中学生の検定で高校入試に有利になるものは何?

中学生の検定にはお勧めとして様々なものがありますが、できれば高校入試に有利なものを受けさせたい思いが親にはありますよね。

勉強に対しての自信になる可能性もあるので、中学生で検定を受けさせておくのは、子供にとってプラスになりやすいのです。
その中でも特にチャレンジしてほしいものについて、お伝えしていきましょう。

【人気記事】中学生のZ会はどうなの?特徴と口コミ徹底解説。選べる学習スタイルとは?

高校入試に役立つ検定「英検3級」

高校入試に有利になる検定は何?
中学生なら、英検3級がお勧めでしょう。
英検3級はちょうど中学英語修了課程レベルです。

英検は、高校入試において役立ちます。
単に英検を受けるより、受験に役立つのであれば英語の勉強に力を入れることもできるでしょう。

また英検3級ではスピーキングも範囲になります。
オンライン英会話」などで中長期的に英語学習をすることもおすす絵です。
中学生であれば特に「DMM英会話(口コミ記事)」は人気があります。

【人気記事】中学生で英検準2級まで取得できるおすすめの学習教材【プロ塾講師解説】

英検3級におすすめの問題集はこちらです。

高校入試に役立つ検定「漢検3級」

高校入試に有利になる検定は何?
漢字能力検定について、国語が得意で漢字が好きな中学生の子供なら、興味を持つ可能性は高いでしょう。
読むだけではなく書く能力も必要になるので、現在の中学の勉強にもとても役立つでしょう。
漢字をできるだけ多く知り、学ぶことができるようになれば、コミュニケーション能力を高められる可能性もあります。

漢字をよく知っているけれど検定を受けていない子供よりも、
実際に漢検に合格できれば「自分は漢字がとても得意」と思えるようになり活発になれる可能性もあるでしょう。

どのような形で子供に自信を持たせるのかは、親の考え方にもよるのです。
そういった中で、子供が得意なものや興味を持つものについての理解は、必要不可欠でしょう。
漢字が好きな子供は、漢字を学ぶだけでも喜びを感じるものです。
その思いを大切にして、漢検を受けさせてあげましょう。
来年は受験…中学2年生の冬休みにやっておくべき勉強法とは?

高校入試に役立つ検定「数検3級」

高校入試に有利になる検定は何?
数検についても、中学卒業レベルとなると3級が理想的でしょう。
子供によっては準2級を目指すケースもあります。
例えば中学1年生で数検3級を目指すとなると、現在の自分の数学のレベルよりも高いものを目指すことになります。

これによって、今まで以上に数学の勉強をしっかりと学ぶようになる可能性が高いでしょう。
気を付けたいのは、元々数学があまり得意ではない子供に、無理に数検を受けさせないようにすることです。

無理をさせてしまうと、より数学が嫌いになってしまうもの。
数学を好きにさせるためには、塾に通わせたり、タブレット学習をさせたりして様々な角度から教科を見られるようにしましょう。

中学生におすすめの「数学」の問題集はこちら

中学生の検定ならやはり高校入試を意識しよう!

高校入試に有利になる検定は何?
高校にもよるのですが、例えば英検を持っていることにより、優遇制度があるケースも。
その場合には、英検を取っておいて良かったと思うはずです。

目指す高校が決まったのなら、そういった制度についても事前によく調べておくようにしましょう。
高校入試と検定受験を両立させるために塾や家庭教師に教わることもお勧めです。
プロの目線から適切なアドバイスを貰えることが期待できます。

独学だけではどっちを優先したらいいのだろう・・と悩むこともあることでしょう。
そのため、いくつか家庭教師の体験学習をしてみて、「この家庭教師(塾)は検定も教えてくれて自分にあっていそう!」もしくは「やっぱり独学がいいかな・・」など決められたらいいですね。

また中学生は部活や委員会でも忙しいので隙間時間を有効に使うことも必要になります。
そのため「勉強アプリ」を使うこともおすすめです。
検定の勉強ができるアプリもそろっているので参考にしてください!

合わせて読まれる記事
この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。