【小学生】漢字ドリルおすすめ人気ランキング15選!勉強法と選び方のコツも解説!

『小学生の漢字ドリルのおすすめは?』
『小学生に人気の漢字ドリルは何?』
『漢字の勉強法のコツは?』
『小学生は、どれくらい漢字の勉強をしたらいいの?』
と、疑問や不安を抱えている方も多いことでしょう。

今回は小学生におすすめの漢字ドリル・問題集おすすめ人気ランキングを解説します。
漢字ドリルを解く小学生の図
スマホやタブレット、インターネットをベースとしたコミュニケーションの普及、SNSなどの新たなサービスの登場など、ここ十数年で、漢字を取り巻く環境は大きく変わりました。

読むことさえできれば、記憶が曖昧だったとしても変換で正しい漢字を入力できるので、正確に覚えていなくても、一見すると問題なさそうです。

しかし、義務教育課程においては、必修とされている漢字は学年ごとに設定されており、学校の定期試験や入試問題に出題されるのは勿論のこと、「正しく字の読み書きができる能力」は、社会人のステータスを示す指標の一つであるということは、今も変わっていません。

文部科学省が公表している学習指導要領では、小学生で約1000字、中学生でさらに約1000字と、義務教育課程でおよそ2000字の漢字を必修として定めています。

また、漢字検定においては、3級が中学校卒業程度のレベル(対象漢字が約1600字)として設定されており、私立高校受験に影響を与えてくるのも3級以上となる場合が多く、公立私立問わず、検定受験を推奨している学校は少なくないのです。

漢字は、年齢が上がれば上がるほど、自発的に取り組まない限り、「漢字を書いて覚える」という機会がどんどん減っていきます。

つまり、小中学生時に、いかにしっかりと漢字学習を積み重ねてきたかが、その後の語彙力を左右すると言っても過言ではないのです。

この記事では小学生の漢字力を伸ばすために必要な、ドリルの選び方と勉強方法を解説した上で、漢字ドリルを人気おすすめランキング形式でご紹介しています。

参考にして頂き、家庭学習の一助として頂ければ幸いです。

漢字が苦手な小学生を変える勉強法3つのコツはこちら!

小学生漢字ドリルの選び方のコツ

小学生の漢字ドリルの選び方のコツ
では、さっとく小学生の漢字ドリルの選び方のコツについて解説していきます。
チェックすべき項目は以下の通りです。

1.熟語の練習量
2.意味の説明と出題パターン
3.確認テスト

それぞれの項目について、チェックすべき理由と観点について詳しく説明していきます。

1.熟語の練習量が多いものを選ぶ

市販の小学生漢字ドリルは、中学受験用を除き、基本的には学習指導要領に準拠した対象漢字を、小学1年生~6年生まで、学年ごとのラインナップに分けて掲載しています。

また、内容の構成においても、表面で新出漢字を一字ずつ練習し、裏面で熟語や読みの練習をするといった形式はどのドリルでも同じです。

では、どのドリルを選んでも同じかというとそうではありません。
書き取りの練習量や掲載されている情報量、テスト回数、出題パターンと微妙な差があるのです。

その中で、まず最も留意すべき点は、熟語の練習量です。
送り仮名のついた訓読みに関しては、掲載されていないことはまずないので、熟語を見てください。

例えば、小2で習う「後」という漢字であれば、「後日」「午後」「後先」など、音訓合わせた熟語を作ることができますが、これらの熟語の練習量が多いドリルが理想的です。

表面の練習ページで使用例として掲載されていても、読み飛ばしてしまったり、実際に自分で意味を調べて書いたりしない限り、その漢字を覚えることは難しいでしょう。

そのため、1つの漢字で作ることのできる熟語を2~3つ、表と裏面で複数回、練習できるドリルを選び、熟語の書き取り練習量を確保することが重要です。

「なぞり書き練習」や「読みの練習」は、次学年の難しい漢字を予習する場合や漢字が極端に苦手という場合にのみ有効なので、暗記メインであれば書き練習を重要視しましょう。

また、漢字は先取り学習しやすい科目でもあります。
余裕があれば一学年上の漢字を勉強しておくと楽にもなります。

先取り学習は必要ない?小学生が本当にやるべき3つのこととは!

