コロナ禍の子供の習い事はどうする?

コロナ禍の子供の習い事はどうするのが良いのでしょうか。

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)によって子供の習い事で影響を受けた家庭も多いでしょう。

外出自粛も全国で実施され、今まで何気なく通っていた子供の習い事も細心の注意が求められています。

実際の7割以上の家庭で、学習塾や室内スポーツ、音楽教室へ通わせるのに不安があると回答されるほど。

コロナ禍で子どもの習い事はそうするべきなのか?どんな影響があるか?気になります。
保護者側も勿論ですが、教室運営者側にも不安はあるはずです。

この記事では、コロナで子どもの習い事にどんな影響があるのかを詳しく解説していきます。

そして、子どもの習い事の選び方のコツはどう変わっていくのか、コロナ禍で人気が上昇した習い事は何があるのかも紹介していきます。

子供の習い事のコロナの影響は?

子どもの習い事にコロナの影響はどんなものがあったのか?を実際のアンケート調査をもとに解説していきます。
今回は小学生、中学生の習い事をしている家庭600組にアンケート調査を実施しました。

通わせるのが不安な家庭が7割

コロナ禍で子どもの習い事に通わせるのが不安に感じている家庭はどれくらいいるのか調査した内容から確認しましょう。
コロナで習い事に通わせるのが不安な家庭

コロナで習い事に通わせるのに不安を感じているという家庭は7割以上にも上ります。

コロナ禍での子どもの習い事に不安はあるか?N=600
不安あり70.1%
特になし22.1%
どちらともいえない7.8%

不安に感じている内容は?

コロナ禍の子どもの習い事で不安に感じていること

具体的な不安点としては、
・3密を避ける環境がそろっているか?
・除菌抗菌がされているか?
・定期的に換気がされているか?

という内容が最も多い不安点です。

具体的な項目と数値はこちらです。

不安の内容は?
3密を避けているか?37%
除菌・抗菌対策がされているか?21%
定期的に換気されているか?16%
グループレッスンでのクラスター11%
先生がマスクをしてくれるか7%
その他8%

ただ、通わせないのも不安というジレンマもある

一方で、習いごとに通わせない事で将来や受験に対する不安を抱えている家庭も多くいます。

習い事に通わせる不安もあるが、通わせない(辞める)事で起きる弊害もあるのではないかと心配されているのです。
まさにコロナによる子どもの習い事のジレンマと言えます。
コロナ禍での子どもの習い事の不安
特に、中学受験、高校受験を控えている小中学生やスポーツ選手、音楽家を目指す子には勉強や練習が思うようにできず困っている状態です。

このアンケート結果は、2月~7月末までの間に子どもの習い事を新たに増やした家庭、減らした家庭がどれくらいの割合あるのかを調査したものです。

減らした家庭が多い一方で、増やした家庭も2割弱います。
将来を考えて、不安が残りながらも習い事を増やしている家庭もいるのです。

教室運営者側の不安もある

コロナの不安は保護者の親御さん側だけでなく「教室運営側」にもあります。
教室が狭い場所によっては長期間休業せずにはいられません。
コロナ時代の学習塾スタイル

そして、教室を再開したとしても、
3密を避ける仕組みや除菌、換気など今まで以上に意識をして運営をしなければならないのです。
実際の子どもの習い事を教室350教室にアンケート調査を行った結果でも8割近い教室が不安を感じています。

オンライン授業への対応が求められている

子どもの習い事でコロナの影響と言えば「オンライン授業」が進んだことがあります。
特に、学習塾や英会話教室でのオンライン授業、動画授業は相性が良く、積極的に取り入れられました。
コロナ禍でのオンライン授業
また、ピアノ教室などでも、お子さんは教室に通い、親御さんだけZoomなどのビデオ通話でレッスン風景を見るというパターンもあるようです。
体操教室では、講師の方が自宅でもできる運動を映像で教えたりと外出自粛のストレスを軽減するようなメニューも行われています。

しかし、オンライン授業の場合、パソコンやWi-Fi環境の有無など課題は多く残っている状態です。

コロナ禍での子供の習い事の教室選びのポイントは?

次にコロナ禍に子どもの習い事を新しく選ぶ際に注意して確認しておきたいことをまとめます。
教室に見学に行った際にはこれらの内容が徹底されているかを確認しましょう。
(下記の内容が徹底されているから確実に新型コロナウイルス感染が避けられるというものではありません。)

3密を避ける工夫があるか?

