小学3年生の勉強内容は?つまずき対策を元小学校教員が解説!

『小学3年生の勉強内容は?』
『小3で習う内容はどんなことがある?』
『小3の勉強でよくつまづく部分を教えて?』
『小3の苦手対策の勉強法は?』
と気になることもありますよね。

今回は、元小学校教員が小学3年生の勉強内容とつまづき対策を詳しく解説します!

小学3年生では生活科に代わり、新たに理科・社会が加わります。
国語や算数においても、新たな概念の獲得も目指します。

しかし、学校生活に慣れて「中だるみの時期」などとも言われ、勉強がおろそかになってしまいがち。
親に学校や友達のことを詳しく話さなくなる子供も増えてきます。

だからといって、子供だけで勉強させていると、親の気がつかないところで大いにつまずいている、ということも。
親が勉強内容を把握して適切にサポートし、新しい教科を中心に、つまずきを残さないようにしましょう。

つまづき対策の勉強法と一緒に、対策に使える無料プリントも紹介するので自宅学習に使ってみてください!

【合わせて読まれる記事】
小学生の勉強時間の目安とは!学年×10分は嘘だった?元小学校教員が解説!

小学3年生が勉強でつまずかないために親がすべきこと

小学3年生が勉強でつまづかないために親ができること
小学3年生が勉強でつまずかないために親にすべきことは、「目的意識を持たせること」と「親が一緒に勉強し直す」ということです。
小学3年生の学習では、相手意識や目的意識をもつことを重視します。
これは、2年生までは求められなかった視点です。

普段の会話の中で、この視点を育てていくのが良いでしょう。
「この実験は、何でこの方法なの?」
「お母さんに詳しくやり方教えてくれる?」
親子の会話に理由や詳細の問いをはさむと、目的や相手を意識する視点が育っていきます。

また、親が一緒に勉強し直す気持ちも大切です。
小学3年生で始まる教科で、特にこれが重要になります。
社会科は、ごく身近な地域について扱うので、逆に親の方が知らないことも多いもの。

また、理科の内容も簡単なものなので、大人は当たり前に感じてしまい、どのように教えれば良いのか迷うこともあるかもしれません。

子供と一緒に実験し直したり、地域を散歩したり、学習プリントに取り組んでみたりして、一緒に勉強し直すことで、子供の勉強をサポートすることができるようになります。

小3国語|勉強内容・つまずき対策

小3国語|勉強内容・つまずき対策
身に付けるべきスキルだけでなく、覚えるべきことも多いのが3,4年生の国語の特徴です。

言葉など

3,4年生の国語科では、他学年よりも知識として押さえなければならないことが多いです。
これ以降の勉強で実用的に使っていくことばかりなので、しっかり定着させましょう。

新出漢字

新出漢字200字。2年生までの漢字も日常的に使えるようにする。

ローマ字

ローマ字で表記されたものを読み、ローマ字で書けるようにする。

語彙

様子や行動、気持ちや性格を表す語句の量を増やす。

文や文章

修飾と被修飾の関係、指示語や接続語を理解し、適切に使えるようにする。
段落の役割について理解する。

辞書や辞典

辞書や辞典の使い方を理解し、使えるようにする。

慣用句や故事成語

慣用句や故事成語の意味を知り、日常生活でも使えるようにする。

漢字

漢字が、へんやつくりなどからできていることを理解する。

(参考・参照:小学校学習指導要領(平成 29 年告示)

 

つまずくポイントと対策<ローマ字>

ローマ字の仕組みをしっかり理解させることが重要です。
「か行」は「かきくけこ」だということも、しっかり覚えていなければなりません。
ローマ字の仕組み、それぞれの行の音を覚えていなければ、1文字ずつ表で確認しなければ分からないという状態になってしまいます。
ローマ字はパソコンやスマホ(インターネット)での調べ学習でも使っていくものなので、これからの社会では素早く読み書きできることは大変重要です。

辞書の理解と利用についての学習もあるので、それと併せて改めて「あいうえお表」を活用するのがオススメです。
お手持ちのあいうえお表の「あ段」にのみ、子音のアルファベットを書き込むと、ローマ字の仕組み理解に役立ちます。

すたぺんドリルでは「ローマ字表」や「ローマ字練習プリント」もあるので使ってみてください!

