感覚過敏を知っていますか?感覚過敏の子供へ適切な対応法も解説!

「大きな音をとても怖がる」
「晴れた日にカーテンをすぐに閉めたがる」
「苦手な人のそばには絶対に行かない」
「嫌いな食べ物は絶対に食べない」
「洋服のタグをすごく気にする」
お子さんのこんな行動に思い当たる方はいらっしゃるのではないでしょうか?
こうした行動はもしかすると感覚過敏によるものかもしれません。

感覚が過敏すぎるせいで日常生活に支障をきたしてしまう感覚過敏。
子供は上手く言葉で表現できませんが、実は感覚過敏で苦しんでいる子は多いのかもしれません。

そこで今回は子供に見られる感覚過敏の症状や原因、望ましい対処法について詳しく紹介します。
「どうしてこの子はこんなに敏感なんだろう?」と気になっている方はぜひ読んでみてください。

この記事の筆者は元小学校教員のライター、イズミックスです。学生時代は児童養護施設や不登校児童生徒のための適応支援教室でボランティア活動を経験。大学卒業後は8年間小学校教員として勤務。現在は子供の生活や教育問題に関する記事を執筆しています。中学生と小学生の母。

感覚過敏とは?

感覚過敏とは、感覚が敏感すぎて人よりも強い刺激として感じられる状態です。
ここでいう感覚とは、まずは一般的な五感(視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚)が挙げられます。
その他にも平衡感覚音感温度差痛みなどを人より強く感じることも感覚過敏に含まれる状態です。

感覚過敏がない人には何でもない刺激でも、感覚過敏の人は強い刺激として受け止めてしまいます。
ですから人よりも生活で不快や苦痛を感じることが多いのです。

家庭と違って幼稚園や保育所、学校は人が多く、その分多くの刺激であふれる場所。
何らかのサポートがないと、感覚過敏の子供は我慢ばかりを強いられることになります。
ですが大人がその子がどんな感覚過敏があるか理解し、適切なサポートをできれば子供の負担は軽減可能です。
そのためにも大人は感覚過敏について、きちんと理解する必要があります。

ところで感覚過敏と聞くと、その人の全部の感覚が過敏なように聞こえますよね。
ですが感覚過敏の人は必ずしも全ての感覚が過敏なわけではありません
一つの感覚だけ過敏だったり複数の感覚が過敏だったりと、その人によって違いがあります。
ですから、その子の過敏な感覚についてだけサポートすればよいということです。

発達障害の子に多く見られる

発達障害を持つ人には感覚過敏の特性が見られる場合が多くあります
とくに自閉スペクトラム症(ASD)特性のある人は、90%が何らかの感覚過敏を持ち合わせているという調査結果も。

ですが感覚過敏があれば必ず発達障害を併せ持つというわけではありません
通常発達の人でも感覚過敏がある場合も多くあります。

感覚鈍麻も感覚における問題

感覚過敏と同じように感覚の問題として取り上げられのが感覚鈍麻です。
感覚鈍麻は感覚が鈍いことから生活に支障が出てくる状態

例えば視覚に感覚鈍麻がある子が教室内を移動するとします。
視覚の感覚鈍麻の子供は目的地だけが目に入り、他のものが視覚に入らないのが特徴の一つです。
ですから人や机などにぶつかることが多く、クラスメイトとトラブルに発展してしまうことがよくあります。

感覚鈍麻も学習や生活に支障をきたすことが多い状態。
感覚の鈍さをカバーするようなサポートが必要といえます。

子どもが太り気味?食事制限は必要なの?正しい対処法を管理栄養士が解説!

感覚過敏の原因は脳の特性

子供の感覚過敏や感覚鈍麻の原因と考えられているのは、生まれつき持っている脳の特性です。
人間は音や光、匂いなどの刺激を受けた後、一度脳で処理することで初めて認識します。
ですから同じ大きさの音を聴いても、その人の脳の処理の仕方で感じる刺激が大きく違ってくるのです。

通常の感覚の人なら「ちょっと大きいな」ぐらいに感じる徒競走のスタートのピストル音。
ですが感覚過敏の人には爆発が起きたように聞こえてしまいます。
これは感覚過敏の人の脳が、ピストル音をそのように処理してしまうからです。

感覚過敏は脳の特性ですから、病気というわけではなく、むしろその人の個性ともいえます。
もちろん薬や治療で治せるものではありません。
ですから感覚過敏を持った人の苦痛をなるべく少なくなるように、生活をサポートするのが基本的な対処法になります。

