レゴのプログラミング学習で身につく効果とは?評判・特長は?

レゴのプログラミング学習の評判はどうなのでしょうか。
こんにちは「子供の習い事図鑑」(@startoo_)です。
小学生のプログラミン学習必修化が間もなく始まってきます。

全国でもプログラミング教室、ロボット教室が続々とオープンしていますよね。
ただ、いきなり教室に通うのは、費用も高いし、続くか分からないし不安もあります。
とはいえ「何もしないわけにもいかないしな..」と悩むことも多いです。

今回は、家庭学習向けのプログラミング教材として人気の「レゴ」を解説していきます。

レゴのプログラミング教材の効果はどうなのか?
メリット・デメリットは?
料金・評判はも知りたい!
という方向けに詳しく紹介していきます。

この記事がおすすめな人は?レゴを使って子どものプログラミングに興味がある
いきなりプログラミング教室ではなくまず家庭学習からしたい!
親子で楽しみながら勉強したい!

"no-img2″
編集長

レゴを使うなら子ども楽しみながらプログラミングが学べそうですね!

なぜ「レゴ」が小学生のプログラミング学習に注目されているの?

アフレルのレゴが子どものプログラミング学習になる
まず初めに「なぜレゴが小学生のプログラミング学習に注目をされているのか?」見ていきましょう。
理由は文部科学省が定める2020年から始まる小学生のプログラミング教育の「コンセプト」にありました。

文部科学省は「小学校のプログラミング教育」では単純に「難しいプログラムをかけること」ではなく
「プログラミング的思考」を身に着けることと定めています。
【関連記事】【2020年】小学生の「プログラミング教育必修化」の正しい認識とは?
「プログラミング的思考」とは、プログラミング的思考とは、プログラマーのように「物事を順序立てて考える力」を言います。
例えば、料理をイメージしてもらえると分かりやすいです。
カレーを作るときに、「野菜」「切る」「煮る」「ルー」「入れる」という各工程を順番に行っていきます。
このような工程を順序だてて考えていくことを「プログラミング的思考」と言います。
論理的思考」にも近い所があります。
つまり、文部科学省は「難しいプログラミングコード」を書けるようにするためではなく、
このような「プログラミング的思考」を身につけさせるために「必修化」を始めているのです。

そして、その「プログラミング的思考」を身につける為に「レゴのロボット制作」が有効になります。
その理由は、レゴのロボット制作は、(料理のように)、各パーツを組み合わせて、一つのロボットをくみ上げていくのです。
その作ったロボットにプログラミングを行い、思い通りに動かします。
うまくいかなければ再度やり直しです。

この一連の作業でPDCAを繰り返すことで「プログラミング的思考」を身につけていきます。

一度、流れを簡単にまとめると、

ここまでの内容のまとめは?2020年からの小学校プログラミング学習は「プログラムを組める」ことではない
重要なことは「プログラミング的思考」を身につけること
「プログラミング思考」を身につける為に「ロボット制作」が有効
その為、今、子どもに「レゴで楽しみながらロボット制作」が人気!

では、次にレゴのプログラミング教材の特長を確認しておきましょう。

レゴのプログラミング教材の特長とは?

アフレルのレゴをプログラミング学習に使う
アフレルのレゴには大きく2種類あります。

レゴのプログラミング教材の種類は?WeDo 2.0
教育版レゴ® マインドストーム®EV3
です。

「WeDo 2.0」は、小学生低学年向け(5歳からできる)教材。
もう一つの「教育版レゴ® マインドストーム®EV3」は小学生「高学年向け」(10歳からできる)教です。
それぞれ見ていきましょう!

「WeDo 2.0」はどんなもの?


“出典元:YouTube:afrel”
まずは「WeDo 2.0」についてです。
こちらは5歳以上からが推奨の「レゴのプログラミング学習入門」といわれる教材です。

「WeDo 2.0」が人気の理由は以下の4つです。
・レゴという親しみやすさで組み立てやすい
・アイコンで簡単かつ「直観的」にプログラミムを組める
・学習を助けるワークシートが秀逸
・コスパがいい

実際に利用者の声です。

「WeDo 2.0」の評判は?
「レゴブロックを使っているので、小学生からすると圧倒的に親しみやすい!」
今まではプログラミング学習をしようとすると、「難しいコードを打たないといけないのかな?」と考えることもありました。
レゴであればとできそうということで私の子供も楽しんで日々挑戦しています!
また、組み立てた後のプログラム入力もタブレットなどを使って、
「アイコンで直観的に操作」ができるように設計がされています。
これであれば親でも教えられて良いなと感じました!