 

2.意味の説明と出題パターンが多いものを選ぶ

2つ目のチェックポイントは、漢字の意味説明に関する記載と問題の出題パターンです。

意味説明とは、分かりやすい例で言うと、漢字の成り立ち説明や熟語の意味などの「豆知識」的な情報のことであり、これらが豊富な漢字ドリルが理想的です。

読み飛ばしてしまう場合もありますが、漢字を「ただの記号」として覚えるよりも、「意味とセット」で覚える方が圧倒的に暗記の定着度が上がります。

例えば、「親」という漢字であれば「(親鳥が)『木』の上に『立』って(雛鳥が巣立つ姿を)『見』守る」という意味を理解していた方が覚えやすいですよね。

すべての漢字に、このような分かりやすい覚え方が当てはまるとは限りませんが、なるべく意味と結びつけて覚えていくというのは、何事にも共通する暗記テクニックの1つです。

その観点から言うと、熟語における漢字同士の関係を理解することも、暗記を助けることにつながります。

(1)「後日」であれば「後の日」で修飾と被修飾の関係
(2)「前後」であれば「前と後」で反対の関係
(3)「後先」であれば「後と先」で反対の関係

など、熟語においては漢字の組み合わせ方に意味が込められています。
(1)~(3)で漢字の用い方が異なるものを1つ選べという問題であれば、(1)ということになります。

このように、漢字そのものを覚える練習だけでなく、意味を理解する訓練を積むことができるようにするためには、出題パターンも重要な観点なのです。

 

3.確認テストがあるドリルを選ぶ

最後のチェックポイントは確認テストの有無と内容です。
ただ、ほとんどの漢字ドリルには、幾つかの章をまとめたテストページが掲載されているので、見るべきはその数と内容です。

漢字は、訓読みにしても、音読みにしても「書けること」が1つの大きなハードルになっています。
逆に、書くことさえできれば、読むために特別何かをする必要はありません。

1つの新出漢字を学んだら、1つの漢字につき、少なくとも3つ以上は熟語をセットで覚えることが理想的ですし、学年が上がれば上がる程、熟語のパターンは増えていきます。

そのため、テストページに掲載されている熟語量が多く、なるべく「書き取り」メインのテストを繰り返しできる漢字ドリルを選ぶことがポイントです。

また、漢字テストのやり方については、次の「小学生漢字の勉強方法」のところで詳しく解説していますので、気になる方はそちらの章を参照してください。

【小学生】国語ドリルおすすめランキング15選!読解・文法・漢字・勉強法・選び方も解説!

 

小学生漢字の勉強法は?

小学生の漢字の勉強法は?
次に、小学生漢字ドリルを効果的に活用していくための勉強方法について解説します。
日々の学習で以下の1~3を意識することで、格段に漢字力をUPさせることが可能です。

1.意味理解
2.暗記テスト
3.周辺学習

言葉の学習なので基本は毎日やること、丁寧な字、正しい書き順を意識して練習することは大前提です。
この前提がなければ、どんなに練習しても成果は上がりません。

また、学習指導要領により学年ごとの必修漢字は定められていますが、必ずしも、学年レベルに合わせた学習をする必要はなく、子供のレベルに応じた選定が重要です。

そのため、レベル測定として、漢字検定の過去問を使用する方法がお勧めです。

漢字は「つくりの組み合わせ」と「熟語パターン」が学べば学ぶほど増えていくので、そのベースがない状態で、レベルの高い漢字ドリルに挑戦しても逆効果なので注意しましょう。

 

