子供がバスケを練習する時のポイントとは?

バスケットを子供が練習する時には、どのようなポイントを理解しておくべきでしょうか。
個人練習からスタートして、ミニバスやスクールに通う人もいます。

ある程度基礎ができていることにより、習い事として続きやすいケースもあるでしょう。
今回は、バスケットを子供が練習する時の基礎的な内容について、お伝えしていきますね。

スタートゥーくん

最近はBリーグ(日本のプロバスケットボールリーグ)もものすごく盛り上がっているもんね!
僕もかっこいいプレーがしてみたいな・・

この記事がおすすめの方子供の習い事でバスケを考えている家庭
これからバスケをやってみようと考えている家庭

子供のバスケットボールのサイズについて

子供の習い事バスケット
バスケットに興味があっても、ボールが大きくて扱いが大変だと思う子供もいます。

この場合は、まずはボールに慣れるところから始めてみましょう。
バスケットボールのサイズには様々なものがあります。

知っておきたいのは3種類です。
「5号ボールと6号ボールと7号ボール」です。
小学校やミニバス用には「5号ボール」を選ぶと良いですね。
中学生や高校生、大学生や社会人の場合は6号ボールや7号ボールを選びましょう。

【ジュニア向け】バッシュおすすめランキング15選!選び方のコツも解説!

バスケットボールの値段はいくら?

ミニバスのボールの大きさは
値段については、メーカーによって多少の差額はありますが5号ボールなら人工皮革ボールで3千円~4千500円くらい、
ゴムボールなら2500円くらいでしょう。

6号ボールは天然皮革ボールは8千500円ほどで、人工皮革ボールなら6千円くらい、ゴムボールは2500円くらいです。
7号ボールは天然皮革ボールなら1万5千円くらいで人工皮革ボールは6500円くらい、ゴムボールなら2500円くらいですね。

ミニバスでおすすめのボールはこちら

バスケットボールの基礎姿勢とは

子供のバスケの練習のポイント
バスケットと言うと、俊敏な動きのできる人が向いているイメージがありますよね。
基礎姿勢というものがあるのですが、これを「パワーポジション」と呼びます。

そして、前後左右そして上下にスピーディに動けるのが、要求されるます。
次の動きにすぐに移れることを、意識するようにしましょう。

バスケットボールは、全ての始まりがこの基本姿勢からスタートしていきます。
肩幅くらいに足を開いて、適度に膝を曲げた状態の「パワーポジション」から、いかに俊敏に動けるか。
これがバスケットをしていくうえで、とても重要だと理解しておきましょう。

特にディフェンス(守り)ではこの姿勢が非常に重要になります。
オフェンス(攻め)が「シュートを打つのか?」
「ドリブルをしてくるのか?」を予測しながらこの姿勢でどちらが来ても防げるように(俊敏に動けるように)守ります。

ディフェンスでは体育館で滑らないように自分に合ったバッシュを履く事がおすすめです。
ミニバスであれば、日本人の足に合いやすいと言われる「アシックス」が使いやすいでしょう。

バスケットボールをコントールしてみる

シュート、ドリブル、パスなどの全てに関係するのが、「ボールをコントロールできること」です。
例えばシュートをする人は、ボールを見ることなくシュートをする場合が多いもの。
これは、ボールを見なくてもボールがどのように動くのかを、自分自身で把握しているからです。

ボールのコントロールができるように、例えばドリブルの練習をするとしたら、最初はボールをしっかり見ながら、ボールに慣れるところから始めていきましょう。

そのうえで、ボールを見なくてもドリブルができるようになり、視線はゴールに向かうようになれます。
個人ごとにドリブル、パス、シュートなど得意なものが違うケースは多いでしょう。
でもどれもバスケットをするうえで必要不可欠な動作ですから、これらの能力を得ていく必要があるのです。

子供の運動の記事はこちらも/
運動が得意になって欲しい!子どもに人気のスポーツ系習い事とは?

連携を意識したパス練習をする

子供の習い事バスケットボール
バスケットボールはチームスポーツです。基本的には5対5(中には3対3の競技もあり)で試合をすることが多いです。
ドリブルで相手を抜き去ることも重要ですが、味方にいい連携パスをすることや対戦相手の裏をかくよなパスをすることも重要です。

パスの種類には、「チェストパス、バンドパス、オーバーハンドパス、サイドスローパス」など様々なパスの仕方があります。
それぞれの基本のパスを繰り返し繰り返し練習し実践ですぐに出せるようにするといいでしょう。

例えばオーバーハンド(頭の上からの)パスと思わせ、バウンドパスをするというようなフェイントをすることで相手の不意を衝く事もできます。

バスケのおすすめの練習方法はこちらの本も

ミニバスを習い事にする

子供の習い事バスケ
バスケットを子供が練習する時に困るのは、自宅近くに場所がないということ。
公園では、ボール遊び禁止のケースも多いですよね。
このため、バスケットボールのスクールに通い、本格的に広いコートにて練習をした方が技術の習得や上達がとても早いのでお勧めと言えるでしょう。

各地域にミニバスが存在し地域リーグとしても競い合うこともできます。

バスケット習い事の記事はこちら/
【子供の習い事バスケットボール(ミニバス)】メリット・デメリット、体験談、月謝は?いつからできる?

プロの試合を親子で観戦してみる


バスケットボールは経験者と未経験者の差がものすごくでるスポーツといわれることが多いです。
そのため、幼いころからレベルの高いプレーを観ておくことは成長速度を上げることに期待されるでしょう。
NBA(アメリカのプロバスケットボール組織)はもちろんですが、最近では日本のBリーグも大変盛り上がっています。

また日本で史上二人目のNBA選手の渡邊雄太選手やNBAの日本人初のドラフト指名有力候補である八村塁選手など日本バスケットボールも話題に上がることが増えています。

そのような各リーグの選手を親子で見ることで、
「あの選手のドリブル真似してみたい!」「あの選手みたいに3Pシュートがうまくなりたい!」と憧れを持つようになります。

憧れの選手を持つことが成長スピードを上げるきっかけになることもあるのです。

親子で共通のチームを応援することでコミュニケーションも増えそうですね!Bリーグを見るならDAZNがおすすめ!

"no-img2″
ライオン先生

親子でプロ選手の映像を見ると子供は真似したくなることもあるぞ!

"no-img2″
スタートゥー

プロ選手のマネをしていったらうまくなりそうだね!

親子でバスケット見るならDAZN/
【DAZN】130以上のスポーツコンテンツが見放題!

まずはボールを一つ用意して親子で公園でバスケの練習をしてみるのもいいですね!
楽しめるようであれば、ミニバスの体験にもいってみてください!

子どもにおすすめのバッシュはこちらの記事も
【ジュニア向け】バッシュおすすめランキング15選!選び方のコツも解説!

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。