キッズバレエシューズおすすめ人気ランキング15選!チャコット・サイズ・選び方も解説!

『キッズ用のバレエシューズでおすすめは?』
『チャコットの人気バレエシューズは?』
『初心者・子どもにおすすめのバレエシューズは?』
『サイズや選び方のコツは?』
と気になる事もありますよね。

今回はキッズにおすすめのバレエシューズ人気ランキング15選を解説します!
キッズ向けバレエシューズおすすめ15選

見た目にも可愛らしいバレエシューズは、小さなキッズバレエダンサー(バレリーナ)たちにとって魅力的。
もちろん可愛らしさだけではなく、踊りやすさを追求しており、機能性に優れているのも特徴です。

普段履きのスニーカー等とは違った独特のシューズなので、サイズなど選ぶ際にはいくつかポイントがあります。

そこで今回は、バレエ教室講師歴10年以上の筆者がキッズにおすすめのバレエシューズをご紹介します。
バレエシューズの選び方が分からない方、お子様に合うバレエシューズを探したいという方は、ぜひ参考にしてみてください。
メーカー別におしゃれで履きやすいものを解説します!

バレエ教室講師歴10年の筆者が選ぶキッズ向けバレエレオタードおすすめ人気15選はこちら

キッズバレエシューズの選び方のコツは?

バレエシューズの選び方のコツ
子ども用のバレエシューズには多くの種類があるので、どれを選べばよいか迷ってしまいますよね。
バレエ初心者のご家族からするとサイズや色など気になる事はあります。
そこでまずは、基本的な違いをおさえておきましょう。

1.色で選ぶ

バレエシューズの色は、基本的には女の子は薄いピンク色男の子は黒色または白色のシューズを履くことが多いです。

役の関係で女の子が黒いシューズを履くこともあります。
様々な種類があり、踊りのレベルやシューズを履くシーンによって変わってきます。

2.サイズで選ぶ

1番に重視するポイントは、バレエシューズのサイズです。
小さなお子様の場合は足のサイズがすぐに大きくなるので、ぴったりよりも少し大きめのサイズを選ぶようにしましょう。
普段履いている靴よりも0.5~1cm大き目のシューズを選ぶことをおすすめします。

チェックするポイントとしては、
・足の指がしっかり伸ばせるかどうか、
・ゴム紐を結んだ状態で隙間がないかどうか
の2点です。

ゴム紐を結んだ状態で足指の関節が曲がってしまったり、つま先立ちをした時に生地が余ったりするなら、サイズが合っていない可能性があります。

サイズが合っていないまま踊ると、間違った筋肉の使い方をしてしまったり、踊りの最中に脱げてしまったりして危ないので、サイズはしっかり注意してあげてください。

特にサイズが変わりやすい小さなお子様の場合には、こまめにバレエショップでフィッティングをしてから購入することをおすすめします。

3.素材で選ぶ

バレエシューズの素材は、サテン、布、オール皮、前皮と大きく分けて4つあります。

それぞれのメリット・デメリットをご紹介します。
・サテンタイプ

見た目が艶やかで、主に発表会などのステージで使用します。
足に馴染みにくいのが難点なので、練習で何度か履いておくと良いでしょう。

・布タイプ

床の感覚が掴みやすいという点では最も優れています。
つま先の部分が破れやすくて消耗が激しいので、筆者の場合はトゥシューズを履き始めてから布タイプに変えました。

・前皮タイプ

つま先の部分が皮、他は布素材です。
皮と布の良いところを取ったハイブリッドタイプで、ある程度足に馴染みやすくて破れにくいのが特徴。
耐久性と床を掴む感覚のバランスが良いので、小さなお子様の場合はこのタイプから始めてみると良いでしょう。

・オール皮タイプ

耐久性が高く、足をしっかりとホールドしてくれるような履き心地です。
布ほどの圧倒的な軽さは無いものの、フィット感は申し分ありません。

 

3.ソールで選ぶ

バレエシューズのソールでは「スプリットソール」「フルソール」の2種類があります。

1つ目はスプリットソール

つま先とかかとでソールが分かれているタイプです。
土踏まずの部分が柔らかいので、足裏の筋肉をしっかり使えるのが特徴。
上級者向けのソールとなっています。

2つ目はフルソール

つま先からかかとまでが繋がっているタイプです。
足裏をしっかりサポートしてくれるので、小学校低学年までのお子様やバレエ初心者の方にはこちらがおすすめ。
トゥシューズを履き始める前までに足裏を鍛えて、スプリットソールに変えていくのが一般的です。

