プログラミング必修化のメリット・デメリットは?

プログラミング必修化するメリット・デメリットを解説していきます。

近年、子どもの習い事でも注目されているプログラミング。
2020年度からは小学生、2021年度からは中学生でプログラミングが必修化されます。
子供のプログラミング

それに合わせて、家庭では、プログラミング教室に通わせたり、親子でプログラミングをしてみたりと準備を進めている声を聴く事も多いです。

ただ、子どものプログラミング必修化って
そもそもなぜやるの?
どんなメリットがあるの?
デメリットはない?

と気になる事もあります。

そこで今回はプログラミング必修化のメリット・デメリットを解説していきます。

プログラミング必修化の内容や目的・いつからやるのか?はこちらの記事も

プログラミング必修化するメリットは?

プログラミング必修化のメリット
最初にプログラミング教育を必修化するメリットを確認していきましょう。
文部科学省が必修化するくらいなので相当なメリット(効果)があるんだろうなと考えてしまいますよね。
実際にはどのような効果があるのでしょうか。

1.プログラミング的思考が身につく

一つ目のプログラミング必修化のメリットは「プログラミング的思考」が身につく事です。
文部科学省も「小学生プログラミング教育手引き」で必修化の目的を解説しています。
その中でも「プログラミング的思考」を養うことがプログラミング必修化の大きな目的と述べている状態です。

プログラミング的思考とは、一つ一つのブロックを組み合わせて、一つの仕組みを作る考え方を言います。
身近なものでは「料理」がイメージしやすいでしょう。
プログラミング的思考の考え方
実際のプログラミングでは、条件分岐、繰り返し処理など、論理的思考を求められるケーズが多いです。

そのため、先読みする力、落ち着いて状況判断する力も養えるようになります。

2.問題発見・解決能力が身につく

二つ目のプログラミング必修化のメリットは「問題の発見・解決能力」が身につく事です。
課題解決能力
プログラミングでは、創りたいプログラムを書き込み、コンピューターはそれを実行します。

その実行をした際に、エラーが起きる事も頻繁にあるものです。
エラーが起きた際には、どこが間違っているのか?どうすれば改善できるのかを考えていきます。

この作業の繰り返しで、問題を発見と解決する能力を養えるでしょう。

3.創造力・発想力が身につく

3つ目のプログラミング必修化のメリットは「創造力・発想力」を身につけられることです。

プログラミングというと、決められた言語を並べ、決められたプログラムを実行していくというイメージの方も多いですが、実際には違います。

まるで、図画工作のように自由な発想でモノづくりができるクリエイティブな教科です。
そのため、子どもの発想次第で面白いゲームを作ったり、人助けになる仕組みも作れます。

例えば「毎日お父さんのネクタイの色を選んであげるサービス」「晩御飯の献立を考えてくれるアプリ」「毎朝の占いゲーム」など楽しめる仕組みや家族の役に立つ仕組みを作る事もできるのです。

勿論、基礎は学ぶ必要はありますが、自由な発想を身につける重要な機会にもなります。
これからの時代は、このような創造力や発想力が求められるでしょう。

4.IT基礎知識が身につく

4つ目のプログラミング教育必修化のメリット(効果)は「IT知識が高まること」です。

今の子供たちが大人になる頃には更にIT化が進み、避けては通れないものになります。
ITは便利な一方で危険やリスクもあるものです。
そうなったときに、正しい知識で正しい使い方をすることが求められるでしょう。

そして、生まれた時からIT化が進んでいた現代の子供たちには、身の回りのことがITによって支えられていると「気付く事」も大切です。
その気付きが新たな発想に繋がります。

5.他の教科の学びを深められる

5つ目のメリットは「他の教科の学びを深められること」です。

プログラミングは必修化になるとはいえ、新たに「教科化」されるわけではありません。
ここが一番勘違いされやすいポイントです。

では、具体的にどのような勉強方法になるかというと既存の教科に付随した学習になります。

例えば、
算数で正多角形をプログラミングで描く
社会では都道府県の位置と名称を確認する
・音楽でプログラミングで曲を作る
国語では題材をアニメーション化する
理科では電気の働きや性質を理解する
これらをプログラミングと紐づけて学習します。

こうすることで、プログラミング的思考を学びつつ他の教科の学習にも役立つ事が可能です。

小学生の国語の勉強法はこちらの記事も

次にプログラミング必修化のデメリット(問題点)も確認しておきましょう。

プログラミング必修化するデメリットは?

プログラミング必修化のデメリット
プログラミング必修化は論理的思考など身につく事も多い一方で、反対意見やデメリットもあると言われています。
その内容も確認して、リスクを事前に把握しておきましょう。

1.インターネットの危険に触れることも

一つ目デメリット(注意点)は、インターネットの危険に触れる事もあるという事です。
プログラミング必修化のデメリットはインタネットの危険に触れる事
プログラミングはパソコンやタブレットなどのデジタル機器を使って行います。
(中には専用機器を使う場合もあり)
そのため、インターネットに触れる可能性も大いに出てくるでしょう。

ネットにアクセスする場合には、危険なサイトは閲覧しないなどの注意事項を決めておきましょう。

また、パスワードなどの情報はしっかり管理するように伝えておかなければなりません。

これらに注意して安全に利用する事を心がける必要があります。

2.実物・実体験をする機会が減る

2つ目のプログラミング必修化のデメリットは「実物・実体験の機会が減る」と言われていることです。
実体験をすることも大切
プログラミング必修化に反対派の同志社大学の三木光範教授は、プログラミング教育を行うことで「例えば、積み木で遊ぶことで木材を手で触り、大きさや重さの関係、構造物の安定性などを感覚と経験で学ぶ。

