家庭教師おすすめ人気ランキング比較15選!大手・個人・料金・オンライン・選び方も解説!

『家庭教師のおすすめはどこかな?』
『小学生の中学受験におすすめの家庭教師センターは?』
『中学生、高校生におすすめの家庭教師はどこがいい?』
『いろいろな家庭教師センターの特徴を見てみたい!』
『家庭教師の選び方のコツは?』
と気になる事もありますよね。

今回は、小学生、中学生、高校生におすすめの家庭教師センターを人気ランキングで解説します。
家庭教師おすすめ人気ランキング15選

子どもの勉強方法や成績アップで迷っていると、塾がいいのか、それとも家庭教師がいいのか、でまず迷ってしまいますよね。

塾講師と家庭教師を行ってきた筆者のオススメは、断然家庭教師です。
結論から言うと、オーダーメイドの指導をしてくれて、意外と塾と比べて料金が安くなる可能性が高いのです。

でも、数ある家庭教師センターの中でどこが一番おすすめなのかを知りたいと思いますよね。
そこで、今回は、プロ家庭教師歴10年の筆者が、家庭教師おすすめ人気ランキング15選を紹介していきます。

対象地域や料金、オンライン対応のありなしなども解説していきます!
この記事を読むと、気になる家庭教師の選び方がわかるので是非最後までご覧ください。

この記事の目次

家庭教師と塾の違いについて

家庭教師と学習塾の比較
家庭教師と学習塾の違いを比較していきます。

指導体型家庭教師個別指導集団指導
料金2000円〜/1時間3300円〜/1時間※1950円〜/1時間※
厳しさ緩い緩い厳しい

※相場を200分(50分×4コマ)で割り、60分当たりの値段に計算を直しています。

家庭教師と塾の違いについては、上記の表を見てもらうと分かりやすいです。
料金体系高い順としては、個別指導塾が一番高く、家庭教師、集団指導塾という順番になっていますね。

家庭教師は塾のように物件が用意されているわけではなく、先生が移動するだけなので意外と1時間あたりの金額は抑えめになっています。
さらに言うと、基本的に講習期間の料金にも変わりはなく時間あたりで料金が発生します。

一方、個別指導や集団指導と言った塾体系では、講習期間は講習料金が発生します。
一番高いのは夏期講習期間の料金で、中学生でおよそ10万円規模の出費を覚悟してください。

学習塾と家庭教師はどっちがいい?メリット・デメリットを比較!

 

家庭教師料金の相場はどれくらい?

では家庭教師料金の相場はどれくらいになるのでしょうか。
先程紹介した料金相場をより深掘りしてお伝えしていきます。

 

小学生家庭教師の料金相場

小学生家庭教師の料金相場は、最安値でおよそ1コマ1800円程度からとなっています。
この金額に関しては、授業の補習を行う料金であり中学受験を専門に行う家庭教師になると料金が上がってきます
なぜかと言うと、中学受験は高校受験や大学受験と違い専門分野が異なるからです。

中学受験の親の関わり方のコツは?サポートできることを解説!

 

中学生家庭教師の料金相場

中学生家庭教師の料金や相場は、およそ1コマ2000円程度からとなっています。
塾と同じで中学校1年生や2年生の料金は据え置きで、受験期になると少し値上がりする可能性もあります。
有名高校受験などになってくると、1時間当たり2500円程度から3000円程度に値上がりしますよ。

 

高校生家庭教師の料金相場

高校生の家庭教師の料金相場については、学校授業の補習であればおよそ1コマ2500円程度からとなります。
高校生からは、お子さんがどの高校に通っているかが大事です。

地区で有名な進学校の場合、それなりの金額が1時間あたりにかかってきますよ。
ここに更にオプションとして難関大学突破などを利用して家庭教師の厳選を行うと、1時間あたり5000円などの料金がかかってきます。

家庭教師の料金相場はいくら?学習塾やオンラインとも比較!

 

家庭教師の種類にはどんなものがあるの?