つまずくポイントと対策<語彙>

3,4年生の国語では「読む」ことにおいて、様子や行動、気持ちや性格について叙述をもとに読み取ります。
また、読み取ったことに対して自分の気持ちを話したり書いたりすることも多くなります。
したがって、アウトプットできる語彙を増やしておく必要があるのです。
語彙を豊かに、増やしていくにはやはり読書が有効。
本人の読みやすいもので良いので(アニメの絵本などでもOK)、物語文に多く触れさせるようにし、インプットするようにしましょう。
時間がかかるものなので、読書を習慣づけるのが理想です。

小学3年生「語彙」の無料プリント

つまずくポイントと対策<辞書や辞典>

辞書を自在に使えるようになるには、とにかく時間がかかるもの。
しかし、辞書の学習を終えると、国語の授業ではもちろん、他教科でも国語辞典を使うことが多くなります。
辞書を引くスピードを身に付けたいところです。
最初は「あいうえお表」を身近な所に掲示するのも良いでしょう。
慣れてきたら「あいうえお表」は使わずに、ゆっくりでも良いので自力で引くようにします。
1日に5語程度、辞書を引く練習を毎日積み重ねましょう。

小3国語「国語辞典の使い方」学習プリント

話す・聞く・書く・読む

話す・聞く・書く・読むの学習内容一覧です。

話す

・目的を意識して話す。
・具体的な相手を意識して話す。
・目的を意識した上で、話の中心を明確にして話す。

聞く

・目的を意識して聞く。
・話し手の話したいことの中心を捉えて聞く。
・自分の聞きたいことの中心を明確にして聞く。
・聞いた内容をもとに、自分の考えをもつ。

書く

・相手や目的を意識して書く。
・中心に述べたいことを明確にして書く。
・内容のまとまりで段落をつくる。
・理由や事例を示し、自分の考えの支えとして書く。

読む

・段落相互の関係に着目して読む。
・登場人物の行動や気持ち、性格などについて、叙述をもとに捉える。
・目的を意識して、中心となる語や文を見つけて要約する。

 

つまずくポイントと対策

3,4年生の国語では、目的や相手を意識することに重点を置いています。
話す・書く・聞くことにおいて、中学年の子供ではまだまだ自分本位になってしまいがちです。
何を伝えたいか、どんな相手に話しているのかを意識するのは難しいもの。
そこで大切になるのは、普段の会話です。

「それは例えばどういうこと?」
「お母さんはその場にいなかったから、もう少し詳しく話してくれる?」
など、大人が問いをはさむことで、少しずつ目的や相手という視点ができてきます。

読むことにおいては、複数の記述を基にして思考していくようになります。
しかし、中学年くらいの子供では文章を頭に入れて読んでいくことが難しく、複数の記述を組み合わせて考えるというのは高度なことなのです。
そこで、有効なのが音読
文章を覚えてしまうくらい音読をして読み込むと、読解も深くなります。

小学3年生の国語「読解問題」はこちら

小3社会|勉強内容・つまずき対策

小学3年生の勉強内容とつまづき対策
生活科に代わり、社会科は3年生から新たに始まる教科です。

地理的環境と人々の生活

身近な地域や自分たちの市区町村の様子をおおまかに理解する。

現代社会の仕組みや働きと人々の生活
(生産・販売)

・生産の仕事は人々の生活と密接に関係することを理解する。
・販売の仕事は、消費者の多様な願いをふまえ、売上げを高めるよう工夫していることを理解する。

現代社会の仕組みや働きと人々の生活
(防災・防犯)

消防署や警察署や関係期間は地域の安全を守るために連携しており、地域の人々と協力して防災、防犯に努めていることを理解する。

歴史と人々の生活

市区町村や人々の生活の様子は、時間の経過に伴い移り変わってきたことを理解する。

 