このとき、コンピュータ上でマウスを使って積み木をすることは、現実世界の理解を妨げることになり、感覚でそれらを学ぶ大切な機会を逃すことになる」と述べています。

つまり、プログラミング学習だけでは、現実の体験を学びにくいということです。
そのため、プログラミングだけではなく、現実にモノづくりをしたり、体験することも大切になります。

3.他の教科の学習時間が減ることも

3つ目のデメリットは「他の教科の学習時間が減ってしまう可能性」です。

プログラミングは新しい分野の為、学習に時間がかかる事も想定されています。

既存の国語算数理科社会であれば今までの積み重ねもあり分からない事があってもすぐに解決しやすいです。

例えば、プログラミングを自宅学習した際に、ITに疎い親御さんであれば教えることにも苦労してしまうでしょう。

このように新しい分野で親御さんも教え方が分からないとなると、必然的に学習時間を取られてしまいます。
結果的に、その分、他の教科の自宅学習の時間が削られてしまうことになるのです。
成績が伸びる子、伸びない子の14の特徴とは?自宅学習で親ができることは何!

4.教師側の教え方に差異が出てしまう

4つ目のプログラミング必修化の問題点は「教師が教えられるか?」という事です。

プログラミング必修化では、しばしば先生がちゃんと教えられるか?という問題が挙げられています。

ITに詳しい教師であればまだしも、疎い方であれば大変な部分もあるでしょう。

文部科学省としては、事前に研修やセミナーで教師側の教え方のノウハウ共有や技術向上を図っていますが、課題が残っているのも現実です。

また、学校によってはプログラミング学習に使うパソコンや機材が充実していない場合もあります。
この辺りの不公平感のない対応が求められているのです。

5.明確なカリキュラムが決まっていない

5つ目のプログラミング必修化の問題点は「明確なカリキュラムが決まっていない事」です。

プログラミング教育の具体的な内容ややり方は各自治体や地域に任されており、明確なカリキュラムは決まっていません。

そのため、教室のスキルと同様に、地域によって教え方のレベルの差異が出てしまう可能性もあります。
未来の学びコンソーシアム
そこで文部科学省としては「未来の学びコンソーシアム」という小学生のプログラミング教育ポータルを開設し、教え方のコツや教材情報を配信している状態です。

今回解説した問題点や課題の対策として、家庭でのプログラミング学習子ども向けプログラミング教室に通うこともおすすめです。
無料体験もやっているので参加してみてください!

家庭でも準備できることは?

自宅で子供のプログラミング学習するときのコツ
プログラミング必修化に伴って家庭で準備できる事も確認しておきましょう。
自宅学習でプログラミングをすることで少しでも不安を解消できるといいですね!

1.scratchでプログラミングをしてみる

プログラミング教育の家庭でもできる準備一つ目は「scratch」を使ってみる事です。

scratchは子供向けのプログラミング学習サービスで世界的に使われています。
内容は「ビジュアル型プログラミング」を採用しており、初めての子どもでも無理なくプログラミングが可能です。
何よりも無料で使えます。

また、子ども向けとは言っても、シューティングゲームを作ったり、音楽を奏でたり、できる事は本格的です。

scratchの使い方の解説はこちら

2.プログラミング本を1冊攻略する

家庭でできる準備2つ目は子供向けのプログラミング本を一冊攻略することです。

現在、多くの子共向けのプログラミング本が販売されています。

scratchなどの基本的な教材から本格的なプログラミング言語が学べるものまで様々です。

初心者であれば、scratchの本から始めて、条件分岐や繰り返し処理などを学び、いくつか課題に挑戦してみましょう。

簡単なものから応用までカリキュラムが組まれている本が多いので非常に勉強になるはずです。
親子で一緒にできる本もあるので休みの日に挑戦してみてください!

3.親子でロボット教材に挑戦

3つ目の家庭でできる準備はロボット教材に挑戦してみる事です。
ロボット教材
プログラミング必修化のデメリット2つ目で解説したように、プログラミングだけでなく、実物を触り、実体験することも大切になります。

その意味では、プログラミングと実際にモノづくりを合わせたロボット教材は効果的です。

子どもも単にパソコンでプログラミングをするよりも、自分で作ったロボットをプログラムして動かす方が楽しめるという声も多くあります。

子どもにおすすめのロボット教材はこちら

まとめ:プログラミングは楽しむことが大切

プログラミングは楽しむことが大切
プログラミング必修化ではメリット・デメリットを把握したうえで、良い面は取り入れ、悪い面は家庭学習などで補修していきましょう。

プログラミング必修化メリット・プログラミング的思考が身につく
・問題発見解決能力が身につく
・創造力発想力が身につく
・IT基礎知識が身につく
・他の教科の学習にも役立つ
プログラミング必修化デメリット・インターネットの危険に触れる事も
・実物・実体験をする機会が減る
・他の教科の学習時間が減ることも
・教師側の教え方に差異が出てしまう
・明確なカリキュラムが決まっていない

プログラミング教育必修化になったことを聞き、焦って自宅学習をしたり、プログラミング教室に通わせる家庭も多いです。
勿論、間違いではないのですが子供の意思も大切になります。

プログラミングはものづくりです。
取り組む本人が楽しまなければいいものは生まれません!

そのため、無理強いするのではなく、まずは楽しむことを忘れずに挑戦してみてください!

子どものプログラミングは通学不要の「オンラインプログラミングスクール」もおすすめです。

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。