1.漢字の意味を理解しながら覚えていく

漢字ドリルの選び方でもふれましたが、意味を理解しながら覚えるということは非常に重要です。

しかし、実際の漢字学習では、あまり意味を理解しないまま覚えている子は少なくありません。
特に、学年が上がれば上がるほど「抽象的な意味」の漢字が増えていきます。

漢字の意味が分からないということは、文章を読む力の低下に直結し、結果として国語のみならず、学校で学習するほとんどの科目に甚大な影響を及ぼす可能性があるのです。

そこで、ご家庭でも簡単に漢字の意味理解を助ける学習方法が3つありますのでご紹介します。

1.辞書を使う
2.説明させる
3.教えてもらう

辞書の使い方は学校でも習いますが、可能な限り早い段階で教えることを推奨します。
特に、お子様が「これ、どういう意味?」とたくさん質問するようになった頃合いが好機です。

このときに、適当な返し方や明らかに面倒そうな対応をしてはなりません。
子供が興味を持った時に、大人も興味を示し、子供の好奇心の目を摘まないことが自発性を育みます。

同時に、人に聞くだけでなく、自ら調べる手段として辞書を与え、使い方を教えてあげることが、その子の学力伸長を支える最も重要な行為なので、早いに越したことはありません。

また、「自分で調べなさい」と一蹴するのではなく、「分かったら教えてね」とか「どういう意味だった?」と聞いてあげること、親も一緒に興味を持ってあげることが重要です。
ラーニングピラミッド
また、ラーニングピラミッドの「学習定着率」でも人は、講義などで教えてもらうよりも、誰かに教えたほうが身に着くという研究結果もあります。

子供は、学んだ意味を自らアウトプットすることで、その言葉を自分のものにできますし、何より、人に説明することで自信につながります。

漢字学習は、意味調べを徹底することで、「知らない言葉に出会うきっかけ」として機能し、読書をしない子でも、語彙力を増やすことのできる画期的な手法になり得るのです。

 

2.暗記テスト

漢字の学習は、ときに単調で作業的になりがちです。
とはいえ、暗記をゴールとする以上、その効果測定が必要で、その方法はテストをする以外ありません。

漢字テストに関しては、学校でも行われることがほとんどなので、家庭学習でテストを課すことは必須とはなりませんが、できれば週単位、月単位、学期単位で行いたいものです。

特に、現在の入試傾向を踏まえると、暗記偏重から思考力を問う形式に切り替わりつつあるとはいえ、ベースには「知識」がないと手も足も出ません。

よって、「暗記の仕方」のノウハウを早い段階で身に付けることは、後のすべての学習に大きな影響を与えます。
その意味で、漢字はシンプルがゆえ、ノウハウの取得に長けています。

そこで、具体的な漢字暗記テストの方法をご紹介します。

1.週月テスト
2.チェック方式
3.記録方法

1に関しては、まずは週単位で対象ページを指定(10~20程度)し、月末に週単位でテストしたページ、またはその他テストに使用していないページをランダムに指定(50程度)する方式です。

漢字学習は本人任せにすると、覚えるという作業が抜けてしまいます。
やりがちなのは、手本や前のページを「見ながら書く」やり方で、残念ながら全く暗記の補助となりません。

よって、可能であれば漢字テストスケジュールを一緒につくることが理想的です。
また、テストで間違えた漢字については、バツ印を付けておき、月末テスト前に優先的に覚えるようにするなど、チェック方式を採用し、効率的な暗記方法を教えてあげることができます。

また、テスト結果は履歴を残しておき、結果が良くなかった月末テストは、数か月後に再びテスト対象にするなどして、中長期的に繰り返すことも暗記学習においては必要です。

ただ、あまり熱心にやり過ぎて、漢字が嫌いになっては元も子もないので、姿勢としては「褒める機会を増やすため」と心得ておくと、お互いに気持ちよく取り組むことができます。

漢字が苦手な小学生を変える勉強法3つのコツとは?2021年おすすめの漢字ドリル6選はこれ!

