【子供用】防犯GPSおすすめ比較11選!携帯・時計・月額無料・選び方のコツも解説!

『子供用のGPSでおすすめは?』
『子供用GPSの料金比較は?』
『携帯、時計、子どものGPSはどれがいい?』
と気になる事もあります。

今回は子供用防犯GPSのおすすめ比較10選を解説します!
子供用GPSおすすめ比較

近年、学校への登下校時などに、子どもが事件に巻き込まれるニュースをよく目にするようになりました。
親が目を離したちょっとした隙に、お子さんが何か事件に巻き込まれるのではないかと思うと心配ですよね。

そこで注目されているのが「子ども用GPS」です。
小学校へ上がる時や習い事に通わせ始める時などに、導入を検討されるご家庭も増えてきているのではないでしょうか。

しかし、一口に子ども用GPSといっても、種類がたくさんあり、どう選べばいいか迷ってしまいますよね。

そこでこの記事では、GPSの基本的な機能や選び方のコツをお伝えし、おすすめの子ども用GPS10選をご紹介していきます!

ぜひこれから新一年生になるご家庭の方も参考にしていただき、子どもに合ったGPS端末を見つけてみてください!

学習椅子おすすめ人気ランキング25選!小中学生から高校生まで!選び方のコツも解説!

子ども用GPSってどんなもの?

子供用GPSとは?
子ども用GPSとは、GPS機能を搭載した端末機のことで、小型で位置情報のみを探知できる端末が一般的です。
ここではまず、子ども用GPSの主な機能とメリットについてご紹介していきます。

よくある子ども用GPSは、5センチ四方の箱型で、小型・軽量で持ち運びがしやすいものが主流です。
通話機能を持つスマホやキッズケータイは、学校への持ち込みが禁止されている場合が多いですが、GPS専用端末であれば学校へも問題なく持たせられます。

GPS端末の機能としては「現在地の把握」が基本です。
GPSサービスでは衛星の基地局や携帯基地局を利用し子どもの位置情報を取得して、スマホやパソコン上から子どもの現在地を把握できます。
最近では、専用のアプリをダウンロードして使用する場合が多いでしょう。

プラスαの機能として、目的地への到着を知らせる機能、親との簡単なやりとりができる機能、非常時に警備会社に知らせる機能などが、機種によって備わっています。

 

子どもにGPSを持たせることの3つのメリット

子供用GPSを持つメリット・効果は?
子どもにGPSを持たせることで、以下の3つのメリットが得られます。

・非常事態・不慮の事故に備えられる
・離れていても見守ることができる
・不要な心配を減らすことができる

迷子になってしまった、事故に巻き込まれたといった非常時にも、GPSで現在地が把握できると安心です。
津波や地震といった災害時にも、GPSがあれば、すぐにお子さんの居場所を知ることができるでしょう。

また、お子さんが小学校に上がり、ある程度大きくなってくれば、友達との付き合いがあったり、一人で外出したりといったことも増えてきます。
そういった行動も自立のためには必要ですが、一人で行動させることに不安が強い親御さんは、GPSを持たせることで、安心して遠くから見守ることができるでしょう。

さらに、スマホなどの連絡手段がなく、判断能力もまだ未熟な小学生前後のお子さんには、帰宅が遅くなるだけで心配になる親御さんも多いと思います。

「ちゃんと学校に行けたかな?」「習い事はしっかり行っているかな?」といった不安も、GPSを持たせるだけで一気に解消できるでしょう。

小学生が英語を「自宅学習」する時の3つコツとは?無料・有料編で勉強法も解説!

子ども用GPSとキッズケータイ(携帯)はどっちがいい?

子供GPSと携帯どっちがいい?
GPS端末と携帯はどっちがいいのか悩むご家庭も多いです。

機能的には、通話機能もある携帯の方が安心はできます。
例えば、学校や学習塾が終わったら、携帯で電話を貰えれば直接声が聞こえるので安否をしっかり確認できます。

ただし、通話機能のあるキッズケータイ(携帯)は小学校への持ち込みを禁止されていることもあるのです。
※入学す・通学る小学校へ確認してみてください。

そのため、実情としては、子供用GPSを選ぶ方が多いです。

私立等で防犯用の携帯の持ち込みが許可されている学校では、キッズケータイを。
許可されていない学校では、防犯GPSを選ぶことがおすすめです。

では、次に子供用GPSの選び方のコツを解説していきます!

【2021年版】小学生の通信教育おすすめ人気ランキング10選!効果・口コミ・難易度も比較!

子ども用GPSの選び方のコツは?