つまずくポイントと対策

生活科では、身の回りの地域を好きになることが大切でした。
3年生からは社会的事象として地域を捉え直すことになります。
そこで多く取り入れられている活動が、白地図にまとめるというもの。

地域の土地活用、地形や土地の特徴を捉えるのに有効だからです。
しかし、そのためには地図の見方や方角、基本的な地図記号を覚える必要があります。
目に付くところに表などを貼り付けておき、「何となく」覚えてしまうのがオススメです。

▼すたぺんドリルでは、3年生が覚えるべき地図の知識をまとめた表や学習プリントを用意しています。
地図記号一覧ポスター・テストプリント

また、3年生の社会科の難しいところは、一般教養的な内容ではなく、地域密着の内容を学ぶという点
自分たちの住む地域でありながら、在住歴が短いと親も知らないことが多いので、教えるのが難しいのです。
子供と外を歩く時に親子で地域の様子に目を向けたり、地域の行事などに積極的に参加したりすることが、3年生の社会科の勉強にはとても有効になります。

また、生活科ではなかったテストがあります。
基礎知識は、学習プリントなどを使ってしっかり押さえましょう。
身近な地域についての内容は、テスト後に親子で復習するのがオススメです。

小学3年生「社会」の学習プリント

小3算数|勉強内容とつまずき対策

小3算数|勉強内容とつまずき対策
小学3年生の算数の学習で、主なものは以下の通りです。

数の表し方

数の表し方の学習内容一覧です。

数の表し方

・万の単位の大きさを実感的に捉える。
・数を10倍、100倍、1000倍、1/10にしたときの数の関係に気づく。

足し算・引き算

3桁、4桁の数の足し算、引き算の計算ができる。

かけ算

・2桁、3桁の数に1桁、2桁の数をかける計算ができる。
・結合法則や分配法則を活用できるようにする。

わり算

・わり算が用いられる場合とその意味がわかる。
・わり算の式の意味がわかり、立式できる。
・わる数と商が1桁の数のわり算

小数の意味と表し方

・小数の意味を表し方がわかる。
・小数の足し算、引き算ができる。

分数の意味と表し方

・分数の意味と表し方がわかる。
・簡単な分数の足し算、引き算ができる。

数量の関係を表す式

未知の数量を□で表して立式できる。

そろばん

・そろばんによる数の表し方がわかる。
・珠の操作による計算の仕方について理解する。

 

つまずくポイントと対策|かけ算

筆算の仕組みがわかっていないと、位がズレてしまうことが多いです。
文章問題でも計算用紙には升目のあるものを使い、1マス1文字を基本にして位のズレを防ぐようにしましょう。
しかし、子供はせっかく升目のある紙を用意しても、1マスに2字入れてしまったりして、位がズレていってしまうことは多いものです。
最初は近くで大人が見守ってあげることも大切です。

少し時間がかかっても丁寧に計算をする癖をつけましょう!

小3算数「かけ算」学習プリント・練習問題

つまずくポイントと対策|わり算

わり算は、小学3年生になって初めて出会う計算方法。
まずは、わり算の意味理解が重要です。

・15個のお菓子を3人に同じ数ずつ分ける。1人当たりいくつになるか。
・15個のお菓子を1人当たり3個ずつ分ける。何人に分けられるか。

どちらの場合でも、立式できるようにしましょう。
また、3年生では小数まで割り切る計算はせず、余りのある計算をします。

余りの意味の理解や、まだ割れるはずが余りを多く残してしまうといったつまずきがよく見られます。
余りのある計算、ない計算を織り交ぜ、繰り返し練習することが大切です。
分数の理解や、5年生での学習などにも響くので、確実に身につけましょう。

小3割り算の無料学習プリントはこちら

つまずくポイントと対策|小数

小数の意味が理解できない子供は、大人が思うよりも多いものです。
小数の勉強をする前は、小数を「0よりも小さい数」と思ってしまう子供も見られます。
小数の意味理解には、数直線の活用が有効です。
0.1の大きさがわかっていないようなら、数直線で0.1と0と1の場所を示し、勘違いを残さないようにしましょう。
1/10=0.1ということにも気づくことができます。

