こども六法: 子どもと大人が正しい知識を持って「いじめ」のない世の中を|山崎 聡一郎(ヤマサキ ソウイチロウ)

2019年8月20日に子供たちの日々の生活に関係する法律を
分かりやすくイラスト動物などを交えて説明した「子ども六法」出版されました。

小学生以上に向けて、「大人と子ども」が一緒に知っておきたい内容を誰でも読める形にしています。

本の中身は、「子ども同士のいじめ、児童虐待、身の周りの危険」などから
法律で守られる権利があることを分かりやすく解説をしてくれます。

夏休みが終わりに9月に入ると学校に行くのが、憂鬱な子供も 子供もいます。

その理由は勉強やクラブ活動ではありません。
子供が一番学校に行くのが憂鬱になる理由は「人間関係」です。

「いじめ 」

「いじめ」は世の中からなくなることはあるのでしょうか?
もしかしたらすぐには難しいのかもしれません。

かといって今苦しんでいる子供がそのままでいいのかと言うと絶対にそんなことはありません。
ただ、現状は誰にも相談できずに苦しんでいる子供が世の中にはたくさんいるかもしれないのです。

理由は、子どもは法律を知らないからです。

法律を教えてくれる機会は現在の小学校にはありません。むしろ、大人たちも、「難解な六法全書や細かい法律」を知らない方も多いのではないでしょうか?

この、「こども六法」は、そんな子供を助けるべく「こども六法」は生まれました。

多くの子供や大人も知らない法律をイラストで分かりやすく説明したのが こども六法です。

「キモい」「汚い」「死ねよ」このような言葉を大勢の前で言うことは犯罪になります。
これは学校や塾そのような場所で子供が発しても犯罪になるのです。
言った側も言われた側もこの法律を知らないというのが現実でしょう。

そのまま何も知らずに悩み続けるだけでなく、
「自分の権利を知り」大人たちへ助けを求める( SOSを発信していく)ことも大切です。

このこども六法が生まれた経緯は著者の山崎 聡一郎(ヤマサキ ソウイチロウ)さん自身の「いじめの経験」や
「大人になってから見た六法全書でよく知っていれば、当時の自分を守れたかもしれない」と感じたことです。

慶応大学在学中に本書の原型となるものを作りその後クラウドファンディングによって2ヶ月で179万近く集めることに成功しました
多くの出資者が「今いじめに悩んでいる人の助けになれば」という共感で作られました。
小学生でも読めるように漢字にはふりがながふってあります。

「こども六法」は夏休みが終わる前、2学期が始まってからでも、ぜひ親子で読んでほしい一冊です。

それを日本中に広げて子供と大人が正しい知識を持ちいじめで悩む人が一人でも減る世の中を作っていきたいと私自身も感じました。
一度は読んでおきたい一冊。

【関連記事】子供が習い事を嫌がるときやってはイケないこと!正しい対処法とは

この記事のURLをコピーする
 

前前前世、親子診断

「習い事診断」をする

プロフィール

子供の習い事研究家/編集長


「子供の習い事研究家」として活動中。
2019年2月に子どもの習い事図鑑「スタートゥー」の編集長に。
経歴:某上場系IT企業に入社後、営業、マーケティングを経験。その後独立し、本サイトの立ち上げ、子どもの習い事に関する事業を展開。
最近では、習い事に関わらず、ワーキングマザーの相談にのることも。 趣味は家族との時間。