3.周辺学習

3つ目の具体的な勉強方法のポイントは「周辺学習」です。

周辺学習とは、つくり、熟語の関係、同音異義語、同訓異義語、四字熟語など、漢字や熟語そのものを覚える学習ではなく、漢字に関連する知識の学習を指します。

小学生の低学年から中学年であれば、漢字のパーツにあたる「つくり」の種類やその書き順をしっかりと定着させていくことが重要です。

漢字は、小さなパーツの組み合わせで作られる漢字が多く、また熟語もそれら漢字の組み合わせによって成り立っているので、最小単位から丁寧に覚えていけば、後に複雑な漢字を習ったとしても、二度手間を防ぎつつ、さらに深い次元で意味を理解することができます。

また、高学年になり、覚える漢字のバリエーションが増えてきたら、熟語における漢字同士の関係、同音異義語、同訓異義語、四文字熟語など、間違えやすい熟語やより抽象度の高い漢字学習に移行することで、漢字のみならず、国語全体の底上げをすることが可能です。

このような周辺学習は、暗記を徹底させるというよりは、普段の暗記を中心とした学習のサブワークとして、息抜き程度にやることをお勧めします。

特に中学受験用の漢字ドリルや漢字検定の教本には、このような周辺学習を積む問題が多く掲載されているので、意味調べや暗記テストの習慣が定着してきた後で、取り入れてみると、飽きの解消にもつながり、一石二鳥の効果が期待できます。

【2021年版】中学受験「国語」のおすすめ問題集ランキング!

 

小学生の漢字ドリルおすすめ人気ランキング15選!

小学生漢字ドリルおすすめ人気ランキング15選
最後に、選び方のコツと活用方法を踏まえた上で、漢字ドリルをおすすめ人気ランキング形式で15冊ご紹介していきます。

それぞれの漢字ドリルに小学1年生から小学6年生版があるので、お子さんの学年に合わせて探してみてください!

 

15位:ドリルの王様 漢字(新興出版社)


小学生全学年分のラインナップがあり、収録漢字数は、学習指導要領に準拠しています。
1ページで5つの漢字を一文字ずつ5回ほどの練習し、各漢字で作られる熟語をなぞり書きし、読みを覚えていきます。

裏面のページで、熟語の書きを学ぶ仕様になっており、全体としては他の漢字ドリルよりも練習量は少なめです。

長時間の学習が難しかったり、漢字にあまり時間をさけなかったりする場合に向いているドリルと言えます。

 

14位:早ね早おき朝5分ドリル 漢字(学研プラス)


小1~6まで学年ごとにラインナップが分かれており、小型サイズのドリルですが収録数は他のドリルと同じ、学習指導要領に準拠しております。

5個ずつ新しい漢字を1文字ずつ練習し、裏面は空欄のマス目に間違えた漢字をひたすら練習する仕様です。
「覚えること」よりも、「たくさん書くこと」を目的とした設計で、作業感覚で取り組むことができます。

 

13位:できるがふえるドリル 漢字(文理)


小1~6まで学年ごとにラインナップが分かれており、収録数は学習指導要領に準拠しています。

表面で1つの漢字につき、1文字ずつ4,5回の練習と熟語を1つ書く練習があります。
裏面では、熟語の書き取り、読みの練習を行います。
読み書きの問題がほぼ同数なので、バランスよく練習することができます。

 

12位:Z会グレードアップ問題集 漢字・ことば(Z会)


小1~3のみを対象としたシリーズで、漢字の読み書き練習のみならず、敬語や文法など、言葉の知識学習を同時に進めることができるドリルです。

見開き2ページで新出漢字の一文字書き練習、熟語の読み書き練習を行い、次の見開き2ページで言葉の知識問題を交互に繰り返しながら学習を進めていきます。

全体的に問題量が少ないため、暗記する際は反復してテストするなど工夫が必要です。

 

11位:教科書ワーク 漢字(文理)


小1~6まで学年ごとのラインナップがあり、3つの教科書出版社のラインナップがあります。

学校の教科書をベースとした構成で、対象となる教科書ページが表記されているので、学校の進度に合わせて学校の予習、復習として使用できます。

全編カラーで、見た目のデザインも子供たちが普段学校で使用しているドリルと近くなっています。

 