家庭教師の特徴にはどのようなものがあるのでしょうか。
この項目では、料金にも関係する家庭教師のタイプについて詳しく解説していきます。

1.補習型の家庭教師

まず一番多いのが授業補習型の家庭教師です。
どこの家庭教師センターを使っても、必ずいてくれる家庭教師のタイプですね。

対象範囲としては、小学校から高校までを対象としており、主に学校で分からなかった所をもう一度教えてくれます。
基本的な家庭教師のタイプとなり、料金も抑え目です。

ちなみに、地域最安値などの広告で目に入る家庭教師の先生は基本的にこのタイプになることが多いでしょう。

 

2.学校成績アップの家庭教師

授業補習型の家庭教師と同じく一般的に多いのが、学校成績アップを目的とした家庭教師です。
メインの利用層は公立中学校に通っている中学生のお子さんで、学校のテストで平均点を上回ることを目標に家庭教師に依頼します。
授業補習型の家庭教師と同じで、料金も抑え目になっています。

 

3.難関校進学型の家庭教師

最後の家庭教師のタイプは、意外と担い手が少ない難関校進学型の家庭教師です。

担い手が少ないということは、その分料金が割増になる可能性が高く、プロとなってくると1時間あたり5000円程度かかる場合もあります。
医学部受験などを目指す場合には、通常の家庭教師センターでは対応できない場合が多いので、必ず事前確認が必要です。

 

家庭教師の契約の選び方

家庭教師の契約には以下の三つの類型があることはご存知でしょうか。
・個人契約
・紹介型家庭教師
・家庭教師センター派遣
上記3点の契約類型の違いによって、それぞれのメリットデメリットがはっきりとしているので、家庭教師の先生を選ぶ際には必ず注意をしてください。

この項目では、より深掘りしてお伝えしていきます。

 

個人契約型家庭教師

家庭教師の契約のやり方で一番難しいタイプが個人契約型の家庭教師です。
良い先生に出会えれば、管理費などを気にせず格安な料金で引き受けてもらえますが、後々トラブルに発展する可能性もありますよ。
ここでは個人契約型の家庭教師についてより深堀していきます。

 

個人契約メリット1.料金は安く抑えられる

家庭教師センターを通さず、個人契約で家庭教師を依頼する場合、比較的安価になります。
家庭教師センターの手数料がかからず、直接依頼できるからです。

 

個人契約デメリット1:家庭教師をしてくれる人を選ぶのが大変

個人契約型家庭教師の最大のデメリットは、家庭教師をしてくれる人を選ぶのが大変なことです。
昨今では個人での契約というのはかなり少なくなっており、募集を行っても応募はほとんどありません。
なぜなら、多くの大学生や社会人が求人媒体を通して家庭教師センターに登録してしまうからです。
そのため、個人契約で請け負ってくれる家庭教師の先生は希少な部類になっています。

 

個人契約デメリット2:全て家庭の責任になる

また個人契約のデメリットとして、個人対家庭の契約となるため全責任を両者が負わなければなりません。
家庭教師センターを挟むと、責任を会社が担当してくれますが個人契約ではこれがありません。
もし仮に、『家庭教師の先生が病気で受け持つことができなくなった』、となれば代わりの先生を見つけるのはご家庭の責任となってしまいます。
お子さんの将来を左右する先生を選ぶのに、家庭教師センターのように保険をかけられないのは少し心配ですよね。

 

紹介型家庭教師

続いて紹介型家庭教師の契約について紹介していきます。
紹介型家庭教師とは、仲介会社が間に立って家庭教師の個人契約を斡旋してくれるタイプです。
個人契約を請け負っている先生のリストを豊富に蓄え、初回の顔合わせまでをセッティングしてくれるのが特徴。

紹介型家庭教師の場合管理費などは存在しませんが、初回のサポートのみでその後の責任の所在は家庭と家庭教師の先生のみになってしまうのが注意点です。

紹介型家庭教師のデメリットとしては、繰り返しになりますが個人契約型の家庭教師と結局は同じになってしまう点です。
個人契約の最初期段階である家庭教師の先生を探す手伝いはしてもらえますが、契約が行われたらノータッチになってしまいます。
なお、大学生協以外の紹介型家庭教師の会社に依頼すると紹介料として2万円程度を支払う点にも注意が必要ですよ。

 

家庭教師センター型家庭教師(おすすめ)