子供用GPSの選び方のコツ
子ども用GPSは、さまざまな会社から多種多様な機能を持つGPS端末が、複数販売されています。
そのため、いざ子どもにGPSを持たせようと思っても、どれを選べばよいのかがわからないという方も多いのではないでしょうか。

そこでここでは、子ども用GPSの選び方のコツをご紹介します。
実際に購入する前に、ご自分の用途に合ったGPS端末を選べるよう、心の準備をしておきましょう。

 

1.どんな時に使うのかを考える

まず、子ども用GPSをどんな時にお子さんに持たせるのかを考えましょう。
たとえば、登下校時に毎日持たせるのであれば、電池が長持ちするコンパクトなタイプがいいでしょうし、習い事や外出時のみの使用であれば、腕時計型タイプやキーホルダータイプが便利です。
最近では、靴に埋め込む、GPS搭載の子供用シューズ「Anccor Shoes」も発売されています。

災害時用であれば、電池の持ちを重要視したほうがいいでしょうし、簡単に安否を知らせられるよう、お子さん側からアクションできるような機能があると助かります。
学校には持たせないのであれば、通話機能を持つキッズケータイの導入を考えるのもひとつです。

ただし、キッズケータイの場合はGPS機能はオプションになる場合が多いので、予算的に高くなってしまうデメリットもあります。
使用頻度や料金との兼ね合いも考えて選ぶ必要があるでしょう。

 

2.必要な機能を考え、何を重要視するかで選ぶ

子ども用GPSには、以下のような機能を持つものがあります。
・子ども側からの発信機能
・移動経路履歴を確認できる機能
・子どもに不審者情報を知らせる機能
・子どもに危険エリアを知らせる機能
・非常時に警備会社に連絡できる機能
・目的地への到着・離脱を知らせる機能
・電車など、乗り物移動時に通知する機能
・あらかじめ指定した範囲からお子さんが出た場合、アラートメールで知らせてくれる機能

これらの機能が必要かどうかは、ご家庭ごとの使い方によります。
そのため、必要のない機能がたくさんついた値段の高い端末を選ぶよりも、本当に必要な機能を厳選して選んだほうが、コスパも良くなるでしょう。

同程度の機能を持つ複数の端末から選ぶ場合は、価格やサイズ、電池の持ちや充電の有無など、その他の要素を比較してみるとよいでしょう。

【2021年度版】小学校入学準備のチェックリスト!いつから?必要な文房具は?費用は?

子ども用GPSおすすめ比較10選!

子供用GPSおすすめ比較10選!
それではここからは、コスパや機能など、条件ごとの、おすすめ子ども用GPSをご紹介していきます。
重要視したいポイントに当てはまるものがあれば、ぜひ参考にしてみてください。

今回の子供用GPSは下記の選び方別に解説します。
1.コスパで選ぶ
2.形で選ぶ
3.使いやすさで選ぶ
4.バランスで選ぶ

コスパで選ぶなら、おすすめは「どこかなGPS」もしくは「GPS BoT」です。

1.どこかなGPS

・発売元:ソフトバンク
・サイズ:5センチ角 34g
・価格:本体価格13,200円(2年間の利用料金込み、3年目以降は月額440円、全て税込)

コスパで選ぶなら、「どこかなGPS」がベスト。
初期費用はかかりますが、2年間の利用料金を含んでいるので、2年間は月々の料金がかかりません。
2年間の月額料金を引くと、本体価格はたったの2,640円という計算に!3年目以降も月額440円と割安です。

大手企業であるソフトバンクから出ている機種ということで、安心感もあり、さらに、使用しているキャリアがソフトバンクでなくても利用できる点も嬉しいポイントです。

位置情報の取得は、準天頂衛星システム「みちびき」を使用しているほか、携帯電話の基地局電波やWi-Fi局の電波など、複数の情報を利用しているため、高精度のGPSサービスが利用できます。

注目は、子ども側からも通知ができる機能。
本体中央のボタンを押すだけで、親への通知が可能です。
事前に押す回数などを決めておけば、緊急時の安否確認やお迎え連絡としても使用できます。

さらに、アプリ1つで4台の端末を登録できるのも嬉しいポイント。
兄弟がいても、一度に見守ることができます。
なお、本体はシンプルな角形ですが、別売りのケースを購入すれば、キーホルダー型にもなり便利です。
ただし、連続使用時間は3〜4日と短めです。

 

2.GPS BoT


・発売元:ビーサイズ株式会社
・サイズ:5センチ角 46g
・価格:本体4,800円・月額480円(税別)