 

4.メーカーで選ぶ

メーカーによって微妙に色が違っていたり、履き心地が大きく異なったりするので、メーカーを選んでからシューズの種類を決めていくこともおすすめです。

キッズのバレエシューズで人気があるのは、
・Chacott(チャコット)
・サヨリ
・Sylvia(シルビア)
・Dessus Dessous(ドゥッシュ・ドゥッスゥ)
・BROCH(ブロック)

があります。

トゥシューズになると違いが顕著に表れるため、今のうちから様々なメーカーを知っておくのも良いですね。

 

5.バレエシューズの購入する際の注意点

オンラインでも手軽に購入できるバレエシューズですが、バレエ初心者の方やサイズが変わりやすいお子様の場合はおすすめできません。

こまめにバレエショップでフィッティングをして、サイズやフィット感を自分でしっかり確かめてから購入するようにしましょう。
お近くにバレエショップがなくフィッティングが難しい場合は、チャコット公式サイトの【ちょうどいいバレエシューズの選び方】を参考にしてみてください。

では、ここからキッズバレエシューズおすすめ人気15選をメーカー別解説していきます。

バレエシューズはプレゼントや贈り物にもおすすめです。
バレエを始める幼児、小学生、中学生のキッズ向けに可愛いものを紹介するので参考にしてみてください!

子どもの習い事には子ども用レッスンバッグおすすめ20選!

Chacott(チャコット)のキッズバレエシューズ


最もポピュラーなバレエ専門店といえば、Chacott(チャコット)。
バレエ用品を幅広く取り扱っており、バレエシューズの種類も豊富です。
店舗数も多いため、気軽にフィッティングして購入できる点も嬉しいですね。
幅が狭く、真ん中がくびれたデザインになっているのが特徴で、小さな足にもぴったりフィットします。

 

1.前皮バレエシューズ・フルソール


おすすめ度:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
サイズ:16.0~26.0cm
キッズ用バレエシューズの定番。
筆者自身も、幼児クラスではずっと愛用していました。
つま先立ちをフルソールが支えてくれる上、硬すぎないソールは床を掴む感覚を定着させてくれます。

↓一番最初のバレエシューズにはこれがおすすめ!

 

2.ウォッシャブルバレエシューズ


おすすめ度:4 out of 5 stars (4 / 5)
サイズ:16.0~25.5cm
チャコットでは洗えるタイプのバレエシューズも販売しています。
臭いがつきやすく、雑菌が繁殖しやすいバレエシューズを清潔に保てるのは嬉しいポイントですね。
特に汗をかきやすく、湿気がこもりやすい夏場にぜひ履いてほしい一足です。

 

3.オール皮バレエシューズ・フルソール


おすすめ度:4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
サイズ:22.0~26.0cm
ある程度足のサイズが決まってきたお子様や、練習量が多くシューズがすぐ破れてしまう場合は、オール皮タイプがおすすめ。
お値段は他の種類に比べてやや高めですが、消耗が激しい場合は検討してみてはいかがでしょうか。

 

4.布バレエシューズ・フルソール


おすすめ度:4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)
サイズ:16.0~21.5cm

チャコットのバレエシューズの中では最もお手頃な価格ですが、耐久性に優れた素材にこだわっているので、耐久性が心配な方でも安心の品質。
履く人を選ばないスタンダードな布バレエシューズは、最初の一足に適しています。
フィット感に物足りなさを感じたなら、皮製を試してみると良いでしょう。

 

サヨリのキッズバレエシューズ

サヨリはオンラインショップに特化しているバレエ専門店です。
同デザイン・同カラーのものなら、商品到着後7日以内という条件で返品可能となっています。

オンラインで気軽に購入できる上、サイズが合わない場合に返品できるので安心ですね。
また、試しやすいお手頃価格で購入できるのも特徴。
バレエを続けられるかどうか分からないとお悩みの方や、すぐにバレエ用品を一式揃えたい方は要チェックです。

 

5.オールキャンバス・スプリットソール


おすすめ度:4 out of 5 stars (4 / 5)
サイズ:16.0~27cm

全てキャンバス生地でできています。
スプリットタイプのソールのみですが、生地がしっかりしているので問題ありません。
普段の靴より1cm~1.5cm大きめのサイズを推奨しています。

