【2020年版】学年別、夏休み自由研究ランキング!

"no-img2″
スタートゥー

もうすぐ夏休みだね!自由研究何にしようか迷うな..!

"no-img2″
ライオン先生

そんなスタトゥー君の為に、学年別の夏休みにできるおすすめの自由研究ランキングを紹介するぞ!

"no-img2″
スタートゥー

学年別は嬉しー!親子で楽しめるものだといいな!

夏休みの宿題といえば、自由研究です。
子供の学年が上がると、ただの工作や簡単な研究では課題として認められない場合があります。
ただ、何をやればいいか悩んでしまうものです。。
小学生の自由研究
せっかくの夏休みなので有意義な自由研究にして学びを得て欲しい所。
そこで今回は、おすすめの夏休み自由研究ネタをランキング形式でご紹介します!
親も子供も楽しくできて深い学びにも繋がるものばかりです。
自由研究は、夏休みの最終週に焦ってやるということがないに早めに準備しておけるといいですね..(笑)

【関連記事】小学生が夏休みから始めるのにおすすめな習い事ランキング!

低学年(小学1,2年生)におすすめの夏休み自由研究ランキング

小学校低学年の自由研究
まずは小学生低学年からのランキングです。
物事に興味関心を強く持ち出す年齢になります。
生き物観察や簡単な実験を通して身近な生活の知恵を付けていきましょう。

3位:生き物の観察

子どもの夏休みの自由研究
低学年には、身近な生き物の観察がおすすめです。
家で飼っている動物の一日の様子をまとめるだけでも、立派な観察記録になります。
虫が好きな子供なら、捕まえ方の工夫や飼い方をまとめるのもいいですね。
生き物を捕まえるときは、大人も童心に帰って夢中になります。
植物の自由研究
また、植物を育てることもおすすめです。
夏休みの期間植物の観察をすることで成長を実感できるでしょう。
毎日観察日記を書いてみてください!

2位:5円玉レンズ

夏休み自由研究5円レンズ
5円玉の穴に水をたらすと、レンズとして使えるというユニークな視点の実験です。
特別な道具が要らないので、低学年でも扱いやすいのがポイント。
水の量によって物の見え方が変わります。

準備や後片付けに手間がかからず、実験内容は高度なのでコスパの良い自由研究です。
何度か実験を繰り返すことで「違いの分析」や「記録を残す」という学びにもなります。

小学生の夏休みには「英語学習」もおすすめ

1位:スケルトン卵

うずらの卵をレモン果汁につけておくと、殻が透明になりスケルトン卵ができるという実験です。
物の溶け方、酸の反応について学べます。時間がかかる実験なので、夏休みに入ったら早めに開始する必要があります。
毎日卵の様子を写真に撮り観察していきましょう
少しずつ変化する卵の様子に、大人もドキドキできます。

小学生低学年に人気の習い事はこちら

次に中学年のランキングです。

中学年(小学3,4年生)におすすめの夏休み自由研究ランキング

小学生の自由研究ランキング
次に小学生中学年におすすめの自由研究ランキングです。
小学3,4年生では勉強も分数や難しい漢字なども習い始めます。
徐々に難易度が上がることを楽しみに感じてくるでしょう。

3位:ダンボール工作

ダンボールを使った工作は、簡単なのに大きな作品が作れるところが魅力です。材料費を抑えられる点も嬉しいですね。
難易度によって、さまざまな物が作れます。
初級ではイス、中級では迷路、上級では自動販売機といった工作ができます。

ダンボール工作の本や作り方と材料が一緒になった工作キットも発売されているので、活用してみてはいかがでしょうか。
夏休みの自由研究で「段ボールでできるプログラミング教材」もあるので下の記事も参考にしてください!

【関連記事】【評判】embotが子どものプログラミング学習におすすめの理由とは?

2位:ボランティア活動

夏休みの自由研究ボランティア
小学3・4年生の頃は、他者との関わりについて関心が深まる時期です。
社会と自分との関わりについても学べるので、自由研究のテーマの一環としてボランティア活動をしてみるのもおすすめできます。
大人も、社会貢献について考える良い機会です。

1位:食べ物を使った実験

夏休みの自由研究食べ物
身の回りにある食べ物を使い、理科実験をしてみましょう。
例えば、砂糖水を使って結晶を作る実験では「ロックキャンディー」と呼ばれるごつごつした砂糖のかたまりを作ることができます。
また、レモンや活性炭を使った電池づくり実験も人気です。
楽しいだけでなく、実験によっては使った物が食べられるという楽しみも待っています。

高学年(小学5,6年生)におすすめの自由研究ランキング

小学生に人気の自由研究ランキング
次に小学生高学年におすすめの自由研究ランキングです。
高学年になると中学校入学準備やクラブ活動も盛んになり忙しくなります。
難しい課題にも興味を持って取り組めるでしょう。

3位:天体観測

子供天体観測
2019年は人類初めて「ブラックホールの観測」に成功したことでも話題になりました!
高学年での自由研究は、より手間をかけた実験や観測が高評価につながります。
特に、月や星の動きを観測し自分なりの考察を加えたり、宇宙の成り立ちについて調べたりする天体観測はおすすめです。

学校の授業で扱う分野であることに加えて、中学入試でも頻出のテーマなので、人気が高くなっています。
宇宙に興味を持ち、理系に進んだという子も多いようですね。

最近では初心者や子供向けの天体望遠鏡も出ているので試してみてはいかがでしょうか。
スマホでそのまま撮影もできるので大人でも楽しめます!

2位:ペットボトル顕微鏡

飲み終わった空きペットボトルを使い、簡単に作れるミニ顕微鏡です。
いくつか道具を揃える必要がありますが、完成品はクオリティが高く、実際に顕微鏡として使うことができます。

植物の葉や食べ物などを観察すれば、さらに深い研究として発表が可能です。
身近な素材で顕微鏡が作れるという感動体験に、大人も夢中になれます。

1位:発電実験

100円ショップの素材や身の回りの物を使い、発電実験をしてみましょう。
電気が発生する仕組みについて学べ、本格的な理科実験に親子で楽しく取り組むことができます。

普段なにげなく使っている電気の大切さを改めて実感できる点が魅力です。
子供だけでは難しい実験もあるため、大人もサポートしてあげましょう。

実験が成功したときに達成感は、親子の良い思い出になるでしょう。

そして、小学生の夏休みには通信教育を使うこともおすすめです。
自由研究のやり方を掲載している教材もあります。
総復習もできるので確認してみてください!

【人気記事】百聞は一見にしかず!子どもが体験学習で楽しく学ぶ科学・サイエンス教室の一覧

【おすすめ記事】子供に人気の学べる体験学習・アクティビティー特集

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。