ですが素人判断ではなかなか判断はつかないものです。
気になることがあれば子供の発達に詳しい小児科や発達の相談ができるところに相談してみるとよいでしょう。

気分や体調でも刺激の強さが変わってくる

脳の特性が主な原因である感覚過敏ですが、その時の気分や体調で感じる刺激の強さも変わってきます。
不安な状態や体調が悪いと嫌な刺激をより強く感じてしまうことに。

また夢中になって何かに取り組んでいれば、強い刺激を感じずにすむことがあります。

3歳から8歳はとくに感覚が敏感

人間は3歳から8歳まではとくに感覚が敏感な時期です。
これは感覚過敏の人もそうでない人にも当てはまります。

例えば、この時期の子供は辛味や酸味、苦味を感じる感覚が大人よりも強いので、こういうものをあまり好みませんね。
大人になると味への感覚が鈍感になるので、辛いものや酸っぱいもの、苦いものを美味しいと感じるのです。

また我が家の息子は低学年の時まで髪をブラッシングする時に、大人なら気持ちいいと感じるブラシの毛先をとても痛がりました。
痛みを感じる感覚が今より敏感だったと思われます。

3歳から8歳までは感覚過敏でない子でも刺激を強めに感じて、嫌な思いをすることが多い時期です。
ましてや感覚過敏の子供がかなり苦痛を感じていることは想像に難くないといえるでしょう。

この時期に我慢をさせることで、子供はよりその感覚を強く意識してしまうことになります。
その結果、さらに感覚過敏の度合いが強まる結果に。
ですから、なるべく子供が苦痛を感じないような対策をしてあげることが重要です。

発達障害の子に公文式はありなし?メリットとデメリットをスクールカウンセラーが解説

散髪が苦手な発達障害の子のヘアサロンデビュー!事前準備や乗り切る為の7つのコツを解説!

 

子どもの感覚過敏の症状や対処法

それでは主要な感覚過敏である五感について、苦手なことや適切なサポート(対応)を紹介します。

視覚

苦手なこと

  • 光をまぶしく感じる。
  • パソコンやテレビを見続けるのがつらい。
  • 苦手な色がある。
  • 人ごみなどたくさんのモノが動く場面を見ると、とても疲れる。
サポート(対応)の方法

  • サングラスをかける。
  • 目が疲れる掲示物が見えにくい席にする。
  • 間接照明など暗めの照明にする。
  • パソコンやテレビの画面を暗めにする。

聴覚

苦手なこと

  • 突然の大きな音が怖い
    (サイレン・校内放送・花火・スピーカー・マイク・赤ちゃんの泣き声・怒鳴り声など)
  • 時計の音、換気扇の音などの機械音が気になる。
  • にぎやかな場所では音を聞き分けられない。(全部の音が耳に入ってくるため)
サポートの(対応)方法

  • 大きな音から離れさせる。
  • ノイズキャンセラーやイヤーマフ、耳栓を使わせる。
  • 行事などで大きな音がする時はあらかじめ教えておく。
  • 好きな音楽を聞かせて、嫌な音をまぎらわさせる。

嗅覚

苦手なこと

  • 特定の匂いが苦手。
    (柔軟剤、石鹸、香水、タバコ、花、線香、特定の乗り物、特定の食品など)
  • 匂いの強い場所にいることができない。
    (食品売り場、特定の乗り物、化粧品売り場、動物園など)
  • かすかな匂いにも気づいてしまう。
サポート(対応)の方法

  • 苦手な匂いの場所は避けさせる。
  • マスクをさせる。
  • 好きな匂いのものを持ち歩いて、苦手な匂いがしたら嗅がせる。

味覚

苦手なこと

  • 特定の味が苦手。
  • 特定の食感が苦手。
    (ブロッコリーの粒が苦手、揚げ物の衣が口に刺さる感じがする、ゴムを食べているように感じるなど)
  • 食べ物の味が混ざるのが苦手。
  • 化学調味料が入っていると食べられない。
サポート(対応)の方法

  • 苦手なものを無理に食べなくてもよいとする。
  • 給食を食べられなければ弁当にする。
  • 体調のいい時位に調理法を変えて試しに食べてみる。(調理法が変われば食べられる場合がある)