10位:中学入試の最重要問題 漢字(学研)


本ドリルは1冊で完結しており、対象はタイトルにもある通り、中学受験を控えた高学年です。

160ページのボリュームがあり、「読み」「書き」「熟語」「熟語知識」「漢字の知識」と5つの章から構成され、入試頻出度順に掲載されています。

熟語の問題では、漢字同士の関係を問う問題から、パズル形式の穴埋め問題など、問題のバリエーションが多く、単に読み書きできるだけでは解けない問題が多いことが特徴です。

実践演習に特化しており、定期テスト用として活用していくことをお勧めします。

 

9位:ハイレベル漢字(奨学社)


小1~3まで3学年分のラインナップがあり、掲載数は指導要領に準拠しています。

6つの漢字につき、1文字ずつの練習10回と読みだけの問題ページ、書きだけの問題ページと3ページ構成になっている他、ハイレベル問題として、つくりや書き順などの周辺学習を積むことができます。

「年頭」や「王朝」など、低学年には、やや難解な熟語の収録が多く、語彙力の増強が期待できます。
書き取りのみのページがすべての章に設けられているので、テスト用としても使いやすくなっています。

 

8位:漢字の正しい書き方ドリル(旺文社)


小1~6のラインナップがあり、掲載数は学習指導要領に準拠しています。

本ドリルの最大の特徴は正しい書き順での練習ページで、他のドリルと異なり1つの漢字を一画ずつ丁寧に学習することができます。

一画書いたら次のマスでは二画目まで、さらに次のマスでは三画目まで、と正しい書き順で繰り返し書くため、一文字書きの練習量がかなり多くなっています。

地味な作業になりますが、時間を掛けて字を書くことが嫌い、字を丁寧に書いてくれない、書き順がいつも適当というタイプの子に向いているです。

 

7位:言葉力(学研プラス)


「中学入試用1200字」「4年生までに身に付けたい1100字」の2シリーズがあり、語彙力増強を目的としたドリルです。

漢字のみならず、カタカナの言葉や慣用句なども含まれており、総合的に言葉の知識を増やすことができます。

見開き2ページで10語程度の言葉とその意味、各言葉を穴埋めする例文が掲載されており、意味と使用例をセットで覚えることができます。

テスト形式で何度も反復することができる他、すぐに意味を確認でき、例文が他のドリルよりも長めなので、実践的な文章とセットで言葉を習得できることが特徴です。

 

6位:漢字合格の2790題(声の教育社)


入試問題で出題された漢字の問題をベースに、2790題をテーマ別に収録しています。

実際に入試で出題された問題の出題回数が掲載されており、書き、読み、四字熟語、部首の意味、熟語の関係、対義語、類義語など、8つのテーマをすべてテスト形式で出題しており、テスト用として非常に扱いやすい点が特徴です。

但し、熟語の意味や解説に関してはほとんど掲載されていないので、分からない場合は自分で調べる必要があり、ある程度の基礎学習を終えてから、入試前や進学準備前の教材として扱うことをお勧めします。

 

5位:いっきに極める国語 漢字(公文)


小1~3、小4~6を対象としてそれぞれ「漢字」と「熟語」2つのシリーズがあり、合わせて4冊のラインナップがあります。

熟語シリーズでは、漢字単体ではなく、熟語をベースとした書き取り練習となっており、それぞれに意味の説明と例文が付いてくるので、熟語に特化した練習をすることができます。

また複数学年を対象にしているので、3年生や6年生にとっては前学年の復習になりますし、学習が進んで次学年の漢字を習得しているのであれば、予習用としても扱うことができます。

 

4位:漢字が好きになるドリル(大和出版)


小1~6のラインナップがあり、掲載数は学習指導要領に準拠しています。

新出漢字の練習量は1文字あたり3回のみで、次のページで読みと書きを合わせた「1分間テスト」が20題程掲載されています。

表面の新出漢字の説明ページには熟語例と合わせて意味の説明があるため、意味もセットで覚えることができます。

非常にシンプルな構成なので、日々の1分テストを習慣化しやすく、負荷を掛けずに「漢字を覚える方法」を体得できます。

 

