電子ピアノおすすめ人気ランキング10選!ヤマハ・カシオ・ローランドどれがいい?選び方のコツも解説!

『子どもにおすすめの電子ピアノは?』
『電子ピアノの選び方のコツは?』
『ヤマハ、カシオ、ローランドはどれがいい?』
『初めての電子ピアノは何がいい?』
と気になる事もありますよね。

今回は、ピアノ教室講師の筆者が子どもにおすすめの電子ピアノ10選を解説します。
電子ピアノおすすめ10選は?

省スペースで様々な機能がついている電子ピアノ。
ヘッドホン対応であれば、近隣を気にすることもありません。

また、アップライトピアノやグランドピアノに比べるとリーズナブルな価格のモデルが多く、音楽を始めるハードルが下がることでしょう。
調律が不要なので維持費もかかりません。

もちろん鍵盤の重さ、タッチや音質は本物のピアノに100%敵うわけではありませんが、子どもの感性を磨くはじめの一歩としては充分適しています。

そこで今回は、ピアノ教室講師歴10年以上の筆者が子どもにおすすめの電子ピアノをご紹介します。
選び方のコツも解説するので、お子様の習い事としてピアノを検討している方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

子どもの習い事でピアノ教室に通うメリット・デメリットはこちら

電子ピアノの選び方のコツとは?

電子ピアノの選び方のコツ
まずは電子ピアノの選び方のコツを見ていきましょう。
電子ピアノは大きく分けて3種類あります。

具体的には、
・電子ピアノ
・キーボード
・シンセサイザー
の3つがあります。
まずはそれらの特徴から選び方をご紹介します。

1.使い道で選ぶ

バンドの演奏で使うなら、キーボードかシンセサイザーが良いでしょう。
鍵盤の数は一般的なピアノ(88鍵)に比べて少ないものが殆どで、ピアノの代わりに使う場合は曲によっては足りないこともあります。

しかしその分コンパクトなので、キーボードやシンセサイザーなら自分で練習室やライブ会場まで運べます。

大きくて重い機種なら子どもが持って運ぶのは厳しいかもしれませんが、運搬用の折り畳み式キャリーカートも販売されているので安心です。
キャリーカートはローランドがおすすめです。

また、専用のケースも販売されているので、楽器を購入する際に合わせてチェックしておきましょう。

ピアノを習うために購入する場合は、電子ピアノがおすすめです。
機種によってかなりタッチに差があるので、できるだけ本物に近いものを選んでみてくださいね。
後ほど紹介しますが、初めて初心者向けのピアノ(電子ピアノ)であればヤマハがおすすめです。

2.弾き心地で選ぶ

電子ピアノは本物のピアノに近いタッチが特徴。

アップライトピアノやグランドピアノを購入したいけれど、マンションやアパートだから厳しいという方にも電子ピアノはおすすめです。

キーボードやシンセサイザーはピアノの音を出すことも可能で、軽い力で打鍵できます。
特に小さな子どもは打鍵の力が弱いので、本格的にピアノを習う前に購入しても良いでしょう。

3.機能で選ぶ

電子ピアノで多機能といえばシンセサイザーでしょう。
音色を混ぜたり、リズムを打ち込んだりと、圧倒的に自由度が高いのが特徴で、バンドのライブや楽曲の録音など、様々なシーンで使うことができるのが魅力です。

しかし、多彩な機能を使いこなす必要があるため難易度は少し高め。
まずは1曲仕上げたいという鍵盤楽器初心者の方なら、最初はキーボードが良いですね。

子どもにおすすめのエレクトーンはこちら

4.価格で選ぶ

とにかく曲を演奏したい、まだ弾き心地にこだわりがないという方は、価格で選んでみても良いでしょう。

手軽に鍵盤楽器を試せるよう、安価な商品も販売されています。

しかし、あまりにも低価格な商品をオンラインストアで購入するのはおすすめできません。
しっかり比較・検討したうえで、店舗または楽器専門の公式オンラインストアで購入してください。
おすすめの楽器専門オンラインストア:楽器の事なら石橋楽器!




5.デザインで選ぶ

サブで楽器を購入する場合なら、デザイン性に目を向けても良いでしょう。
可愛らしい色やフォルムは、インテリアとしても楽しめます。
子どもがピアノに目を向けるきっかけにもなり得るので、ピアノを習う前のプレゼントとしても最適です。

子供がピアノの練習をしない時の正しい対処法とは?

