【2020年】小学生におすすめの知育玩具5選は?

小学生におすすめの知育玩具を解説します。

こんにちは「子どもの習い事図鑑」(@startoo_)です。

最近子供のおもちゃとして人気なのが、頭を使いながら遊ぶことができる「知育玩具」です。
知育玩具と言うと、幼少期のお子様向けと思われがちですが、そんなことはありません。

小学生でも、遊び学べる知育玩具が沢山存在します。
特にこれからの小学校では、今までの「知識だけの詰込み型の教育」ではなく課題を「自ら考える力」が重視されることになります。
そんな時代に知育玩具が活かされるのです。
今回は、そんな知育玩具から「小学生におすすめの知育玩具5選」をご紹介します。

この記事がおすすめの方は?

小学生におすすめの地域玩具を知りたい
具体的な商品名も確認しておきたい
小学生が知育玩具を使うメリットは?

小学生が知育玩具を使う「メリット」は?

小学生におすすめの知育玩具

"no-img2″
編集長

小学生が知育玩具を使うメリットはどのようなものなのでしょうか?

「知育玩具」というと幼児のイメージもありますが、小学生向けにも多くのものが販売されており、メリットがあります。
小学生で知育玩具を使うメリットでよく言われることは、
・「知能指数」IQを高めることが期待できる
・9歳~12歳のゴールデンエイジ期間を有効に過ごせる
・「思考力」「ひらめき」「課題解決能力」を身につけることが期待できる
・地頭が良くなる事が期待できる
・理系脳を育てることができる

です。
その他の大きなメリットを代表して3つ解説します。

1.論理的思考を高めることができる

小学生のうちに知育玩具を利用することで「論理的思考能力」を高めることが期待できます。
論理的思考能力とは、原因と結果を把握し、物事を順序立てて考えていく力です。

2020年から小学校ではプログラミング学習必修化になりますが、このような能力が今後は重要とされています。
知育玩具を通して、論理的思考能力などの「自ら考える力」や「課題解決能力」を身につけることで将来に好影響を期待できるのです。

子供の論理的思考能力についてはこちらの記事も
子供の「論理的思考能力」を身につける為に家庭でできる3つのこととは?

2.楽しみながら学習ができる

小学生の学習は、もちろん「机の上に座って」学習することも大切なのですが、まずは楽しみながら「好奇心」を持って学ぶことも重要です。
知育玩具であれば、勉強嫌いの子どもでも「ワクワクした気持ち」で取り組むことができるでしょう。

楽しみながら学習には勉強アプリもおすすめ

3.「なぜ?」と考える機会が生まれる

ブロックを組み合わせたり、難しいパズルにチャレンジすることで、
分からない時に「なんでだろう?」と考えます。
この「なぜ?」と沢山考える機会があることが大切なのです。

普段から疑問を持つことで物事への興味関心や探求心に繋がります。
東大生の多くは小学生の頃のにこの「なぜだろう?」と考えることが多かったと言います。

\地頭にいい子供の習い事はこちらも/
地頭を良くするためにやっておきたい子供の習い事とは?

では、次に知育玩具を選ぶ際に気を付けたいポイントを確認していきましょう。

小学生の知育玩具で3つの「選び方のポイント」は?

小学生の知育玩具の選び方のポイント
小学生の知育玩具はどのように選ぶのがいいのでしょうか?
上手な選び方のポイントを確認していきましょう。

1.子供の成長レベルに合わせて選択する

一番重要な事は、「子供の成長レベル」に合わせることです。
「小学生になったから、レベルの高いものをやらせたい..!」といきなり難しいものを渡しても
嫌になってしまって途中で使わなくなってしまうこともあります。

いきなりレベルの高いものではなく、徐々にステップアップしていく方が
子供も自信が持て「自己肯定感」が高まってきます。

2.親も楽しめるものを選ぶ

二つ目の大切なポイントは「親も楽しめる知育玩具」を選ぶことです。
その理由は、知育玩具を使いながら「親子の会話」が生まれるからです。

子供の知能指数を高める上では、親子の会話は非常に重要になります。
知育玩具を通して一緒に遊びながら親子の会話を沢山してみましょう。

3.知育玩具の種類(タイプ)を見て選ぶ

最後の選び方のポイントは「知育玩具の種類」を見き分けることです。
小学生向けの知育玩具では、「ボードゲーム系」「パズル系」「プログラミン系」「ブロック系」など
多くのタイプがあります。
子供の普段の趣味思考から好きそうなものから選んでみるのがおすすめです。

知育玩具の種類についてはこの後、解説します。

小学生の知育玩具の「種類」とその効果は?

