無料で使える幼児向け学習サービスおすすめ10選は?

幼児におすすめの無料学習サービスを解説していきます。

子どもが成長するにつれ、やっぱり気になってくることの1つに「お勉強」があります。
幼稚園などでも「〇〇ちゃんは、もう平仮名が全部読める」なんて話題になることもありますよね?

小学校に入学する前に、何を勉強させておくべきなのか。
仮に勉強させるにしても高いお金は払いたくないなど、考えれば考えるほど迷ってしまいそうです。
幼児の学習アプリ
そんなときは、まず「無料で提供されている学習サービス」を利用してみることも1つの方法です。
・webからプリントして学習するタイプ
・アプリで学習するタイプ
など様々あります。
いずれも子どもが楽しく遊びながら学習できるように工夫されているものばかり。

今回は「これ無料でいいの?!」と思える幼児向けの学習サービスを解説していきます。

\幼児の英語の記事はこちらも/
幼児の英語学習でやっておきたいことは?

幼児の無料学習サービスの「メリット」は?

無料学習サービスのメリット
幼児向けの学習サービスって色々あるますよね。

書店に行けば無数のドリルが販売されており、ネットでは、通信教育の広告も多くあります。
無料のサービスも最初は「どれを使えばいいのー!」と分からないことも多いです。

そして「無料ってなんか裏があるんじゃないの??」と思ってしまうこともあります。
まずは、幼児向けの無料サービスの「メリット・デメリット」を確認しておきましょう。

"no-img2″
編集長

無料学習サービスのメリットはどのような事でしょうか?

幼児の無料学習サービスのメリット
メリットは
・なんと言っても「無料」で使える
・学習ペースをコントロールしやすい
・複数のサービスを試し打ちできる

ことです。

一つ一つ確認していきましょう。

「無料」で使えるから経済的

なんと言っても無料で使えるメリットは大きいです。
幼児期は小学校入学準備含めると何かとお金がかかります。
他の子どもの習い事もあるでしょう。
そんな時に無料で良質な学習ができると親としては嬉しいですよね。

学習ペースをコントロールしやすい

二つ目のメリットは家庭学習のペースを親がコントロールしやすいことです。
幼児期、特に3歳から5歳頃は個人の能力差が出やすい時期になります。

幼児教室に通って、周りの子と比べて覚えが遅いと焦ってしまうこともあるでしょう。
焦ると子供に伝わり勉強嫌いになってしまう可能性もあります。

無料の学習ウェブサービスであれば、子供のレベルに合わせて進めていくことが可能です。
例えば「今日はひらがなの「かの行」を練習させよう」というように子供にあったカリキュラムを作れます。

複数のサービスを試し打ちできる

幼児向けの無料学習サービスを使う場合、複数のサービスを試せるメリットがあります。

有料の通信教育や幼児教室の場合、複数を利用していくのは難しいでしょう。
心変わりや好き嫌いが出やすい幼児期では多くのサービスを試せるメリットがあります。
試し打ちをしながら子供に合った学習サービスを使っていきたいところですね。

自宅学習できるから送り迎えが不要

無料学習サービスを利用する場合、自宅学習ができます。
そのため、幼児教室や習い事に通うときに必要な送り迎えが必要ないです。

共働きや家事で忙しい家庭にとっては自宅で学習できるメリットは計り知れません。
また無料サービスだからと言って質が悪いということもないです。
小学校入学準備もしっかりできるでしょう。

幼児のドリルでおすすめはこちらの記事も

幼児無料学習サービスの「デメリット」は?

無料学習サービスのデメリットは?

"no-img2″
編集長

次に無料学習サービスのデメリットはありますか?

