小学1年生で続けやすいおすすめの習い事って何?

小学1年生の習い事の中で、おすすめの続けやすいものはどのようなものでしょうか。
小学1年生になって周りのお友達も習い事を始める子が増えてきている。
ただ、せっかく習い事を始めさせても、続けられないのは親としても残念に感じるもの。

今回は、小学1年生の習い事で続けやすいものについて、お伝えしていきましょう。

"no-img2″
ライオン先生

小学1年生でも続けやすいものを紹介していくぞ!

"no-img2″
スタートゥー

どんな子供の習い事が続けやすいんだろう?

スタートゥーくん

周りのお友達も2,3個習い事をしているって言うし、どんなものがあるか気になるな

小学1年生で続けやすい習い事「ダンス教室」

小学1年生で続けやすい習い事
小学校1年生から体育の授業などで行われるダンス。これに対して興味を持つ子供もいるでしょう。

身体能力をアップさせることも期待できるので、自分で実感できるのも理想的ですよね。
ダンスが上手だと、クラスの子供たちから羨ましいと思われる可能性もあります。
これに対して自信を持てる子供もいるでしょう。

元々ダンスに興味を持っていなかった子供でも、
小学校の体育の授業の間に、ダンスについて興味を持つ瞬間もあるのです。
創作ダンスを運動会などで行うケースもありますよね。
こういう時に、ダンスを習っている子供なら率先して皆を誘導したり、積極的に行動をしたりすることができるもの。
運動を楽しめる自分に対して、嬉しいと感じる気持ちもあるでしょう。
体を動かすのが好きになってくるのも、小学校一年生頃からの子供に多いのです。

 【小学生からダンスを習うメリットは?】

またダンスには様々な種類があります。
ヒップホップダンス、ブレイクダンス、ストリートダンス・・その種類は20種類以上にも上ります。
そのため、子どもがダンスに興味があるとなれば近くの教室でいくつか体験見学をしてみることをお勧めします。

体験をしてみてその種類のダンスが面白い!となれば継続的に通うことができるでしょう。

\子供の習い事の記事はこちらも/
その習い事って意味ある?子供の習い事を「無駄にしない為に」やっておきたいこととは!

小学1年生で続けやすい習い事「ロボット・プログラミング教室」

小学1年生が続けやすい習い事
小学生でプログラミングが必修化してきたということから、
プログラミングを学んでみたいと思う子供もいます。
小学校1年生から、ゲームにはまり始めて、楽しいと感じる子供もいるでしょう。

ゲームの仕組みについて、もっと深く知ってみたいと考える為、
プログラミングについても学びたくなってくるのです。

小学1年生から、パソコンやタブレットに触れている子供もいるでしょう。
子供向けのプログラミングのアプリやサイトなどを教えて、親子で一緒に学んでみましょう。
scratchを使えばプログラミング学習はおうちでできる?

キャラクターを使った子供でも簡単に操作のできるサービスや
一緒にロボットを創っていく教材など様々あります。
子供がプログラミング教室で習ったことを、親に教えるのも素敵な時間ですね。

小学生のロボットやプログラミング教育で重要なことは、
プログラムが書けたということよりも、「プログラミング的思考」を身に着けることになります。
例えば、あるキャラクターがAとBのプログラムの二つを繋げたら
「なぜ、Cという動きをするのか?」を説明できる、というようなことです。

この「プログラミング的思考」が身に付けば他の教科にも役に立ちます/span>。
難しく聞こえますが勉強していけば徐々に慣れていくことでしょう。

"no-img2″
ライオン先生

「プログラミング的思考」について詳しく知りたい方は下記の記事で
詳しく説明しているので合わせて読んでみてくれ!

現在多くの子供のロボット教室とプログラミング教室があります。
教室にもよりますが、小学生低学年はロボット教室、
高学年になるにつれてプログラミング教育を教える教室が多いです。

そのためまずは、近くの教室で体験教室を受けることをお勧めします。
体験や見学をしたうえで子供が楽しそうであれば引き続き通うといいでしょう。

\おすすめのロボット教室とプログラミング教室の記事はこちら/
自考力キッズに行ってみた感想!評判・口コミ・デメリットは?
【体験談】リタリコワンダーの評判・口コミ・感想はどう?合う子、合わない子がいる理由とは!

英会話教室

子どもの英会話教室
耳で覚えるという意味でも、小学校1年生から英語・英会話を習うのは理想的でしょう。
英語には、多くの魅力があるので、飽きるケースが少ないのです。

最初はアルファベットや単語から覚えていき、段々と英語の世界を深く知っていくなかで、
自信を持てるようになる子供は多いでしょう。
英語をスクールで学び、自宅にて「ママと英語で会話してみよう」と言いながら、英語で話してみるのも、楽しい時間になるはずです。

また、小学生低学年からでも受けられる検定で「英検Jr.(ジュニア)」というものがあります。
\小学生低学年でも取りやすい英検Jrとは? /

英語は話すだけではなく、検定などとも合わせると子どもの自身やもっと知りたい!という意欲になるでしょう。

ただ、やはり言葉というものは、(英語に限らず)毎日使わなければ覚えず、上達しないものです。
毎日英語を使うという意味では、30分程度でも英会話を楽しみながらできるオンライン英会話もおすすめです。

メリットは何と言っても費用ですね。
通う英会話教室よりもオンライン英会話教室の方が安いことが多くあります。
移動時間や交通費がないこともママにはやさしいですね。

\子供のオンライン英会話の記事はこちら/
小学3年生がDMM英会話を1年利用中!メリット・デメリット・特長を詳しく解説

小学1年生の習い事は続けやすいものがベスト!

小学1年生が続けやすい習い事とは
小学1年生は「初めての習い事」になる可能性もあるので、
できるだけ続けやすいものを選ぶようにしましょう。

習い事は始めることよりも、「続けることが大切であり、大変です」
場合によっては飽きないように、親として工夫をするのも必要ですね!

\子供の習い事を続けやすくするために/
子供の習い事を親が決めて失敗する理由とは?【体験談】

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。