子供との初めての海外旅行は「台湾」がおすすめ!

こんにちはスタートゥーです!( @startoo_ )。

秋の連休で家族でどこに行こうか旅行先を考えるのにも悩むことも多いですよね。
「え、スタートゥーって子どもの習い事、学習メディアじゃないの?」と思われた方も多いと思います。
本来、子供の習い事情報を配信するメディアなのですが、たまに特集としてこのような家族向けの役に立つ記事も書いています!

前回の記事はこちら
【人気記事】【学年別】幼児から高校生まで子供におすすめの本一覧

さて、朝夜はだいぶ涼しくなってきています。
今年2019年の秋冬は3連休が沢山あります!
そんな3連休に家族で旅行に行く場所でおすすめしたいのは、、、
【台湾】
今回のテーマは「子供のとの初めての海外旅行に台湾がおすすめな理由」
なぜ「台湾が子どもと初めての海外旅行でおすすめなのか」紹介をしていきます。

スタートゥー編集部にも「台湾旅行に家族で行ったことのある人がいるので体験談」を含めて紹介します!

この記事がおすすめな人

・子どもとの夏休みの旅行先を探している!
・家族で初めての旅行はどこがいいのか?
・台湾旅行について知りたい!



子供と初めての海外旅行に台湾がおすすめの理由

子どもと初めての海外旅行は台湾がおすすめ
家族で初めての海外旅行に台湾がおすすめな「理由を4つ」にまとめて紹介していきます。

最初にどんな内容かをお伝えすると、

台湾旅行がおすすめの理由

・飛行機の移動時間が短い!
・短い日数で多くの場所を回れる
・優しい人が多い!
・グルメ・ごはんが美味しい!

となっています。では、それぞれどんなものか見ていきましょう!

1.台湾は飛行機の『移動時間が短い』

子どもと初めての海外旅行は台湾がおすすめ

子どもの初めての海外旅行で不安なのが「飛行機」での移動ですよね。
初めて飛行機に乗る子供も多いのではないでしょうか?
海外旅行では飛行機の不安あるので足踏みしてしまうこともあるようです。

ただこれが台湾であれば比較的近いと言われています。

日本から台湾への飛行機の移動時間は「最短で約1時間30分~最長で約4時間30分」という距離です。

台北には台湾桃園国際空港と台北松山空港のふたつの空港がある。前者へは直行便で東京(成田)、仙台から約4時間、札幌からは約4時間30分、名古屋、小松、大阪から約3時間、広島、福岡、宮崎から約2時間30分、那覇からはわずか約1時間30分となる。後者へは東京(羽田)からの便のみで時間は同じ。
高雄へは直行便で、東京(成田)から約4時間30分、大阪から約3時間30分。台南への直行便は、大阪から約3時間45分、台中への直行便は那覇から約1時間50分。
出典元:地球のあるきかた

ちなみにハワイは東京から約8時間、セブ島も10時間位かかる事もあります。

子どもの習い事の悩み″
スタートゥー

初めての飛行機で乗る時間が少ないのは安心..!

2.『やさしい人が多い』

子どもと初めての海外旅行は台湾

子どもとの海外旅行で不安になるのが現地の方とのコミュニケーションですよね。
せっかくの海外だし経験にもなるので交流をもって欲しいな!と思う気持ちもあります。

台湾であれば親日家が多いという事でも有名です。
挨拶をすると「コンニチハ」「アリガトウ」など自然と返してくれます。

これは戦争時代に50年ほど日本との関りがあったこともあり
今でも70歳~80歳ほどのおじいさんおばあさんは綺麗な日本語を話せる方も多いと言います。

この旅行を機会に子供に「日本と台湾の歴史」についても学ぶと更に楽しめそうです。
また帰ってきた後も勉強(社会や歴史)にも興味を持つ子もいることでしょう。

子どもの習い事の悩み″
スタートゥー

歴史の勉強に興味を持つきっかけにもなりそう

3.初めてでも『短い日数で充分周れる』

子どもの初めての海外旅行は台湾がおすすめ
台湾の国土はおよそではありますが「日本の九州と同じくらい」の大きさです。
そのため、あまり多くの日数を取らずとも充分観光を楽しめます。2泊3日がおすすめ!

ヨーロッパなどであれば広いので移動時間で半日費やしてしまうこともありますよね・・
台湾であればあの「千と千尋の神隠し」の舞台となったと言われる九份までは、台北から約1時間ほどで行けます!

台湾がおすすめの理由4:『美味い!旨い!』

台湾の美味しいグルメ
台湾といえばやはり「グルメ」じゃないでしょうか。
子供たちも初めての海外のごはんを食べられることはワクワクするでしょう。
大人気の小籠包、話題のスイーツ、台湾かき氷、夜市のB級グルメなど美味しい食べ物が沢山あります!