それではここから、初めてピアノを購入する方や家での練習用に電子ピアノを使う方におすすめを10選解説します。

ヤマハのおすすめ電子ピアノ

子どもの電子ピアノおすすめ10選
電子ピアノの王道といえばヤマハ。
日本にとどまらず世界でもその名は知れ渡っており、技術とこだわりが詰まった楽器を提供しています。

長く使う予定で楽器を購入するなら、圧倒的にヤマハがおすすめです。
筆者はピアノ歴が10年以上ですが、ヤマハのピアノやキーボードを愛用しています。

 

1.Clavinova(クラビノーバ)


ヤマハのクラビノーバは、電子ピアノの中で最も有名と言っても過言ではありません。
おすすめ度:4.2 out of 5 stars (4.2 / 5)
その音色や機能は年月を重ねるごとに進化しており、初心者はもちろん、上級者も満足する電子ピアノです。
デザインもシンプルでスタイリッシュなので、部屋によく馴染みます。
クラビノーバにもいくつか種類があるので、それぞれの特長を見ていきましょう。
クラビノーバについて詳しく見る

・CLPシリーズ
弾き心地と音色をグランドピアノに近づけています。
実際にコンサート用のグランドピアノの音をサンプリングしているため、臨場感のある音色が特長です。
他にはない繊細なタッチをぜひ一度体験してみてください。

・CSPシリーズ
演奏のサポート機能が搭載されており、アプリとの連携も可能です。
また、音楽ライブラリーから任意の曲を選べば、伴奏譜を自動で作成してくれます。
さらに、自動で鍵盤が光って演奏を視覚的に教えてくれるので、楽譜が読めない方でも安心。
初心者の方には嬉しい機能ですね。

・CVPシリーズ
CSPシリーズと同様にアプリと連携できる他、多彩な機能が搭載されています。
例えば、エレクトーンさながら様々なボタンが付いており、ピアノ以外の楽器の音も再現可能。
自動伴奏機能を使えば、演奏がより華やかに。
一人で演奏していても、オーケストラやバンドの気分を味わうことができるのです。
また、マイクを繋げば本格的に弾き語りをすることもできます。
そんなひと味違うCVPシリーズですが、本製品はヤマハの特約店でのみの取り扱いですのでご注意ください。

 

2.ARIUS(アリウス)


音にこだわった初心者の方向けの電子ピアノ。
おすすめ度:3.8 out of 5 stars (3.8 / 5)
ボリューム調整やヘッドホンなど標準的な機能のみ備わっており、コンパクトでシンプルなデザインが特長です。

\ARIUSについて詳しく見る/

 

3.Pシリーズ


脚がついていないため、持ち運びに便利な電子ピアノです。
おすすめ度:4 out of 5 stars (4 / 5)
打鍵も一般的な電子ピアノ同様に本物さながらの重みがあります。
省スペースな楽器なのでライフスタイルに合わせやすく、子どもが長く続けられるか不安という方にもおすすめですよ。
コンパクトな73鍵盤のもモデルもあるのですが、ピアノを習うなら88鍵盤のモデルが良いでしょう。

\Pシリーズについて詳しく見る/

 

4.シンセサイザー


シンセサイザー
おすすめ度:3.6 out of 5 stars (3.6 / 5)
シンセサイザーに関しては、本を購入したり使い方を検索したりして、独学で学ぶ人が多いです。
ある程度鍵盤楽器に慣れている子どもなら、シンセサイザーはゲーム感覚で遊ぶことができるでしょう。
電子ピアノの中で最も機能が多く自由度が高いので、創造性を育むことができますよ。
音階だけではなく様々な効果音も出せるので、将来的にバンドを組む際には活躍できること間違いなしです。

\シンセサイザーについて詳しく見る/

 

5.piaggero(ピアジェ―ロ)

筆者が実際にバンドで使用しているキーボードです。
おすすめ度:4.7 out of 5 stars (4.7 / 5)
キーボードなのでタッチは本物のピアノに比べてかなり軽いですが、他のキーボードと一線を画す魅力があります。
それは、鍵盤を押す強さと音の強弱が連動すること。
例えば、そっと鍵盤を押せばか細い音が出たり、強く抑えると大きな音が鳴ったり。
これは従来のキーボードにはなかった新しい機能です。

かなり表現豊かな演奏に繋がるので、手軽に楽器を始めたい方や電子ピアノではなくキーボードを購入予定の方は、ぜひピアジェ―ロを試してみてください。

しかし最大76鍵盤のため、本格的にクラシックを演奏したいという方でキーボードをお求めの場合は、3番目にご紹介したPシリーズがおすすめです。

\piaggeroについて詳しく見る/

子どものピアノ楽譜本おすすめ人気ランキング15選!初心者・指番号・選び方のコツも解説!

