【2020年版】中学生におすすめの「数学」問題集ランキング!

中学生におすすめの数学の問題集を分野別にランキングで解説します。
こんにちは「子どもの習い事図鑑」(@startoo_)です。

中学生の「数学」は得意分野と苦手分野が顕著に表れる教科と言えますよね。
親御さんの中にも昔、数学は苦手だった…という方も多いのではないでしょうか?

親としても子どもの数学の点数がなかなか上がらないと「大丈夫かな..?」と心配になります。
とはいえ、本屋さんに行っても「中学生の数学の問題集」の数は無数です。
・どの問題集がいいのか分からない..
・苦手分野に特化した参考書を知りたい..
・結局、子供のに合う問題集はどれなの..?

と考えることもあります。

そこで、今回ははプロの塾講師が「中学生の数学を分野別に基礎から学べるおすすめの問題集」を紹介します。

"no-img2″
編集長

中学生になると急に数学が難しくなりますよね

中学生におすすめの数学の問題集
普段、中学生の「塾講師」をしている私が「中学生におすすめの数学の問題集」を分野別に紹介していきます。
苦手意識がついてしまった子も基礎から取り組めば全然得意になることもはあるものです。

この記事がおすすめの方は?子どもの数学の成績が上がらず心配になっている..
中学生の数学でおすすめの問題集を探している
数学の中でも分野別におすすめの問題集を教えて欲しい

\中学生におすすめの英検問題集はこちら/
【関連記事】中学生で英検準2級まで取得できるおすすめの学習教材【プロ塾講師解説】

「数学」が苦手な中学生の3つの特徴は?

数学が苦手な中学生の特徴とは?
中学数学が苦手になってしまう要因はどのようなことがあるのでしょうか?
まずは、その原因を把握して対策を立てられるようにしましょう。
苦手意識を持つ多くの中学生が3つの「タイプ」があります。

1.計算ミスが多いだけタイプ

一つ目は「計算ミスが多いだけ」です。
数学の解き方が理解できていても、ちょっとした計算ミスが多いだけで点数は「ガクッ」と落ちます。
数学に△はないのです。
解き方が分かっていても、ケアレスミスをすれば「×」になってしまいます。

まずは、この計算ミスをなくしましょう。
計算ミスをなくすだけでも数学は大幅に点数が上昇し「苦手意識」はなくなってくるはずです。

2.公式を覚えられていないだけタイプ

次に苦手意識を持っている中学生のタイプは「そもそも公式を覚えていないタイプ」です。
数学は、計算科目とみられがちですが、実は半分は「暗記科目」だと考えてください。
中学数学の公式
例えば、
・因数分解の公式は?
・球の体積を求める公式は?
・中点の座標の求め方の公式は?
などなど「公式さえ覚えてしまえば」解ける問題は沢山あります。

勿論公式の意味や「なぜそうなるか?」を理解する必要もありますが、それは問題が解けるようになってくれば自然と疑問に思い子供自身が調べることが多いです。
まずは問題を解けるようになり「得意だ!」と思わせることも大切になります。

3.問題に慣れていないだけタイプ

次に中学数学に苦手意識を持っているこの特徴は「単に問題に慣れていないだけ」です。
中学数学では、問題への慣れが非常に重要になります。
「あ、この問題見たことあるな!」
「この問題って、前やったあれに似ているな!」
というように少しでも経験があれば圧倒的に解きやすくなるのです。
問題に慣れる為にも、多くの問題に触れることが大切になします。

では、次に数学を得意科目に変える為にやっておきたいことを確認していきましょう。

中学生のノートの取り方はこちらの記事も

数学を「得意科目に変える」勉強法とは?

数学を得意科目に変える勉強法とは
中学数学を得意科目に変える為に、どのようなことに取り組んでいけばいいのでしょうか?
レベル別にやっていきたい学習法を確認していきましょう。
ポイントは、現状の学力レベルに合わせてやることが変わることです。
分野別に「基礎⇒標準⇒応用」と徐々にステップアップしていけば、かなりの確率で成績は上がっていきます。

数学の「分野別」に得意分野を増やしていく

中学数学はいくつかの分野に分かれています。
「計算問題」「図形」「方程式・関数」「証明問題」などなど。
この分野ごとに一つ一つ「基礎⇒標準⇒応用」とレベルを上げていけば充分得意になります。

また、中学数学は「積み上げ式」の学問です。
一つ一つできることが増えれば、他の問題でも応用が効き、解ける問題が総合的に増えていきます。
そして「得意分野」を作ることで「数学の楽しさ」も感じることができるはずです。

テストで「50点」取れるまでは「基礎」を徹底的に!