中でも、小龍包の総本山と言われる、鼎泰豊(ディンタイフォン)には是非、足を運んで頂きたいところ。
「世界のディンタイフォン」と言われニューヨークタイムズ紙には世界の10大レストランに選ばれたこともあるほど!

鼎泰豊(ディンタイフォン)は人気店のため、行く場合には事前予約がおすすめ
タイミングによって店員さんは日本語で案内をしてくれます。

\予約はこちらからできます/
【鼎泰豊台北】小籠包名店 鼎泰豊本店/101店(ディンタイフォン)ミールクーポン

子どもと行って欲しい!台湾のおすすめの観光スポット

次に子供と初めての台湾で行って欲しい「観光スポット」を紹介していきます。

千と千尋の「九份(きゅうふん)」+ランタン飛ばし体験


台湾に行った際には「キュウフン」は外せないでしょう。
あの「千と千尋の神隠し」の舞台になったとも言われている場所です。
観光地としてにぎわっており、海外の幻想的な光の雰囲気もありながら、
どこか懐かしさも感じさせてくれる不思議な場所です。

遅い時間に行き過ぎるとお店が閉まってしまうのでなるべく早めにいくことをお勧めします。
美味しいスイーツも沢山ありますよ!

そして、もう一つここ近年大人気の台湾アクテビティ―「ランタン飛ばし体験」。
場所は十分という場所です。天燈(ランタン)に願い事を込めて空に飛ばすことができます。
台湾ならではの経験・体験となることでしょう。

\両方の体験が簡単にweb事前予約できるプランを探してみました!/
「幻想的なナイト九ふん」と「十分でランタン天燈上げ体験」充実ツアー!の簡単web予約

参考にしてみてください。
政府認定日本語ガイドもついているので子供の初めての海外旅行も安心ですね。
また帰路には台北駅か士林夜市でも降車可能なため、そのまま台湾旅行を楽しむこともできます!

おすすめの観光スポット『台北101』


台北101は101階建ての建物で501Mもあるビルです。台湾ではひと際目立った建物です。
展望台に上ることもできますし、巨大なショッピングモールが入っており多くのお土産を買うことも可能です。

台湾旅行はここを拠点として動くと非常に動きやすいです。
泊まるホテルもこの101周辺だと位置関係が掴みやすいです!

グルメの『士林夜市(しりんよいち)』

夜市が有名な台湾ですが、その中でも多くの観光客がいるのがこの場所です。
台湾のB級グルメや美味しいスイーツなど様々な物が売られています。

なかなか日本では見かけないものもあり、子供の初めての海外旅行ではいい経験になることでしょう。
もしかすると最も海外の雰囲気、アジアの雰囲気が味わえるのはこの場所かもしれません笑

九份や観光スポット、101に行った帰り寄って行くのがおすすめです!

子供と台湾に行った後は『経験を学びに変えよう!』

親子パソコン
子供にとって海外旅行はとても刺激的な経験になるはずです。
特に台湾では多くの観光スポットやグルメも経験でき満足いくものになることでしょう。

スタートゥーとしておすすめなのは台湾から帰ってきた後に、
もう一度一緒に「台湾」について調べて、ノートや画用紙にまとめてみることです。

歴史、料理、文化、日本とのかかわり、などを学ぶことで
さらに「興味関心がわき、他の学習や習い事にも積極的になる」こともあります。ぜひやってみてください!

子どもの習い事の解説″
ライオン先生

台湾から帰ってきたら親子で「自由研究にしてみよう!」

子どもの習い事の悩み″
スタートゥー

一度行ったところだと興味を持って調べられそうだね!

子供と台湾に行くとき『アクティビティー系は事前予約がおすすめ』

台湾旅行
子供と初めて台湾のに旅行に行く場合「短い時間でギュッと楽しむ!」ということが多くなると思います。
安く、旨く、楽しむという事で土日や三連休を使って家族も多いのではないでしょうか?
そのため、少ない時間で効率よく楽しむために事前にアクティビティー系は予約していけるとスムーズに他の観光も楽しめます。

最近は日本から台湾への観光客も多いことから「簡単にweb予約ができる」サービスもできています。
現地で焦ることなく「安心して楽しむことができるので事前予約していくことがおすすめ」です。

では、是非「初めての子どもとの海外旅行」を楽しんで来てください!

\Wi-Fiの予約もお忘れなく/
バタバタ焦らないように事前に予約しておくことがおすすめです。Wi-FiはCMでも有名な「イモトのWi-Fi」がおすすめです。
Wifiレンタル

\台湾ツアーの確認をしてみる/
台湾のツアー予約はタビナカ



 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

編集長プロフィール

子供の習い事研究家さとう/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年5月に子どもの習い事図鑑の編集長に。
経歴:某IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後ライター/マーケッターおして独立。子どもの習い事図鑑の立ち上げに参画。子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。