【子供の習い事】ダンスはいつからが理想?

子供の習い事でダンスはいつから始めるのが理想的なのでしょうか。

子どもの習い事でも人気が上昇しているダンス。
最近では、憧れのアイドルグループやアニメを見てダンスを始めたいと考えることも多いです。
親御さんの中にも、例えばk-POPにはまってダンスを始めているという方もいるのではないでしょうか?

ただ、子どもが「ダンス教室に通いたい!」と言い出した時や、「ダンスを習わせたいな」と思ったときに、
いつから通えるのかな?と考えることもありますよね。

そこで今回は、キッズダンスはいつから始めるのがいいのか?解説していきます。
この記事ではダンス教室を運営する筆者が伝えしていきます。

この記事がおすすめの方は?・ダンス教室がいつから通えるのか知りたい
・子供がダンスに興味がある!
・ダンス教室について知りたい!
という方向けです。

【関連記事】運動の得意な子どもになって欲しい!おすすめのスポーツ系習い事とは?

ダンス教室講師が選ぶ子どもにおすすめのダンスシューズランキング20選はこちら

ダンス教室に通えるには早くて3歳頃から

子どものダンスはいつから?
子どもにとって簡単なキッズダンスであれば幼児期からなじみがあります。
幼稚園で先生と踊ったり、キャラクターが踊っている番組をみて一緒に体を動かしてみたりとしているものですよね。

実際にキッズダンス教室では3歳頃から募集をしています。
また、まれに個人ダンスであれば1,2歳頃から教室を開いていることも。
ただ、1,2歳頃の子どもは成長に差があります。

周りの子どもがやっているから、と比較して比べてしまわないように注意しましょう。
焦ってダンスを無理強いしても嫌がったり、トラウマになってしまうケースもあるのです。

3歳前後を目途にお子さんの成長に合わせて判断していきましょぅ。

集団ダンスの場合は年中さんごろから通う子どもが増えてきます。
そしてキッズダンスを始めるのが一番多いのは小学校に入学してからです。

ダンスで全身運動をすることでゴールデンエイジ期の子にもいい影響があります。

子供のダンスはいつから?・個人ダンスの場合は1,2歳からでも可!
・集団ダンスの場合は年中さんごろからも可!
・一番多いのは小学生になってから通う子が多い!

早くやりたければリトミックもおすすめ

子どものダンス2歳からでもできる
ダンス教室に早い時期(幼児)から通いたい場合にはリトミック教室にいくのもおすすめです。

リトミックは音楽に合わせて身体を動かしていきます。

リトミック教室に通うメリットは
・全身運動ができる
・音感が身につく
・親子でできる
・ストレス発散になる
と多くあるのです。

ダンスのように難易度は高くなく、最初はリズムに合わせて手を叩いたり、足踏みしたりとはじめてのこでも楽しみながら取り組めるでしょう。
リトミックで楽しめるようであれば、ダンス教室に通っているのもおすすめです。

幼児期でダンス教室に入れない場合は、リトミック教室に行ってみるのもいいかもしれませんね!
【関連記事】リトミックをおすすめしたい理由やその効果とは?

最も多いのは小学生になってから

子どものダンス習い事


キッズダンス教室に通うのが一番多いのは小学3年生頃からです。

小学生になると、好きなアイドルやアーティストのダンスに興味を持つこともあるでしょう。
最近では、NiziUやAKBグループなど可愛いダンスを真似することも増えているのではないでしょうか?
ダンスをしている芸能人の姿を見て「かっこいい!」「可愛い!」と思い、習いたくなる子も多いです。

振りつけをいつの間にか覚えている子供もいますよね!
この姿を見た時に「ダンススクールに行ってみる?」と言えば、子供は「通いたい!」となることもあるはずです。
目標にしたい憧れの存在ができると「自分もいつか、あんなふうに踊れるようになりたい!」と思い長続きする可能性が高まります。

小学生になると、集団のダンススクールで習う場合もあるので、協調性を身につけられるメリットもあるでしょう。
小学生からダンスを習うメリットと教室の選び方とは?

キッズダンスを始めるメリットは?

子供の体操教室
子どもの習い事でダンス教室に通うメリットは多くあります。

ダンス教室に通うメリット・全身運動ができる
・リズム感が身につく
・表現力が身につく
・協調性が身につく
・度胸が身につく

ダンスを習うことで全身運動ができます。
ゴールデンエイジ期の子どもにとっては、全身運動することで身体の使い方を学べます。

また、リズム感がつく事で他のスポーツにも役立つでしょう。
例えば、バスケットなどはリズム感も重要と言われます。

そして、人前でダンスを踊る事で表現力や度胸も身につきます。
ダンスチームに所属する場合には、踊りを合わせる必要があり、チームワークも身につく効果(メリット)もあるのがダンスです。

子供がダンスを始めるときの準備は?

