幼児の英語学習でやっておきたい4つのことは?

幼児のうちからやっておきたい英語学習はどんなことなのでしょうか?
こんにちは、「子供の習い事図鑑」(@startoo_)です。

最近では幼稚園、保育園に通う幼児の頃から「英語学習」をさせる家庭が増えていますよね。
時代に合わせて英語の勉強もさせないとなと思いますが、
幼児の英語学習は何からすればいいか分からないことも多いですよね。
・幼児のうちから英語を勉強しておくメリットは?
・どんな英語学習をしておけばいいの?
など分からないことも多いです。

そこで今回は「幼児の英語学習は何をやっておくのがいいのか?」を説明していきます。

この記事がおすすめの方は?

幼児のうちから英語学習をさせておきたい
幼児の英語は何からやればいい?
おすすめの学習法を確認しておきたい

\幼児におすすめの英語玩具はこちらの記事も/
【幼児】英語を学べるおもちゃ5選!2019

幼児のうちから英語学習はやっておくべき?

幼児のうちからやっておきたい英語学習とは

"no-img2″
編集長

幼児のうちからやっておきたい英語学習はやっておくべきなのでしょうか?

幼児うちからやっておきたい英語学習とは
この質問は多くいただきます。
解答としては、「やっておくメリット」はあります、ということです。
「やるべきか?」については、各家庭の教育方針によります。
今回は、幼児のうちから「英語学習」をやっておくメリットを中心に解説します。

"no-img2″
編集長

絶対に必要というわけではないけど
「やっておくメリットはある」ということですね?

幼児のうちから英語学習をやっておくメリットは?
その通りです。
幼児のうちから英語学習をすることで確かに「英語の習得」をしやすくなることはあります。
特に、ネイティブの「発音」については、幼児から英語学習をしていなければ、
大人になってからだとなかなか習得が難しかっりするのです。
日本人の苦手な「L」と「R」の発音の違いに苦戦した親御さんも多いのではないでしょうか?

"no-img2″
編集長

その辺りの発音を気にしない家庭の場合はどうでしょうか?

幼児うちからやっておきたい英語学習とは
その場合は、急いで勉強させる必要はなく小学校3年生になるまでに英語に慣れる「耳」を作るのがベストだと考えられています。
なぜ小学校3年生からなのかというと、2020年度に新たな学習指導要領が実施される予定だからです。
2020年度から、小学校3年生から英語が必修科目に組み込まれることになっています。
さらに、人間の一生のうちで9歳から12歳までの間(ゴールデンエイジ)が最も、学習習熟度がベストな期間であるとされているからです。
つまり、小学校3年生である9歳までに英語慣れしておくと、効率よく英語の勉強に取り組めることになります。

\小学生の英語必修化についてはこちらの記事も/
小学生の英語必修化の正しい認識はコレ!2020年に備える方法は?

幼児のうちから英語学習をやっておくメリットは?

幼児のうちから英語学習をしておくメリットは

"no-img2″
編集長

幼児のうちから英語学習をしておくメリットを詳しく教えてください!

幼児うちからやっておきたい英語学習とは
幼児のうちから英語学習をしておくメリットは、
・ネイティブの発音を聞き取りやすくなる
・ネイティブの発音を発しやすくなる
・ゴールデンエイジ期で英語を自然と理解しやすくなる

ことが期待されます。

英語の発音については、幼少期に学ぶことで自然と「ネイティブの発音を聞き取りやすく、発しやすくなる」ことが期待できます。
これが、小学生や中学生に入ってから勉強するのと「幼児期からやっておくのとで大きな違い」なのです。

\幼児の音楽の記事はこちら/
幼児のうちから音楽を始める意外なメリットとは?

幼児のうちから英語学習は何をすればいい?

幼児の英語は何をやっておけばいい?

"no-img2″
編集長

では、幼児のうちの英語は何をやっておけばいいのでしょうか?

幼児うちからやっておきたい英語学習とは
幼児のうちに英語学習でやっておきたい内容は、
1.ローマ字を覚える
2.身近な単語を覚える
3.フォニックス
4.オンライン英会話

がおすすめです。

「1.ローマ字を覚える」「2.身近な単語を覚える」は
「ひらがな」を教える感覚と同じで「ローマ字の運筆」や「一緒に声に出して発音してみる」ことで覚えていきます。

「3.フォニックス」は「発音」を中心に英語学習することを言います。
幼児の場合、この「フォニックス」を中心に学習することをおすすめします。
幼少期から正しい発音を学んでおくことで、大人になってからも、その発音の習慣が身につきます。
逆に変に発音のクセがついてしまうと治りずらいこともあるので、ネイティブの発音を聞きなれる「フォニックスをおすすめ」します

\幼児のスポーツはこちら/
幼児の「スポーツ系の習い事」人気ランキング5選とは?運動をするメリットや注意点も解説!

英語に慣れてきたら「オンライン英会話」を使ってみる

幼児の英語学習は何をやればいい?
日本ではあまり聞かないかも知れませんが、海外の子供たちはバイリンガルが常識になってきています。
バイリンガルとは、母国語の他にもう一つ扱える言語を持っている人たちの事です。

そして、日本でも受験などで、今までは、英語は「読む、聞く」というインプット型の学習が多かったのですが、
最近は、「話す、書く」というアウトプット型の英語技能が求められています。

とはいえ、なかなか、その英語を教えられる方が身近にいないことも課題です..
「子どもの英会話教室は高いし..」とも考えます。

幼児うちからやっておきたい英語学習とは
筆者としておすすめなのは、
子供向けの「オンライン英会話」です。
送り迎えなどの通学もなく、リーズナブルに「英会話」を学ぶことができます。

最近では、親子で一緒にレッスンを受けている家庭も多いです。
子供の用のオンライン英会話では講師の方も「子どもに教え慣れている為」安心して受講することもできます。
無料で体験もできるので確認してみてください!

\無料お試しができるオンライン英会話の記事/
【評判】リップルキッズパークの特長・口コミは?他の子どもオンライン英会話とも料金比較!
【評判】ハナソキッズ(hanasokids)の特長・口コミは?DMM英会話との比較も
\日本語も話せる講師が良い場合はこちら/
グローバルクラウンの評判口コミ・料金|安くはない理由とは?

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。