CASIO(カシオ)のおすすめ人気電子ピアノ

続いてはCASIO(カシオ)の電子ピアノです。
カシオは電子機器のイメージが強いですが、実は電子楽器も取り扱っています。
特にキーボードに関しては多彩なモデルが展開されているので、バンドでキーボードを演奏したいという子どもにはおすすめです。
また、デジタルピアノ簡単部屋置きシミュレーションでは、電子ピアノを部屋に置くシミュレーションができます。
寸法を確認する手間が省ける便利な機能なので、ぜひ利用してみてくださいね。

 

6.CDP-S100


CDP-S100もおすすめの電子ピアノです。
おすすめ度:4.1 out of 5 stars (4.1 / 5)
本物のピアノのように、楽器内に内蔵されているハンマーによって音が出る仕組みになっています。
そのため、弾きごたえのある打鍵が魅力です。

しかし10.5kgと一般のキーボードに比べてかなり重いので、キャリーカートが必要でしょう。

スペース的にはキーボードサイズが良いけれど、子どもはピアノ教室に通っているという方におすすめです。
別売で専用のスタンドも販売されています。

さらにアプリとの連携やUSB接続が可能となっており、楽譜を表示したり、付属のペダルを使ってページを捲ったり、オーディオデータを操作したりすることもできますよ。

\CDP-S100について詳しく見る/

 

7.Casiotone CT-S200


Casiotone CT-S200も人気の電子ピアノです。
おすすめ度:4.4 out of 5 stars (4.4 / 5)
真っ赤なボディがひと際目を引くこのモデルは、2019年度のグッドデザイン賞を受賞しています。
楽器は基本的に音質や弾き心地を重視して選びますが、デザイン性に惹かれたなら購入を検討しても良いでしょう。

お気に入りの楽器を演奏していると、モチベーションにも繋がりますよ。

上部に持ち手が付いており、重さは3.3kgとかなり軽いので、持ち運びしやすいのもポイント。
カラー展開は赤、白、黒の3色で、鍵盤数は61と少なめです。
音色の数は400もあり、77種類のリズムや自動伴奏もついているので、デザインだけではない存在感があります。

\Casiotone CT-S2000について詳しく見る/

 

8.ミニキーボード


幼児向けのピアノ玩具としてもおすすめです。
おすすめ度:3.4 out of 5 stars (3.4 / 5)
はじめて楽器に触れる小さな子どもや、歌をメインに習っていて音取りのためのキーボードが欲しいという方には、ミニキーボードもおすすめです。
可愛らしいデザインで一見おもちゃのようですが、100の音色と50のリズム、10曲が内蔵されており、一般的なキーボードに勝らずとも劣らないモデルです。

鍵盤の数は44と32がありますが、32では少なすぎるため44鍵盤の方が良いでしょう。
ピアノに興味のある幼児にもおすすめです。

\ミニキーボードについて詳しく見る/

ピアノの教え方のコツは?親が自宅独学で教えるときの練習法・コツ・注意点も解説!

ローランドのおすすめ電子ピアノ

最後に、歴史あるローランドの電子ピアノをご紹介します。

ローランドはヤマハ同様、コンサートやコンクールにそのグランドピアノがよく登場するので、一度は耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。

実はピアノだけではなく電子ピアノに関しても評価が高く、上級者の方や本格的に音楽家を目指される方が多く愛用しています。

鍵盤のタッチをグランドピアノに近づけることへのこだわりと技術がつまっているので、本物のグランドピアノとの弾き比べを推奨しているほどです。
将来的に音楽関係の進路を見据えているけれど、どうしても家にピアノを置けないという方はぜひ検討してみてください。

 

9.HP704


HP704は、木製鍵盤の重みのある打鍵感を再現するため、弦を支える部分に木材と樹脂を組み合わせています。
おすすめ度:4.6 out of 5 stars (4.6 / 5)
また、子どもが自主的に練習に取り組める工夫も施されているので安心です。
例えば、オーケストラの伴奏を付けたり、片手ずつ練習できる消音機能を使ったり、オリジナルアプリと連携して練習を記録したり。
練習が続かずにピアノをやめてしまう子どもが多いので、これらは非常に画期的な機能と言えます。
忙しくて子どもの練習を見ることができないという方におすすめですよ。

\HP704について詳しく見る/

 

10.LX706


本物のピアノに近づけているという点では、最高峰のピアノです。
おすすめ度:4.7 out of 5 stars (4.7 / 5)
その秘密は、上下にある6つのスピーカー。
一般的な電子ピアノは2つのスピーカーで音を出力しているので、その6倍ということになります。(※HP704は4スピーカーです)

もちろんヘッドホン機能もありますが、騒音を気にせずにならせる環境なら、立体的で包み込まれるような音響を楽しむことができますよ。
さらに、HP704の構造に加えて奥行きの長い鍵盤となっており、より一層自然な打鍵が可能です。

\LX706について詳しく見る/

 

ピアノが脳にいい?子供の習い事におすすめする5つの理由とは!