子どもの習い事では、特に集団の教室の場合3密になりやすいです。
教室も広くないケースもあります。
子どもの習い事のソーシャルディスタンス
・ソーシャルディスタンスが保たれているか?
・人数を減らして開かれているか?
・密閉空間に長時間いないか?
を先生に確認相談してみましょう。

除菌抗菌対策がなされているか?

教室ではあちこち子供が手で触り、感染リスクが高まります。
そのため、アルコール除菌等でドアノブが拭かれているか等も確認しておいた方がいいでしょう。

不案なご家庭では、携帯用のアルコール消毒を持たせて習い事の始まりと終わりに使用することがおすすめです。

定期的な換気がされているか?

密閉空間では、コロナ感染のリスクを高めます。
定期的に教室の換気がされているかの確認が必要です。

必要な回数の目安は、部屋の広い狭いにかかわらず、1時間に2回以上を数分間になります。
室内用のエアコンは換気機能までついていないことが多いです。

このあたりも先生に相談をして確認してみましょう。

マスク着用の徹底がされているか?

そして、飛沫感染リスク軽減の基本としてマスクの着用もあります。
スポーツ系の習い事の場合、マスクをつける事が困難な場合もあるでしょう。

その場合、待ち時間や終了のタイミングですぐにつけれるようにはしておきたいところです。
学習塾などでは、先生が教壇から話すケースもあります。
この場合、マスクを付けているかの確認もしましょう。

最近は冷間マスクの販売もされています。

コロナ禍で注目の子供の習い事は?

コロナ禍でおすすめの子供の習い事や人気が急上昇している習い事を解説します。
コロナの影響で今までの習い事を辞めることになってしまった家庭やこれから習い事を新しくしようとしている家庭は参考にしてみてください!

1.通信教育

通信教育
一つ目のwithコロナの時代に合った習い事は「通信教育」です。
特に緊急事態宣言で自宅学習期間の合った期間は、通信教育の申し込みが各社殺到したようです。
最近では、テキストタイプ以外にもタブレット学習で効率のいい学習もできます。

価格も学習塾よりもリーズナブルで始めやすいです。
各社特長があるので下の記事も参考にしてみてください。

おすすめは「スマイルゼミ(口コミ記事)」や「チャレンジタッチ(口コミ記事)」のようなタブレットで学習習慣をつけやすい教材です。

自宅学習におすすめの通信教材一覧はこちら

2.オンライン英会話

オンライン英会話
二つ目のコロナ禍で人気上昇中の習い事はオンライン英会話です。
2020年度から小学校で英語必修化になったことも影響し英会話教室の需要は増えています。

しかし、教室に通わせる不安がまだある事からオンラインでリーズナブルに通える「オンライン英会話」の人気が出ているのです。
最近では、子どもの専用のオンライン英会話サービスも多く、気兼ねなく始められます。

【2020年版】小学生におすすめのオンライン英会話はどれ?

3.オンライン家庭教師

オンライン家庭家庭教師
3つ目はオンライン家庭教室です。
今はオンラインで家庭教師が受けられる時代になっています。

オンライン家庭教師もコロナの影響でニーズが高まった習い事です。
自宅学習できめ細かい学習指導が受けれることで、受験を控えた小中学生を中心に利用が増えました。

インターネット家庭教師のネッティー(Netty)ってどう?特長・評判をプロ講師が解説!

4.オンラインプログラミング

オンラインプログラミング
4つ目のwithコロナの時代におすすめの習い事は「オンラインプログラミング」です。

プログラミングも2020年度から小学校で必修化になります。
その影響で数年前からプログラミング教室の人気は上昇中です。

しかし、コロナの影響でプログラミング教室に通うのは不安という家庭も。
そこでオンラインでプログラミングが学習ができるサービスがおすすです。

もちろん、小学校のプログラミング必修化にも対応しています。

オンラインプログラミングのD-SCHOOLオンラインの評判・料金は?

まとめ:コロナ禍でも将来の為の子どもの習い事を

子共の習い事
コロナ禍で新たに習い事をする場合、不安もありますよね。
とはいえ、何もしないのも将来に対して不安です。
辞めるべきか、続けるべきか、どうするか悩みます。

そのため、判断材料として、下記のコロナ対策がされている教室か?を見極め判断していきましょう。
・3密を避けているか
・換気は定期的に行われているか
・オンラインレッスンには対応しているか
など確認すると安心感も増します。

また、コロナ禍で人気が上昇した習い事も多いです。
オンライン英会話
通信教育
オンラインプログラミング
など、そちらに目を向けてみるのも一つの手でしょう。

【2020年版】子供の習い事人気ランキング!はこちら

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。