触覚

苦手なこと

  • 着ていられない服や靴下、下着、靴がある。
  • 洋服のタグや縫い目を痛がる。
  • 手や身体が濡れたり、ベタベタしたりするのが気持ち悪い。
  • 体に触られることが苦手。
  • 爪切りや髪のブラッシング、歯の仕上げ磨きなど、人にされることが苦手。
サポート(対応)の方法

  • 本人に着られるか試着させてから衣料品や靴を購入する。
  • 気に入った服があれば、複数購入しておく。
  • 洋服のタグを外す。
  • 体に触る時はあらかじめ声を掛ける。
  • 周りの友達や先生にも急に触らないようにお願いする。

感覚過敏への基本対応は嫌な感覚から遠ざけること

感覚過敏は嫌な感覚を我慢することで、さらに過敏の度合いが強まります。
ですから子供が嫌な感覚を強く意識しないでいられる状態にすることが大切です。

嫌な感覚から離す

「大きな音がするものに近づかせない」「特別教室など苦手な場所に連れていかない」「苦手な食べ物を食べさせない」「洋服のタグを外す」など、嫌な感覚から距離をとるようにします。

感覚過敏を和らげる方策を使う

聴覚過敏の子共には音を遮断するノイズキャンセラーイヤーマフ耳栓を、視覚過敏で強いまぶしさを感じる子供にはサングラスを使わせるなどして、感覚過敏の苦痛を和らげる方策を使いましょう。

安心材料を作る

①刺激を予告する
感覚過敏の子は急な刺激にすごく弱いもの。
ですが刺激の予告をすることで少し苦痛が和らぐことに
例えば人から触られることが苦手な子には「今から肩に手をおくよ」と予告すると、急に触られるよりも刺激は弱まります。
また、この刺激がどれくらいの長さが続くかを教えてあげるのも有効です。

私たちが歯医者で治療を受ける時に、先生は「ちょっとだけ痛いよ」「響くような感じがするよ」と予告してくれますよね。
予告されているだけで、恐怖心はだいぶ違ってきます
同じように感覚過敏の子にも「どれくらい我慢すれば終わる」という目安を与えてあげることが大事です。

②安心できる人と行う

嫌な刺激があっても安心できる人といることで、刺激が弱く感じられます
大きな音が苦手な子がいたら、運動会の時はなかよしの友達と近くの席にしてもらえれば苦痛は少しは改善されるでしょう。

③安心できる場所やモノを作る

感覚過敏の人は、静かで周囲の刺激から守られるような囲まれた場所を好みます。
イメージとしては子供用のおもちゃのテントダンボールハウスといった感じです。
そういう辛くなったら逃げ込めるスペースが教室にあるとずいぶん楽になるでしょう。

なかなかそこまではできない場合は、触り心地のよいもので心を落ち着かせるのも一つの方法です。
手触りのよい布製品スライムなどを触ると落ち着くという子もいます。
ポケットや机の中に入れておいて、刺激が辛い時に触るとよいでしょう。

\おすすめのおもちゃハウス/

キッズテントおすすめ人気ランキング30選!折りたたみ・おしゃれ・男の子・女の子・選び方も解説!

保育所や幼稚園、学校へ相談する

家庭では子供が嫌がる刺激をある程度取り除き、落ち着ける環境を作ることはそれほど難しくありません。
ですが保育所や幼稚園、学校では人が多く、様々な活動があるので、辛い刺激を我慢しなくてはいけないことも多いでしょう。
ですから子供に感覚過敏がある場合は、保育所や幼稚園、学校に相談して、何らかの配慮をしてもらうようにお願いすることが大切です。

繊細さんHSPとの違いは?

最近、「繊細さん」として関連書籍も多く出版されているHSP(Highly Sensitive Person)。
HSPとは非情に感受性が強く繊細、そして周りの空気を読み過ぎてしまうので非常に疲れやすい人のことです。
HSPの人の中にも音や光、匂いなどの刺激に非情な敏感な人が多くいます。

HSPの人は、人の気持ちや音や光などの刺激を感じる脳の領域の活動がとても活発です。
こちらも感覚過敏と同じように生まれながらの脳の働きの特性。
全く同じではありませんが、似たような仕組みで起きているといえるでしょう。

感覚過敏は才能でもある

人よりも強く刺激を感じる感覚過敏は生活で苦痛を感じることが多く、困ったこととばかり考えられがちです。
ですが感覚が鋭いということは一つの才能でもあります。

聴覚過敏がある子供が大きな音を嫌がるのは、とてつもなく大きな音に感じられるから。
ということは通常の感覚の人より、小さい音もよく聞き取ることができます。
こうしたことは音楽の仕事や機械製作の仕事をする上で非常に役立つ能力です。

また味覚過敏の子供の感覚の鋭さは、将来料理や食品開発の分野で強い武器になるでしょう。

感覚過敏はそこから生じる苦痛や生活上の支障さえクリアできれば、その子の優れた特性として生かすことができるもの。
その才能をつぶしてしまわないように大人は感覚過敏をしっかり理解し、その子に一番適したサポートをしていく必要があります

子ども用お手伝いグッズおすすめ人気ランキング15選!料理・掃除・踏み台・選び方のコツも解説!