無料学習サービスのデメリットは
デメリットは、
・プリントする作業が面倒..
・カリキュラムを親が考える必要がある
・子供のモチベーションを保たなければならない

です。

こちらも一つ一つ確認していきましょう。

プリントアウト作業が大変

幼児向けの無料サービスを使う場合、プリントアウトするのが大変という声が多いです。

特に幼児期は、ひらがなをなぞりながら練習する運筆が必須になります。
アプリやweb上で身ながらという訳にはいきません。
一度に多めにプリントするなど工夫して効率的に作業できるといいですね。

カリキュラムを親が考える必要がある

二つ目の無料学習サービスを使う注意点は、カリキュラムを親が考える必要がある点です。
例えば、通信教育であれば、毎月カリキュラムに沿って進めていくことができます。

しかし、無料の学習サービスの場合、親が子供学習レベルを見極めて、合ったプリントを出していく必要があるでしょう。

モチベーションを保たなければならない

三つ目の無料の学習サービスを使うデメリットはモチベーションの維持をしていかなければならない点です。
例えば、通信教育の中でも「こどもちゃれんじ(口コミ記事)」はエデュトイという知育玩具があります。
この知育玩具を使うお陰で、飽きずに楽しみながら学習していけるのです。
その他にも「スマイルゼミ幼児コース(口コミ記事)」であればタブレット学習。
Z会幼児コース(口コミ記事)」であれば体験学習、と楽しみながら勉強をしていける通信教育とは違いがあるでしょう。

では、ここから実際におすすめの幼児向け学習サービスを解説していきます。

プリントアウトする幼児無料学習サービス

プリントアプトする幼児の無料学習サービス
まずは「プリント」して利用できる幼児の無料学習サービスです。

ちびむすドリル 幼児の学習素材館

無料で使える幼児向け学習サービスちびむす
平仮名やカタカナはもちろん、アルファベットまで書けるようになるための練習用プリント、
また、読めるようになるためのカルタなど、すべて無料でダウンロードできます。

幼児向けの教材にはイラストがたくさん使われているので、子どもも親しみを持って学習できるようです。
ほかにも点つなぎや迷路などの知育問題、なぞなぞなども用意さされていて、ピンポイントで使いたいものを選ぶことができます。
ちびむす

ちょっと気が利く学習プリント ぷりんときっず

無料で使える幼児向け学習サービスプリントキッズ
小さな子どもは上手に鉛筆を動かすことができません。
このサイトには、「ひらがなや数字」をなぞり書きする運筆練習のためのプリントをはじめ、
平仮名・カタカナの練習、迷路や模写などいろいろなタイプが用意されています。

ちょっとかわいくて楽しいイラストで子どもの心を鷲掴み。
4・5歳の子どもを対象に、考えるプロセスから学ぶことができます。
さらに、幼児向けの教材の中に小学1年生の授業で勉強することまで含まれた内容が用意されているので安心です。
プリントキッズ

キッズステップ

キッズステップ
2歳から6歳までの子どもを対象に、「鉛筆になれるためのプリント」、
「平仮名練習用のプリント」、「数の概念が理解できるようなプリント」、「簡単な足し算のプリント」
というように身近な目標から少しずつ難易度を上げていけるように考えられたプリントが
合計で「600枚以上」も用意されています。

子どもの成長に合わせて必要な教材を選ぶことができるのも好評です。
さらにすべて5分程度でできるものが用意されているため、子どもが集中力を切らさずに達成感を感じることができます。

キッズステップ

幼児の学習は無料アプリを使うのもおすすめ!

幼児向けにアプリで学習する無料サービス
無料で使える幼児向け学習サービスには「アプリ」で使えるものもあります。

アプリであれば、親御さんの「スマホやタブレット」ですぐに学習することができます!
デメリットは、書く習慣を付けたい場合にはネックになることもあります。

では、どのようなものがあるのか見ていきましょう。

思考センス育成教材 Think!Think!

アプリで使える子供の無料学習サービス
5歳から10歳くらいの子どもを対象に、楽しく遊んで学習できるように工夫されたアプリです。

平面図形や迷路など、ランダムに現れる4つの問題の中から1つを選んで挑戦できたり、
かわいい相棒が現れて問題を提供してくれたり、さらに月に1回開催される大会にも参加可能。

1日1回3分と制限が付いており、まずは勉強する習慣をつけさせるために利用することができます。

シンクシンク

ぐーぴーともじあそび

幼児におすすめの無料学習アプリ
3歳から4歳くらいの子どもを対象にした無料の学習アプリです。
6種類のゲームが用意されていて、「あいうえお」を覚えるだけではなく、
平仮名の読み方や書き方まで遊びながら覚えていくことができます。