勉強で大切なことは「現状把握」です。
その為に「学校のテスト」で今のレベルを確認しましょう。(通信教育のテストでも可)
そして、数学で50点が取れていないようであれば、今持っている参考書・問題集を一度閉じましょう。

50点までは、市販の参考書などではなく「学校の教科書」を使うことが大切です。
学校の教科書を隅から隅まで覚え、何周も使い込めば50点を取ることは難しくありません。
そして、理解ができたら「計算ミス」をしないように教科書レベルの問題を数多く解いていくことです。

また、数学の成績を上げる為に国語力を鍛える事も大切です。
文章を正しく読み取る力を身につけることで数学にもいい影響を与えます。
中学生におすすめの国語のドリルも参考にしてみてください。

テストで「75点」取れるまでは「標準問題」の繰り返し!

次にテストで50点~75点までの間は、標準問題を繰り返し、繰り返し解く事です。
ここで、無理をして難しい応用問題にチャレンジをすると、解けずにまた苦手意識を持ってしまいます。
75点近くを安定して取れるようになるまでは「標準レベルの問題」を数多く取り組みましょう。

標準レベルの問題では「進研ゼミ」を使うのもおすすめです。
多くの標準問題に挑戦でき、基礎がしっかり身につきます。
受験対策にもうってつけです。
進研ゼミ中学講座はどう?評判調査・他社比較して分かった7つのメリットとは!

テストで「100点」近くなったら「応用問題」に挑戦!

そして、学校のテストで「100点」が取れるようになってきたら「応用問題」にチャレンジです。
応用問題も、多くの問題に触れて「慣れること」が大切になります。
問題に慣れてくれば「この問題はあの方程式か!」「あの問題の応用だ!」と気付けるようになってくるのです。
先ほどお伝えしましたが「中学数学は問題慣れすること」も非常に重要になります。

「応用問題の問題慣れ」には「Z会(口コミ記事)」もおすすめです。
一教科から受講することができるので「数学だけZ会を使っている」という家庭も多いです。
教材サンプルをぜひ確認してみて下さい。
Z会中学生講座はどうなの?特長・料金・評判・体験談を解説
では、ここから「数学の分野別」におすすめの問題集を解説していきます。

中学生数学の問題集「計算問題」編

中学生におすすめの数学の問題集
まずは中学生の数学でも基礎となる「計算問題」の問題集からです。

中学生におすすめの数学の問題集
中学校の多くのテストでは「計算問題」さえできれば、それなりに数学も点数が取れるという学校もあります。
また、図形や関数といった分野でも解き方が分かっていても
「計算ミスをしてしまう子ども」には多くの「計算練習」が必要です。

それでは、計算練習におすすめの問題集ランキングをみていきましょう。

3位:中1数学 (10分間基礎ドリル)

計算問題は中学数学の基礎中の基礎。
そのため、計算が苦手な場合は毎日少しずつ反復練習することで出来るようになります。
短時間でできる学年ごとの計算プリントはおすすめです。

小学生の頃に「百マス計算をやっていた!」という方は短時間で「スポーツのように」タイムを計って計算をすることになれているのでこの問題集も取り組みやすいかもしれません。

2位:くもんの中学基礎がため100%中1数学 計算編

多くの中学生の子ども達が間違えやすい計算問題を吟味した問題集です。
計算プリントをやっているけれども、ミスが減らない、計算ができるようにならないとお悩みの方におすすめです。

"no-img2″
編集長

間違えやすい計算問題を集めてくれてるのは嬉しいですね

1位:高校入試突破 計算力トレーニング/山崎 亘

中学生数学で学ぶ内容の全60項目の計算練習が収録された問題集。
計算が苦手な人でも速く正確にできる計算方法がイラスト付きで説明されているため、独学でもできる内容となっています。
数学に苦手意識を持っているい方は必ず取り組んで頂きたい一冊。
イラストで解説もあるので他の問題集よりも理解しやすいはず。

"no-img2″
スタートゥー

まずは計算力を付けてミスをなくしたいね!

