【高校受験対策】中3夏休みにやるべき勉強法と過ごし方とは?

中学3年生の夏休みにやっておきたい受験勉強の進め方を解説していきます。
中3の夏休みは多くの中学生が部活も終わりに近づき、いよいよ高校受験に向けて本格的に始動し始める頃です。

ただ、今まで勉強に力を入れていなかった子は何から始めればいいか分からないこともあります。
『受験勉強って何から始めればいいの?』
『夏休みでやるべきことは?』
と分からないことも多いです。

そこで今回は、志望校に合格するためにも、中3の夏休みにはぜひ済ませておきたい高校受験対策の勉強法を解説します。
夏を制する者は受験を制すると言われるほど中3の夏休みは重要です。
今回は中学生の塾講師が分かりやすく解説をしていきます。

中学生の教科別の勉強法は
国語の勉強法
数学の勉強法
英語の勉強法
理科の勉強法
社会の勉強法
も参考にしてみてください!

中3の夏休みは『志望校の過去問を最低2、3年分』は解く

中学生夏休み受験対策
中3夏休みに必ずやっておきたい勉強法は「過去問を解く事」です。
すでに志望校が決まっている場合は、志望校の過去問を解きます。
解く問題量は「最低でも直近の2、3年分の全科目」です。
このときに解けた、解けない」と一喜一憂する必要はありません。
次の2つのことを意識しましょう。

1.志望校の過去問を解いて出題傾向を知る

志望校の過去問を解く目的は「出題傾向を知ること」です。

例えば、英語や国語の長文問題のテーマはどんなものが出題されているのか。
英語であれば、英文訳、和文訳が出題されるのか、読解文の長さは長いのか。
理科社会では資料問題やグラフを読み取る問題の出題数はどのくらいか、など。

今後の具体的な対策が立てられるように詳細に出題傾向を知ることが大切です。

2.記述問題の主題傾向は年々高くなっている

大学入試のセンター試験に替わる共通テストに数学と国語の記述問題が採用されることが影響して高校入試にも記述問題が出題される傾向が高くなっています。

以前の社会や理科であれば、重要語句を覚えるだけでもある程度は得点できていました。
しかし、最近の高校入試では理科や社会での特に記述問題が顕著に見られる学校が増えています。

記述問題を得意にするには中長期的な対策が必要です。
夏休み頃から記述対策もしておきましょう。

\公立を受ける子供はこれがおすすめ/
「2020年受験用 全国高校入試問題正解」最新の出題傾向と詳しい解き方の解説あり。

中3の夏休み中に『入試までにやらなければならないこと』を洗い出す

中3夏休みの勉強法
中3の夏休みの過ごし方で必ずやっておきたいのは「入試までにやるべきこと」を洗い出す事です。
志望校の過去問を2、3年分解いてみると、出題率の高い分野や出題傾向が具体的にわかってくるでしょう。
具体的に出題傾向がわかったら、入試までの限られた期間にやらなければならないことも具体的に洗い出してみましょう。

1.入試に必要な科目と分野を具体的に書き出す

志望校の過去問を解くことで、入試に必要な科目がハッキリしたというケースもあります。
例えば、英語のリスニングが出題されると思っていたら、リスニングが出題されなかった。
入試科目に作文とはなかったが、国語の中に作文があったなどです。

入試科目がハッキリしたところで、具体的にやらなければならないことを書き出しましょう。
書くことでやらなければならないことが明確になってきます。

また、夏休みまで部活ががっつりある中学生は「勉強アプリ」を使うこともおすすめです。
隙間時間に効率よく学習できます。

2.夏休み中に「入試までに解く問題集を揃える」のもおすすめ

子どもによっては、入試までにやらなければならない問題集を目の前に積んでしまったほうが勉強しやすいタイプもいます。
特に、夏休みギリギリまで運動部で部活を頑張っていた子どもに見られる特徴です。

この場合は、基本的な問題集から、演習系の問題、応用問題集をすべて揃えてしまったほうが入試までのやる気が維持できる傾向にあります。

中学生におすすめの問題集は
国語の問題集ランキング
数学の問題集ランキング
英語の問題集ランキング
理科の問題集ランキング
社会の問題集ランキング
も参考にしてください!

中3の夏休み中に『入試までの学習計画』を立てる

受験当日までの計画
入試までにやらなければならないことが具体的になったら、いつまでに何を終えるのか学習計画を立てていきましょう。
この時に、忘れずに確認しなくてはならないことが高校入試の日程です。
学習計画は高校入試当日から逆算して立てるようにしましょう。

入試当日までの日数を確認することで一気にやる気が上がる子もいます。

そして「現状把握する」事は受験に限らず社会に出てからも重要な能力です。

1.高校入試の日程によっては授業では間に合わないこともある

高校入試の日程は1月であったり、2月であったり、学校によってまちまちです。
そのため、学校の授業に合わせて勉強をしていては高校入試の範囲が終わらないことも珍しくありません。

まずは、高校入試の日程が1月や2月の上旬で、授業では間に合わない場合、独学ではどうしようもできないのなら短期的に塾に通うなりの対策が必要です。

このあたりも過去問を解いて、どの範囲が出題傾向として多いのか確認しておきましょう。

2.中3の夏休みまでの復習はいつまでに終えるか

高校入試の日程がわかれば、中3の夏休み以降の学習内容をどのくらいで仕上げなければならないのかも見えてきます。

例えば、1月下旬の入試の場合、10月からは中3の夏休み以降の学習内容の演習も念入りに行なっていきたいのであれば、できるだけ中3の9月中までには中3の夏休みまでの学習内容の復習を終える必要が出てくることが見えてくるでしょう。

特に中3夏休みまでの内容はどの高校でもよく出題されます。
ここの基礎固めができていないと大きく点数を落す事になるでしょう。

必ず、復習を繰り返し、夏休みまでの内容を定着させたいところです。

中学生の成績アップの「ノートの取り方」はこちら

中3の夏休みからでも志望校合格が間に合う可能性は十分ある

中学生の受験勉強
高校入試を万全な体制で迎えるためには、中学3年生までに習ったことがすべて完璧にできなければダメということはありません。
あくまでも、受験する高校の入試問題が解ければ志望校に合格できます。

そのため中3の夏休みから志望校対策を始めても遅くはありません。
出題傾向をしっかり分析して、見合った演習を行なえば志望校に合格する可能性は十分あります。
中3夏休みの受験勉強
そして、夏休みの段階では過去問で解けない問題が多くても一喜一憂しない事です。
その時は、苦手な分野、得意な分野が把握できれば有意義な過ごし方になります。

苦手な分野は「スタディサプリ(口コミ記事)」などの映像授業を利用して勉強していくこともおすすめです。

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。