筆者がもっともおすすめするのは家庭教師センター派遣型です。
家庭教師センターが派遣であれば、個人契約ではなくなり、家庭対会社の契約となります。

担当の先生が急な病欠などで倒れてしまった場合など、振替対応や先生に直接言いにくいクレーム処理なども全て対応してくれます。
いざとなった場合には、先生の変更も今では無料で行ってくれるセンターが多いです。
記事後半には主に家庭教師センターのおすすめを15個紹介しているので是非参考にしてみて下さい。

家庭教師センターを比較したい方は「家庭教師くらべーる」も使ってみてください!
簡単診断でおすすめの家庭教師を診断してくれるサイトです。

かてきょナビ(家庭教師比較くらべ~る)の評判は?メリット・デメリット・比較資料請求のやり方も解説!

 

家庭教師の選び方のポイントとは

筆者のオススメが家庭教師センター型の家庭教師ということをお伝えしてきました。
ではその中でもどのような先生を選べばいいのか分からないこともありますよね..?

家庭教師の先生でも一人一人個性や学力に差があって、お子さんに最適な人を選ぶのは結構難しかったりします。
そこでこの項目では、家庭教師の先生を選ぶ際に参考にしてほしいポイント三つ紹介していきます。

 

1.学力が相当程度あるかどうか

第一に学力が相当程度あるかどうかを必ず確認してください。
相当程度とは、学校の成績アップや授業補習であれば少なくとも大学に通っている先生を選べばいいですよね。

でも、難関大学突破を目指すのであれば最低でもその大学以上を合格している先生でないと担当できません。

学力はそのまま教え方にも反映できて、分かりやすい教え方をするのはやはり高学歴な先生です。
肩書きで人を選ぶのは良くないという風潮がありますが、教育業界においては必ず確認するようにしてください。

 

2.臨機応変な対応を求めることができるか

続いて学力の他に臨機応変な対応を先生に求めることができるかどうかも確認してください。
家庭教師センターのカリキュラム通りに授業を進めるだけの先生は、あまり家庭教師に向いていないかもしれません。

例えば、ご家庭の要望でノートの添削や姿勢の指導など直接学力には関係ありませんが、学習指導として大事なところも指導してもらえるのかどうかはとても重要です。

こういった要望に対して、柔軟に対応してくれる先生なのかどうかは家庭教師センターに問い合わせをしてみましょう。

 

3.家からの近さは料金に直結する

最後に、先生の最寄り駅からあなたのご家庭までの距離も重要です。
例えば通勤に30分以上かかるようであれば、1回あたりの交通費が1000円を超えることもあり、交通費+指導料が大きくなってしまいます。

基本的に先生の交通費はご家庭持ちのことが多いため、必ず距離は確認するようにして下さい。
ただし、難関校突破の先生に依頼する場合には、通常以上の交通費も覚悟しないといけません。

交通費がかからない、オンライン家庭教師の人気も上昇しています。
コロナ禍で各社オンライン対応が進み対応している会社も増えています。

オンライン家庭教師おすすめランキング10選!料金・口コミ・選び方のコツも解説!

 

家庭教師のメリット・デメリットには何があるの?

家庭教師おすすめランキングベスト15の前最後の項目は、家庭教師のメリットデメリットについてお伝えしていきます。

家庭教師の効果や注意点も確認しておきましょう。

家庭教師メリット1:オーダーメイドの指導を行ってくれる

家庭教師のメリット一つ目は、オーダーメイドの指導を行ってくれるところです。
集団指導はもちろん、個別指導の塾であっても基本的に指導の型は統一されており、オーダーメイドで指導することはかなり難しいです。

しかし、家庭教師は完全1対1で授業を行うので、オーダーメイドが可能なんですね。
生徒一人一人を完全に管理できるからできる指導です。

 

家庭教師メリット2:自宅学習の習慣が身につく可能性大

家庭教師はご家庭での要望がない限り、完全一対一で生徒の横について指導を行います。
このことから、自宅学習の習慣が身に付く可能性が非常に高いです。

なぜなら、一定時間でも机に座って勉強をする時間が一週間のうちに1回から2回できるからですね。
この習慣はあなたのお子さんが大人になってからも非常に有用で、資格勉強などにも必ず役に立ちます。

家庭教師デメリット:講師と合う合わないがある

家庭教師最大のデメリットとしては、指導力が先生によって全く異なる点です。
悪徳家庭教師センターでは、指導の研修などを行うことなく現場に先生を送り出しています。
このような状態では、学校の定期テストをどのように攻略していけばいいのかなどが先生が分からず指導にあたってしまいます。

定期テストは地域によっては高校受験にとても重要で、点数を取らないと駄目なのに、先生が受験指導ばかりしている 、と言った状態になってしまいます…

だからこそ、入り口の家庭教師センター選びはとても重要なんです。
ここからはこのデメリットを完全に排除してくれるおすすめの家庭教師センターベスト15紹介していきます。

 
家庭教師のメリット・デメリットとは?