"no-img2″
ライオン先生

中学数学では計算力があれば解ける問題も多いぞ!

中学生の数学の苦手克服する勉強法も参考にしてみて下さい!

中学生数学の問題集「方程式・関数」編

中学生におすすめの数学の問題集

中学生におすすめの数学の問題集
中学数学の最初の難関が方程式と関数です。
筆者が塾で生徒に教えていてもこの関数で「ついていける子、ついていけない子」が分かれてしまいます。

"no-img2″
編集長

私もにこの辺りから苦手意識を持ってしまいました..

中学生におすすめの数学の問題集
この関数は、しっかり理解をすればそこまで難しいものでもないのです。
この「方程式・関数」は数学をやる上では避けては通れない分野のひとつ。
基本から学べる参考書や問題集を集めてみました!

"no-img2″
スタートゥー

中学生の数学は関数から分からなくなってくるイメージ..頑張ろう!

3位:中学数学 xやyの意味と使い方がわかる

中学に入って、「x・yの意味や使い方がよく分からない…」という理由で方程式や関数が苦手な子どももたくさんいます。
まずは、文字の扱い方の基本がわかる参考書兼問題集です。

2位:くもんの中学基礎がため100%中1数学 関数・図形編

スモールステップ方式で着実に理解度を上げていける書き込み式の問題集です。
基礎固めにはくもんシリーズが一番という評価も多い名書のひとつです。

1位:中学数学発展篇 方程式と関数

問題数はそれほど多くはありませんが、要点とポイントを得た良問が揃った問題集です。
計算の過程に至る解説まで詳しく書かれているため、独学でも進められます。
中学生の数学で「方程式・関数」の分野はまずは要点のまとめった良問を解いて慣れていく必要があります。

中学生数学の問題集『図形・証明問題』編

中学生数学おすすめの問題集
中2あたりから、図形と証明問題が数学に増えてきます。
「図形は苦手…証明問題は書けない…」そんな基礎から理解したい子ども向けにおすすめの問題集を集めました。

"no-img2″
スタートゥー

図形もがんばるぞ!

3位:中学数学|図形の証明がらくらく解ける。

中学生の数学で記述問題は嫌という子ども向けの、空欄をうめる形式で解き方に慣れる問題集です。
空欄を埋めながら、徐々に解き方の全文を書くことで記述力が身についていきます。
苦手な子どもは、まずは簡単に解きやすいものから取り組んでいき、少しでも「数学が好き」という感情を持たせることが重要です。

2位:高校受験合格への201新装版 入試によくでる数学

この数学の問題集はタイトル通り、高校入試に出やすい問題ばかりを集めた良書です。
チャート式数学のように、例題、類題、演習という流れになっているので、基礎固めには例題と類題の演習だけという使い方でも十分力がつきます。

基礎が固まってきたらこのような高校入試にでやすい問題にも挑戦しよう。

1位:くもんの中学基礎がため100%中2数学図形編

中学生数学の「図形や証明問題」は何度も繰り返し解くことが大切です。
できれば全部コピーして反復すると力がつきます。
基礎固めというタイトルですが、標準的な問題は十分こなせるようになっていきます。
図形や証明ができれば中学生の数学はかなり実力がついていると思っていいはずです。

中学生の勉強法は
数学の勉強法
英語の勉強法
理科の勉強法
社会の勉強法
も成績アップの参考にしてください!

まとめ:中学生の数学は「レベルにあった問題集」を何度も繰り返そう!

中学生国語問題集おすすめ

中学生におすすめの数学の問題集
中学生の数学は分野ごとに個人差のある教科です。
多くの中学生は出来ないというより
問題に慣れていない
「問題の解き方を知らない」ケースがほとんどです。
克服するためには、まずは中学生数学の問題に慣れていくこと。
慣れてくると「あ、この問題か!」「こんなものか」と分かってきます。

そのためにも、基礎レベルから反復演習を繰り返し問題集行なうことが大切です。
受験対策やテスト対策としても使える問題集・参考書を解説したのでぜひ使ってみてはいかがでしょうか?

中学生が「独学」での勉強に使える問題集はこちらです。
中学生が独学でもわかるおすすめの教科別参考書

中学生におすすめの問題集は
国語の問題集
英語の問題集
社会の問題集
理科の問題集
も参考にしてください!

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。