3位:毎日のドリル漢字(学研プラス)


小1~6まで各学年のラインナップがあり、収録漢字数は学習指導要領に準拠しています。

本ドリルの特徴は、「書き」の練習に特化している点であり、読みを書かせる問題がほぼありません。

また、書き順の数字が見本の漢字に付記されているので、数字を見ながら新しい漢字の書き順を覚えることができます。
25個の漢字を覚えるごとに、確認テストがあるため、効果測定しやすい点が評価ポイントです。

 

2位:リーダードリル 漢字(四谷大塚)


小1~6と学年ごとのラインナップに分かれており、収録漢字数は学習指導要領に準拠しています。

本ドリルの表面では、他の漢字ドリルと同じく、1文字ずつ書き取りの練習をする仕様になっていますが、各漢字の成り立ちと意味が記載されている他、独自のフォントで「綺麗に漢字を書くためのポイント」が詳細に書かれている点が特徴です。

さらに、熟語の例の欄には、星印で入試での頻出レベルが確認できるようになっており、裏面の書き取り練習でも頻出レベルが分かるようになっています。

熟語練習も、難易度別に掲載されており、4字熟語の問題や少し難しめな熟語の練習ができ、一歩踏み込んだ漢字練習をすることが可能です。

 

1位:漢字の要(SAPIX)


本ドリルは「step1.マスターブック」「step2.単元別基礎演習」「step3.入試実践演習」の3シリーズがあり、演習用としてはstep2とstep3が対象となります。

特徴として、書き取り練習が豊富であり「意味が似ている漢字」「三字熟語」「細部ミスに注意すべき漢字」など、テーマごとに問題が括られているので、注意点をより意識しながら学習することが可能です。

また、赤シートで何度も繰り返すことができ、出題パターンのバリエーションが豊富かつ意味も記載されているので、反復学習に適しています。

高学年を対象としているため、小学生で習う漢字を一通り習得してから本ドリルを扱うことをお勧めします。

 

まとめ:難易度のあった漢字ドリルを選ぶ!

小学生はレベルのあった漢字ドリルを選ぼう!
今回は、漢字ドリルの選び方のコツと勉強方法、おすすめドリル15選をランキング形式でご紹介しました。

漢字は早い段階から毎日コツコツと覚えるようにしましょう。
テスト前に慌てて一夜漬けで覚えてもすぐに忘れてしまいます。

今回のドリルは、進学・進級の総復習に使えるものばかりです。
中学入学準備の総復習や学年の総復習にもつかってください!

是非、本記事を参考にして頂き、家庭学習の一助として頂ければ幸いです。
今回の内容はこれで以上となります。

最後に小学生の漢字ドリルおすすめ人気ランキングTOP3のおさらいです!

\漢字ドリル・問題集おすすめ人気ランキング/

ランキング1位2位3位
商品
書籍名漢字の要(SAPIX)リーダードリル 漢字
(四谷大塚)
毎日のドリル漢字
(学研プラス)
楽天で確認する漢字の要 中学入試リーダードリルもっと漢字力 毎日のドリル
Amazonで確認するサピックス漢字の要ステップリーダードリル 小学3年の漢字 小学4年 漢字 (毎日のドリル)

 

小学生におすすめのドリルは
英語ドリル
算数ドリル
理科ドリル
社会ドリル
も参考にしてみてください!

\塾講師の豆知識/
小学生の漢字には「スマイルゼミ(口コミ記事)」を利用することもおすすめです。

タブレット学習で映像やアニメーションを使って分かりやすく解説してくれます。

ドリルよりもタブレットの方が学びやすい子も多いですよね。
学習習慣を身につけたい子にもおすすめです!

資料請求すると原寸大タブレット教材が確認できるのでぜひしてみてください!
◆スマイルゼミ◆タブレットで学ぶ 【小学生向け通信教育】が誕生!



 

無料学習プリント

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。