家庭教師のおすすめ人気ランキング15選!

家庭教師おすすめ人気ランキング15選
では、ここから子どもの習い事図鑑が500名の親御さんに調査した、小学生、中学生、高校生におすすめの家庭教師おすすめ人気ランキングを解説します。
対応地域や料金も詳しく紹介します。

また、コロナの影響で人気が高まっているオンライン家庭教師の対応有無も一覧表で解説していきます。

1位:家庭教師のトライ

おすすめの家庭教師:家庭教師のトライ

家庭教師のトライは言わずと知れた、家庭教師センター最大手の一角です。
内部の研修も充実しており、服装規定や頭髪規定などもきちんと整備されています。
そのため家庭教師のトライから派遣される家庭教師は一定のレベルに達している先生がほとんどです。

ノウハウも多くあり、中学生や高校生で進学校の受験を考えている家庭におすすめです。
コロナ禍に合わせてオンライン授業も対応しています。

\家庭教師のトライの基本詳細情報/

対象学年小学生・中学生・高校生
料金1時間:4,400円〜(要問い合わせ)
サポート体制本部あり
サポート地区全国
オンライン授業あり
資料請求家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

 

\家庭教師のトライのここがおすすめ/
家庭教師のトライに家庭教師派遣を依頼する場合には、お子さんの現状をこと細かく電話口で相談しましょう。
トライの最もおすすめするポイントは、お子さん一人ひとりにあった完全オーダーメイドの学習プランを作成して、おすすめの家庭教師を派遣してくれるところです。

中高一貫校の指導から難関大学までの指導を行える家庭教師陣が揃っています。

下記から資料請求できます!

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

2位:学研

おすすめの家庭教師:学研の家庭教師
学研の家庭教師は、通常の塾や教材を発売している学研グループから派遣されることもあって、ハイクオリティーな指導を期待できます。
幼児教育にも力を入れており、家庭教師センターには珍しく小学校受験コースもあります。
トライと同様に様々な家庭教師派遣プランがあるので、まずは問い合わせを行ってみましょう。
ただし、意外とサポート地区は少なくなっているので主要地域以外は確認が必要です。

\学研の基本詳細情報/

対象学年幼児、小学生、中学生、高校生
料金幼児:1時間4,400円〜
小学生:1時間3,190円〜
中学生:1時間3,520円〜
高校生:1時間4,730円〜
サポート体制本部あり
サポート地区東海・近畿・関東は対応(その他の地域は要問い合わせ)
オンライン授業あり
資料請求家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

 

\学研のここがおすすめ/
学研のおすすめポイントとしては、幼児教育から高校生まで全ての学習段階で家庭教師を依頼できる点です。
幼児教育というと、特殊な専門スキルが要求され、勉強に向かわせるのも一苦労なんですね。

そのような難しい条件の中でも明確にコースを設定しているのは大手だからこそできることです。

また、高卒認定コースや不登校コースなども整備されており、一度は諦めてしまった学校卒業をもう一度トライできる環境整備が行われているのもポイント。

 

3位:学参

学参の家庭教師
学参はプロ家庭教師を派遣するのに特化した家庭教師センターです。
現在では個別指導塾も併設しており、地域によってはどちらか一方から選ぶこともできますよ。
特に難関高校・大学を目指しているお子さんは一度確認してみましょう。

\学参の基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金1時間4,400円〜(要問い合わせ)
サポート体制本部あり(個別指導塾併設)
サポート地区全国
オンライン授業あり
資料請求家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