小学生におすすめの知育玩具9選
小学生におすすめの知育玩具には大きく分けると「4つの種類」があります。
それぞれ身に付く「効果」も異なりますので、その特徴と共に見て行きましょう。

1.ボードゲーム系・カードゲーム系

小学生におすすめの知育玩具ボードゲーム
ボードゲームというと人生ゲームなどが代表されますが、「オセロや将棋」もこの種になります。
また、カードゲームでは、トランプやカルタなどが有名ですね。

ボードゲーム・カードゲームで身につく力
・「協調性」「コミュニケーション能力」(複数人で行う為)
・「思考力」、「記憶力」(ルールを理解しなければならない為)

が身に付きます。

複数の人数で行うボードゲームでは、
特に「コミュニケーション能力」やルールを理解するための「思考力・記憶力」が身につく事が期待できます。

\小学生におすすめの将棋/
【子供の習い事】将棋をするメリットとは?

2.迷路系・パズル系

小学生におすすめの知育玩具
知育玩具の定番といえばこちらかもしれません。
最近では、立体的な「3Dパズルや3D迷路」なども人気です。

小学生におすすめの知育玩具「迷路系・パズル系」では、
「想像力・思考力」に「集中力」「忍耐力」「達成感」が身に付きます。
やればやるほど「なぜできないんだろう?」と考えることになります。

この考えることが子供の「想像力・思考力」を育むことになっていきます。

最初は簡単なものから徐々にレベルアップしていくと楽しみながら達成感を味わて取り組むことができます。
親子でやってみるのもおすすめです。

\子供のSTEM教育はこちらの記事も/
STEM教育ってなに?身につくメリットは?ステム教育が学べる子供の習い事とは?

3.ブロック系

小学生におすすめの知育玩具
楽しく創作をしながら、想像力を掻き立てられるブロック系も昔ながらの定番知育玩具です。
算数や数学を学ぶ上で「このブロック系での遊びの有無」の差が大きく出ることは証明されています。
ブロック系の知育玩具では
論理的思考能力
「創造力と想像力」
「空間把握能力」
が身に付きます。
ブロック系の知育玩具は「算数が数学が好きな子ども」にはおすすめです。

\小学生の算数は「RISU算数」の記事もおすすめ/
RISU(リス)算数使ってみた感想!申し込みはちょっと待った?口コミをデメリット含めて解説!

4.プログラミング系

小学生におすすめの知育玩具プログラミング
2020年から小学生でプログラミング学習も必修化されます。
プログラミングというと言葉だけで難しい..という印象もありますね。

ただ、小学生の知育玩具の「プログラミング学習」では難しいプログラミングコードを扱うことはありません。
視覚的に直観的に理解できる「ビジュアル型のプログラミング」で学習をしていきます。
小学生のプログラミング学習では「プログラミング的思考」「論理的な思考力」「問題解決力」「創造力」が身に付きます。

\プログラミング的思考についてはこちらの記事も/
【2020年】小学生の「プログラミング教育必修化」の正しい認識とは?
それでは、ここから具体的に小学生におすすめの知育玩具を5つ紹介していきます。

小学生におすすめの知育玩具5選は?

子供の習い事プログラミング教室
それでは、知育玩具の選りすぐりのゲーム5選をご紹介いたしましょう。

1.小学生のピタゴラス

一つ目は「小学生のピタゴラス」です。
小学生低学年用、高学年用と別れており、学年に合わせて学習することができます。
「小学生のピタゴラス」は「磁石の入ったパズルゲーム」で、平面で作った図形をそのまま立体化することが出来ます。
様々な部品を組み合わせて遊びながら「図形に対する理解」が深まると評判です。
「算数の図形の把握」に役立ちますし、創造性を伸ばすことにも役立ちます。
小学生のピタゴラスの口コミです。

小学生の知育玩具の評判
算数が好きになりました
「小学生のピタゴラス」を小学2年生の息子が使っています。
算数では図形の問題に苦手意識を持っていたのですが、
「小学生のピタゴラス」を使ってイメージがついたからなのか?
今は苦手意識がなくなっています。
また、自信もついてきたこともあって算数自体がすきになりました!