子供がダンスを始めるときの準備は
初めてダンス教室に行くときにはどんな準備が必要なのでしょうか?
一般的にこれさえあれば大丈夫!というものを紹介いておきます。

ダンス教室にいくときの準備1.Tシャツ(動きやすいもの)
2.ダンスシューズ(室内履き)
3.ジャージ
4.タオル・飲み物

ダンス教室に行く場合、ダンススタジオでレッスンをすることになります。
音楽に合わせて体を動かすので子どもによっては、大量に汗をかくので、汗を吸収しやすいTシャツやタオルは持っていきましょう。
そして思っているよりも水分が出ていくので飲み物も事前に準備しておくとよいです。
ダンスシューズは専用のものを購入しておくとよいですね。

キッズ向けおすすめのダンスシューズはこれ

ダンス教室講師が選ぶ子どもにおすすめのダンスシューズランキング20選はこちら

まとめ:キッズダンスは興味を持った時がスタート時期に!

子どもダンスに興味をもつ
子供がダンスをいつから始めるのかは、その子によりかなり個人差があります。
大切なのは、子どもが興味を持っているかどうかですね。そうでなければなかなか続けることが難しくなります。

最近では「キッズダンスコンテスト」や「アーティスト」がカッコイイダンスを踊っているのをみて憧れて興味を持つ子供もいます。

一度興味を持ってしまえば、たとえ、始めるのが遅くても子供は柔軟性があるので「始めるからには頑張ってみよう」と思い熱中して継続するこが多いです。

キッズダンスウェアおすすめ25選!人気の韓国風・ナイキ・選び方も解説!

まずは近所の教室で体験や見学に行ってみることをお勧めします。
その見学で子供がダンスを楽しめそうか?を見きわめてみてください!



学習プリント(幼児~小学生)無料DL

学年別にプリントを探す

学年別プリント一覧教科別プリント一覧

幼児教材プリント

あいうえお表カタカナ表学習ポスター迷路プリント 簡単編迷路プリント 普通編アルファベット表ローマ字表

小学生 国語

ひらがな

ひらがな練習プリントひらがな全体のプリントひらがな表 ひらがな ならびかえひらがな 促音・拗音 ひらがな 長音ひらがな 数 ひらがな 曜日ひらがなパズル

カタカナ

カタカナ練習プリントカタカナ全体のプリントカタカナ表カタカナならびかえカタカナ 促音・拗音カタカナ 長音カタカナ 動物の鳴き声カタカナ 国名カタカナパズル

漢字

小学生漢字一覧表 小学1年生漢字テスト 小学2年生漢字テスト 小学3年生漢字テスト 小学4年生漢字テスト 小学5年生漢字テスト 小学6年生漢字テスト 都道府県の漢字テスト

語彙文法

小1語彙文法小2語彙文法小3語彙文法

文章読解問題

小1文章読解問題

小学生 算数

毎日計算ドリル(計算問題メーカー)小1算数プリント(練習問題)小2算数プリント(練習問題)小3算数プリント(練習問題)小4算数プリント(練習問題)小5算数プリント(練習問題)小6算数プリント(練習問題)九九表

小学生 英語

スタペンドリル英語英単語練習プリント(835語)アルファベット表(かわいい)ローマ字表アルファベット練習プリント英語罫線(けいせん)ノート月・曜日・季節・天気の英単語数字を英語で覚える英語であいさつをするbe動詞+形容詞の使い方be動詞+形容詞の質問be動詞+名詞の使い方haveを使う練習プリントLikeの英語練習プリントwantの英語練習プリント

小学生 社会

日本地図のプリント世界地図のプリント小3「社会」学習プリント小4「社会」学習プリント小5「社会」学習プリント小6「社会」学習プリント小学生「地理」プリント小学生「歴史」プリント小学生「公民・政治」プリント歴史年表ポスター小学生「歴史年表」テスト問題

小学生 理科

小3理科プリント小4理科プリント小5理科プリント小6理科プリント

プログラミン学習

scratch無料教材scratchの使い方キャッチゲームの作り方シューティングゲームの作り方

小学生 音楽プリント

音楽学習プリント一覧楽譜の学習プリント臨時記号のプリント音名のプリント音符・休符のプリント拍子の学習プリントアーティキュレーション記号のプリント音楽記号のプリント

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。