まとめ:子供の辛さを大人が気づいて適切なサポートを

今回は子供の感覚過敏について紹介しました。
感覚が鋭すぎることで、人より刺激を強く感じる感覚過敏。
今まではあまり問題視されていませんでしたが、実は毎日つらい思いをしている子供は多いのかもしれません。

一番感覚が敏感な時期である3歳から8歳の子供は、自分のつらさを上手く言葉で表現できない場合がほとんどです。
この時期に我慢をさせ過ぎると、感覚過敏の強さはより強まります。
また感覚過敏を我慢し続けると子供が疲弊し、最終的には不登校につながるケースも…。

大人は子供のつらさに気づいて適切なサポートをすることが必要です。
またお子さんに気になることがあれば、小児科や保健所、発達の相談ができる機関に相談することをおすすめします。

この記事の筆者は元小学校教員のライター、イズミックスです。学生時代は児童養護施設や不登校児童生徒のための適応支援教室でボランティア活動を経験。大学卒業後は8年間小学校教員として勤務。現在は子供の生活や教育問題に関する記事を執筆しています。中学生と小学生の母。

子供のADHDを正しく理解して!適切なサポートの仕方とは?

 
発達障害の種類と特性とは?親ができるサポート対応を専門家保育士が解説!


学習プリント(幼児~小学生)無料DL

学年別にプリントを探す

学年別プリント一覧教科別プリント一覧

幼児教材プリント

あいうえお表カタカナ表学習ポスター迷路プリント 簡単編迷路プリント 普通編アルファベット表ローマ字表

小学生 国語

ひらがな

ひらがな練習プリントひらがな全体のプリントひらがな表 ひらがな ならびかえひらがな 促音・拗音 ひらがな 長音ひらがな 数 ひらがな 曜日ひらがなパズル

カタカナ

カタカナ練習プリントカタカナ全体のプリントカタカナ表カタカナならびかえカタカナ 促音・拗音カタカナ 長音カタカナ 動物の鳴き声カタカナ 国名カタカナパズル

漢字

小学生漢字一覧表 小学1年生漢字テスト 小学2年生漢字テスト 小学3年生漢字テスト 小学4年生漢字テスト 小学5年生漢字テスト 小学6年生漢字テスト 都道府県の漢字テスト

語彙文法

小1語彙文法小2語彙文法小3語彙文法

文章読解問題

小1文章読解問題

小学生 算数

毎日計算ドリル(計算問題メーカー)小1算数プリント(練習問題)小2算数プリント(練習問題)小3算数プリント(練習問題)小4算数プリント(練習問題)小5算数プリント(練習問題)小6算数プリント(練習問題)九九表

小学生 英語

スタペンドリル英語英単語練習プリント(835語)アルファベット表(かわいい)ローマ字表アルファベット練習プリント英語罫線(けいせん)ノート月・曜日・季節・天気の英単語数字を英語で覚える英語であいさつをするbe動詞+形容詞の使い方be動詞+形容詞の質問be動詞+名詞の使い方haveを使う練習プリントLikeの英語練習プリントwantの英語練習プリント

小学生 社会

日本地図のプリント世界地図のプリント小3「社会」学習プリント小4「社会」学習プリント小5「社会」学習プリント小6「社会」学習プリント小学生「地理」プリント小学生「歴史」プリント小学生「公民・政治」プリント歴史年表ポスター小学生「歴史年表」テスト問題

小学生 理科

小3理科プリント小4理科プリント小5理科プリント小6理科プリント

プログラミン学習

scratch無料教材scratchの使い方キャッチゲームの作り方シューティングゲームの作り方

小学生 音楽プリント

音楽学習プリント一覧楽譜の学習プリント臨時記号のプリント音名のプリント音符・休符のプリント拍子の学習プリントアーティキュレーション記号のプリント音楽記号のプリント

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


Twitter
「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。