2.電脳サーキット100

二つ目は「電脳サーキット100」になります。
「電脳サーキット100」は「ガイドブック」を見ながら「パーツを組み立てる」と電子回路を作ることが出来ます。
電子回路の仕組みを遊び感覚で学びながら、101通りもの実験が出来るので飽きることなく遊べます。
一見すると非常に難しそうに思われる玩具ですが、対象年齢も6歳からと非常に簡単でブロック感覚で遊べます。
また、別売りになりますが、パーツの購入でラジオや時計、電卓に近いものを作ることも可能です。

小学生低学年のうちから使うことで「論理的思考能力」を身につけることが期待できます。
うまくいかない時には「なんでだろう?」と「考える癖」も身についてきます。
「電脳サーキット100」の評判・口コミです

小学生の知育玩具の評判
子供の知的好奇心が増しまた!
「電脳サーキット100」を簡単にいうと「実験道具」です。
おうちで手軽に電気実験ができることで子どもも楽しみながら電気回路の学習ができています。
「電脳サーキット100」を使ったことで様々なことに興味を持つようになりました。
「家の電気はどうやって運ばれてきているんだろー?」と言ってきたときは驚きました。

3.ロンポス505ピラミッド

三つめは「ロンポス505ピラミッド」です。
「ロンポス505ピラミッド」は、球状のパーツをはめ込んでいくことで、平面や立体的なパズルを楽しむことが出来ます。
集中力や空間認知能力を身に着けるのにはおすすめの玩具です。
505問ある問題集が付いていて解くようにパズルを仕上げていくのですが、非常に頭を使うゲームです。
大人の脳トレとして遊べますし、高齢者にも良いと評判です。
「ロンポス505ピラミッド」は、小学生低学年向けの知育玩具ですが、なかなか考えられた商品だなと。
リーズナブルなので使いやすいことも特長です。

4.ローリーズ・ストーリー・キューブ

四つ目は「ローリーズ・ストーリー・キューブ」です。
「ローリーズ・ストーリー・キューブ」は、9つのサイコロには異なる絵(54種)が描かれていて、このサイコロの目(絵)に合わせてお話を創造していく知育玩具です。
「ムーミン」のサイコロの組み合わせは100万通り以上にもなり、これに合わせて正解のないストーリーを作っていくので「語彙力」そして「伝える力」がアップします。
サイコロの数を調整することで、お子様の成長に合わせて工夫することで無限の可能性があるのも魅力ですね。

5.ゲーム&パズル日本地図

五つ目は「ゲーム&パズル日本地図」です。
「ゲーム&パズル日本地図」は、様々な会社が日本地図を覚えるパズルゲームの販売をしていますが、こちらはその中でも秀逸です。
日本地図パズルは勿論ですが、「行政図パズルに日本一周旅行ゲーム」も楽しめます。
また「ゲーム&パズル日本地図」に使用されている地図が帝国書院の地図となり、学校で習うものと同じですのでお子様が混乱することもありません。
スムーズに日本地図」を学ぶことが出来ますし、地理の勉強にはおすすめの知育玩具です。
「ゲーム&パズル日本地図」の評判・口コミです。

小学生の知育玩具の評判
「パズルゲーム」にしたことでスムーズに日本の地理を覚えることができました!
また、「ゲーム&パズル日本地図」をきっかけに地域にも興味を持ち学校の授業でも「社会」が非常に好きになったようです。

小学生の学習には「プログラミング学習」もおすすめ
ヒューマンアカデミーこどもプログラミング教室の評判はどう?有名2社と比較してみた!

まとめ:知育玩具を子供に選ばせることも大切!

小学生におすすめの知育玩具とは
今回、小学生におすすめの知育玩具とそのおすすめ5選をご紹介しました。
遊びの中に「学び」を取り組むことで「知育玩具」は、子供の様々な可能性を見出すにはぴったりのアイテムです。
また、実際には大人も知育玩具を使い密かに勉強している方もいるようですね。

そして、知育玩具は子どもに選ばせることも大切です。
最近話題の「モンテッソーリ教育」では、子供に選択させることで成長に繋げる考え方があります。
自分で選んだ玩具で自由に遊ばせることによって発想力を鍛えることが期待できます。

子供も「やらされて学ぶより」も「自ら進んで学ぶことで得られるもの」は非常に大きいです。
今回ご紹介したのは、数多ある知育玩具のほんの一例ですので、お子様に合わせて色々な知育玩具を探してみてはいかがでしょう。

小学生におすすめのプログラミング教材はこちら

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。