まとめ:電子ピアノは初心者の子どもにもおすすめ

初心者の子どもにもおすすめの電子ピアノ
電子ピアノは初心者の子どもにおすすめです。

通常のグランドピアノであれば、費用が高額であったり、置く場所に困ったり、防音完備が必要になります。
マンションであれば、夜に練習することも難しいですよね。
電子ピアノであればヘッドフォンを付ければいつでも練習ができます!

今回は、メーカー別におすすめの電子ピアノ10選をご紹介しました。
メーカーやモデルによって音色やデザイン、機能、弾き心地は全く違うので、比較しながら、お気に入りの1台を見つけてくださいね。

最後にメーカー別におすすめの電子ピアノランキングで1位を紹介します!
\メーカー別おすすめの電子ピアノランキング/

メーカー別1位ヤマハの1位カシオの1位ローランドの1位
おすすめ
電子ピアノ
商品名YAMAHA P-45B PシリーズCDP-S100-BK カシオローランド HP704
楽天で探すYAMAHA Pシリーズ 88鍵CDP-S100-BK カシオ 電子ピアノRoland 電子ピアノ HP704
Amazonで探すヤマハ 電子ピアノ Pシリーズカシオ 電子ピアノ CDP-S100AZRoland HP704 LAS電子ピアノ

上記はピアノ教室講師の筆者が心からおすすめできる電子ピアノです!

 
楽譜の基礎学習プリント | 無料ダウンロード・印刷 小中学生音楽教材


学習プリント(幼児~小学生)無料DL

学年別にプリントを探す

学年別プリント一覧教科別プリント一覧

幼児教材プリント

あいうえお表カタカナ表学習ポスター迷路プリント 簡単編迷路プリント 普通編アルファベット表ローマ字表

小学生 国語

ひらがな

ひらがな練習プリントひらがな全体のプリントひらがな表 ひらがな ならびかえひらがな 促音・拗音 ひらがな 長音ひらがな 数 ひらがな 曜日ひらがなパズル

カタカナ

カタカナ練習プリントカタカナ全体のプリントカタカナ表カタカナならびかえカタカナ 促音・拗音カタカナ 長音カタカナ 動物の鳴き声カタカナ 国名カタカナパズル

漢字

小学生漢字一覧表 小学1年生漢字テスト 小学2年生漢字テスト 小学3年生漢字テスト 小学4年生漢字テスト 小学5年生漢字テスト 小学6年生漢字テスト 都道府県の漢字テスト

語彙文法

小1語彙文法小2語彙文法小3語彙文法

文章読解問題

小1文章読解問題

小学生 算数

毎日計算ドリル(計算問題メーカー)小1算数プリント(練習問題)小2算数プリント(練習問題)小3算数プリント(練習問題)小4算数プリント(練習問題)小5算数プリント(練習問題)小6算数プリント(練習問題)九九表

小学生 英語

スタペンドリル英語英単語練習プリント(835語)アルファベット表(かわいい)ローマ字表アルファベット練習プリント英語罫線(けいせん)ノート月・曜日・季節・天気の英単語数字を英語で覚える英語であいさつをするbe動詞+形容詞の使い方be動詞+形容詞の質問be動詞+名詞の使い方haveを使う練習プリントLikeの英語練習プリントwantの英語練習プリント

小学生 社会

日本地図のプリント世界地図のプリント小3「社会」学習プリント小4「社会」学習プリント小5「社会」学習プリント小6「社会」学習プリント小学生「地理」プリント小学生「歴史」プリント小学生「公民・政治」プリント歴史年表ポスター小学生「歴史年表」テスト問題

小学生 理科

小3理科プリント小4理科プリント小5理科プリント小6理科プリント

プログラミン学習

scratch無料教材scratchの使い方キャッチゲームの作り方シューティングゲームの作り方

小学生 音楽プリント

音楽学習プリント一覧楽譜の学習プリント臨時記号のプリント音名のプリント音符・休符のプリント拍子の学習プリントアーティキュレーション記号のプリント音楽記号のプリント

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。