【決定版】お家でリトミックが楽しくなるおすすめの教材8選はこれ!

幼少期の初めての習い事として人気のリトミック。
幼い頃から、手軽にリズム感や身体感覚、表現力などを養うことができると期待されています。

ただリトミックのグッズや教材は沢山あるけれど、
「何から始めればよいか分からない..」という方も多いのではないでしょうか。

今回は、子どもも大人も一緒に楽しめるようなリトミックのグッズと教材を解説していきます。
2〜3歳ごろから家でもリトミックに使えるものが多いので、参考にしてみてください。

この記事がおすすめな方

そもそもリトミックって?
子どものリトミックは何のグッズを使えばいいか分からない
自宅でリトミック学習をしていきたい!

\赤ちゃんの習い事には「ベビースイミング」もおすすめ/
【関連記事】ベビースイミングで期待できる効果って?いつからできる?

リトミックとは?

リトミックおすすめのグッズ
最初にリトミックについて確認しておきましょう。
リトミックとは、幼児期に行う音楽を使った教育手法です。

20世紀の初頭から音楽家であるミエール・ジャック・ダルクロースという方が発案したものであります。
基本的な音楽教育はもちろんですが、それだけにとどまらず、運動教育、社会性、協調性や知性も伸ばすものとして注目されています。
簡単にリトミックのメリットについてまとめておきましょう。

リトミックのメリットは?

リトミックのメリットはどのようなものなのでしょうか?

リトミックのメリットは?

幼少期の心と体のバランスを整える
運動能力やリズム感を高める
コミュニケーションや社会性を学べる
となります。

幼少期のうちに音楽や体を動かすことで、
運動能力、音感両方を鍛えることができます。

人の運動神経はおおよそ、5歳ごろまでに8割は完成していくと言われています。
そう考えると、幼少期のうちからリズムに合わせて体を動かしておくことは将来的にも
メリットが期待できます。

幼少期にリトミックを始めてリズム感を付けたことで、
成長したときに「スポーツの習い事」や「音楽系の習い事」にもいいとされています。

また、親子で取り組むことが多いリトミックでは、親子のコミュニケーション、
子供のストレス解消にもいいものです。

\より詳しいリトミックの効果は下の記事も/
【人気記事】赤ちゃんの習い事にリトミックをおすすめしたい理由やその効果とは?

リトミックはいつからできる?

また「リトミックはいつからはじめられるの?」という質問もよく貰います。
リトミックに関しては、早い子であれば0歳から始められます。
音楽を聴きながら身体を動かすことで成長を促すきっかけにしていく家庭が多いようですね。

それではここから自宅学習でリトミックにおすすめのグッズや教材を紹介していきます。
\親子ヨガに興味のある方は「「親子ヨガ」ってどんな内容?メリットは?おうちでもできる?」/

リトミックにおすすめの教材とは?

お家でリトミックをするのにおすすめの教材はどのようなものなのでしょうか?
確認していきましょう。

アンパンマン ドレミファリトミックマット

子どもたちが大好きなアンパンマンの曲に合わせて、
自由に体を動かすことができる大人気のリトミックマット。
曲数とモード数が増えてリニューアルしました。

おうちでリトミックをするなら一番使いやすいグッズですね。
モードは全6種類、曲は15曲収録されています。

以下6つのモードです。
①リズムでステップ
リズムに合わせてステップ!

②おとにあわせてうごいてみよう
曲に合わせてステップしよう!

③まねっこステップ
動物などになりきってステップ!

④わかるかな
出題されるなかまたちや色を探してステップ!

⑤えんそうあそび(NEW)
メロディに合わせてステップしよう!「アンパンマンマーチ」などを演奏!

⑥おぼえてステップ(NEW)
出題された順番を覚えて楽しくステップしよう!

"no-img2″
スタートゥー

キャラクターを使えば飽きずに楽しめそう!最初はこれだね!

ステップ・アップ・リトミック (幼児保育教材)

童謡などの、子どもたちがよく知っている曲が収録されているのはもちろんのこと、
指の体操、親子体操など、親子でコミュニケーションをとりながら行える内容となっています。

1対1で行う、家庭でのリトミックには最適です。

"no-img2″
スタートゥー

よく知っている曲が載っているのでお家でもできそう!

そのまま使えるCD付き! 子どもがときめく名曲&人気曲でリトミック

保育現場などでも使われている本書。
テレビやアニメなどの中で自然に子どもたちが耳にしている曲ばかりでとても使いやすいと評判の一冊です。

イラストで遊び方が解説されているので、やり方が分かりやすいのも嬉しいポイントです。
小学校低学年くらいまで楽しめる内容となっています。

"no-img2″
スタートゥー

イラストでリトミックの遊び方が載ってあるのが便利だね!
初めてでもできそう!

“体を楽器”にした音楽表現リズム&ゲームにどっぷり!リトミック77選

音楽が苦手でも、子どもと一緒にリトミックができると人気です。
各ゲームごとのポイントやアドバイスが書いてあって分かりやすい、
導入のステップが書いてあり発展させやすいなどの声もあります。

”リトミックは、体を楽器に見立てた音楽表現活動であり、
心の体操である”という著者の思いがたっぷり詰まった一冊です。

リトミックは簡単な楽器でもできる?

曲に合わせて体を動かす時に、お気に入りの楽器を持つとさらに楽しく活動できます。
小さいうちから様々な楽器に触れておくことも良い経験になりますね。

どんな楽器がリトミックに使えるのか?確認していきましょう。

タンバリン

鼓面とシンバルの2種類の音が楽しめるタンバリン。表現を引き出すのに便利な楽器です。

"no-img2″
スタートゥー

リズム感を鍛えるのに向いているグッズだね!

カスタネット

手を叩く動作のある曲などで使用すると、さらに楽しさが増しますね。

すず

手首を叩いたり、鈴を揺さぶったりして、いくつか音の出し方のバリエーションがあるすず。
子どもが自分で工夫しながら表現力を高めることができます。

マラカス

マラカスはとても持ちやすい楽器なので、元気に動く曲でも大丈夫。
キャラクターと音を楽しみながら演奏できますね。

"no-img2″
スタートゥー

持ちやすいから沢山リトミックの練習ができそう!

リトミックに使える楽器セット

(0~3歳児向け)
一つ一つ買い揃えるよりもかなりお得です。たくさんのミニ楽器に触れながら、
その日の気分で使う楽器を選べたり、お子さんのお気に入りを見つけられたりするのも良いですね。

"no-img2″
スタートゥー

まずはグッズと教材をそれぞれ一つずつ揃えてみよう!

まとめ:お家でもできるリトミック

リトミックにおすすめの教材とは
リトミックは、覚えてしまえばお家でもできます。

勿論、教室に通うことで、
「お友達が増えたり」
「正しいリトミックの方法をしれたり」
「不安な部分を質問できる」
というようなメリットはあります。

その為、まずは「おうちでリトミックを実践して」
更に、踏み込んでやっていきたい場合には、「教室に通う」という選択をしていくのがいいのではないでしょうか?

是非、親子で楽しみながら実践してみてください!

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。