 

6.ソフトレザー・スプリットソール


おすすめ度:3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
サイズ:16.0~27cm

滑らかなレザー素材なので汚れをふき取りやすく、足を綺麗に魅せてくれる質感が特徴です。
こちらの商品もスプリットソールのみの取り扱いとなっています。

 

Sylvia(シルビア)のキッズバレエシューズ

Sylvia(シルビア)は、くびれの少ないシンプルなフォルムが特徴です。
底部分が薄いので、足裏の筋力がしっかりしてきたお子様におすすめのバレエシューズ。

シルビアはかわいいデザインが多く女の子におすすめです。

7.ベガ前皮バレエシューズ


おすすめ度:3.9 out of 5 stars (3.9 / 5)
サイズ:16.0~25cm

つま先が浅いタイプのバレエシューズです。
タイトでストレートなラインが好きな方にはおすすめです!

ストレートラインのバレエシューズも可愛いですよね。

 

8.布バレエシューズ


おすすめ度:4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
サイズ:15.0~29cm

※幅広タイプは受注生産有
こちらもつま先が浅く、ストレートなラインのシューズとなっています。
足の幅が広くて合うシューズが見つからないという方は、ぜひシルビアの幅広タイプを試してみてください。

9.ニューサテンスプリットソール


おすすめ度:4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
サイズ:16.0~20cm

子どもたちが憧れる、トゥシューズのような風合いのサテンシューズ。
リボンがついていてとてもかわいいです!

発表会等、舞台映えすること間違いなしです。
一人で踊る機会があるお子様へのプレゼントにも。

Dessus Dessous(ドゥッシュ・ドゥッスゥ)のキッズバレエシューズ

Dessus Dessous(ドゥッシュ・ドゥッスゥ)は、オリジナル商品はもちろんのこと、海外のメーカーのバレエ用品も取り扱っています。
初心者から中上級者におすすめのバレエシューズが揃っています。

 

10.スーパー・スプリットシューズ


おすすめ度:4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
サイズ:20.0~27.5cm

イタリアのメーカーREAET(レアルト)とコラボしたシューズで、高級感のある風合いが特徴。
ソールはスプリットタイプで、足の形に添ったアウトソールが印象的です。
普通のバレエシューズと違って左右が決まっているので、履けば履くほど足に馴染みます。
ストレッチ性が抜群なので、足裏の筋肉をしっかり使える中級以上のキッズ・ジュニア向けのバレエシューズ
これまでにない形のシューズで、多くのダンサーを虜にしています。

 

 

11.お花のアップリケ付き子供バレエシューズ

おすすめ度:3.8 out of 5 stars (3.8 / 5)

つま先部分にお花の刺繍が付いたバレエシューズ。
幼児の初めてのバレエにおすすめです。

控えめだけれど、他のシューズとは一線を画す可愛らしさがあります。
もちろん見た目だけではなく、履き心地も申し分ありません。
教室で使用する際には先生に確認する必要がありますが、自宅なら練習するきっかけになるのでおすすめです。
プレゼントにも喜ばれること間違いなしでしょう。

 

BROCH(ブロック)のキッズバレエシューズ

BROCH(ブロック)はオーストラリアの人気バレエシューズメーカーです。

幅の選択肢が多いため、足の幅が細くてすぐに脱げてしまう子どもにはぜひ試してほしいモデルが揃っています。
注意したい点は、海外のメーカーであるためサイズ対応表を見て購入すること。

 

12.S0211G布製フルソール子供用バレエシューズ


おすすめ度:4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
サイズ:14.0~21.5cm

履きやすくて安定感があるため、バレエシューズに慣れていないお子様にも最適です。
インソールと足の間の滑りを軽減しています。

 

13.S0231Gサテンフルソール子供用バレエシューズ

幅が狭いタイプで、フルソールかつ舞台用のシューズをお求めの方は、ぜひこちらのモデルを試してみてください。
馴染みにくいサテン素材ですが、アウトソールの程よい硬さが安定感に繋がります。

購入サイト

S.lemonのキッズバレエシューズ

S.lemonのバレエシューズも可愛くて人気です。
バレエシューズや新体操用のハーフシューズを取り扱っているアメリカのメーカーですが、Amazonや楽天等で入手可能です。
同じピンク色でも多くのカラー展開があり、可愛らしいデザインシューズも展開しています。
こちらも海外のメーカーなので、サイズ対応表をチェックしてから購入するようにしてくださいね。

