「ネイティブ講師と日本人講師」子供の習い事で英語を習うならどっちがいい?

子どもが小学生になったときや、中学生に上がったタイミングで、
「そろそろ子どもに英語・英会話を習わせた方がいいのかな..?」と考えることもありますよね。

その時に一番悩むのが「ネイティブの講師」と「日本人講師」どちらに英語を習ったほうがいいかなことです。

せっかく英語を習うのだから「ネイティブ」の外国人講師がいいと思うのも無理はありませんが、
実は「ネイティブ講師にも日本人講師」にもそれぞれにメリットがあります。
両者のメリットを知ることで、どちらの英語教室がいいかを選択しやすくなるはずです。

そこで、今回は、子どもの英会話で「ネイティブ講師と日本人講師」どちらが良いか確認しておきましょう。

この記事がおすすめの方は?

子どもの英会話教室をどこにしようか悩んでいる…
「ネイティブ講師と日本人講師」どっちがいいのかしりたい!
メリット・デメリットを教えて!

子どもの英会話「ネイティブ講師と日本人講師」どっちがいい?

子供の英語はネイティブ講師と日本人講師どちらがいい?
2020年から小学校での英語学習が「必修化」になる事もあって、
子供の英会話教室に通う家庭もどんどん増えています。

子供の英会話教室を探していると、
「ネイティブスピーカーの外国人講師」が多数在籍しているということを売り文句にしている教室が目立ちます。

もちろんネイティブ講師の方が「発音」という意味では圧倒的にいいことが多いでしょう。
ただ場合によっては、子供が英語を習うからこそあえて日本人講師を選択したほうがいいケースもあるのです。

必要な事は、子どものタイプに合った「英会話教室」を選択していくことです。
それでは、それぞれのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

ネイティブ講師の「メリット」は?

子供の英会話ネイティブ講師のメリットは
まず最初に、ネイティブ講師のメリットはどのようなことがあるのか?
確認しておきましょう!

本場の英語の発音を学べる

子供が英語をネイティブ講師の授業を受けることの最大のメリットといえば、
やはり本格的な「英語の発音やアクセント」を学ぶことができることです。

日本人の苦手な「L」と「R」の発音の違いなどは幼少期にネイティブの発音を聞いておくことが重要になります。

生きた英語を学べる

また言葉は日に日に進化していくものです。
日本語でも教科書に載っているけど、
「この表現は普段使わないな..」という言い回しもありますよね。

特に日常会話では、「自然な英語の使い方」があります。
教科書には載っていないけど、普段よく使うような、
英会話の流れや自然な会話を意識させたい場合には
ネイティブの普段から使い慣れている生きた英語を聞くメリットは大きと言えるでしょう。

外国の文化を知ることもできる

ネイティブ講師は、海外で育って英語を習得しています。
その為、日本の文化との違いや習慣の違いも多く知っています。

好奇心旺盛でなんにでも関心を抱く世代の子供の場合、
子供は普段とは違う文化や習慣を知ることで、
「外国にはそんな文化があるのか―!」
「海外のコミュニケーションは面白いな!」
と興味を持つきっかけにもなるでしょう。

そうすることで、更に英語に興味を持って熱量高く学習できることが期待できます。

そして、外国の人と英語でお話をすることができたという結果が、
子供に大きなインパクトを与え「自信」へと繋がっていくのでしょう。

小学生の英語必修化の記事はこちらも
小学生の英語必修化の正しい認識はコレ!2020年に備える方法は?

日本人講師の「メリット」は?