学習ワークシートも「レゴの準備の仕方」「ブロックの繋げ方」「操作の仕方」などが
細かく図解で説明されていて非常にわかりやすいことが特徴です。
これであれば小学生でも理解できるなと!
費用は、税込価格で「29,916円」です。
12ヶ月で割って月当たりで考えると「1ヶ月/2,493円」となります。
通常のプログラミング教室が月1万円近くかかることを考えると使いやすい教材ですね。

\より詳しく確認したいかたは下の記事も/
【人気記事】レゴWeDo2.0で遊びながら子供のプログラミングを学ぼう!

「教育版レゴ® マインドストーム®EV3」はどんなもの?


続いては「教育版レゴ® マインドストーム®EV3」です。
「教育版レゴ® マインドストーム®EV3」は小学生高学年向け(10歳からできる)教材です。

こちらは先ほどのものとは少しレベルが上がりますが、同じく直観的に使いやすいプログラミング・ロボット学習教材です。
既に世界90か国で導入されており多くの教育機関や、驚きなのは「企業研修」でも使われています。
そのくらい「プログラミング的思考」を身に着けることに長けている教材となっています。

ここでは、利用者の評判・口コミを紹介します。

EV3は息子の望んでいた体験でした。
届いてすぐにロボットを作り出した息子。
プログラムは初めは一緒に勉強がてらやりましたが、その後は自分でどんどんやっていました。
試行錯誤して作り直し動作するようになると「見て見て!」と嬉しそうに披露していました。
ユーザー写真7ピースケさん[小学4年生・男の子のお母さん]

子どもの想像力、創造力を感じました。
これまで使ったことが無い部品や、パソコンを使ったプログラミングなどを
自分一人でテキストを見ながら組み立て動かしていました。
なぜ思った通りに動かないのかを真剣に考え、解決する姿を見せてくれました。
ユーザー写真8ロボ好き一家さん[小学4年生・男の子のお父さん]

EV3の費用は、「68,364円(税込)」となっています。
1年分のカリキュラムがあるので、12ヶ月で割ると
1か月あたり5,697円」となっています。

比較の仕方にもよりますが、通常のプログラミング教室に通うと
毎月1万円ちかくかかるのでコスパがよく使いやすい教材であるといえます。

\教育版レゴ マインドストーム EV3のHPを確認する!/
10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」←10歳以上はこちら
またここからは別の切り口でアフレルのレゴの効果やメリットをまとめていきます。

レゴのプログラミング教材を使う効果・メリットは?

レゴのプログラミング教材に使うメリットとは
小学生がレゴのプログラミング教材を使うメリットはどのようなものでしょうか?
効果を確認しておきましょう。

「自分で考える力」が身につく!

小学生がレゴのプログラミング教材を利用することで「自分で考える力」を身につけました。
レゴの学習の流れは、下記のような手順です。
レゴの学習の流れ
このように、まずカリキュラムに沿って、
自分で組み立て、プログラミングを行い、動かしていきます。

今までは、すぐに質問をしてきた息子もレゴのプログラミング教材を始めてからは、
「自分で考えるからあっち行ってて―!」と一人で取り組みようになってきました。

これは、間違いなく、レゴのプログラミング教材を使ってでた効果だと言えます。

カリキュラム・パーツが充実しているからレベルアップできる!

小学生がレゴをプログラミング教材に使うメリットとは
レゴのカリキュラムは、12ヶ月以上使い込めるカリキュラムがあります。
その為、費用的にもコスパがよく使いこめます。
また、パーツ多くあり、まなんでいけば学んでいくほど応用の学習もしていけます。

簡単なロボットだと、どうしても子供はすぐに飽きてしまいます。
そういう意味では、レゴのプログラミング教材は難易度も徐々に上がっていくため、楽しみながら取り組めるはずです。

「ビジュアル型」で親が教えやすい!

レゴをプログラミング学習に使う
レゴのプログラミング教材は、「親が教えやすい」ことも特長です。
「プログラミング学習」というとどうしても、「教えるのが難しいのでは..?」と考えてしまいます。

レゴのプログラミング教材の場合、写真のような「ビジュアル型のプログラミン」を使用している為、
IT知識のない親でもスムーズに教えることが可能です。

また、親向けに教え方をフォローする「サポートガイド」もついているのも嬉しいポイントです。

レゴのプログラミング教材のデメリットはある?

レゴのプログラミング教材のデメリット
デメリットはあるのでしょうか?
確認していきましょう。

分からない時に質問できる講師がいない..