GPS BoTは、GPS端末を最初にリリースした、ビーサイズ株式会社というベンチャー企業から発売されている端末です。
登録者ナンバーワンで、GPS精度もよく機能も充実、コスパも良いです。

どこかなGPSと比べると割高に感じますが、初期コストは安く抑えられ、その後は月額料金以外には料金は一切かかりません。

現在は改良された第二世代の機種が販売されており、これまでと比べてかなり安定した高精度な測定が可能となりました。

GPS BoTには、わんぱくなお子さんに嬉しい防水機能がついています。また、充電式ですがバッテリーの持ちが長いのも、嬉しい特徴の1つ。一度充電すれば、最長1か月は連続使用可能なため、災害時や非常時の、電池切れの心配も少なくなります。

お子さん側からの通信機能はなく、ボタン等もないシンプルな端末ですが、丈夫で精度が高いため、安心して長期使用できるでしょう。

 

次に形で選ぶなら、キーホルダー型や腕時計型がおすすめです。
おすすめは「まもサーチ2」(キーホルダー型)か、「OAXIS myFirst Fone R1 」(GPS搭載スマートウォッチ)です。

3.まもサーチ2(キーホルダー型)


・発売元:株式会社IoTBank
・サイズ:5センチ角 46g

多くのGPS端末は、別売りのカバーを購入することでキーホルダーとして利用できますが、まもサーチ2は、キーホルダー型の専用カバー(別売)をつけたまま充電可能というところが優秀です。
料金もリーズナブルで、機能も充実しています。

シリコン製のソフトカバーは、付け外しも簡単で、パープル・ライトブルー・ライトピンク・ブルー・レッドから選ぶことができます。

 

4.OAXIS myFirst Fone R1 (GPS搭載スマートウォッチ)時計型


・発売元:OAXIS ASIA Pte Ltd(日本支社Oaxis Japan株式会社)
・サイズ:腕時計型 53g
・価格:本体20,680円(税込)

スマートウォッチは、通話機能やメッセージ機能を持つ、キッズケータイに変わる端末です。
これまでドコモやauなどの大手キャリアからも発売されていましたが、現在では販売中止となっています。

myFirst Fone R1は、4G回線に対応する最新のスマートウォッチで、機能もかなり充実しています。
GPS機能も標準搭載されているので、スマホ上からお子さんの現在地を確認できます。

多機能で優秀なスマートウォッチですが、利用の際は別途SIMカードの契約が必要になります。
月々の料金は通信会社によりますが、通信料によって数百円〜数千円程度。格安SIMを選べば、そこまで料金は高くないでしょう。

キッズケータイまでは考えていないけれど、通信機能がほしいという方は、検討してみてもいいかもしれません。

使いやすさでえらぶなら「みもり」か、「ファミリードット」がおすすめです。

 

5.みもり GPS


・発売元:DreamArea(マチコミ プロデュース)
・サイズ:5センチ角 48g
・価格:端末価格7,800円、月額680円(税別)

日本最大の不審者情報システム「マチコミ」が開発した見守りサービスで、行政や自治体から発信される不審者情報と連携し、不審者情報が寄せられたエリアに近づいたとき、端末から音声で「この先に行ってはいけません」と警告が出るのが特徴です。

その他、親から簡単な音声メッセージを送ることができたり、子ども側から通知ボタンで現在地を知らせられたりと、便利な機能が満載です。

エコモード利用時には、最大2〜3週間の連続使用が可能なところも嬉しいポイントです。

 

6.ファミリードット (月額無料)


・発売元:ソースネクスト
・サイズ:5センチ角 38g
・価格:端末価格14,880円(税別)

買い切りタイプのファミリードットは、月額無料で料金が発生しないことが特徴です。
そのため、初期費用は高めですが、その後の料金は一切かかりません。

基本的な機能はほぼ備わっており、シンプルな設計のため、初めてでも使いやすい端末です。
オプションで本体に名前や絵柄を印字できるサービス(1,200円)もあります。

機能とコスパ、バランスで選ぶなら、「みてねみまもりGPS」、「soranome」がおすすめです。

7.みてねみまもりGPS


・発売元:株式会社ミクシィ・エンパワーメント
・サイズ:5センチ角
・価格:本体4,752円、月額480円(税別)

みてねみまもりGPSも、基本的な機能はほぼ搭載さたシンプルな端末で、コスパが良いのに性能も高いことがポイント。

5種の衛生基地局のほか、携帯基地局を使用しているため、業界最高品質の位置精度を誇ります。
バッテリーの持ちが最大1か月と長めなのも嬉しい点です。
みてねみまもりGPSは、2021年春からサービス開始です。

 