子どもが飽きないように音声やデザインに工夫されていているうえに、
失敗してもゲームオーバーということがないので、何度でもチャレンジできます。
ぐーびー

たのしい!ひらがな

たのしい!ひらがな
ひらがなをゲーム性をもって楽しみながら学べるアプリです。
親としては幼稚園児のうちにひらがなの読み書きは何とか覚えさせたいなと思いますよね。
ただ、いきなりドリルを渡してもなかなか集中して取り組んでくれません。
そんな時にこのアプリがおすすめです。
たのしい!ひらがなの内容
「あ」という文字を探して追いかけたり、なぞったり、捕まえたり、と初めてひらがなを勉強する幼児でも楽しみながら学習できるでしょう。

Googleplay:ダウンロード
AppStore:ダウンロード

絵本が読み放題!知育アプリPIBO

絵本が読み放題!知育アプリPIBO
幼児のお家は絵本の読み聞かせも重要な知育です。
ただ、どうしても沢山の絵本を購入すると高額になります。
そんな時はこの絵本アプリがおすすめです。
絵本が読み放題!知育アプリPIBOの内容
360冊以上の絵本が楽しめるので子供も飽きません!
また読み聞かせが大変な時は音声で絵本を読んでくれます。
しかもプロの声優さんなので非常に聞きやすいです!

AppStore:ダウンロード

幼児におすすめの絵本はこちらの記事も!大人も笑える絵本です。

123子供の数字勉強ゲーム

キッズのための数字学習
幼児向けの数を学べるアプリです。
1~20まで楽しいゲームを使いながら勉強することができます。
可愛い動物が数の数え方や書き方を教えてくれるので飽きずに楽しめる設計です。
キッズのための数字学習の内容
また簡単な足し算の練習もできるので小学校入学準備にも最適でしょう。

Googleplay:ダウンロード
AppStore:ダウンロード

無料ひらがな 書き順の練習アプリ

ひらがなの学習アプリです。
小学生入学までに覚えさせたいひらがなをアプリを使って練習ができます。

全国の多くの幼稚園や小学校でも使われておりひらがなの練習には最適な学習サービスでしょう。
見た目も可愛く子供も楽しみながら練習ができます。

ひらがなを覚えられるだけでなく「書き順」も学べるのが良い所です。
隙間時間を使ってできるので、寝る前の5分やご飯前の5分に継続して取り組んでみてはいかがでしょうか?

Googleplay:ダウンロード
AppStore:ダウンロード

とけいであそぶ

とけいであそぶ
幼児向け(3歳~5歳)のとけいの読み方を学ぶアプリです。
時計の針をぐるぐる回して感覚を掴んだり、音声で時間を確認することもできます。
問題もあり、力試しもできる設計です。
とけいであそぶの内容
なんといっても直感的に学習ができるるので楽しみながら時刻について学ぶことができます。

Googleplay:ダウンロード
AppStore:ダウンロード

小学校入学準備には「ドリル」を使うのもおすすめできます。
ひらがな、かず、生活を学んでスムーズに入学できるようにしていきたいですね!

まとめ:子供に合わせたペースと内容を判断することが重要!

幼児におすすめの無料学習サービスは
幼稚園で周りの子がひらがなを覚えていると親としては焦ってしまいますよね。
小学校入学前にひらがな、かずを何とか覚えさせたいと考えてしまうものです。
ひらがなの練習
ただ、幼児期に無理やり学習させて勉強嫌いになってしまうこともあるので注意しましょう。
勉強に嫌悪感を持っては意味がありません。
ほかの子どもと比べるのではなく、子供の成長や興味に合わせてサポートできる方法を見つけてください。

その一つとして、今回紹介した「無料の学習サービス」を利用してみてはいかがでしょうか。

また「印刷するのが面倒だな..」「親がカリキュラム考えるは大変だな..」という家庭には幼児向けの通信教育がおすすめできます。

付録に知育玩具などもついており、長年の実績とノウハウからカリキュラムが組まれているので、スムーズに小学生入学準備ができるはずです。

幼児向けの通信教育には
こどもちゃれんじ(口コミ記事)
スマイルゼミ(口コミ記事)
幼児ポピー(口コミ記事)
Z会幼児コース(口コミ記事)
まなびwith(口コミ記事)
RISUきっず(口コミ記事)
があります。

料金一覧表もあるので参考にしてみてください!

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。