\学参のここがおすすめ/
学参のおすすめポイントは繰り返しになりますが、プロ家庭教師特化型の家庭教師センターであることです。

プロ家庭教師とは、大学生のアルバイト家庭教師を廃して、講師業を本業としている家庭教師の先生たちを指します。

最低でも社会人経験がある先生を派遣してくれる点もポイントが高いです。

 

4位:家庭教師のコーチャー

コーチャーの家庭教師
家庭教師のコーチャーは長崎県に特化した家庭教師センターです。
大手の家庭教師センターにはない、内部の研修風景などが全てホームページ上で確認できます。
長崎県で家庭教師を依頼するにはここしかない!と言えるほど充実した家庭教師センターと言えます。

 

\家庭教師のコーチャーの基本詳細情/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:2,800円
中学生:3,000円
高校生:3,400円
※1時間あたりの値段
サポート体制本部あり(個別指導塾併設)
サポート地区長崎県(オンラインは全国)
オンライン授業あり
資料請求家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!
 

 

\家庭教師のコーチャーのここがおすすめ/
コーチャーのおすすめポイントは塾長が引きこもり支援にかなりの力を入れている点です。
現在の学校教育でも、不登校問題は発生しておりお子さんの人生を左右してしまう大きな問題です。

技術発達によって、長崎県特有の地場家庭教師センターからオンラインで全国発信が行えるようになっているので、お悩みのご家庭は一度相談から始めるといいでしょう。

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

5位:家庭教師&個別指導の合格王

合格王の家庭教師

家庭教師合格王はスタンダートな月謝で、様々なオプション授業が依頼できる家庭教師センターです。
不登校や帰国子女の指導も行っており様々な面で頼れる家庭教師センターと言えるでしょう。
ただし、対面授業は首都圏限定なので注意が必要です。

オンライン指導も対応しています。

\家庭教師&個別指導の合格王の基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:月謝21,450円〜
中学生:月謝23,100円〜
高校生:月謝26,400円〜
※(90分×4回)
サポート体制本部あり
サポート地区東京、神奈川、埼玉、千葉
オンライン授業あり
資料請求家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

\家庭教師&個別指導の合格王のここがおすすめ/
合格王の特色の一つとして、都内の中学受験進学塾サポート体制が揃っていることです。
進学塾の勉強に対応するために家庭教師を依頼するというのは一般的ですが、対応できる先生が少ないのも現状です。

ただ、合格王ではこのコースを明確に打ち出しているため、進学塾のサポートから合格のサポートまでトータルで依頼できるのはおすすめポイントです。

 

6位:家庭教師のノーバス

家庭教師ノーバス
家庭教師のノーバスは様々なプランが用意されているスタンダートな家庭教師センターです。
対応地域は首都圏と東海三県となっており利用できる方は非常に多いのです。
月謝料金もコースによって異なりますが、スタンダートな料金となっています。

オンライン授業もしっかりしており、定期テストから受験対策までしっかりしています。
コースも充実しているので、初めての家庭教師でも非常におすすめできます。

\家庭教師のノーバスの基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:月謝18,800円〜

中学生:月謝22,000円〜

高校生:月謝26,4000円〜

※(90分×4回)、税別

サポート体制本部あり
サポート地区東京、神奈川、千葉、埼玉、栃木、愛知、岐阜、三重
オンライン授業あり
HPhttps://www.nohvas.com/

\家庭教師のノーバスのここがおすすめ/
ノーバスは、社員が生徒一人一人の学習プランを立てる分業制をとっています。
通常の家庭教師センターでは、家庭教師の先生が基本的に学習プランまで建てるため、第3社のチェックがないんですね。

でも、ノーバスなら社員が担当することで、お子さんにあった最適な学習プランを提案してくれます。

家庭教師ノーバスの口コミ・評判はこちら
家庭教師のノーバスの評判・口コミはどう?料金やメリット・デメリットも解説!