レゴのプログラミング教材の場合、教室とは違う為、
「分からないこと」があったときにすぐに質問ができる講師がいないことです。

勿論、内容は、親でも教えやすいようにはなっているのですが、
どうしても分からない時は、質問できない為、困ってしまうこともあります。

すぐに質問できる講師が欲しい場合には、
ロボット教室も確認してみてください。
【評判】ヒューマンアカデミーロボット教室はどう?他と料金・口コミも比較!

使い込めるように声かけも必要!

レゴのプログラミング教材は通学ではなく、購入タイプの為、
親が継続的に使うように声かけをしてあげる必要もあります。

カリキュラムも多数あり、子どもも飽きずに継続できる仕掛けはあります。

ただ、難しい課題が出ると、途中で嫌になってしまうこともあります。
それを、楽しめるように「モチベーションを上げて」一緒に取り組めるといいですね。

より詳しい、カリキュラムが欲しい場合には、
Z会のレゴプログラミング教材を利用してみるのもおすすめです。

同じレゴのプログラミング教材ですが、Z会がカリキュラムを作っているのでより分かりやすくなっています。
Z会プログラミング講座の評判はどう?特長と口コミをまとめ

レゴのプログラミング教材の評判・口コミはどう?

レゴのプログラミング教材の評判や口コミはどのようなものなのでしょうか?
確認していきましょう。

いい評判・口コミは?

まずはいい評判から

レゴプログラミング教材の評判は
こんなに夢中になったのはこれが初めてです!
今まで、何をやらせても飽きっぽかった子供が、初めて熱中できたのがレゴのプログラミング教材でした。
最初は親子で一緒に取り組んでいたのですが、すぐに「1人でやる!」と言い出し、
あらゆるミッションに取り組んでいます。
ものすごい集中力が身につき、2時間以上平気で作業してます。(小学3年生保護者)

レゴのプログラミング教材の評判
粘り強く自分で考えるようになりました!
レゴのプログラミング教材で「EV3」を始めてから分からないことがあっても
すぐに答えを見るのではなく、粘り強く自分で考えるようになりました。
そして、自分で謎が「解けた時の表情」は一番嬉しそうです。
勉強でも、すぐに質問するのではなく、自分でトコトン考える癖がついたのは良かったです。
(小学6年生 保護者)

レゴのプログラミング教材の「微妙な」評判や口コミは?

次に微妙な反応も確認しておきましょう。

レゴプログラミング教材の評判は?
「初期費用が気になります..」
最初のレゴのロボットの購入代金が気になります。
1年以上使うと考えれば月数千円なので安いものなのですが、一括のでの支払いになるので少し負担になりますね。
今ところ半年近くは、子どもが楽しそうに取り組んでいるので、継続させるようにフォローしてきいます。
(小学2年生 保護者)

レゴプログラミング教材の評判は
「IT知識のない親は不安」
レゴを始めるかでIT知識がほとんどない親だったので、教えられるか不安でした。。
実施には、ビジュアル型のプログラミングでスムーズに取り組めたのが良かったです。
ただ、分からないことがあったときに聞ける人がいないのはネックですね。
(小学4年生 保護者)

これらの評判・口コミも参考にしてみてください。

\教育版レゴ マインドストーム EV3のHPを確認する!/
10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」

まとめ:レゴで二つの「ソウゾウリョク」を育てる

アフレルのレゴでプログラミング学習
小学生のプログラミングの家庭学習において必要なのは、
二つのソウゾウリョク、「想像力」と「創造力」でもあります。
こういう意味でも、このアフレルレゴは、かなり役立つ存在なと言われています。

今までに使ったことのない部品を見るだけでも、小学生の子供は興味を示しますよね。
そして、「どうすれば思った通りに動かないのか」、「動かすためにはどうすれば良いのか」など、
自分なりに想像して考える能力」が身に着くのです。

真剣に考えて自分自身で納得のいくものを作り上げることで、
子供はプログラミング学習を楽しむことができます。

"no-img2″
編集長

家庭学習なので子どもと一緒に取り組めるのは良いですね!

また、最近の教育の流れとして「詰込み型の教育」から「自ら考える力」を重視する方針に変わってきています。
つまり、ただ勉強ができるだけでなく「地頭がいい子」が求められています。

アフレルのレゴで指先を多く動かしながら「自ら考えてプログラミング」を行うことで地頭も鍛えられます。

考える力を身につけたい場合、レゴのプログラミング教材はおすすめです。
ぜひ、確認してみてください!

\アフレル「レゴ」のHPで確認してみる/
5歳からの「レゴ WeDo2.0 for home by アフレル」←入門編。おすすめ



10歳からの「教育版レゴ マインドストーム EV3 for home by アフレル」←10歳以上はこちら


この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。