小3「小数」の無料学習プリントはこちら

つまずくポイントと対策|分数

足し算・引き算で、分母同士を足してしまう子供が多く見られます。
分数の意味を理解できていないと、このような方法をとってしまいがちです。
粘土など、切り分けやすい実物を使って見せ、式の意味を理解させましょう。
「1/3+1/3は分子を足せばいいんだよ」という、計算方法の暗記では、その後の計算で意味が理解出来なくなってしまいます。

小3「分数」の無料学習プリントはこちら

図形

図形の学習内容です。

・二等辺三角形、正三角形などについて知り、作図などの活動を通して性質に気づく。
・角の大きさを比べられるようにする。
・円について、中心、半径、直径について理解する。

つまずくポイントと対策

初めてコンパスを利用しての作図を勉強します。
小学3年生ではまだまだ手先の不器用さがあり、うまく作図できない子供も多いです。
使い慣れないものなので、繰り返し練習する必要があります。
しかし、その際に鉛筆がぐらついていたり、鉛筆が削られていなかったりすると、より一層うまく作図できません。
コンパスのメンテナンスの方法もしっかり教えてあげる必要があります。
また、角の大きさ比べでは、3年生では分度器は使いません。
しかし、この3年生での勉強で、角をつくる二つの直線のうち1つを合わせて比べるという方法を身に付けなければ、4年生で分度器を使うときにつまずいてしまう可能性があります。

作図の問題はこちら
小3算数「三角形と角」の学習プリント

測定

測定の学習内容です。

長さと重さ

・kmやkgの単位の意味について理解する。
・適切な単位と計器を選択できるよう、量感をつかむ。

時刻と時間

1分間が60秒という関係を理解し、用いることができるようにする。

つまずくポイントと対策

長さ、重さ、時間どれにしても簡単な単位変換(2kg=2000gという程度)ができるようにします。
ここで、単位の関係性が理解できないと、5年生以降の学習で苦労することに。
わかりやすく表にまとめ、目につくところに貼っておくのもオススメです。
また、量感をつかませるということも大切。
1kgがどれくらいの重さなのか、1分はどれくらいの時間なのかを実感させましょう。
量感をつかむことができると、日常生活で役立つだけでなく、文章問題での単位や計算の間違いに気づきやすくなります。

小3「単位」の学習プリントはこちら

小3理科|勉強内容・つまずき対策

小3理科|勉強内容とつまずき対策
理科も、生活科に代わり3年生から新たに始まる教科です。

物と重さ

・形が変わっても重さは変わらない。
・体積が同じでも重さは違う場合もある。

風とゴムの力の働き

・風は物を動かすことができ、風の大きさが変わると物の動き方も変わる。
・ゴムは物を動かすことができ、ゴムの力の大きさを変えると物の動き方も変わる。

光と音の性質

・日光は直進し、集めたり反射させたりできる。
・日光を当てると、明るさや暖かさが変わる。
・物から音が出たり伝わったりすると物は震え、音の大きさが変わると物の震え方が変わる。

磁石の性質

・磁石に引き付けられる物とそうでない物がある。
・物を磁石に引き付けると、磁石になる物がある。
・磁石の異なる極は引き合い、同じ極は離れ合う。

電気の通り道

・電気を通すつなぎ方と通せないつなぎ方がある。
・電気を通せる物と通せない物がある。

身の回りの生物

・生物は姿に違いがあり、周りの環境と関わって生きている。
・昆虫の育ちには順序がある。また、昆虫の体は頭、胸、腹から成る。
・植物の育ちには順序がある。また、植物の体は根、茎、葉から成る。

太陽と地面の様子

・太陽の光りを遮ると日陰ができ、太陽の位置が変化すると日陰の位置が変わる。
・太陽によって地面が暖められる。日陰と日なたでは湿り気や暖かさに違いがある。

 

