中学受験の心構えとは?知っておきたい7つのポイント

"no-img2″
スタートゥー

中学受験する場合の塾や家庭教師選びってどんなとこに気を付ければいいんだろう?

"no-img2″
ライオン先生

今回は「中学受験する場合の塾、家庭教師選びのポイント」を紹介していくぞ!

"no-img2″
編集長

今回も現役のプロの塾講師と家庭教師の方が解説をしれくれますよ!

中学受験をする家庭の心得
子どもの将来を考えて、「中学受験」を視野に入れるご家庭も多いです。
実際に、中学受験で合格を手にした経験のある子どものなかには後々の高校受験や大学受験、
就職の際の面接などで好結果を出しているケースも多いです。
今回は中学受験をする家庭で「知っておきたい心構え」や「合格しやすいくするために必要な指導」について紹介していきます。

この記事がおすすめの方

中学受験する家庭の心構えを知っておきたい
子供の中学受験の塾選びをどうしようか考えている。

中学受験の勉強法では、
国語の勉強法
算数の勉強法
社会の勉強法
英語の勉強法
も参考にしてみてください!

\関連記事/
【関連記事】中学受験、親としてできることは何?

中学受験は子どもにとってかなりの負担である

中学受験子供のプレッシャー

中学受験で子どもはストレス
まず、中学受験は子どもにとって、かなりのストレスとプレッシャーになることを周囲の大人は知っておきましょう。
中学受験の合否の結果は、その後の子どもの将来を左右するといっても過言ではありません。
これは子どもの性格にもよるという意見もありますが、少なからず心の傷になることもあることをあらかじめ知っておけるといいですね

特に、中学受験をすることそのものが、
「親からの勧めなのか?」
「一緒に決めたことなのか?」
「子ども自らの意思によるものか?」どうかは非常に大きいところです。

\中学受験の算数はこちら/
【2020年版】中学受験におすすめの「算数」問題集ランキング

中学受験には中学受験専門の指導者が必要

中学受験をする家庭の心得
受験には何事も対策が必要です。
特に中学受験の場合は、中学受験に精通した指導者の存在は大きいです。
実際に、中学入試の過去問をみればわかるように、大人でも苦戦するような問題が出題されるケースが多く、学校ごとに入試問題の特徴の違いが顕著です。

だからこそ、学校ごとに要求していることを十分に理解して指導ができる中学受験専門の指導者が重要です。
興味深い話ですが、中学入試で不合格になってしまう子どもの多くは高学歴な親の指導を受けていたというものもあります。

中学受験には塾に通うことが必要

中学受験の塾選び
中学受験で合格するためには塾に通う必要があります。
「勉強ができるから、過去問がスムーズに解けるから塾に通う必要がない」という意見もあるでしょう。
しかし、中学受験の場合は学力テスト以外にも調査されるものがいくつかあります。

例えば、ディスカッションです。
ディスカッションを入試科目に課し、評価基準を高く据えている中学が多いため、ディスカッションにも対策が必要になります。
中学受験の場合は学力試験以外の対策が必要になる場合が多いので、中学受験専門の塾に通うことが合格の確立を高めるでしょう。

中学受験には塾以外の個別指導が必要な場合も多い

中学受験で合格するためには中学受験専門の塾だけで大丈夫なのか?といえば大丈夫とは断言できない場合もあるのです。
残念ながら、子どもひとりひとりには個々の学力差があります。
そのため、集団指導が基本となる学習塾での指導だけでスムーズに理解できる子どもと、集団に対して行なう一度の説明ではなかなか理解できない子どもが出てくるのは当然です。
この場合は、塾とは別に個別で指導をしてくれる家庭教師や個別指導が必要になってきます。

\「中学受験」にはZ会もおすすめ/
【人気記事】Z会小学生コース、1年間の感想(良かった特長・デメリット)!やるならタブレットではなくテキストがおすすめ?

中学受験には「塾と個別指導の連携」が大切

中学受験
集団指導の塾以外に個別指導を受ける場合は、気をつけたい点があります。
それは、集団指導の塾で行なっている内容を個別指導で対応する指導者や家庭教師がしっかりと把握していることです。
もし、塾と個別指導者の受験対策の内容が全く関連のないものなら、指導を受ける子どもにとってはストレスとなりかねません。

中学受験する場合、すぐ他の習い事を辞めるべき?

子供の習い事と中学受験の両立

"no-img2″
編集長

中学受験をする場合、子供の習い事は辞めるべきなのでしょうか?

中学受験を決めた時、習い事は辞めるべき?
中学受験をするからといって、すぐに「今までやっていた習い事を全部やめる必要はない」と考えています。
例えば、中学受験をすることに決めたのが小学4年生だとしたときに、受験までの2年間「勉強だけ」をやっていても子どもの身が持ちません。
これはストレスもたまり、精神衛生上良くないと考えています。
その為、志望校と現在の学力にもよりますが、焦って全てを辞めてしまうのではなくて、ストレス解消できる程度に続けることも重要です。

習い事で気分展開をして、勉強にも集中できることも大いにあります。

\子供の地頭にいい習い事はこちら/
地頭を良くするためにやっておきたい子供の習い事とは?

「家庭教師と塾が併用できる中学受験の専門塾」を利用するメリットは多い

中学受験の為の塾

中学受験をするときの塾の選び方
中学受験を専門に行なう塾には個別指導を併用しているところも増えています。特に、おすすめしたいのは、家庭教師という個別指導の体制をとっている塾です。
やはり、子どもにとっては塾よりも家庭学習のほうがリラックスして受験勉強ができます。

小学生の子どもにとって、受験勉強はまだまだストレスの何物でもありません。そのストレスを軽減するためにも、塾と家庭教師が併用できる中学受験の専門塾をぜひ利用しましょう。

おすすめは、まず塾に通い、講師に相談しながら必要であれば家庭教師も依頼するということです。

"no-img2″
編集長

「中学受験ドクター」はおすすめなので無料体験を試してみるのもいいかもしれません!

\中学受験ドクターの無料体験教室を確認する/
【中学受験専門】個別指導塾ドクター



この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。