7位:学生家庭教師会

学生家庭教師会

この家庭教師センターは創業40年以上を数え、業界の中でも老舗のセンターとなっています。
対面授業に関しては一部地域が除外されているものの、その他の地域では研修センターが置かれ家庭教師の研修が日々行われています。

\学生家庭教師会の基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:3,025円(税込)~
中学生:3,190円(税込)~
高校生:4,400円()税込み〜
サポート体制本部あり(全国)
サポート地区福井県、和歌山、鳥取、島根、岡山、高知、沖縄以外
オンライン授業あり
HPhttps://www.g-katekyo.com/

\学生家庭教師会のここがおすすめ/
学生家庭教師会の中でも特色あるのが発達障害コースです。
学習障害の中でもかなり重度であり、専門スキルが必要となってきますが、きちんとした指導が行えるということですね。

 

8位:オンリーワン

オンリーワン
オンリーワンはかなり低額の家庭教師料金を達成している関西地方を中心にした家庭教師センターです。
その分コースは限られていますが、大阪市在住の方は助成金で無料に近い値段で利用できる価格帯です。

 

\オンリーワンの基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:1時間6,800円〜
中学生:1時間10,900円〜
高校生:1時間12,500円〜
※税別
サポート体制本部あり
サポート地区大阪、京都、兵庫、奈良、和歌山、滋賀
オンライン授業なし
HPhttp://only1-sensei.com/

 

\オンリーワンのここがおすすめ/
オンリーワンは関西地域限定ですが、2名同時受講がおすすめです。
二人目からは受講料金が500円となり、二人で割るとちょうど半額で受けられるようになるからです。

 

9位:AtoZ

AtoZ
長時間の家庭教師料金が低く設定されている地場の家庭教師センターです。
通常120分の4回授業だと、月謝が4万円以上になることもありますが、高3生であっても3万円代で収まります。

 

\AtoZの基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:60分×4回11,000円〜
中学生:90分×4回16,500円〜
高校生:90分×4回23,760円〜
※税込
サポート体制本部あり
サポート地区岐阜・愛知(一部地域)
オンライン授業あり(ただし要問い合わせ)
HPhttps://www.global-aaa.com/index.html

\AtoZのここがおすすめ/
AtoZは岐阜と愛知に本拠を持ち、受験情報などはかなりの精度で蓄えられています。
また、問い合わせが必要ですがオンライン授業もブロードバンドと呼ばれている時代から行っているためノウハウが蓄積されていますよ。

 

10位:家庭教師のファミリー

家庭教師のファミリー

家庭教師のファミリーは静岡、北陸、北海道と一部地域のみを対象にした家庭教師センターです。
父子家庭割引や母子家庭割引などが充実しています。

 

\家庭教師のファミリーの基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:50分3,450円〜
中学生:50分3,750円〜
高校生:50分3,950円〜
税込
サポート体制本部あり
サポート地区北海道、静岡、富山
オンライン授業2021年4月下旬時点ではなし
HPhttps://www.nobiru.jp/

\家庭教師のファミリーのここがおすすめ/
家庭教師ファミリーでは、ラインやメールを使った質問がいつでもできるのが特徴です。
家庭教師の先生がくるまでわからない所が分からないままになることが多いので是非利用したいサービスです。

 

11位:家庭教師アルファ

家庭教師アルファ
家庭教師アルファは全国展開を行っている家庭教師センターです。
明朗な月謝システムで、プロ家庭教師が月々8800円からがスタートとなっています。
高校生になっても、1万円と少しの値段で月々お願いできるのは大きな強みです。

 

\家庭教師アルファの基本詳細情報/

対象学年幼児、小学生、中学生、高校生
料金幼児:月謝9,900円〜
小学生:月謝8,800円〜
中学生:月謝8,800円〜
高校生:月謝13,640円〜
※税込
サポート体制本部あり
サポート地区全国(一部地域はオンラインのみ)
オンライン授業あり
資料請求家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!

\家庭教師アルファのここがおすすめ/
家庭教師アルファはプロ家庭教師がカリキュラムに沿ってお子様のレベルに合わせた指導を行います。
学習ノウハウの蓄積が非常に多く、HP上のブログでも確認できますよ。



12位:家庭教師アカデミー

家庭教師アカデミー
家庭教師アカデミーはオンライン授業の月謝がどこよりも安い家庭教師です。
専用ツールを使っていないため、60分4回の授業で驚異の月謝7000円を達成しています。
1回あたりの授業で1100円程度で見てもらえるということですね。

\家庭教師アカデミーの基本詳細情報/

対象学年幼児、小学生、中学生、高校生
料金幼児:月謝9,400円〜
小学生:月謝9,400円〜
中学生:月謝10,200円〜
高校生:月謝10,920円〜
サポート体制本部あり
サポート地区九州地方中心に大都市圏
オンライン授業あり
HPhttps://www.kumadai-academy.com/

