【右脳の発達に期待できる子供の習い事とは】脳の基礎は12歳で完成する?

ひらめきや直感力、芸術性や創造性を司ると言われている右脳。右脳を鍛えることで五感が発達し、想像力も豊かになることが期待されます。
子どもの右脳を鍛え、彩りある毎日を過ごしてほしいものです。
今回は、右脳を発達させる子どもの習い事を紹介します。

脳の基礎は12歳までに作られる?

子どもの右脳の発達にいい習い事は?
目には見えない脳ですが、日常生活の中で子どもの脳は日々成長しています。
3歳までに基本的な生活習慣、6歳までに運動発達神経が完成するとされ、前頭前野や脳の発達は12歳までにその土台が作られると言われています。
そのため、子どもの右脳を発達させたい場合は、12歳までに取り組むことで効果が期待されます。大きくなってからでも全く効果がない訳ではありませんが、できるなら効果の出やすい時期に鍛えたいもの。次項からは右脳の発達に良いとされる習い事を紹介します。

ピアノ・音楽教室

子どものピアノ習い事
芸術系の習い事の代表であるピアノや音楽教室は、もちろん右脳の発達にも期待できるでしょう。音楽に触れることで感性が磨かれ、芸術性もアップするでしょう。ピアノは毎日練習が必要になるため、コツコツと続けられる子どもにおすすめです。
家にピアノがないなど、習い事として取り入れることが難しい場合は、家で音楽を流すようにするだけでも効果があります。勉強をするときや食事をとるときなど、テレビを消して音楽を流すだけで心が安らぐでしょう。子どもだけでなく、大人にもいい影響を与えてくれます。

合わせて読みたい記事「子供のピアノの練習の仕方について知っておこう!

絵画教室

子どものお絵描き教室
ピアノと同じく芸術系の習い事である絵画教室や造形教室も、右脳の発達におすすめです。美術系の習い事は正解やゴールが設定されていないため、想像力や独創性、自由な発想力を培うことができます。自然を見て美しいと感じたり、生き物に対して優しい気持ちをもったりするような、心の育ちを感じることができます。
こちらも、習い事として取り組むのが難しい場合は家でも行えます。お絵かきや工作活動を保護者と一緒に行うことで、新しい描き方や作り方の発見があるでしょう。公園で野草を見つけたり、「春さがし」「秋さがし」のような観察活動を行ったりするのもおすすめです。

幼児学習教室

幼児学習教室
近年急速に広がっている幼児対象の学習教室では、右脳の発達を意識したプログラムも行われています
フラッシュカード、イメージトレーニング、暗唱などは右脳を活性化させる可能性があり、繰り返し取り組むことで右脳を発達させることも期待されます。特に入学前までの幼児期は吸収力が高く、どんな課題もすぐに慣れて上達するでしょう。
決まった教室で開催されている学習教室が多いですが、毎月教材が送られてきて家で取り組む、通信教育タイプもあります。
子どもや保護者の性格や生活スタイルを考え、合ったものを選びましょう。

そろばん

子どものそろばん教室
そろばんを習うと計算力が上がることは当然ながら、右脳の発達を促すことが知られています
これは指先でそろばんをはじく行為ではなく「珠算式暗算」を行うことに秘密があります。
「3」という数字を聞いて瞬時にそろばん玉が3つ頭に思い浮かぶ。
このようなイメージを繰り返すことで右脳が発達が期待できるでしょう。
右脳と左脳の両方をバランスよく鍛えることが期待されるそろばんは、おすすめの習い事です。

合わせて読みたい記事「小学生低学年だからこそ始めたい「そろばん」の魅力と身に付く4つの技術

根気強く続けよう

運動能力の発達と違って、目に見えづらい脳の発達。効果を感じるのは何年も先かもしれません。すぐにやめるのではなく、根気強く続けるようにしましょう。
また、長く続けるには子どもと習い事の相性も大切です。見学や体験を通して、教室の雰囲気や親の負担、宿題をこなせるかどうかなどをチェックする必要があります。様々な観点から、子どもに合った習い事選びを行いましょう。

おすすめの教材

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。