つまずくポイントと対策

本人も大人も、当たり前に感じている内容が多いです。
3年生では、簡単な内容によって「問題‐仮説‐実験‐結果‐考察」の理科の考え方を学びます。
生活科との大きな違いは、数値化をして客観的に事象を捉える必要があるということ。

生活科では「桜はピンク色のかわいい花で、大好きです」でもOK。
理科では「桜は薄いピンク色の花で、花びらは5枚です」という表現方法に変わっていくのです。

大人が「『かわいい花』ってどんな花?」と問うなど、理科の考え方を捉えさせるようにしていくことが効果的です。
また、生活科ではなかった、テストがあります。
実験の目的、器具、結果と考察をしっかり復習した上で、設問に答える練習も必要になります。
学校では問題集など用意されることはあまりないので、家庭でドリルやプリントを用意して復習してみましょう。

小学3年生「理科」の無料プリントはこちら

小学3年生の発達と親の関わり

友達とグループを作って遊ぶようになり、ギャングエイジとも言われます。
一方、友達や学校でのことをあまり詳しく家で話さないようになるのも、この時期の特徴でしょう。

小学3年生の発達

小学3年生くらいになると、感情が複雑化してきます。
低学年くらいまでは「嬉しい」「悲しい」など、感情は単純なものでした。

しかし、中学年頃からは
「ワクワクするけれど、不安」
「勝って嬉しいけれど、負けた友達の気持ちを考えると悲しい」
といった、複雑な感情をもつようになるのです。

しかし、その気持ちを親に話さないという子供も多いもの。
それは、必ずしも「親を信頼できない」からではありません。
・複雑な感情を抱くものの、言語化するスキルがない。
・親に心配をかけたくない。
このような理由で、あまり親に話をしたがらないという場合もあるのです。

親の関わりのコツ

子供が学校生活や友達の話をしてくれなくなると、親としては心配や不安を感じてしまいますよね。
しかし、それは親への不信感からではない場合がほとんどであると肝に銘じておきましょう。
無理に話をさせようとすると、かえって口うるさいと感じさせてしまう可能性もあります。

子供が話したがらないことはそっとしておき、楽しい時間を一緒に過ごしてリラックスできるようにするのがオススメです。
帰宅後は一緒に本を読んで過ごしたり、休日は外で一緒に遊んだりしているうちに、話したいことがあれば、子供は自分から話すかもしれません。
そうでなくても、親と落ち着いた時間を過ごすことで、子供は気持ちが安らぐものです。
子供があまり話をしなくなったとしても、低学年の頃より、色々と考える力がついたという証だと思ってみてください。
(参考文献:渡辺弥生著、絵で見てわかる「しぐさ」で子どもの心がわかる本、株式会社PHP研究所、2019年)

まとめ:小3の自宅学習はサポートしながら習慣にする!

家で学校や友達の話をしなくなり、親から離れてしまった印象をもつ方もいるかもしれません。
しかし、小学3年生では、まだまだ子どもは親に甘えたいものです。
勉強面においても、一人で十分に勉強できるかというと、それは難しいという子どもがほとんど。
親が一緒に学ぶ姿勢で、勉強の仕方や考え方を教えるようにサポートしてみてください。
特に、3年生から始まる社会・理科は学校で問題集を用意されることはなく、子どもは勉強の仕方がわかりません。
すたぺんドリルは、そんな社会科・理科の問題も数多く用意しています。
もちろん、国語・算数など反復練習が必要な教科の問題も豊富です。
お子さんとの学びに、ぜひご活用ください。

すたぺんドリル

学習プリント(幼児~小学生)無料DL

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

学年別にプリントを探す

学年別プリント一覧幼児知育プリント一覧小1無料プリント全教科一覧小2無料プリント全教科一覧小3無料プリント全教科一覧小4無料プリント全教科一覧小5無料プリント全教科一覧小6無料プリント全教科一覧中学生無料学習プリント教科別プリント一覧