子供の英語日本人講師のメリットとは
次に日本人講師に英語を教わる「メリット」を確認しておきましょう。

日本語が話せる安心感がある

子供のが英会話を習い事にする場合、よくあることが、
「恥ずかしがってなかなか話し出せない…」
「英語だけ話す講師だと戸惑ってしまう…」
「外国の方だとどうしても緊張してしまう..」
ということです。

日本人講師の場合、日本語も交えて英語を教えてくれます。
その為、子どもも日本語も英語も話せる講師である方が安心して会話できる場合が多いです。

日本人が「苦手」とする部分が理解できる

日本人講師の場合、日本人にしかわからない、「苦手」とする部分を理解しています。

「多くの日本人はここの発音が苦手」
「この文法の使いかたが躓きやすい」と理解しているのです。
そして、「英語の発音の練習方法」や、「文法の仕組み」や「言葉の覚え方」を熟知しています。

その経験を活かしたアドバイスや指導を行うことができ、
子どもの適性に合った指導ができるでしょう。

教育のプロであるケースが多い

日本人講師は、大学などで教育学を学んでいるケースが多いです。
その為、英語を教えるのはもちろんですが、「子どもの教育」のプロでもあります。

その為、分かりやすい教え方で、「日本人の子どものどのように教えるべきか?」
を把握してます。

その他にも、
「受験のためにはどのレベルの英語力をつけるべきか?」
「英検合格のポイント」
「小学生の英語はどこまでやればいいか」
を理解しているので子どもに合った学習を進めていけるでしょう。

\小学生のうちからやっておきたい英語学習は?/
英語を上達させるために小学生のうちからやっておきたいこととは?
次にそれぞれのデメリットも確認しておきましょう。

ネイティブ講師の「デメリット」は?

ネイティブ講師のデメリットは?
ネイティブ講師の「デメリット」はどんな事があるのでしょうか?

英語だけのレッスンになる

ネイティブ講師の場合、日本語は話さず「英語だけ」でのレッスンになります。
その為、初めての英語のレッスンでネイティブ講師だと緊張して話せないということもあります。

子供が慣れない環境だと戸惑ってしまうというタイプの家庭では、「日本語も話せる講師」がおすすめです。

教育のプロではない場合も

ネイティブ講師の場合、日本の教育には疎いこともあります。
つまり、「日本の受験で出やすい英語」や「検定」「子どもの教え方」などは知らない場合が多いでしょう。

小学生におすすめの英語のドリルはこちらも
小学生の英語ドリルおすすめ5選!2020年の英語必修化に備える方法とは?

日本人講師の「デメリット」は?

子供の英語日本人講師のメリットとは
次に日本人講師のデメリットはどのようなことがあるのでしょうか?

逃げで日本語を使ってしまう場合も

日本人講師の場合、「日本語が話せること」がデメリットになる事もあります。

講師が日本語が話せるがゆへに、いざ英語が分からない時に
「分かりません..」と日本語を使ってしまうことも。
これが癖になってしまうとなかなか英語が身につかないのではないでしょうか。

この辺りは日本人講師とコミュニケーションを取って教え方を確認しておきましょう。

発音が本場ではない

日本人講師の場合、発音はネイティブ講師に劣ってしまうこともあります。
これは、本場の発音ではないというデメリットにはなるのですが、
日本人である分、スピードがゆっくりなので、子どもには理解しやすい英語のスピードになることも。

異文化を知らないことも

日本人講師の場合、幼少期を日本で育った講師が多いです。
その為、外国の異文化や習慣を知るきっかけにはならいことも。

ただ、留学や数年海外で過ごしたという日本人講師は多い為、
その辺りは教室に体験に行ったときに講師の経歴などを確認してみましょう。

子供の英会話はこちらの記事も
DMMこども英会話の「デメリット」は?他のオンライン英会話とも口コミ・料金を比較!
次にネイティブ講師の評判を確認しておきましょう。

ネイティブ講師の評判・口コミは?