8.soranome


・発売元:株式会社グローバルコネクション
・サイズ:5センチ角 39g
・価格:本体13200円・月額490円(税抜)
+事務手数料3000円

おすすめ度No1!

soranomeは、「みちびき」をはじめとする複数の衛生基地局を利用するため、高精度な測定が可能。基本的機能は全て揃っており、間違いのない端末です。

SOSボタンも搭載しているため、緊急時にも安心で、水色・ピンク・黄色・グレーと、4色から好きなカラーを選べるのも嬉しいポイントです。

大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」



3-5.プラスαの機能で選ぶ

GPS以外の機能で選ぶなら、キッズケータイなどを利用するのもおすすめ。
「ココセコム」と「キッズケータイ」をご紹介します。

9.ココセコム

・発売元:SECOM
・サイズ:5センチ角 39g
・価格:月額900円〜2,900円(税別)+加入料金5,000円、GPS追加利用1回100円、現場急行10,000円

ココセコムは、セコムから出ているレンタルタイプの携帯用セキュリティ端末です。
電話型の専用端末は、携帯電話より小型の53g。電話型ですが、通話やメールはできません。

本体中央の「通報ボタン」を押すと、保護者に位置情報が通知されると同時に、セコムから緊急対処員が現場に急行します(一回10,000円)。

大手セキュリティ会社が運営しているサービスなので安心感はありますが、GPS利用回数には制限があり、プランの利用回数(900円だと月10回)を超えて利用した場合には追加料金がかかります。

https://www.855756.com

 

10.キッズケータイ


お子さんとの通信機能を利用したい場合は、キッズケータイのGPS機能を利用するという選択肢もあります。

ドコモは「キッズケータイSH-03M」
auは「mamorino5」(マモリーノファイブ)
ソフトバンクは「キッズフォン2」
が最新機種となっています。
どれも、2年契約をすると月額料金は500円前後で、これに24カ月割賦の端末料金が加算されます。

ただし、GPS機能は手軽に使えず、位置情報確認のための有料サービスに「別途加入が必要」だったり、位置情報を確認するたびに「料金が発生」するなど、GPS用に使うにはデメリットも多いです。

また、携帯電話持ち込み禁止の学校では、通学・帰宅の確認には利用できないので注意しましょう。

 

11.goo of things いまここ

goo of things いまここはNTTレゾナンスが新たに展開を始めた見守りサービスです。

GPS端末を持つことで、子どもの居場所をすぐに把握することが可能です。
お手企業が運営することもあり、サービスのクオリティも高く、安心できます。
goo of things いまここの機能

※出展元:【 goo of things いまここ 】


アプリを使って居場所を把握することができます。

一番の特徴は、見守り側が一人ではなく「複数人」可能ということです。
ママだけでなく、パパはもちろん、おじいちゃん、おばあちゃんの設定もできます。

新学年になって新しく習い事を始めた時には持っておきたい端末です。

NTTグループの新しいGPS端末で解約金や最低利用期間の縛りもなく料金もリーズナブルです!

子どものためのGPS端末【 goo of things いまここ 】



子ども用GPSで「安心」を携帯しよう

安心できる子どもGPSを選ぼう!
子ども用GPSおすすめ10選をご紹介しました。
あなたに合う端末は見つけられたでしょうか?
子ども用GPS端末にはさまざまな機能がありますが、価格と天秤にかけ、ご家庭の用途に応じて必要な機能を選ぶとよいでしょう。

子ども用GPSがあると、お子さんと離れていても、安心して見守ることができます。

緊急時には必ず「あってよかった」と思えるはず。この記事が、子ども用GPS選びの参考になりましたら幸いです。

最後に子供用GPSおすすめ比較ランキングを解説します。

 

\子どもGPSおすすめ比較人気ランキングTOP3/

1位の子供用防犯GPS2位の子供用防犯GPS3位の子供用防犯GPS
商品

メーカー
商品名
soranomeどこかなGPSみてねみまもりGPS
楽天で確認する公式HP:
大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」
どこかなGPS 通信機能付きみもりGPS 携帯型GPSみまもり端末
Amazonで確認する公式HP:
大切なお子さまをGPS端末で見守り 「soranome(ソラノメ)」
ソフトバンク どこかなGPS子ども向け「みてねみまもりGPS」

 

上記は元教師の筆者が心からおすすめできる子どもGPSです!

小学校入学前や進学前にぜひ選んで安心して登校できるようにしましょう!

【2021年版】子ども用レッスンバッグおすすめ20選!男の子・女の子に人気のお稽古かばんを解説!

絵の具セットおすすめ人気20選!男の子・女の子・選び方のコツも解説!

 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。