\家庭教師アカデミーのここがおすすめ/
繰り返しになりますが、60分4回の授業で月謝7000円は驚異的です。
ご家庭の財布にも優しく、PC環境がなくても貸出も行っているため、遠方の方でも比較的自由に利用できますよ。
もちろん講師陣は九大の学生などが担当しているため、かなりの質を誇っています。

 

13位:家庭教師ジャニアス

家庭教師ジャニアス
ジャニアスは千葉県に特化した家庭教師センターです。
料金はスタンダードですが、千葉県に特化していることから、進学に関するノウハウも豊富のため安心して頼れる家庭教師センターです。

\家庭教師ジャニアスの基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:月謝17,800円〜
中学生:月謝17,800円〜
高校生:月謝21,400円〜
サポート体制本部あり
サポート地区千葉県
オンライン授業なし
HPhttps://janiasu.com/

\家庭教師ジャニアスのここがおすすめ/
ジャニアスのおすすめポイントは、千葉県のテスト問題を網羅的に扱っていることです。
定期テストに関する予想問題を独自に作成しており、会員には無料で配布しています。
定期テスト勉強が中々できない部活が忙しい中学生におすすめです。

 

14位:プロ家庭教師ディック学園

プロ家庭教師ディック学園

ディック学園は学生講師を完全に排したプロ家庭教師オンリーの家庭教師センターです。
1時間当たり3,000円後半〜となっておりかなり高額な指導料となっていますが、その分確実な指導を依頼することができます。

\プロ家庭教師ディック学園の基本詳細情報/

対象学年小学生、中学生、高校生
料金小学生:60分3,850円(税込)~
中学生:60分3,960円(税込)~
高校生60分:4,950円(税込)~
※月4回1時間〜受講可能
サポート体制本部あり
サポート地区九州地方及び中国地方
オンライン授業あり
HPhttps://www.pro-dic.jp/

\プロ家庭教師ディック学園のここがおすすめ/
ディック学園は繰り返しになりますが、完全プロ家庭教師派遣となっています。
そのため、全家庭教師の顔が掲載されており、どんな人物がくるのかが前もって分かるのも大きなポイントです。
独自の入試対策サイトも開設しており一見の価値ありですよ。

 

15位:アップ総合教育グループ

アップ総合教育グループ
アップ総合教育グループでは、一部地域を除いた家庭教師の全国派遣を行っています。
英語対策授業などが全般的に整備され、先取り授業なども可能です。

\アップ総合教育グループの基本詳細情報/

対象学年幼児、小学生、中学生、高校生
料金2,200円〜
サポート体制本部あり
サポート地区全国(一部地域は問い合わせ)
オンライン授業なし
HPhttps://www.up-katekyo.com/

\アップ総合教育グループのここがおすすめ/
アップ総合教育グループでは、様々なニーズに対応してくれるところがポイントです。
例えば、指導時間が深夜になってしまうが大丈夫かなどが分かりやすい例ですね。
塾の都合などで指導が受けられないのであれば、時間帯も柔軟に対応してくれます。
その他にもテキストも柔軟に使い分けてくれるので安心です。

家庭教師選びは比較しながら検討していくのがおすすめです。
ミスマッチが内容に、講師の内容やカリキュラムの内容も確認しながら検討してみてください!

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!



まとめ:家庭教師は比較して選ぼう!

家庭教師は比較して選ぶ
今回の記事では、家庭教師おすすめランキング15選を解説してきました。
家庭教師の料金や、契約の特徴、そして選び方のコツまでまるっと概要が分かりましたね。
家庭教師の契約では家庭教師センターを挟む方が良く、その中でも最もおすすめできる15個の家庭教師センターを厳選しました。
今回の記事が参考になれば幸いです。
最後までご覧いただき誠にありがとうございました。

ちなみに、家庭教師選びは「家庭教師比較くらべーる(かてきょなび)」を使うのがおすすめです。

30以上の全国の家庭教師をしっかり比較できるだけでなく、診断でおすすめの家庭教師を教えてくれます!

家庭教師センターをお探しなら、かてきょナビ!



 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。