ネイティブ講師の評判
実際にネイティブ講師の英会話レッスンを受けた家庭の評判を確認しておきましょう。

ネイティブ講師の口コミ
発音がめちゃくちゃ良くなった!
外国のネイティブ講師がいる英会話教室に通ってから発音が非常に良くなりました。
それまでは大学生の日本語講師に教わっていたのですが、
やはり本場の英語を聞くと違うなと感じています。
発音だけではなくてヒヤリングの力も伸びているので
引き続きネイティブ講師にお願いしようと考えています
(小学5年生 保護者)

ネイティブ講師の評判
英語への興味度が増した!
ネイティブ講師に英語を教わってから外国や英語に対しての興味関心が非常にましました。
「映画も字幕で見るようになったり」、「海外の文化を調べたり」
「将来は外国で働きたい」と発言するようになってきました。
子供の良い刺激になっています(小学4年生 保護者)

ネイティブ講師の評判は?
緊張して慣れるまで話せなかった..
ネイティブ講師に教わっていたのですが日本語を話せない講師のため
子供がどうしても分からない時に困って無言の状態が続くことがあります。
そのため最近は日本語も話せる講師に変えてもらっています
(小学2年生 保護者)

日本人講師の評判・口コミは?

子供の英語日本人講師のメリットとは
次に日本人講師の英会話レッスンを受けた家庭の評判を確認しておきましょう。

日本人講師の英会話レッスンの評判は
安心感がある
初めての子供の英会話ということもあって日本語講師にしました。
日本語を交えて教えてくれる分、子供も「安心感」があります。
そのため元気よく英語を発音したり先生と仲良く話して見て英語も身に付いています。
初めての英会話は日本語講師がお勧めできます(小3 保護者)

日本人講師の英会話レッスンの評判は
細かい部分まで教えてくれる
日本語講師ということもあって、日本の子供が苦戦する英語の発音の仕方や文法を知っています。
そのため注意しなければならないところを細かく教えてくれるので助かっています。
ただ発音も良くなってほしいという思いはあるので
基礎ができてきたらネイティブ講師に移行しようかと考えています(小4 保護者)

日本人講師の英会話レッスンの評判は
ついつい日本語を使ってしまう。
子供も分からないことがあるとついつい日本語を使ってしまいます。
そういう意味では逃げ場のないネイティブ講師に教わるのもありかなというふうに考えています。
最近ではオンライン英会話で英語しか話せない講師も
たくさんいるのでそちらも使ってみようかと考えています。

子供のオンライン英会話はリーズナブルに英会話ができます。
【体験談】子供のオンライン英会話の効果ってどう?3年間使ってみた結果

英語講師は子どもの「年齢や性格、どこを目指すか」で選択する

子供の英語は日本人講師とネイティブ講師どっちがいい
ネイティブスピーカーの英語講師にも、日本人講師にもメリットがあります。

小さいうちは英語圏の文化に慣れ、
英語に親しむという点でネイティブスピーカーの講師を選択してもいいでしょう。
少し大きくなってきて語学として英語を学び、受験対策などを目的とするのであれば、
日本人講師のほうが痒い所に手が届く指導をしてくれることもあります。

英語の先生との相性もありますので、いろいろな教室に体験に行ってみることをおすすめします。

\小学生の英検の記事はこちら/
小学生の「英検は何級」を目指すのがベスト?合格のためにやっておきたいこととは
そして、まずはどちらも体験教室に行くことがおすすめです。
子供の英語教室を探す際には、「日本人講師がいいか?ネイティブ講師がいいか?
ということを念頭に置いて無料体験を使ってみてください。
(中には両方のプログラムを受講できる教室もあります)

その英語の体験教室で子供が授業を受けてみて「毎週楽しく通えそう」と感じれる教室も重要です。
ネイティブ講師で普段とは違う雰囲気の先生がいいという子供もいれば、
日本語で質問がしやすい日本人講師がいいという子供もいるでしょう。

一度、親子で体験授業に行き見極められるといいですね。
子供の英会話教室を探す場合にはまず体験教室に行ってみてください!
全国1300教室の子ども英会話教室←まずはここがおすすめ

"no-img2″
編集長

オンライン英会話であれば下の3つがおすすめ

【評判】ハナソキッズ(hanasokids)の特長・口コミは?DMM英会話との比較も
【人気記事】LEARNie(ラー二―)の評判口コミ・特長はどう?|小学生専用オンライン英会話|
【おすすめ記事】グローバルクラウンの評判口コミ・料金|安くはない理由とは?

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。