家庭教師に依頼する3つのメリットと2つの注意点とは?

"no-img2″
スタートゥー

小中学生で家庭教師ってどうなメリットがあるんだろう?

"no-img2″
ライオン先生

今回は小中学生にとっての「家庭教師のメリット」を紹介していくぞ!

小中学生が家庭教師に教えてもらうとしたら、そこにはどのようなメリットがあるのでしょうか。
タブレット学習をする子供も増えていますが、家庭教師ならではの魅力もあります。

今回は、小中学生が家庭教師に来てもらうことにより、得られるメリットについてお伝えしていきます。

この記事がおすすめの方

小中学生で家庭教師のメリットを確認したい
デメリットや注意点も確認しておきたい
おすすめの家庭教師は?

"no-img2″
編集長

メリット次第では検討したいですね

小中学生にとって家庭教師のメリットとは?


小中学生にとって家庭教師はどのようなメリットがあるのでしょうか?
見ていきましょう!

\オンライン家庭教室もおすすめ/
【人気記事】「Axisオンライン」が小中学生の習い事で人気の理由とは?

家庭教師は「行き帰りの通学時間を割かずに済む」


タブレット学習や塾でもそうですが、行き帰りの時間は親や子供にとって負担になることが多いもの。
子供の送り迎えに時間を取られる親もいますよね。子供が一人で行くのも夜間は心配です。

小中学生の家庭教師の場合は、自宅に来てもらえるという点から、行き帰りの負担が親子ともにないことは大きなメリットです。

例えば雨の日や寒い季節などに、通うのは大変ですよね。
家庭教師に来てもらえると、そういった辛い思いをせずに、学べます。

本来かかっていた行き帰りの時間を、別の学習や好きなことをする時間に変えられるのは、とても嬉しいですね。

交通費などの諸経費が浮く事はもちろんですが、なによりも移動時間というコストはチリツモになってきます。
なんだかんだで通学すると1,2時間潰れちゃったりするんですよね。

そういう意味では、時間を節約できるという効果は計り知れないです。

"no-img2″
ライオン先生

通学の時間がなくなるというのはママ・パパにとっても多きなメリット!

"no-img2″
スタートゥー

その分ほかの時間に使えるね!

【関連記事】スタディサプリ小学講座の感想!
【関連記事】スタディサプリを中学生が始めるメリットとは?

家庭教師は「質問がしやすい」

家庭教師は質問がしやすい
家庭教師のメリット「自宅にて家庭教師に教えてもらうと、「細かい質問もしやすくなる」でしょう。
集団の塾や通信教育では細かい部分の質問がしにくい場合もあります。
子供にとっては、やはり慣れた環境で勉強をすることが落ち着くもの。
「自宅なら遠慮なく質問しやすい」と考える子供は多いでしょう。

学校で疑問に思った内容も、家庭教師にはスムーズに聞くことができるかもしれません。
これも、家庭教師に来てもらうメリットのひとつでしょう。

子供にとって、勉強を続けていくうえで頼れる味方は必要です。
それが学校の先生であれば良いのですが、足らない面もあるでしょう。
そういった足らない面を補ってくれるのが、家庭教師なのです。

\オンライン家庭教師はこちら/
【人気記事】「Axisオンライン」が小中学生の習い事で人気の理由とは?

家庭教師は学校と両立がしやすい

家庭教師は学校と両立がしやすい
小中学生にとって家庭教師は学校と両立がしやすいこともメリットになります。

家庭教師の場合、集団の学習塾などとは違い個別で勉強を教えてくれます。
その為、クラブ活動や部活で忙しいときには相談して、学校の勉強を教えてもらったり、ペースを調整してもらうことも可能です。

分からないところがあってもどんどん進んでしまう、学校や塾とは違い、子どものペースに合わせて勉強を進めてくれるところも良い所ですね!

小学生が家庭学習を身につけるコツは?勉強嫌いにならない学習法

小中学生の家庭教師にデメリット・注意点もある?

注意点
小学生の家庭教師については、デメリットとまでは言わないですが、気を付けなければならない点もあります。
いくつかあげていきましょう。

小中学生の家庭教師を頼むときの気を付ける点

小中学生で家庭教師を依頼するときの確認すべき点です。
主に、
・集団の学習塾に比べると費用が高くなるケースが多い
・カリキュラムがないので個人のペースに合わせすぎて進捗がわるくなることも
・他の生徒がいない為、競争意識が生まれづらい
という点が挙げられます。

ただこれらは、事前に担当になった家庭教師と、親子でコンセンサスを取っておくことで解決できます。

むしろ、家庭教師に頼むのであればこの辺りは事前に話し合っておかなければなりません。
どんな内容を話し合っておかなければならないのかみていきましょう。

"no-img2″
編集長

家庭教師のデメリット・注意点は事前に話し合えば解決できますね!

子供の習い事が多いデメリットとは?効果的に習い事をする方法

家庭教師と親子で事前に確認しておくこと

家庭教師と親子で事前に確認しておくことをお伝えしていきます。

事前に教師と話しておきたいことは、

子供の目標や志望校について

子供の目標や志望校がある場合には事前に伝えておきましょう。家庭教師側もそのレベルに合わせて演習を行ったり課題を行ったります。親子と家庭教師は二人三脚になりますので目標の共通認識を持つことは大切です。

宿題の量やレベルについて

宿題の量やレベルについても都度話し合うのがベターです。シーズンによっては部活で忙しいことやテスト期間にはテスト対策を行ってほしい場合もあります。

レッスン中は主にどんなことを行うか?

先生が家庭に来ている間はどんなことを行うのか?も事前に話しておく方が良いでしょう。

例えば、宿題がやれていなくて、先生が家庭に来ている時間に宿題をやっていては時間が勿体ありません。
先生がいる時間だからこそ教われる内容にしましょう。

そう考えると、宿題や課題は事前にやっておくことがマストですね。

"no-img2″
編集長

家庭教師に教わる時間は「事前に親子と教師で話あって」有意義な時間にしたいですね

【家庭学習】小学生通信教育の料金比較はやみ表:2019

子供に合う家庭教師を見つけることが大切

中学生の検定
小中学生が家庭教師に教えてもらう場合に、必要となるのがお互いの相性です。
いくら優秀な先生でも、メンタル面などで子供にとって合わないと感じるケースも。

子供にとって合うと感じる先生を見つけて、続けて教えてもらうのが大切でしょう。
何度か教えてもらううちに、子供なりに感じることがあるはずです。

親としては、それを聞いてこれから先も同じ先生に依頼をするのか、決めるようにしましょう。

"no-img2″
編集長

最近ではオンライン家庭教師も人気です。無料体験もあるので下の記事も参考にしてみてください!

【人気記事】「Axisオンライン」が小中学生の習い事で人気の理由とは?

【おすすめ記事】オンラインで家庭教師?!中学生におすすめのオンライン家庭教師を3社比較してみた

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。