的なあそび場を作ることは工夫次第でいくらでも可能です!

子どもとじっくり関わる時間が増えたからこそ、子どもの発想力や集中力に驚き、成長を喜びながら一緒に楽しんで欲しいと思います。

コロナに負けず、楽しく乗り切りましょう!

【2021年版】スポーツトイおすすめ人気ランキング15選!外遊び・お家遊び・選び方も解説!

【初心者向けキャンプ入門ガイド】親子キャンプの持ち物・場所の選び方のコツも解説!


無料学習プリント

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。