 

14.弾性キャンバスダンスシューズバレエシューズ


おすすめ度:4.5 out of 5 stars (4.5 / 5)
サイズ:13.0~26.5cm

こちらはバレエシューズに特徴的な履き口部分を一周する紐がなく、踊りの最中に解けたり踏んでしまったりする心配がありません。
小さいお子様なら、紐を結ぶ手間も省けるのでいいですね。
ストレッチ素材でつま先が伸ばしやすいのもおすすめポイントです。
ピンクの花柄やソール部分だけが青いデザインがあるので、おうちでの練習時に履いてモチベーションアップにも。
教室では、教室のルールや先生の方針をきちんと確認してから履くようにしましょう。

 

15.ダブルレイヤーキャンバススプリットソールクラシックバレエシューズダンスシューズ女の子用


おすすめ度:4.3 out of 5 stars (4.3 / 5)
サイズ:14.5~26.5cm

こちらは引き紐があるタイプとなっているので、サイズ調整がしやすいです。
綿100%の二重キャンパス素材なので吸汗性があり、つま先部分は皮なので耐久性もあります。

ノーマルなピンクやブラックのシューズはもちろんですが、青い花柄や真っ赤なシューズなど、バレエショップの店頭では見かけないデザインも。
模様入りのシューズを教室で履きたい場合は、弾性キャンバスシューズ同様、先生に確認を取ってからにしましょう。

 

初心者におすすめのバレエシューズは?

次にバレエ初心者の子どもにおすすめのシューズを解説します。

バレエ教室講師歴10年の筆者が初心者におすすめするバレエシューズは「Chacott(チャコット)前皮バレエシューズ・フルソール」か「BROCH(ブロック)キッズバレエシューズ」です。

特にチャコットはバレリーナの中でも人気のブランドです。
足を痛めやすい初心者のバレリーナは前皮のフルソールがおすすめです。

バレエレオタードとセットをチャコットで揃える方も多くいます。

両方チャコットにするとシンプルでお洒落さも増します。

\Chacott(チャコット)前皮バレエシューズ・フルソール/

 

まとめ:お気に入りのバレエシューズを選んで楽しもう!

キッズバレエシューズはお気に入りを選ぶ!
キッズ向けのバレエシューズを15種類紹介しました。
ご紹介したほかにもたくさんありますが、その中からぴったりのバレエシューズを見つけてみてくださいね。

子どもの習い事でバレエは3歳頃から始められます。

また、バレエを習うことで
・姿勢が良くなる
・集中力がみにつく
・柔軟性がみにつく
・長く続けられるスポーツ
と多くのメリット・効果があります。

では、最後にバレエシューズおすすめランキングTOP3を解説します!

\キッズバレエシューズ人気ランキングTOP3はこちら/

順位1位2位3位
商品
メーカー
商品名
Chacott(チャコット)
前皮バレエシューズ・フルソール
BROCH(ブロック)
キッズバレエシューズ
S.lemon
弾性キャンバスバレエシューズ
楽天で確認する前皮バレエシューズ/チャコット(キッズバレエ)(Chacott)BLOCH バレエシューズ ガールズ ジュニア(s.lemon) オールラウンド弾性キャンバスバレエ
Amazonで確認する前皮バレエシューズ チャコット ピンク Chacott【BLOCH ブロック】 バレエ シューズ[s.lemon] オールラウンド弾性キャンバスバレエシューズ

↑1位から3位まではバレエ教室講師の筆者が心からおすすめできるキッズバレエシューズです!

バレエ教室講師歴10年の筆者が選ぶキッズ向けバレエレオタードおすすめ人気15選はこちら

子どものスポーツ道具は
レッスンバッグおすすめ20選!男の子・女の子
サッカーシューズおすすめ15選
テニスラケットおすすめ15選
バッシュおすすめランキング15選!
少年野球おすすめのグローブ20選
バレーボールシューズおすすめ20選!
ゴルフクラブおすすめ20選!
野球バットおすすめランキング25選!
ダンスシューズおすすめ人気ランキング20選!
も参考にしてみてください!

【子どもの習い事】バレエ教室はいつから?費用相場は?メリット・デメリット・教室の選び方も解説!

 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。