幼児知育プリント教材

なぞり書きプリント(イラスト)ひらがななぞり書きプリント点つなぎプリント数字のなぞり書き練習プリント運筆プリント塗り絵プリント30枚迷路プリント(簡単~難しい)なぞなぞ200問(簡単~難しい)間違い探しイラストプリントあいうえお表ひらがな 濁音・半濁音・拗音一覧表カタカナ表カタカナ 濁音・半濁音・拗音一覧表ひらがな練習プリントカタカナ練習プリントアルファベットなぞり書き練習物の数え方一覧表お金の数え方プリント数字の書き方(10まで)数字の書き方(10以降)なんばんめ?のプリントどちらのかずがおおきい?のプリントいくつといくつ?のプリント数字の書き方(10以降)たしざんいろいろなかたち大きさ比べ時計の読み方点描写・立体図形描写学習ポスター迷路プリント 簡単編アルファベット表ローマ字表英語プリント

小学生 国語

ひらがな

ひらがな練習プリントひらがな全体のプリントひらがな表 ひらがな 濁音・半濁音・拗音一覧表ひらがな ならびかえひらがな 促音・拗音 ひらがな 長音ひらがな 数 ひらがな 曜日ひらがなパズル

カタカナ

カタカナ練習プリントカタカナ全体のプリントカタカナ表カタカナならびかえカタカナ 促音・拗音カタカナ 長音カタカナ 動物の鳴き声カタカナ 国名カタカナパズル

漢字

小学生漢字一覧表 小学1年生漢字テスト 小学2年生漢字テスト 小学3年生漢字テスト 小学4年生漢字テスト 小学5年生漢字テスト 小学6年生漢字テスト 都道府県の漢字テスト

語彙文法

小1語彙文法小2語彙文法小3語彙文法小4語彙文法小5語彙文法小6語彙文法

文章読解問題

小1国語文章読解問題小2国語文章読解問題小3国語文章読解問題小4国語文章読解問題小5国語文章読解問題小6国語文章読解問題

原稿用紙・作文用紙

原稿用紙(無料)81字~400字

四字熟語・ことわざ・慣用句

四字熟語 一覧四字熟語 テストことわざ テスト慣用句

小学生 算数

毎日計算ドリル(計算問題メーカー)小1算数プリント(練習問題)小2算数プリント(練習問題)小3算数プリント(練習問題)小4算数プリント(練習問題)小5算数プリント(練習問題)小6算数プリント(練習問題)算数文章問題たし算表九九表四則計算プリント100ます計算プリント小数の計算プリント分数の計算プリント数と計算図形測定・変化と関係データの活用思考力ドリル 小学生「思考力ドリル」無料学習プリントRISU算数すたぺんドリルコラボ教材

小学生 英語

スタペンドリル英語英単語練習プリント(835語)アルファベット表(かわいい)アルファベットなぞり書きローマ字表アルファベット練習プリント英語罫線(けいせん)ノート月・曜日・季節・天気の英単語数字を英語で覚える英語であいさつをするbe動詞+形容詞の使い方be動詞+形容詞の質問be動詞+名詞の使い方haveを使う練習プリントLikeの英語練習プリントwantの英語練習プリント

小学生 社会

日本地図のプリント世界地図のプリント小3「社会」学習プリント小4「社会」学習プリント小5「社会」学習プリント小6「社会」学習プリント小学生「地理」プリント小学生「歴史」プリント小学生「公民・政治」プリント歴史年表ポスター小学生「歴史年表」テスト問題国旗一覧ポスター・クイズプリント地図記号一覧ポスター

小学生 理科

小3理科プリント小4理科プリント小5理科プリント小6理科プリント

プログラミン学習

scratch無料教材scratchの使い方キャッチゲームの作り方シューティングゲームの作り方 思考力ドリル 小学生無料学習プリント | RISU算数×すたぺんドリルコラボ教材

小学生 音楽プリント

音楽学習プリント一覧楽譜の学習プリント臨時記号のプリント音名のプリント音符・休符のプリント拍子の学習プリントアーティキュレーション記号プリント音楽記号のプリント